イマドキシニアをめぐる気ままOL日記

シニアの暮らしをもっと豊かに。一般社団法人66Love協会のスタッフブログです。衣食住に関するシニア世代の注目すべきトレンド、ニュース、あるある・面白ネタなど、緩すぎず固すぎずつらつらと日々更新していきます。

タグ:シニア

こんばんは、一般社団法人66Love協会のゆりこです。

昨日テレビで河合雅司著「未来の年表」の特集をやっていた。

_SY346_

超高齢社会への道を着々と進む日本は、このままいくと100年後の人口は今の半分の5,000万人、1,000年後には2,000人になるという。
まさに日本人は「絶滅危惧種」であると言っても過言ではない。

もっと近い将来の話、10年後の2027年、医療現場に危機が訪れるという。
輸血用の血液が不足し、ガンなど大病の治療で必要な血液が供給できなくなる。

病気は病院に行けば治療してくれる、という当たり前の概念が当たり前でなくなるのだ。

火葬場が不足し、火葬するのに1ヶ月待ちなど、死んでも死にきれない時代が来る。

2065年以降は、外国人が無人の国土を占拠しに渡来してくる。
先住民と移民との抗争、といった、アメリカなど遠い国のお話だったものが、実際に日本で起こるのだ。

成熟国家となった日本が、今さら多産国家に戻ることはまずありえないと言い切れる。
ということは、数字で予測できるこうした事態は、非常に高い確率で起こりうることになる。


2024年には3人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎える日本で、まさに我が協会が取り組むCCRC、自立した高齢者向けの住宅などは、需要が高まるどころか、マストな存在となっていくだろう。
避けることの出来ない高齢社会をいかに明るい未来に変えるか、我が協会の取り組みは重要な役割の一端を担っている。

こんにちは、一般社団法人66Love協会のゆりこです。

今日がまさに季節の変わり目だとニュースで言ってました。
明日から本格的に秋の気候、日中のポカポカ陽気は今日で最後です。
惜しみましょう。


肉塊を食らいたい。
と思い立ち、上司を誘って「いきなり!ステーキ」へ。

22450426_1587034428013282_1900844699_o

一切かしこまることなくランチで気軽にスピーディーに、一定の質を保ったステーキが食べれる、なんて素晴らしい業態。

「いきなり!ステーキ」には、「シニア半額!」メニューがある。
「長寿には肉」と、シニアの肉食が注目され始めたここ数年の動きを察知してのことである。

人間年をとるにつれて肉なんて消化に悪いし食べなくなる、食べられなくなる、もっぱら魚でしょ。

と思い込みがちだが、実は間違っている。
肉大好きシニアは意外と多い。
私のおじいちゃんはケンタッキーが大好きだし、この間帰省した時おばあちゃんはすき焼きを驚くほど盛々食べていた。

「健康維持には粗食が1番」、という認識はもはや古く、むしろ「肉はエネルギーの源」と考えるシニアが急増中。
積極的に食べる人ほど長生きすると指摘する専門家もいるほどだ。

実際、認知症などの老化防止の効果があるという。

また、鬱や自殺予防の効果も。
もちろん栄養素的にそういう効果がある、ということであるが、そもそも「肉」という本質的に高級なものを食べるという幸福感、満足感も、そういう効果につながっているのかもしれない。


よし、次は焼肉ランチだ。

こんにちは、一般社団法人66Love協会のゆりこです。

ランニングシューズを買って3週間、順調に毎週走っています。
まだ5キロくらいが精一杯ですが、目指すは皇居ランです。


東日本大震災以降、結婚願望を抱く独身シニアが急増しているという。
とある婚活支援サービス会社が行った50~69歳の独身男女2000人へのアンケート調査によると、

「結婚相手が欲しい」
「事実婚、同棲相手が欲しい」
「恋人が欲しい」
「異性の友達が欲しい」

の割合が合わせて40.6%にのぼったという。

「特に願望はない」に関しては男性よりも女性の方が多く、18.1%上回っている。
婚活に関しても、女性よりも男性の方が肯定的な人の割合が高い。

男性側の理由としては、

1、「安心・信頼できるパートナーが欲しいから」
2、「人生をより充実させたいから」
3、「1人では寂しいから」

また、女性は1、2位は男性同様、3位に

「経済的に不安だから」

がランクインしている。
数値は男性の約7倍近くにのぼり、最も男女差が際立つ結果となっている。

「大震災以来、家族の大切さ、誰かと寄り添って生きていきたいという、純粋に人としての想いからパートナーがほしいとお考えになるのだと思います。」
と婚活コンセルジュの方。


我が協会も、シニア世代の恋のキューピッドになるべく動いています。

こんにちは、一般社団法人66Love協会のゆりこです。

夏に一旦減退した食欲が、正常に戻りつつある。
定食のご飯大盛りは当たり前。
ランニングを始めたことにかまけて、後ろめたさは、ない。笑


SNSは、もはや若い世代だけのものではないようだ。
今や50代、60代のFacebook利用者は1000万人近く、インスタグラムも200万人近い利用者がいる。

bon_ponさんをご存知だろうか。
60代の夫婦でペアルックの可愛らしい写真をインスタに投稿し、世界中から注目が集まっている。
今やフォロワーは10万人を超えている。

海外ファッション誌「ヴォーグ」で見かけた言葉を借りるなら、

「エイジレス」

年齢関係なく自分という人間を世に発信し続ける素敵な「エイジレス」な人々がこれからも増え続けるだろう。


何で本日のテーマがSNSかというと、今朝のニュースに多大な衝撃を受けたからである。

なんと、Facebookの「いいね!」を、1000いいね!2円といった感じで売る業者がいるというのである。
しかも一定数の購入者は存在し、商売が成り立っているという。

他にも、今流行りの「インスタ映え」「インスタジェニック」な写真をインスタグラムに投稿したいといった需要に答えるべく、「インスタ運用代行」なる事業が存在する。

例えば、
ビーチでインスタ映えするリア充な写真を撮ってインスタにあげたい!

という人が、実際の友達などではなく、その代行業者に1時間云万円といったお金を払って依頼し、友達のフリ、彼氏のフリなどをしてもらい、インスタ映えするようなセットを準備してもらい、一緒に写真を撮る。
その写真をインスタにあげる。

以前テレビで、オシャレなカフェに1人で行って、わざと2人分の注文をしてあたかも友達や彼氏と来たかのように写真を撮るといった女性を特集していたことがあった(しかもそういった行為を日常的にする人は、その女性に限らず一定数いる)が、もはや商売が成り立つレベルなのかと驚きが隠せない。


シニアとは少しズレたが、あまりに衝撃的なニュースだったため…

それではまた次回。

こんにちは、一般社団法人66Love協会のゆりこです。

おじいちゃんおばあちゃんあるある~

#おじいちゃんの存在が薄い
 夏休み、駅のホームにて
 「今からどこに行くのかな~?^^」
 「おばあちゃんち!」

#食前か食後に必ず、罰ゲームでもしてるのかと思うほどの茶色の液体を飲んでいる
 たぶん漢方を溶かしたやつ

#デズニーランド

#シンガポールのお土産でカモミールティーあげた
 「この紅茶はなかなか色が出んでいつまで経っても飲めん(´・ω・`)」
 「(´・ω・`) そういう紅茶なんだ」

#孫の好きなものへの記憶力が異常
 うっかり気を使って「うなぎ美味し~!」と言ったが最後
 帰省する度にうなぎを買っておいてくれる
 今更「いや実はあんまり好きじゃない」とか言えない…

#どんなに高額でも、お弁当、とか、昼ご飯代、とか言ってお小遣いくれる
 帰り際、おじいちゃんが謎の瓶をおもむろに開けて
 「新幹線で食べるお弁当でも買いんしゃい」
 5,000円?!Σ(゚Д゚)

#髪の毛少ないけど散髪がマメ
 「おじいちゃん髪切りに行ってるんよ。あ、帰ってきたわーお父さんさっぱりしたが」
 マジマジと頭を見るも…どこ切った?!

#髪のバーコードの部分を細いクシで常に整えてる
 「おじいちゃんそれ意味あるの?」←純粋
 「ふぉっふぉっふぉっ」


皆さんはいくつ「あるある!」でしたかー?

ちなみに、全部私の実体験、笑

かわいいおじいちゃん、おばあちゃん、大好き。

↑このページのトップヘ