ベビる。/妊娠・出産・育児情報ナビTOP

ベビる。/妊娠・出産・育児情報ナビ 新着情報

スポンサードリンク

【低身長改善】日本初の身長を伸ばす治療専門院

子供の身長は、近年では横ばい傾向にあるものの、

20~30年前と比べると、 いかに高くなったか、

いかに伸びたかが注目されております。

その一方で、 身長を伸ばすとされるサプリメントなどが

インターネットでも盛んに 販売されるように、

低身長症と呼ばれる身長の伸びない悩みを抱える

子供たちも存在します。しかしながら、専門的な治療となると、
 
現在の日本では、

最終身長(伸びが止まった時の身長)が男子の場合156.4cm、
 
女子の場合145.4cm以下になると思われる成長曲線を

たどっている場合しか、

保険が適用される医療行為として認められません。

これは100人の子供に対し、 2人しか治療対象にならないほど

狭き門であり、また、対象となった場合でも、

最終身長が男子の場合156.4cm、

女子の場合145.4cm以上になると判明した時点で、

治療は中止されてしまいます。子供の悩みにも、家族の負担にも、

十分に対処しているとは言い難いのが現状です。

きりんクリニック 」は、

悩みを抱える子供たちが「希望身長」に到達できるよう、

ともに成長を見守るドクターたちが運営する、

身長の伸び悩みに特化したクリニックです。

日本初の低身長外来専門クリニックとして、

悩みを抱えるすべての子供たちが受診できるよう、

低身長治療におけるすべての保険適応外を対象に、

保険適用時と同等の価格設定で、低身長治療を専門に提供します。

また、成長ホルモンの自己注射が中心である従来の治療ではなく、
 
カルシウムを中心とした総合栄養剤、医療用成長ホルモンスプレー、
 
医療用成長ホルモンサプリメント、成長ホルモン注射など

さまざまなアイテムを、成長時期に合わせて複合的に使用する治療を

行います。自己負担で行うと

年間400万円~600万円ほどかかる高額な従来の治療を改善し、

経済的負担を
3分の1程度に、また、注射による子供の精神的ストレスも軽減しながら、
保険適用の医療行為と同等の治療を提供します。

■きりんクリニックの特徴

・低身長治療におけるすべての保険適応外を対象。

・保険適用時と同等の治療・価格設定で、従来の価格の3分の1で治療が可能。

・カルシウムを中心とした総合栄養剤、医療用成長ホルモンスプレー、
医療用成長ホルモンサプリメント、成長ホルモン注射などさまざまなアイテムを、
成長時期に合わせて複合的に使用する治療で、経済的負担と子供の精神的負担を軽減。

まずは、相談して診断してもらってみましょう⇒

面接官はココを見る!小学校受験面接ガイド!!

小学校受験って?

  • 小学校受験の面接ってどんな質問されるの?
  • 面接には、親子それぞれどんな服装で行けばいいの?
  • 保護者への質問で気をつけておく点は?
  • 子供があまり落ち着きが無いんだけど・・
  • 面接官が、何を基準に面接をするのか
    お受験のための攻略知識がつまっています。

    これから、小学校受験をお考えのご家庭に
    何から始めたらいいのか、何に気をつけたらいいのか
    事例をもとに、徹底ガイドしてくれる面接ガイドです。

    詳細はこちら⇒

    第4号メルマガ発行しました!

    こんにちは、ご無沙汰しております。
    末娘の入学や家庭の行事が多くメルマガ発行が遅くなってしまいました。

    皆様、どうお過ごしでしょうか?

    本日、メルマガ第4号を発行いたしました。

    今回のテーマは、「就学援助制度」です。

    知っているようで、知らない就学援助制度。

    就学するお子様を持つご家庭なら 誰でも嬉しい情報となっていますので
    是非、メルマガを捨てずにご覧ください。

    メルマガ購読・解除ID: 1114221
    ベビる。/妊娠・出産・育児ナビ
      
    バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ
    スポンサードリンク
    Copyright (C) ベビる。/妊娠・出産・育児情報ナビ. All Rights Reserved.