歴史・宇宙

トップ>歴史・宇宙

【画像】7月4日、惑星が一列になる

1: 2020/07/03(金) 20:58:05.10 ID:bcZ3BdPP0
これは何か来る
きっと来る

no title


 続きを読む 

信長公を裏切った人物で打線wwww

hototogisu_oda_nobunaga
1: 20/06/19(金)22:25:26 ID:sta
1 (二) 織田信勝
2 (遊) おつやの方
3 (右) 浅井長政
4 (一) 明智光秀
5 (左) 荒木村重
6 (三) 足利義昭
7 (中) 佐久間信盛
8 (捕) 松永久秀
9 (投) 豊臣秀吉

畜生どもの解説は>>2以降


 続きを読む 

1000万もらえるけど5分間金星にワープするボタン

venus-11022_640


1: 2020/06/26(金) 21:06:27.060 ID:ixgL8quV0
5分後もとにもどる


 続きを読む 

YouTubeの戦国時代解説しとるチャンネルのほとんどが浅井を“あさい”と読んどる

ダウンロード (5)


1: 2020/06/11(木) 04:44:37.88 ID:ObAmD/aDM
こんなんでよく動画作ろうと思ったなニワカだらけや


 続きを読む 

【宇宙】土星の衛星タイタンは毎年11cmずつ土星から離れている 従来予想の100倍以上のペース

space07_saturn
1: 2020/06/11(木) 10:23:04.63 ID:UsPU93lz9
https://news.yahoo.co.jp/articles/975e28846e783f11473b6b947cad61f86d21fea7
 潮汐作用により、月は毎年約3.8cmのペースで地球から遠ざかっています。
土星の衛星タイタンも同じように土星から遠ざかっているものの、そのペースは毎年約0.1cmとみられていました。
今回、タイタンは従来の予想を大きく上回るペースで土星から遠ざかっていることが明らかになったとする研究成果が発表されています。

■タイタンは現在よりも土星に近いところで形成されていた可能性
Valery Lainey氏(JPL:ジェット推進研究所、研究当時)らの研究チームは、土星探査機「カッシーニ」によって得られた2006年から2016年にかけての観測データを使い、
タイタンの軌道を正確に調べました。
カッシーニが撮影したタイタンと背景の星々との位置関係や、タイタンの重力による影響を受けたカッシーニの速度を分析した結果、
タイタンは毎年およそ11cmのペースで土星から遠ざかっていることが判明したといいます。
これは従来の予想と比べて100倍以上のペースです。

この結果は、今回の研究に参加したJim Fuller氏(カリフォルニア工科大学)が4年前に発表した研究成果を裏付けるものとされています。
以前の研究においてFuller氏は、惑星とその衛星に働く潮汐作用が一種の共鳴状態になることで、タイタンの場合は従来の予想よりも速く
土星から遠ざかっている可能性を指摘していました。

今回明らかになった事実は、土星の衛星の歴史について再考を迫るものとなるかもしれません。
Fuller氏によると、これまでの研究では現在と同じような軌道でタイタンが形成されたと考えられてきました。
しかし、予想よりも100倍速く土星から遠ざかっているのであれば、タイタンは今よりももっと土星に近いところで形成されてから、
40億年以上の時間をかけて現在の軌道まで移動してきた可能性も考えられます。

Fuller氏は「これは土星の衛星が、場合によっては土星の環も、予想以上にダイナミックな形成と進化を経てきたことを意味します」とコメント。
Lainey氏は土星の衛星に関する議論をパズルにたとえながら、今回の成果を「新たにもたらされた重要なピース」と表現しています。


 続きを読む 

ボイジャー1号が40年間猛スピードで飛んでるらしいが進んだ距離はたった0.0023光年

ダウンロード (5)


1: 2020/06/08(月) 16:18:08.916 ID:lw0Wkux/0
人類は1光年先には行けないな


 続きを読む 

武田信玄(戦略S、謀略S、政治S、後継者S、地政G、外交G)←こいつが天下とれなかった理由

takeda_shingen
1: 2020/05/27(水) 19:12:55.618 ID:72ddn8tga
ガチでなんで?


 続きを読む 

織田信長を最も苦しめた男で打線組んだwww

1: 20/05/21(木)21:25:29 ID:fcg
1 (二) 織田信行
2 (遊) 浅井長政
3 (右) 今川義元
4 (一) 本願寺顕如
5 (左) 武田信玄
6 (三) 上杉謙信
7 (中) 足利義昭
8 (捕) 斎藤義龍
9 (投) 明智光秀


 続きを読む 

【生物】地球で最も深い海底、マリアナ海溝で微生物の群集を発見か 木星の衛星エウロパの海の中にも生物がいる可能性示唆

1: 2020/05/18(月) 08:42:48.34 ID:xUtO92+x9
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200517-00010001-nknatiogeo-sctch
■奇妙な岩は微生物マットか、地球外生命のヒント
 有毒ガスが充満する水中洞窟から海底の1億年前の岩石の中まで、地球上のあらゆる過酷な場所で「極限環境微生物」が見つかっている。
そして今回、2012年に行われたマリアナ海溝の海底探査「DEEPSEA CHALLENGE(ディープシー・チャレンジ)」の結果から、地球で最も深い海の底にも、
多様な微生物の群集らしきものがあることが明らかになった。

マリアナ海溝の泥の中からは、これまでにも微生物や、エビに似た端脚類(たんきゃくるい)などが見つかっていた。
しかし、これらの生物がマリンスノー(海中を沈降する有機物の塊)を栄養源としているのに対して、今回見つかった微生物は、
海底の岩石が水と反応してできる化学物質を栄養源としているようだ。
論文は2月12日付けで学術誌「Deep-Sea Research I」に発表された。

海底の岩に張りつくこの緑色のマットは、他の生物には依存していない。
そのため、木星の衛星エウロパや土星の衛星エンケラドスなどの海底にいる生命について考える手がかりにもなるかもしれない。
「地球から何十億kmも離れたところに生命が存在するとしたらどのように生きているのかを、深海の生物は少しだけ見せてくれるのです」
と、論文の共著者でナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーである映画監督のジェームズ・キャメロン氏はメールでの取材に答えた。
「それだけでなく、地球に生命が誕生した40億年前の姿も見せてくれているのかもしれません」

この微生物は、これまでに発見された中で最も深いところにある化学合成生物群集である可能性が高く、水深1万m以上の海底で
地質学的な過程で発生した栄養分をエサにしているようだ。
今回の論文の筆頭著者で、ナショナル ジオグラフィックのエクスプローラーであるNASAの宇宙生物学者ケビン・ハンド氏は、
「地球の海の最も深く、最も暗く、最も高圧の領域で、化学合成によって生きていると考えられる微生物生態系が見つかったことは、
エウロパの海の中にも生物がいる可能性があることを示しています」と話す。

しかし、今回の発見は、海底の画像および水や堆積物のサンプルに基づくものであり、繊維状物質のサンプルを直接採取して裏付けをとる必要があると、
ハンド氏や他の専門家は注意を促す。
「彼らは実際にマットそのものを採取したわけではありません」と米ペンシルベニア州立大学の微生物学者ジェン・マカラディ氏も指摘する。
なお、氏は今回の研究には参加していない。
それでも、このふさふさしたマットは生きている可能性が高いという。
「深くて暗い場所で、よく似たものをたくさん見てきました。なかでもカリブ海の水中洞窟で見た微生物群集にそっくりです」

※続きはソースで

no title


 続きを読む 

浅井長政が裏切ってなかったら徳川政権なかったよね


1: 20/04/30(木)21:10:59 ID:NYW
本当の律義者だもん


 続きを読む 

【画像】太陽、ヤバすぎる

1: 2020/04/28(火) 02:26:22.66 ID:32BvF8dJH
no title

no title

no title

no title

no title

no title


 続きを読む 

【速報】火星ガチで住めそうωωωωωωωωω

1: 2020/04/26(日) 17:15:25.96 ID:jFPQnK1ba
no title


NASA(アメリカ航空宇宙局)の火星探査機バイキング2号の着陸船がとらえた火星表面の画像です。

バイキング2号の着陸船は1976年9月3日、火星のユートピア平原への軟着陸に成功しました。

バイキング2号着陸船が火星表面でとらえた画像には、バイキング1号着陸船がとらえたクリュセ平原と似たような風景が広がっていました。
大地には赤い岩が転がり、空も赤みがかっています。

https://astropics.bookbright.co.jp/image-of-the-viking-lander-2


 続きを読む 

【悲報】冥王星、第二のちきうと言われるほど色鮮やかだった🌍

1: 2020/04/25(土) 05:48:38.42 ID:NsPgjE3PM


 続きを読む 

【画像】土星って過小評価されてるよな

1: 2020/04/12(日) 22:20:10.283 ID:WDJ+NxVN0
no title


 続きを読む 

【悲報】毛利元就さん、激寒ポエムを500年前に残してしまう……

nigaoe_mouri_motonari
1: 2020/04/04(土) 20:14:55.73 ID:chW0VTRs00404
智万人に勝れ、天下の治乱盛衰に心を用いるものは、世に真の友は一人も有るべからず。

千載の上、千載の下に、真の友は有るべき也。

是人を同ふして生まれなば、彼を害するか、彼に害せられるるかの二つ也。

若し二人志を同ふして世を治めんには、万民安堵、四海太平とす事、又何の難き事か之有るべき。

~ 「名将言行録」より

▲元就が珍しく酒に酔って、こぼした愚痴の一文とされる。意訳は次の通り。

「俺みたいに頭が良くて、その才能を政治や戦争の道具に使うような奴には、友人なんて1人もいない。過去千年と未来千年の間にこそ、真の友人というものはいるものだ。
でも、もしその友人と同じ時代に生まれたら、結局この時代の群雄のように互いに争ってコロし合うしかないんだ。

それでも、その友人同士、群雄同士が心を1つにすることができれば、天下の万民を安堵させ、四海に太平をもたらすことなど難しくもないのに。悲しいことだ。」


 続きを読む 

宇宙の怖いとこ挙げてけ

1: 20/04/03(金)00:38:06 ID:waj
まずね、隣の星に行くまでがトンでもねえ距離


 続きを読む 

家康「寝返るなら10万石やるで、兄もこっちおるんやからさぁ」幸村「いえ、結構です」←

1: 2020/03/27(金) 05:53:45.32 ID:YjdfuVvla
使者「今寝返れば10万石」 

幸村「結構」

使者「じゃあ信濃40万石」

幸村「10万石では裏切らん、なら一国与えれば転ぶような男に見えるのか?義ではなく私欲に生きて人と呼べるのか?」

ぐう格好ええわ
no title


 続きを読む 

【 画 像 】月の写真撮ってたwwwwwww

1: 2020/03/13(金) 04:48:10.311 ID:eV+69YyO0
no title


 続きを読む 

大政奉還されてから今日までの年月より徳川幕府がそれよりまだ長かったという事実

nigaoe_tokugawa_ieyasu

1: 2020/02/08(土) 22:32:29.734 ID:cU6qD7SM0
徳川幕府凄すぎwwww


 続きを読む 

【画像】木星て怖くね?

1: 2020/02/03(月) 01:31:37.384 ID:PFxKK5cR0
不安になる


no title


 続きを読む 

今川義元「織田信長とかいう大うつけwwww」

nigaoe_oda_nobunaga


1: 20/01/28(火)11:42:50 ID:LkO
今回の戦楽勝やろwwww


 続きを読む 

【徹底議論】世界の歴史を変えた1番大きい出来事って間違いなくこれだよな

old-letters-1082299_640


1: 2020/01/28(火) 04:30:49.47 ID:h+7kTr5Ha
アメリカ合衆国の独立


 続きを読む 

今まで一度も別の惑星から探査機が送られてこないのって変じゃね?

space_spaceshuttle

1: 2020/01/22(水) 19:34:47.847 ID:Y+sbe1S6a
変だよ


 続きを読む 

キリストは磔にされて死んだ←わかる キリストはその後生き返った←まだわかる

sculpture-3408348_640


1: 19/11/27(水)10:01:45 ID:20g
キリストは40日後に天に帰った←何しに生き返ってん


 続きを読む 

【宇宙】特報!NASA発表の火星画像に写っていた生命体の小さなおうち

1: 2020/01/01(水) 23:46:00.65 ID:GHBAxqkS9
UFOの専門家は、NASAの火星の写真の1つで、エイリアンの生命体によって作られた奇妙な構造を発見したと主張しています。専門家によると、この構造は、赤い惑星の昆虫のようなエイリアンによって作られた巣である可能性があります。

巣のような構造についての主張は、UFOに焦点を当てたブログETdatabaseの?Scott Waringによってなされました。ワーリングによると、彼は火星のNASAのスピリットローバーが撮影した未加工の写真を見ていたときに、構造物の画像に出会いました。

Waringの注目を集めた写真は、Sol 106のミッションのローバーによって撮影されました。画像の詳細によると、火星のグセフ火口付近で撮影されました。NASAの火星探査機によって撮影された他の画像と同様に、この写真は、火星の砂漠のような表面に散在するさまざまなサイズの岩石を特徴としています。

写真に基づいて、構造は非常に小さく見え、奇妙な形をしています。写真にある岩の上に腰掛けて見ることができます。オブジェクトの奇妙な外観のために、ウォーリングは、それが火星の小さな外来生物によって構築された巣である可能性が最も高いと主張しました。

「この写真は、火星で106日目に火星スピリットローバーが撮影したものです」とWaringはブログ投稿で述べています。「私が見つけたオブジェクトは、最近作られた構造です。その滑らかさと線はすべて、現在この小さな構造に何かが生きていることを示しています。」

サイズに加えて、構造のもう1つの奇妙な特徴は表面です。写真にあるように、オブジェクトの表面にはさまざまな穴があります。これにより、ワーリングは、構造を構築した疑いのある生き物は地球上の昆虫に似ている可能性があると信じるようになりました。彼は、巣のような構造が、シロアリによって作られた塚の外観を思い出させると言った。

「ここに住む生き物の身長は約1~2cmです」とウォーリングは述べた。「構造自体は、高さ約24cm、幅35cmです。生命体は昆虫のような小動物にすぎないかもしれませんが、それでも生命体によって作られています。シロアリがどのように立ち上がって螺旋状の塚を作るか。知ってっペ

解説:画像中央ちょい下の岩石の事らしい

google翻訳
https://www.ibtimes.com/nasa-photo-shows-alien-insect-nest-mars-ufo-expert-claims-2894279
no title


 続きを読む 


 
おすすめ記事
最新記事(画像付)
記事カテゴリ
恋人・恋愛
name
最新コメント
QRコード
QRコード
人気ブログランキングへ




スポンサードリンク
記事検索
ワロタあんてな
しぃアンテナ(*゚ー゚)
ヌルポあんてな
カオスちゃんねる様
鬼嫁ちゃんねる様
鬼女速様
キチママまとめ保管庫様
子育てちゃんねる様
スポンサードリンク