トップページ » 2006年07月
2006年07月

ライバル出現か???

大人の階段のぼる〜〜♪・・・
ヤクモさんのぼり始めたけど、おとといの夜くらいから、中途半端にのぼるのやめたみたい・・・

蛍光灯作戦と両方で、落ち着いた生活に戻りました。

食欲も8割がた戻ってきたような・・・・。

夜中の雄叫びはすっかり、おさまった。

なんだか、物腰やしぐさが落ち着いてきて猫の、面白くなさそうな・・・そんな表情でボーーーーとする・・・あの特有な表情を何をするでもなく、長い間考え中ポーズをします。

はい・・・自分では登れない水屋の上にあげてくれと、ミャミャミャ〜〜〜とやってからのワンショットがこれ。青春とは・・・

それと、ここ2〜3日激しく、次男と私が話してると走ってきて大声でみゃぁぁ〜〜〜と叫んで間に割って入ってくる。
その後、私にスリスリ・・・くるっと向きを変えて次男の方を向くと、明らかにぬぅにゃ〜〜〜みゃん!!と一発かます。

絶対、次男に文句言ってる。

昨日の晩も、次男と話していたらどこからか、走ってきてギャウ〜〜〜ン!!
今朝、次男を起こそうと次男の部屋に歩いていくとダダダダダッと先回りして次男の部屋に入らせないようにして、にゃあぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜!!

次男苦笑い。私爆笑。

ライバル視されているのか!!青春真っ只中同士!

ヤクモlove2253  at 14:48コメント(4) この記事をクリップ! 

ヤクモちゃんいよいよ・・・・!

b75e9de9.JPGみなさんお返事ありがとうございました。

確信が持てて、今朝さっそくCOOL・Drのところに行ってきました。

前回、腎臓関係の数値が悪く全身麻酔を要する去勢手術が可能か、心配しましたが、血液検査の結果、ガクンと数値がかわるわけでもなく、悪いなりにも安定しているのでGOサインが出ました。

それと、いいこと聞きました。
男としての自覚に目覚めるのは、日照時間にかなり関係しているそうです。だから、手術までの間にスプレー行動やモゾモゾするようだったり夜、雄叫びをあげるようだったら、蛍光灯でもいいので照明をつけることで、体内時計がおかしくなって、収まるそうです。

手術は8月9日。
全身麻酔なので当医院では、覚めきらないうちにお家に帰ってもらってフラフラしている時に高いところなどに上がって、落下したら骨折とかあるので、きちんと覚めてシャキとした状態で帰ってもらいますので、1泊2日のお泊りになります。とCOOL・Dr。

大丈夫かな〜〜〜私のいないところでお泊り・・・できるかな〜〜〜
でも、きちんとした、責任感ある対応に、またもや、ここにしてよかったと確信しました。

写真は昨日とったお祭りのだいがくの写真です。
暗くて詳細は分かりづらいですが、シャンシャンと鈴の音を響かせて、これが上下します。
初めて見たヤクモは、固まったまま・・・・
しばらく呆然と見ていました。
異様な熱気は5階のベランダからでも、推し量ることができ、ただならぬ様子に、我に返るとすぐに、家の中に逃げ込んだのは言うまでもありません

ヤクモlove2253  at 13:27コメント(3) この記事をクリップ! 

R指定と祭り

9f44a727.JPG本日のBLOGはR指定です。

ニャンお世話歴の先輩方に聞きたい〜〜

おとといのこと、ヤクモさん。
眠い・・・・で、毛繕い。ナメナメ・・・・。ついでにおしっこ出たとこも、ナメナメ・・・。う〜〜〜む・・・。あれ??あれ??なんか・・・こう・・・変???

下半身が、勝手に動く・・・ヒクヒク・・・・止まんないよ〜〜????
おチンチンから、トロッ・・・2〜3滴白い液体・・・。

眠いんだけど・・・なんかこう・・・
変なかんじで・・・・。


じっとして〜〜〜。

ヤクモの意識と関係なく、下半身が怪しい動き。

これって・・・・・・
ヤクモちゃん、青春の印???

下痢騒ぎで、やっと体調が戻ってきて間がないのに・・。
COOL・Drのところのナースも早めに来院くださいね。もうジキにスプレー行動に出ますよ〜〜と言ってたけど、5日間も点滴しどうしで、お医者さん恐怖症になってるので、少し間をあけて・・・と思っていたら・・・

次の日も、怪しい動きが・・・夜も眠れないらしく、夜中に何度もウニャ〜〜ゴニュニィ〜〜〜〜と怪しい声で叫んでる。
昼間はその分、爆睡。

昨日にいたっては、食欲もない様子。

これって・・・・・
そうですよね〜〜??????

え〜〜〜〜????!!
あのかわいかったヤクモが青春の扉を開けたんでしょうか???

どなたか、教えてください。


それと、もひとつ・・・。
わが町、玉出のメインイベント。
生根神社のお祭りが今日から始まる。

それほど大きな神社ではないけれど、このお祭りにでてくる、ダイガクという提灯がいっぱい付いたおみこし(ちょうど、仙台なんかのお祭りで見るようなやつ)は、国の保存指定になってる由緒あるお祭り。

我が家は小さな道を隔てて向かいにあるので、昔からお祭りの音がリアルタイムでガンガン響く。
屋上はビアガーデン化して、若いころは友人を招いて祭りパーティーをしていた。
子供たちも小さい頃は、太鼓の音にうかれて、それぞれに買って上げた小さな太鼓を、6月から始まる太鼓の練習をすっかり覚えて、エイヤ〜〜サ〜〜〜ジャ〜〜〜♪の掛け声高らかにドンドンと一日中、真似をして叩きまくってたものだ。

ピ〜〜ヒャラと高くひびく笛の音。
朝から集まる、子供太鼓のメンバー達・・・。

ドンドコドンドコ・・・・・。
ピ〜〜〜〜〜ヒャラピ〜〜〜〜♪

で・・・・・。ヤクモさん。ビクビクしどうし・・・・。

下半身はもぞもぞするし、ソトは騒がしいし・・・・

ど〜〜〜〜〜〜にかしてよっ!!
って感じです。

ヤクモlove2253  at 10:56コメント(5) この記事をクリップ! 

豪雨と爆眠

昨夜から続いた雨。

すんごい雨。あまりの大きな雨音に、ビビリまくりのヤクモ。

ウンニィィィィイ〜〜〜と泣きっ放し。

私も、このところ、いろいろなことが重なり、ヤクモの体がマシになった分、気が抜けたのか、無理やり躁にしていた見返りがやってきた。暗〜〜〜〜い谷底に落ちそうになる前兆が・・・・。はい・・・。ウツの前兆。


それで、昨日、安定剤を朝晩飲んだのが、一日経ったのに、まだ抜けない。
今日は朝の家事が終わって、4時の生協の荷受までホント・・・夢まで見るほど寝てしまった。

正確には、ピンポーンという大工さんと旦那がビルの修理工事を終えて一服しにきた音で目が覚めた。
ボ〜〜〜とした頭でコーヒーを炒れて生協の荷受に行ったら頭が覚めた。恐ろしきかな・・・精神安定剤。

Blogを開けると、皆さんにまたもや、心配してもらって・・・長女を気遣うコメントがたくさん。
ありがとうございます。
なんか、いろんな人と繋がってるってのは、ほんとうれしい。見ず知らずの人なのに娘の心配までしてもらって・・・。
うれしい!!
今日はウツぎみなので、優しい言葉が身に染みます。


ヤクモは、大工さんの訪問で、それまで気持ちよく私と枕並べて寝てたのに、ぴゅ〜〜〜と雲隠れ。それでも、ウンチもいい感じ。少し完熟バナナとソフトかりんとうになってきた。今までの分取り戻そうと、えらい食欲で、そっちのほうが心配。

ってか・・・写真アップしないとね〜〜〜まだ、新しいPCに慣れなくて・・・っていうかウツの時は、新しいことする気力がなかなか湧かない。
もうちょっと、お待ちください。元気いっぱいになった、ヤクモを見てもらえるよう
に気持ち、上向きにするからね・・・。

ヤクモlove2253  at 18:33コメント(3) この記事をクリップ! 

確信!!地震女

昨日、またもや、ネシアで地震、津波の被害が・・・・。

夕方5時の時点でニュースを見て、あわててメール。
確か・・・大学も終わって、旅行してる最中。
それも、津波被害現場近くだったような・・・・。

しばらく、返信がない・・・。
胸騒ぎ・・・・・ザワザワザワザワ。

2時間ほどして返信が!!
TTe,yu---ka---asanmade.ottatoko....yasi----
watasitte jisinn-onnna kamo---

だそうです。
先ごろの、ジョグジャカルタの地震でも、一番被害の多かったところの海岸で明け方近くまで遊んで、帰ってきた矢先の午前5時の発生だったし、今度は朝までいてて、ジョグジャに戻るため、朝出発したところ・・・現地時間の3時ころ発生・・・・。

鳥肌が立つ思い・・・。

次男がひとこと・・・。ね〜ちゃん日本に帰ってきて、大阪から大学のある九州の大分に戻った途端、大阪大地震・・・・とかないやろな・・・・。

あいつ・・・なまずの化身か????

ともかくも、Blog仲間のヒカリちゃんにも心配してもらったけど、ありがとう大丈夫彼女は強靭なる運の持ち主のようです。
でも、親としては、もう心配させんなよ〜〜〜〜ってのが本音です

ヤクモlove2253  at 17:40コメント(5) この記事をクリップ! 

ヤクモ完全復活??

昨日から、私PCの前にてにらめっこ中。

新しいPCがやってきたのだ。
本当はもう1週間も前に到着していたんだが、ヤクモのことで気持ちがPCには向かなかった。

そろそろ・・・・と、PCの梱包を解いた。

元来、やりだしたら納得いくまでやらないと気持ち悪いタチ。
ヤクモがすっかり夜行性なのをいいことに、PC三昧。
やっとネットやら、そのほかひつようなソフトをセットアップ完了した。

ほんと、いまどきのPCはおばさん仕様で簡単にできちゃうのね・・・・

前使ってたのは、かなりの年代ものだったので、WindowsXPの機能におおおおおっ!の連続。
もうちっと勉強して機能をフルに使えるようにがんばってみよう。
肩こりが激化しない程度に・・・・


ヤクモは、昼間ゆっくり回復させてあげようという、親心で昼間熟睡、夜狂喜乱舞になってしまった。昨夜はおか〜〜〜〜さ〜〜〜ん起きて〜〜遊ぼうよ〜〜グンニャァァァァァァァ〜〜〜を夜中やってくれた・・・・。

よしよしよし〜〜〜と眠い目擦りながら、声をかけてポンポンと体をさわってやると、ちょっと納得するが、じきにまた、ブンニャ〜〜〜ンニャァ〜〜〜〜・・・・・。

そして、朝は10時までドドドドドドッと10日ぶりに走り回り、今は爆睡モード中。
ウンチも溶けかけのソフトクリームから、完熟バナナにまで回復。
もう安心だと思う。・・・・・で、おばさんはPC漬け。


体重は4.4舛ら4.1舛妨困辰舛磴燭韻鼻▲筌モ絶好調です。


ヤクモlove2253  at 12:05コメント(7) この記事をクリップ! 

ヤクモプロテクターで遊ぶ

06c45323.jpg日毎に、元気になってきたヤクモ。

昨日の昼頃から、私が作った、ヤクモ噛み付き予防グッズ。
靴下と長男の古いフリースの袖で作った「ヤクモプロテクター」で遊ぶ。

この「ヤクモプロテクター」なかなかスグレモノで、噛みつくことでヤクモの歯磨きにもなる代物。
ふら〜〜〜と、私の横にやってきて、グワッシと私の足首を前足をつかって抱きかかえ甘噛み。やさしく2〜3回猫キック。
私の、いたたたたたたたたっ!!!と大げさに叫ぶ声が合図。

サっと放して、ウルウルお目目で見上げる。

これ、プロテクターで遊ぼう〜〜〜の合図。

はいはい〜〜〜〜。と私がプロテクターを手にはめるのをジッと待つ。
はめ終わりヤクモの顔の前で怪しい動きをするとガバッとしがみ付き、ガブガブッ!!!猫キックキックキック!!!!

これを、噛みついた口の中が、古靴下で出来たプロテクターに唾液を吸い取られて乾くまで延々とやり続ける。

ホレホレ〜〜〜とお腹をくすぐったりしてやると、エキサイト!!

元気になったね〜〜〜と声をかけて、噛みついた顔を覗きこむと、めをつぶってウットリしてる。

今日も朝から、朝ご飯の後始末してる私の足にタックル。
あ・そ・ぼ〜〜〜のウルウル光線。

ほんと元気になりました。
真っ赤になっていたタマタマ付近の荒れた所も治りました。

でも、まだ腸はイマイチすっきりしない。
未だにソフトクリーム。
日に3〜4回のウンチ。

COOL・Drにいただいた整腸剤と抗生剤の2つの錠剤を朝晩もう少しなくなるまで続けてみよう。錠剤を飲ませるのも上手になってきた。
口の横から指をいれて開けて、喉の奥にポコッと掘り込む。

掘りこまれたあと、飲み込んじゃった!とキョトンとした表情がまた、かわいい。
そのあと、恨めしそうに睨む顔も・・…。

ポーちゃん達のママのまっちゃんさんが、言ってたニャンのヤクルトを飲ませてみようかな・…。




しかし・…。今回のヤクモの病気は、本当にタイミングが良かったというか、私の心を掻き回す絶好のタイミングだった。
本当にうろたえ、我を見失うほど…・・。

友人の予期せぬ死。
先代猫フランと同日の発病。
私の夏ばて。

相乗効果バツグンでありました・・…

5日間の病院通いですっかり、疲れてしまった私とヤクモは暫く、グ〜〜タラ生活をすることにしよう。



写真は先代猫フランのお墓を置く為に作った花壇でたたずむヤクモちゃん。
ヤクモが乗ってるのは、フランのお供え置きの台。
これは、フランが愛用してた爪とぎの木に色を塗ったもの。
ヤクモの後ろに見えてるのがフランのお墓。




ヤクモlove2253  at 13:23コメント(5) この記事をクリップ! 

盗み食い復活

782f9229.jpgヤクモのことで、みなさんに励ましていただいたり、いっぱい心配してもらってありがとうございます。

おかげさまで、昨夜は私にすがることも無く、夜中徘徊をした上、新しいカリカリの袋をかみちぎり、盗み食いを働く暴挙にでるまでに回復いたしました。

そうなんです、食欲がでてきました。
いつもの、6〜7割には確実に復活しています。

じゃれたり、ネコパトもしたいよ〜〜〜と言うようになりました。今朝のことです。

まだまだ、ウンチはソフトクリームで、タマタマと肛門の間はズル剥けで、瞬膜も、たまに出ていますが、体力は回復してきたようです。

いや〜〜朝起きて盗み食い現場を見つけた時は、ほんとうれしかったです。


話は戻りますが、転院した先の病院…ここはナースが3人待合室には常に4〜5匹のわんちゃんやニャンが待っています。
Drは失礼ながら、私よりも若いだろうと推測できるにもかかわらず、頭が涼しそうな方。
話かたはちょっと、○カマっぽい…。でもすごく丁寧。検査をするのもひとつずつ、了承を得てからします。

消化器系統の疾患だと思われるのに関係ないところまで「念のために…ね。」と診察してくれます。そして、なによりもニャンやワンちゃんの扱いが、やさしい。

フランが行ってたT病院は今思えば、昔の獣医さんの教育を受けていたのが良くわかる。患者を大切な家族としてではなく、家畜として治療していたように思われる。別に、Drの性格が悪いというより、昔の治療法の接し方だったという感じ。

患者の身になるということに、若干欠けていた。
ヤクモの背中にした皮下点滴の針はチョウチョ付きの細いもの。抜いた時も漏れが少ない。
フランの時は太い針。したがって漏れも多く、あの栄養入りの点滴液の臭いがやせ細ったフランの体にこびりついていた。

クスリの投与のタイミングも、違う。ヤクモの状態が興奮してたり、嫌がっていたら経口ではなく点滴に混ぜる方法に変えてくれた。
T病院は、おかまいなし。手際はいいのだけど、家畜の治療という感じ。ガっと押さえこみグワッシと経口投与。



赤ヒゲ先生も優しかったんだけど……もうちょっと設備投資しないとねぇ・・…。




転院した病院(う〜〜〜んと若いのに涼しそうだから、COOL・Drと呼びましょう)でのこと。
保護した時のT病院でも、赤ひげ先生のところでも、ヤクモは腎臓のクレアチンの値がとても高いね〜〜と言われていた。
T病院のDrなんて、生れつきそうなのかもね〜、あんましきにすることないよ〜と2度の検査結果を見てのコメント。
赤ひげ先生も、高いな…・ま、重大というほどではないので気にしとく程度に・…とコメント。

しかしCOOL・Drは違った。「これは、この、月齢ではありえないよ。こんな高いなんて・…」少し呼吸を置いて、やさしく体をなでながら、つぶやいた。「きっと保護されるまでの間。この子の身に過酷な状況が起こったんだね。腎臓の細胞がこんなに死滅してしまうほど大変だったんだ・…。よく生きたね。」

「大事にしてあげてください。この子は老人なみの腎臓です。食欲が戻ったらカリカリも療養食に変えましょう。せっかく生き延びたんだもんな〜〜」

涙がこぼれそうになった。

COOL・Drの言葉により一層ヤクモをいとしく感じた瞬間だった。
たとえ、頭が涼しそうでも、○カマっぽくても、Drのハートを感じるコメントに瞬殺でした。



はい、ヤクモの去勢手術はこのCOOL・Drにお任せしよう!!







ヤクモlove2253  at 11:16コメント(7) この記事をクリップ! 

セカンドオピニオン

ご心配おかけしています。

ヤクモやっと、回復の兆しが、はっきりとわかるようになってまいりました。

先代猫フランと奇しくも、同じ日に具合が悪くなったヤクモ。
下痢は、胆汁の色の緑色の水便。
苦しくて、嘔吐。

熱から、息も荒く、寝ていてもすぐに腹痛から目がさめる。
すぐにトイレに駆けもうとするけど、間に合わずところかまわず粘液性の便が垂れ流し。
そのせいで、おしりも、タマタマちゃんと肛門の間がただれてしまった。

熱にうなされて起きて、側にわたしがいないと、必ず呼ぶ。
うにゃぁ〜〜〜〜うにゃあ〜〜〜

はいはい・・・。声をかけてやると、一層呼ぶ。
ふにゃぁぁぁ〜〜〜〜うみゃぁぁぁぁ〜〜〜……。

昼間はだいたい30分おき・…。
夜は1時間から2時間おき・…。

原因もはっきりわからないまま、野戦病院なみの病院通いは続いた。

が・・・・・しかし、このままどうなるのか…・、フランが連れて行ってしまうの???と
本当に恐かった。
昨日、とうとう転院を決断させられる出来事があった。

日曜日なのに、点滴と検温しにおいで、とDrからの指示。
また、いろんな子たちがひっきりなしに診察室から待合室から関係なしにやってくる、落ちつかない点滴タイム
ビビリのヤクモはかなりのストレス。

そして、トドメのできごと。おばあさん登場。耳が遠いのか、ものすごく大きな声で登場。
愛犬のダニで皮膚がただれているので、専用シャンプーをくれとおいでになられた。
しかし・…。
ばあさま「あんた、あろてくれへん??」
Dr「今日は、腫瘍手術が入ってるからあかん。」

ばあさま「そうでっか〜〜〜」

と会話しながら、診察室にヅンヅン入ってきて、診察台の下を這いまわっている、ご老体のDrのワンちゃんのシーズ―に、おもむろに持ってきた、鰹節の出汁を取ったあとのダシガラらしき、ものをガラガラとどこからかお皿を出してきて、ほぉ〜〜〜〜れほれ〜〜とあげている。
それが、終わると、今度は奥の部屋のファンドランド犬(セントバーナード並のでっかい犬)にもそのダシガラをあげようと侵入。「その子にあげんといてや〜〜下痢するから〜〜」とDrに怒られる。
「あかんねんて〜〜〜」といいつつ、そこらじゅう掃除しだす。
そして、奥の部屋とを区切ってあるドアを開けてしまって、巨大犬が診察台のまわりを走りまわる始末。こぉら〜〜〜〜とDrがわめく。

ほどなく、巨大犬おしっこ漏らす・…。

めげることなく、ばあさま、診察室の流しにある洗い桶が、汚いなぁ〜〜と言いながらタワシでゴシゴシゴシゴシゴシゴシ・・・・・・・・・。

診察室に響き渡る大音響。

Dr「もう〜〜ほっといても〜〜〜て、ええねんけどなぁ〜〜」
ばあさま「こんなん、ほっとかれへん、きったないな〜〜」ゴシゴシゴシゴシ……

ヤクモ震えてる…・下がる熱も下がらない大騒動。

Drは好きだけど、これにはもう我慢できない。
そして、はっきりと原因を特定できないDrにも少し不信感を抱いていたのも手伝い、転院を決心する。

そして、今日友人に相談して友人が利用している病院に思いきって行ってみる。

結論。転院して正解でした。
落ちついて治療、診察を受け、きちんと疑わしいことは全部チェックしてもらえた。


赤ヒゲ先生の治療が効いて来たのかもしれないが、とりあえず、わずかではあるがカリカリと猫缶を食べ始めた。熱も39,2℃まで下がった。
新しい病院での詳細は、また明日。

取り急ぎ、回復に向ってきている事を報告いたします。

あ〜〜〜〜また、ヤクモが呼んでるので、今日はここまで。

ヤクモlove2253  at 21:45コメント(6) この記事をクリップ! 

少しだけ・・…

昨日は、大変うろたえた内容のBlogを書き、おなじみのみなさんに大変ご心配をかけてしましました。

ほんとごめんなさい。

私がうろたえていては、ヤクモが可愛そう・…。

がんばってます。私。

ヤクモは昨日一日下痢、嘔吐、を繰り返し、見るのも可愛そうなくらいフラフラでした。
でも、夜になると嘔吐が止まり、昨夜も4時間半くらいは下痢してなかったようです。

朝も4時半にベットに乗ってきて、くぅ〜〜〜〜となくほどに・…

しかし、水は飲みません。猫缶のお汁だけをすこしペロペロしてくれて、人間の朝ご飯の用意してる時にみゃ〜〜〜というので、あんまし良くないのは承知だったけど、試しに鰹節を鼻先に近づけてみた。

おおおっ30時間ぶりに、固形物を口にした。
しかし、ほんのちょっぴり・・…。
でも、食べようという気が少しでてきたのか…・と少しホッ。

しかし、結局朝5時から8時までの間に2回の下痢便。
昨日の水+粘液ではなく、ちょっとウンコ色の水便をちょこっと…。

8時半。土曜日で家族はみんな就寝中。(長男も例のごとく金沢より)帰宅中
車で送り迎えして欲しかったけど、仕方なく朝勉している感心な次男にだけ病院へ行くと伝えて、しっかり学習済みで、1度は脱走したけど体力なくて、すぐ側でうずくまっているヤクモを、再びリュック型のキャリーに入れて、病院へ…・

少し元気に見えたのに、熱は下がっていなかった。
本日も、昨日と同じ点滴1時間。抗生物質等のお薬も一緒に投与。

恐くてブルブル震えているので、仕方なく抱っこ。
ず〜〜〜と、私の腕の中に抱かれての、点滴。

なにせ、野外診療所なみの、病院でひっきりなしに、患者がおとずれ、飼い主さんとDrとの楽しい会話を聞きながらの点滴付き添い。(診療室と待合室の間を隔てるドアは開けっぱなしだから…)
臆病もののヤクモにしたら、かなりのストレスにちがいないなぁ・・…

でもDrはめちゃめちゃいい人!!
ワクチン注射の子には必ず血液検査。
Drが義務づけてるから、いつもの半額。

結果をきちんと確かめてから、ワクチン注射。
終わったら、いいこだったね〜〜〜と大きなカリカリのおやつ。
そして、くしゃくしゃっと頭をなでる。

今日は、昨日あずかった処置できないほど弱っていた子が亡くなってしまったと、様子をみにきた飼い主に事情説明。
なにもぼくはできなかったので、お金はいりません。

怯えてるヤクモには、おこるなよ〜〜〜。

とにかく、赤ヒゲ先生って感じ。



点滴してる横をDrが通っただけで、体中に力が入るヤクモ。
私が抱っこしてる手を自分の前足で抱きかかえて、しがみついてるから、力が入ると腕に爪が食い込む。
まだなの??と私を見上げて胸に頭を摩り付けてくる。40分ぐらいすると恐くて震えてるのではなくウンチを我慢してる震えがくる。タオルでおしりを包んでいるのでトントンとお腹を軽く押してやるとブルブルッと震えて、下痢便。緑色の水便。

Drが確認。あ〜〜〜完全に消化不良の便だな〜〜〜。

嘔吐がとまったので、胃腸の薬を飲ませてもらう。
ヤクモさん怒った怒った。

やめてよ〜〜なにするんだよ〜〜って感じ。フ〜〜〜シャ〜〜〜〜総毛立って怒ってる。

けど、声だけ・…噛んだり引っかいたりの根性は無し・・…。

やっとのこと点滴を外すと、我慢してた下痢便を診療台の上でやってしまう。
たくさんのチリ紙(ティッシュじゃなくてチリ紙・…とことん素朴)を置いてくれてたので、すばやくお尻の下にひく。
被害は最小限にとどめる。


帰ってくるなり爆睡。

昨日は眠れなかったのに・・やっぱり少しはよくなってるのかな・…
明日もまだ熱が気になるから連れてきてと、Dr。

人間的に、好きなタイプなんだよな〜〜〜このDr。

しかし、原因はいまだに、わからない。




ヤクモlove2253  at 11:54コメント(3) この記事をクリップ! 

同じ日と同じ運命

今日は、7月7日。たなばた。

そして、先代猫フランの慢性腎炎が、血液検査を依頼したにもかかわらず、検査結果がでる前に3種ワクチンを接種したため、悪化した日の次の日。

そう、ワクチンを打たれて、それでなくてもしんどかったのに、息も絶え絶えになってしまい心配で心配でたまらなかった日は7月6日。

なんと、同じ日に、ヤクモが急変。
昨日夜からもうれつな下痢。
明け方より嘔吐も・・…。
先代猫のフランと同じ日。
それに気がついたとき。不安と悲しみと…・恐怖で涙が止まらない。

きっと私が治してあげるよと、辛そうにうずくまるヤクモを撫でながら泣きじゃくっていると、辛いはずのヤクモがびくりしたような顔をして心配げに私の顔を覗きこむ。

朝だったので、泣きはらし顔を家族には見せまいと、努めて普通に振舞う。
家族は、ただも下痢やろ〜みたいにあまり、ヤクモのことは気にしていないように思えた。

旦那なんか連日の飲み会で、自分のことで精一杯な上、機嫌が悪くいつものごとく、棘のある言葉で、朝ご飯がまずいとののしる。
泣きそうになるのを必死にこらえるのが精一杯。

下を向いて、黙ってしまった。
これがまた、彼には気に入らないんだろうな…・・でも、そんな彼に対処できるほどこっちも、余裕がない。

みんなを送り出したあと、9時の開院前にタクシーを飛ばして、病院へ。
水分と抗生物質点滴、血液検査は異常なし、発熱している。

ゆっくり一時間半かけて…・その間2度私のひざで、下痢。
タオルでくるんでいたが、こぼれた。でも、もう臭くない。ただの粘液と水。
ひっきりなしに、患者がやってくる。こわがりのヤクモはそのたびに震える。

点滴の針はそのままつけて、明日再来院するようにとDr。
帰宅しても、ソワソワお腹が痛いのと針が気になるのと・…あとはどうしてかわからないが、家のなかをウロウロウロ・…少しも寝ない。疲れているだろうに・…。

私は胸が心配で張り裂けそうで、めまいまでしてきた。

つらそうにトイレで少しの下痢便を出した後、陰に隠れて嘔吐。
これの繰り返し。おしりは、下痢便でベトベト…。

たまらず、だれかに聞いて欲しくてBlogにかき込む。

ああああ……フラン。あんたのことは忘れてなんかいないよ、ヤクモを助けてあげて。
同じ日に具合悪くなるなんて・…。


気が変になりそう・・…


ヤクモlove2253  at 15:32コメント(6) この記事をクリップ! 

ゲリゲリ〜〜〜と、ひえ〜〜〜

af1e6ac0.jpg思いがけない友人の死に凹みまくってる私に、次男が思いやりとも思えるプレゼント。

おととい夜より、ゲリをともなう高熱39℃!!
無口な彼。校内模試終了日。顔をしかめて帰宅。
頭痛い・…。なんか顔熱い・…。

ん〜〜〜?熱計ったら、その時すでに39℃。
はい。熱いでしょう…・。
氷枕とヤクモのペット用保冷剤も借りて、頭を冷やす。
ポカリもチョビチョビ飲めるように、完備。

一晩うなったが、熱は次の朝には下がる。
が……。食いしん坊の次男にとっては、熱よりもつらいものが、待っていた。
げりげり〜〜〜〜。なんも食べられん〜〜〜。
少量のおかゆも、うけつけない。すべて直通。

ビオフェルミンやらでただ今、ヨーグルトはなんとか収まるように。

しかし、腹減った〜〜〜〜〜〜連呼。

くっそ〜〜〜〜はらへったぁぁぁぁぁぁ〜〜〜
はらはら〜〜へりへり〜〜〜〜♪

とうるさい。熱が下がったぶん元気だが、腸だけが・・…。

で・・…腹減りマーチ連呼。



で・…母は日々の生活にめでたく復帰とあいなります。

しばらくは、悲しみも忘れられそう・…。



それから、もう1ぴき。
私を、ボー―――とさせないヤツが・・…

ヤクモ。

この頃、いっチョ前に、ネコパトする。
朝起きた時と、夕方。2回。
4階と5階のベランダだけですが、ネコパトする〜〜〜〜〜と催促。
仕方ないので、リードをつけて散歩。


サッサカ歩かない。ちょこっと歩いては私の方に近寄りスリスリ。抱っこ。ペロペロ。を繰り返しながら、前に進む。自分で歩き〜〜〜〜と下ろすと、スタスタと少しは歩くが、振り返ってまたもやスリスリペロペロ・・…。幾度となく繰り返しての散歩。

おとといの夕方散歩の時。ヤクモにとっては事件が起こった。いつものようにスリスリして抱き上げた時、4階の住人が階段を上ってきた。!!!!!!!

私達は、丁度4階の住人が廊下をさえぎり、我が家の帰路をふさぐような形の場所にいた。

知らない人に会うと、一目散に家に帰るヤクモだが、帰ろうにも4階住人の横を通らないと帰れない。いつものごとく私の手から飛び出し、逃げようとするがパニクル〜〜〜ダダダダダダダダダダダダ……走ったものの・…ひえ〜〜〜〜〜とUターン。しかし・…再び帰路に向ってダッシュ。意を決して、4階住人横をすり抜け、5階我が家に一目散。


ひえ〜〜〜〜〜〜焦った…・。と私が後を追うと既に、家の縁側で毛づくろい中。

笑わせてくれます。


ヤクモlove2253  at 11:18コメント(0) この記事をクリップ!