パン

2009年06月03日

20090602ブリオッシュひさしぶりにブリオッシュを焼きました。……といっても、ホームベーカリーですけれど。先日クオカさんで購入した1斤型も、トヨ型も、ハート型も、まだ使っていません。なかなか、仕事でバタバタしてしまっていて。そんなときでもすぐにパン作りできるホームベーカリーって、やっぱりスゴイですよね。1年ちょっと前に購入したばかりなのに、今ではホームベーカリーなしの暮らしを想像できません。今日焼いたブリオッシュは、いろんなレシピを見ながらこの1年間あれこれ試行錯誤してたどりついた私のオリジナルレシピ。外側はカリッ、中はふわっ……。リッチな味わいのブリオッシュです。焼きたてならそのまま食べてもおいしい。軽くトーストしてバターをぬるだけでも。サンドイッチにもぴったりです。

<材料>
・卵……50g
・牛乳……110g(卵と合わせて160グラム)
・強力粉(はるゆたか配合)……250g
・きび砂糖……30g
・スキムミルク……12g
・塩……4グラム
・無塩バター(よつ葉発酵バター)……50g
・ドライイースト……3g

<作り方>
・材料を上から順にパンケースに入れて、標準コースで焼くだけです。

<コツ>
※焼き上がり10分ほど前にストップボタンを押して、やわらかめにして食べてもおいしいです。
※卵を2個に増やし、その分牛乳を減らすと、卵風味たっぷりで、また違った味わいを楽しめます。
※外国産小麦粉をお使いの場合には、水分を10パーセントほど増やすほうがいいかもしれません。


☆ ★ ☆

※今日の心理学【ランチョン・テクニック】
人間には、一緒にご飯を食べながら言われたことについて、肯定的にとらえる心理があります。なので、もしも彼を説得したいことがあるなら、彼とご飯を食べているときに言うと、かないやすいのです。たとえば、「そろそろ結婚したいなあ……」と、彼にプロポーズを迫るのも、ご飯を食べているときのほうが効果的ですよ。




love_kitchen at 13:57コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月23日

pan henkango昨日は、パンを焼きました。……といっても、ホーム8ベーカリーで。なんだか形悪いです。ふくらみが今ひとつだったかな。牛乳が冷たすぎたかしら……。

去年の3月くらいにホームベーカリーを購入してからというもの、食パンを買うことはほとんどなくなりました。お惣菜パンもめったに買わないかな? だって、家にある材料でふわふわ食パンが焼けちゃうから。

今日焼いたのは、私の定番のレシピです。いろんなパンを作ってみて、アレンジして、私なりのこの配合に落ち着きました。当日ももちもちふんわりですが、翌日以降も、とってもやわらかいのです。

☆ミルキー食パン レシピ☆(1斤分)

<材料>
・牛乳……160g
・強力粉……150g
・薄力粉……100g
・砂糖……30g
・塩……4g
・無塩バター……35g
・スキムミルク……8g
・ドライイースト……3g

<作り方>
1)すべての材料をパンケースに入れて、スイッチオン。食パンコースで焼いてできあがり。

<コツ>
・小麦粉は今回は、はるゆたか配合のものを使いました。普段は、はるゆたかか、春よ恋を使っています。国産の粉ですので、牛乳は少し少なめです。外国産の粉をお使いの場合には、牛乳を10パーセントほど増やすなど、水分の調整をしてみてください。

・薄力粉はヴァイオレット、バターはよつ葉の無塩バターか、無塩の発酵バターがおすすめです。バターを50gに増やし、牛乳と卵で160gになるように調整すると、ブリオッシュ風に。コクのある、また違うパンができあがります。

・スキムミルクは、なければ省略しても十分おいしいです。

・塩は、ゲランを使用すると旨みがアップするといううわさを聞き、以前はそうしていましたが、お手軽な伯方の塩を使ってもだいじょうぶでした。

・ドライイーストはサフ使用。パンのふくらみが今ひとつの冬場は、サフの高糖用を使っています。

・粉に薄力粉をプラスし、水のかわりに牛乳を使用することで、やわらかいパンに。

・お砂糖は、きび砂糖がおすすめです。

☆ ★ ☆

パンつくりをはじめてから、生活が一変しました。いつも手軽においしいパンを食べられるって、しあわせ……。

そしてついに、パンの型を購入してしまいました。というのも、先日、お菓子材料のサイトのクオカさんでガレージセールがあったのです。ハート型、トヨ型、フタ付食パン1斤型の3つで、通常4500円のところ2250円。安い! クオカさんのメールマガジンを見てすぐに注文し、昨日手元に届きました。

すぐにでもチャレンジしたいのですが、今は締め切り前のお仕事真っ最中……。というわけで、仕事が一段落したら、ゆっくりチャレンジしてみたいと思っています。

型を、購入したことは、まだBON(夫)にはナイショ。いつも、彼の部屋にあるものを
「片付けて、整理して、捨てて」
と言ってるので、こんなかさばるものを買ってしまったことは、なかなか言い出せそうにありません……。

☆ ★ ☆

※今日の心理学【パンの薄い茶色で信頼度アップ】

色彩心理学的にみると、薄い茶色は「穏やかさ」「落ち着き」「安心」という意味があります。人をリラックスさせてくれる色であると同時に、きちんと感も与えてくれる色なんです。あなたが彼と喧嘩中とか、もう少し仲良くなりたいときであるなら、ぜひ手作りパンを彼に作ってあげてみてください。彼の、あなたへの信頼度が高まり、ふたりの距離がグッと近くなると思いますよ。お試しください!




love_kitchen at 12:02コメント(0)トラックバック(0)