こんにちは、一般社団法人66Love協会のゆりこです。

ランニングシューズを買って3週間、順調に毎週走っています。
まだ5キロくらいが精一杯ですが、目指すは皇居ランです。


東日本大震災以降、結婚願望を抱く独身シニアが急増しているという。
とある婚活支援サービス会社が行った50~69歳の独身男女2000人へのアンケート調査によると、

「結婚相手が欲しい」
「事実婚、同棲相手が欲しい」
「恋人が欲しい」
「異性の友達が欲しい」

の割合が合わせて40.6%にのぼったという。

「特に願望はない」に関しては男性よりも女性の方が多く、18.1%上回っている。
婚活に関しても、女性よりも男性の方が肯定的な人の割合が高い。

男性側の理由としては、

1、「安心・信頼できるパートナーが欲しいから」
2、「人生をより充実させたいから」
3、「1人では寂しいから」

また、女性は1、2位は男性同様、3位に

「経済的に不安だから」

がランクインしている。
数値は男性の約7倍近くにのぼり、最も男女差が際立つ結果となっている。

「大震災以来、家族の大切さ、誰かと寄り添って生きていきたいという、純粋に人としての想いからパートナーがほしいとお考えになるのだと思います。」
と婚活コンセルジュの方。


我が協会も、シニア世代の恋のキューピッドになるべく動いています。