料理初心者も作れる簡単料理から本格家庭料理、健康レシピ集をご紹介

ブログでお小遣稼ぎのアフィリエイトをするならA8ネット

健康レシピや健康を考えたマクロビレシピなら奥薗壽子のかんたんレシピがおすすめです・

簡単 料理 レシピ 茹で豚のグリル

c342093a.JPG茹でた豚肉を、特性のモロ味噌ダレで一晩つけて焼く事で、モロ味噌の香が食欲をそそぎ、余分な油もなく美味しくいただけます♪
しかも、味噌に含まれる大豆ペプチド、豚肉に含まれるビタミンB群によって
動脈硬化の防止、夏バテ防止、疲労回復、美肌効果、精神安定などの健康効果も期待出来る一品です。

こちらの「わかなのダッチオーブン料理天国365日レシピ」さんのお料理、美味しそうです♪
 
■[茹で豚のグリル もろ味噌風味]の材料と作り方  

茹で豚への応援クリック

【材料】

 ・茹で豚  4〜8切れ

 ・もやし  100g
   
【漬け味噌】1〜2人前分 

 ・もろ味噌     大さじ2

 ・白味噌       大さじ1

 ・しょう油      大さじ1

 ・日本酒       大さじ2


【作り方】

 1.漬け味噌の調味料をボールに入れてあわせます。

 2.茹で豚を5mm〜1cmほどの厚さに切ります。
  キッチンペーパの上に重ならないようにきれに並べて、包みます。

 3.平らなお皿や、漬け味噌を薄くのばします。
  その上に、キッチンペーパーで包んだ茹で豚を乗せ、
  さらに、その上に漬け味噌を乗せます。
 
 4.半日から1日、冷蔵庫で寝かせて、後は焼くだけです♪

 5.熱したフライパン少量のサラダ油をにしき、もやしを入れ
  軽く塩、こしょうをして炒めます。
  もやしをお皿に移し、そのフライパンでお肉をサッと焼いて
  もやしの上に置いたら出来上がりです♪

 モロ味噌の風味、甘さが、茹で豚に浸透して
 個人的にも大好きな一品です♪


*茹で豚の作り方は
メルマガのバックナンバーでご確認を♪
「2. 頂戴したコメントへのお返事」のコーナーを参照下さい。

http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000152240
 

 また、茹で豚でなくとも、茹でたチキンでも良いですし、
 生の牛肉でも良いです。

 牛肉の場合は、モモ、ロース肉の塊が手に入れば、
 “ローストビーフ モロ味噌風味”なる一品が出来上がります(^^

ということで、茹で豚への応援クリックお願いします♪ (ペコリ)




生協の宅配パルシステム

生協の宅配パルシステム生協の宅配パルシステム

生協の宅配パルシステムは自宅まで安全安心商品をお届けする食材宅配システムです。
今なら生協に加入の後、注文用の認証IDを取得するとお得な特典があります! インターネットで生協ライフをはじめませんか?






ビタミンC・ビタミンEが豊富な赤汁

私たちの周りには、病気や肌の衰えにつながる原因となるものがたくさんあります。どんな時であっても、女性は、いつまでも若々しくいたいと思うはず!若さを保つためにはバランスのとれた食事をすることが一番ですが、現在の私たちの食生活で一日に必要な栄養素を摂るのは困難。そこで、りぶメールでは、いつまでも体の中から元気できれいでいて欲しいという願いから「もぎたて赤汁」を作りました。足りない栄養素を自然の素材で濃縮させ、話題のコエンザイムQ10を配合し、トマト2個半分のリコピン、ポリフェノール、豊富なビタミン、食物繊維を 1包で手軽に美味しく取れます。
りぶメールのもぎたて赤汁は、老化を食い止めて若々しさを持続させる「自然の恵みをぎゅっと濃縮した」栄養機能食品です。
赤汁はビタミンC・ビタミンEなどの抗酸化成分を強化し、私たちの体を老化の元凶となる酸化(=サビ)から守り、病気知らずのサビない体と、美容をサポートをしてくれます。さらに、8種類の赤野菜・果実を初め、りぶメールの女性スタッフ達が肌やダイエットに良いと実感した“不老の栄養素”と呼ばれるコエンザイムQ10を1包に30mg含むなど、心と体の健康を考えた栄養素をたくさん配合した健康飲料です!

抗酸化作用とは、老化や成人病の原因となる活性酸素を消去してくれる働きのことで、老化や病気だけでなく、美白やアトピーの予防にもなるといわれています。抗酸化物質として、β‐カロチン・ビタミンC・ビタミンE・ポリフェノールがあり、トマト、かぼちゃ、にんじん、ごま、赤ワイン、などに含まれます。私たちはこれらを普段の食事からとっているわけですが、一度にバランスよく摂るには困難であり、摂取した量が少ないと十分な働きを得ないといわれています。「もぎたて赤汁」には、ビタミンC・Eや、コエンザイム、リコピンなどがたくさん含まれ、バランス良くこれらを毎日摂取することができます。
ビタミンC・ビタミンEが豊富な赤汁



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/love_marin/23263921