2009年01月13日

能力棚卸の為のチェックリスト

日経ビジネスAssocie 01/20号より

今まで仕事をする中で…

Q.最もうれしかったのはどんなことですか

A.いいこと言うねぇ。って言われたこと。あと「営業に推薦したろか」とかか。
  やっぱ本心では営業したいんかなぁ。


Q.自分にとっての「成功体験」は何でしたか。

A.まだ成功していないなぁ。結果を出さないと。まずは目の前の課題。


Q.他人の役に立っていると思うのはどんな時ですか。

A.雑用しかまだ任されないという悲しさがあるなぁ。。。今の課題さえこなせば多少は評価されるはず!!


Q.嫌だった経験にはどんなものがありますか。

A.出した条件結果が悪かったこと。


Q.得意なことは何ですか。

A.人と喋ること。


Q.他人からあなたの性格についてどう言われますか。その性格で周りにいい影響を与えたのはどんな時ですか。

A.アホ、とよく言われるのはまぁ和ませてるんだろう。ビジネスにはいらんくね?オフでこそ出すべき。
マメ・真面目。少し遠い人にはそう思われる。BIZ上では有効か。取引先には演出すべき。


Q.最も換金化しやすい自分の能力は何ですか。

A.トーク…か?

Q.「どうなりたい」ために、あなたは生きているのですか。

A.好き放題するために。すき放題引き篭もる、かな?(笑)


やはり営業向きな回答になったなぁ。。

love_junk at 22:18|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)問答 

2008年12月15日

ダンドリ力

全く予定通りに動けてない。

だがDLは動かないわけで…。

やはり無駄をいかに落とすか、を突き詰めないと駄目なんだろうな。


作業一つにとっても

「この作業は必要なのか?」

ということを考えながらやっていきたい。


まだまだ拒否れる度胸はないけれども

できるようにならなければ結果はついて来ないだろう。


あと予定の立て方が結構無茶なのではないかとも思い始めた。

きちんと片付け、準備の時間も考えなければいけないな。。。


むずかしい。

love_junk at 21:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2008年12月13日

日経ビジネスアソシエ 12/16号

今更だが日経ビジネスアソシエ 12/16号(先々週の火曜日発売)を読んだ。

「整理達人のスゴ技」

と題された本誌。こういう整理系の本には弱いと自分でも思う。


印象に残ったのは以下の2点


1.「捨てる」ことの大事さ

2.紙をデータに落とし込む


実践者紹介で、いくつか例外の方はおられたが雑誌全体として上記項目を推しているように感じた。



1.捨てることの大事さ

ある漫画の、大掃除の話で。

あれもこれも捨てられないという少年に対し主人公が

「捨てる勇気!」

と指差し叱咤する、というシーンがある。
(ギャグ漫画ですが)


なんかインパクトを受けて結構印象に残っているが、

まさにその通り。

本誌には関連して、

「要るかも…」と悩む時間が勿体無い。

「いつか使うかも」と未来形で考えるのではなく、

「過去数ヶ月使っていない」と過去形で考える

といった内容の記載があった。

これも参考にしたい。



2.紙をデータに落とし込む

つまりはPDFに。

重いのはなかろうかと思う。

私はこの内容は反対派であり、紙は紙の利点が在ると思っている。

個人的に、紙で資料を読むほうが集中できる。


だが、あまりにも本誌で取り上げられているので

1ヶ月ほど試してみようかと思う。

カラーコピーも社長に言われ制限させられていることだし。

データはネットワーク内に保存し、会議資料はPDFに。

Docuworksを使うと本誌にはある。

富士ゼロを受けたときにもやたら薦められたソフトだし、一度DLして使用してみようかと思っている。



また、本誌には面白い整理アイテムがいくつか記載されており、モノ好きとしても楽しめる1冊であった。


しかし、自分の机の上も片付いてないのに実践しようとしている自分に一番びっくりである。

続きを読む

2008年11月19日

しかし・・・

説明文を入れると長くなるなぁ…

love_junk at 21:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

ブレストによる意識抽出

先日(14日)のシゴタノ!で勉強するコツとして

環境が挙げられていた。


また、人間忙しいときほどやる気がでるもの。



昨日は時間も沢山あり、家でだらだらネットしてしまったので

勉強も調べモノも何もしないまま寝てしまった。



これを打破する為、本日は

朝起きてアフターの内容を決め、
(仕事内容は前日の業務中に決めてある)

荷物を全部鞄に詰め、車の鍵を持ち


用事が終わるまで帰らないようにした
(タイムリミットを決めて)



といっても、「マクドで勉強する」程度のことだ。

マクドは非常にいい。

これからも直行しよう。

家に帰るとだれてしまう。

高校生とかが非常に五月蠅いのが難点だが…。


本日はLIVE HACKS! [ライブハックス!]をちょこっとだけ読んだ。


最初にかかれていたことは

「優先課題を5分で抽出する」

ということ。

大橋さんは毎日されているらしい。

何度も出てくる項目は自分にとって本当に大事なことで

途中で消えてしまう項目はその程度のもの


ということだ。納得。

私も近いことを行っている。

私は日経ASSOCIEからだが、

5分間単語をブレインストーミングしてできるだけ多くの単語を書く。

縛りはなし。

次の日、その中から気になる単語を一つチェックする。

その日はその単語を意識して生活をする

例えば本日私は「三ツ矢サイダー」であったが


あー測定機使わないとってときは「三ツ矢サイダー的測定機」

ドア開けるときは「三ツ矢サイダー的ドア」

とか思いながら行動する。

こうすることで発想力が広がるそうだ。

これもなかなか納得である。


ただし私はブレストを毎日は行わない。

間違いなく被るからだ。

確かに消えて行くものもあるだろう。

何度も出てくるものも重要だろう。

でも毎日やらなくても、週1でいいのではと思う。

私は毎日やるとかならず飽きる。

意気込みすぎる。

大橋氏の目的と、アソシエの目的は別なので同列に扱うのはおかしいかもしれないが

両方一度やってみると両方頭の整理であることがわかる。


そこで私は自己ルールとして

日曜の夜に行い、そこで出てくる数多くの単語の中から一日一つ選ぶ。

ということを行う。

毎週出てくるのが重要課題…というのはこじつけだろうが、

深層心理の中で意識している項目であることは間違いない。


次のエントリーからは口語で書こうかな・・・


love_junk at 21:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)試動