トップページ » 猫バス

猫バス

昨日は、寒くて寒くて死にそうでした。

そんな中、降りしきる雪・・・ヤクモさんを点滴するために病院に連れて行きました。

日頃、やくもに敵視されているだんなですが、「車で送っていってあげよか??」と見かねて仕事の合間をぬって来てくれることになりました。


ちょうど、2〜3日前に、マンションの3階に住んでいる、ドイツ人のシルビアから、飼い猫ちゃんのマチカンで、ソビーちゃんの相談を受けていて病院に連れて行くと言っていたので、一緒にどう??とお誘いして、ねこ2匹飼い主3人で雪道の中、車を走らせました。


この様子を娘にメールしたら、「猫バスだぁ〜〜」と、返信が帰ってきた。


ほんと・・・本物の猫バスだぁ〜〜


シルビアとは、実は前にもソビーちゃんが、ちらかっているシルビアの部屋でウエットティッシュを飲み込んで嘔吐の連続。

泣きながら「オカアサン、ソビーシンジャウヨ〜〜」と駆け込んできたことが・・その時は、様子をみてこれは・・・・と仕事半ばのだんなを呼んで、超特急で病院に駆け込んだ。
一刻もゆるさない状態で、ほんとに早く来れてよかったと、病院の先生にいってもらいました。

その時は、緊急手術して夜中の12時近くまでかかり、3日後、仕事のシルビアに代わって私がソビーちゃんの退院手続きをしました。


ソビーは、我家のマドンナ先代猫のフランの毛並みのいろに良く似ていて、ベースがきれいなベージュで、少し濃いベージュのアメショーがらのとってもきれいな男の子です。


そんなイキサツから、今回もソビーちゃんの去勢の相談から、去勢時にした血液検査の結果で気になることがあるのでその相談を受けての昨日の来院となったのです。


とっても恐がりのソビーちゃんですが、何故か私にはとってもフレンドリーです。
車が大嫌いで、車に乗るまでは「こわいよ〜〜病院はいやだよ〜」と鳴いていたヤクモに代わって車中は爆鳴きです。


その分ヤクモはなぜだか静かです。

病院についても、1日目には爆鳴きだったヤクモはとっても静か・・・その分ソビー爆鳴き・・・


ワイワイにゃぁ〜にゃぁ〜〜賑やかな通院でした。

幸い、今のところは心配せずにごはんを変えて様子を見ましょうということになったソビーちゃん。
ごはんの手配も私がネット注文しました。

恐縮しまくりのシルビアには、バレンタインチョコをもらいました。


まだまだお子ちゃまのソビーちゃんにくらべると、ちょっぴり大人に見えたヤクモさんでした。P4010034


コメント
1. Posted by なおと。   2011年02月15日 19:23
彼の場合、単に知らん人と猫が乗ってたから緊張してたんじゃ笑
2. Posted by やくも   2011年02月16日 16:14
そうですね〜〜あと1〜2回点滴しなければなりません。

昨日あたりから、私が財布さわったり、買い物バックをさわってると、ニャンニャン言いながら、こたつに隠れるやくもさんです。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星