4795fc9a.jpgさてさて、直前のライヴの余韻にひたる間もなく、お次はようやく今回の旅のメインディッシュとも言えるライヴへ!

あたし、売れっ子アイドル並みに分刻みのスケジュールなんですけど。


ここからは別のライヴを見るNちゃんと別れ、私は一度ホテルをチェックインしてから初のKAMOMEへ!!


大学時代の友人Tやんとその美人妻、Eちゃんと入り口で合流。
ひさしぶり!!・・・な感じがしないのはなぜ??

ジャズプロの中で、一応このライヴだけはちゃんと予約してたので、案内されてみたらなんと最前列!しかも類家さん(Tp)の目の前!

なんか、照れるくらい近いですよ。わーお!!

お店も、おしゃれなカフェ風でとても居心地がよい。
昨夜(COCHI)との対比がオモシロすぎるんですけど。


というわけで、「SOMETHING JAZZY」とは・・・

プロデューサー&DJ:島田奈央子
(Tやんの後日談によると、なんと元アイドル、島田奈美さんという方らしいです。。
どおりでものすごくかわいいはず!)

伊藤大輔(Vo)、荻原亮(G)、柴田敏弥(P・Key)、類家心平(Tp)、中林薫平(B)、紺野智之(Drs)

というステキなメンツ!

どんな手を使ったらこんなメンバーを集められるのかね?
金かね?誠意かね?色気かね??

これでもか!というくらい、揃いも揃ってイケメンパラダイスです。(やや古)


そもそもこのイベントは、ジャズを普段あんまり聴かない人にとって、ジャズを聴く入り口になれば、ということで始まったらしく、明らかに他の会場と違って若い女子率高し!

音楽・・というよりビジュアルで惹き付けられてる女子が大半なのでは・・・?
という気もするが、まあそれもアリよね。
きっかけなんか何だっていいのだ。
実際あたしだってジャズのことなんか何にもわかってないし!


3人で、私にとっては今日初のまともな食事を摂りながら、近況とか今日の珍道中とかを話してるうちにライヴスタート!

【1st】
SIDE WINDER(インスト)
Tell me a bed time story(インスト)
STOLEN MOMENTS(大輔さん登場)
Little B's poem(とても美しい曲。)
ジーニー(ラテンからスウィングへ)

【2nd】
アフロディジア(“斬新な”アレンジで。)
'round midnight(レゲエで。)
I'm in the mood for love〜moody's mood for love(メドレー。)
痛快(!)SUMMER TIME(後ほど詳しく・・!!)
TOMBO IN 7/4(7拍子からハウスビートへ。かーっこいー!)

【アンコール】
FREEDOM JAZZ DANCE(途中のKeyソロが超フリーでトランシー。)


実にバラエティに富んだ内容。
スタンダードなナンバーも、ファンク・レゲエ・ハウス・ラテン・ロック(!)・・など様々なアレンジで、とにかく文句なしに楽しめました。


初めて見る伊藤大輔さん、なんであんなに細いの??
草食動物系だよね。

声は、みんなが言うとおり・・「あま〜い」!!

でも繊細で高めな声なのにしっかりローの成分も出てるというか、芯があって、しかもただウマイだけじゃなく、スキャットやヴォイステクのセンスに聴き応えを感じた。
早いフレーズのスキャットとかやっても音程に意思が感じられるというか。
上品なビブラートも好みだった。

私にしては珍しく久々おおー!!と思った「シンガー」かも。
ビジュアルの好みはさておき(?)、ヴォーカリゼーションはかなり気になるお方でした。
またぜひ観てみたい!!


そして目の前で見る久しぶりな類家さんは・・今日も期待通りの素晴らしさ!
なんでしょうね?あの相変わらずちょっと影のあるミステリアスな感じは・・。

1stは若干様子見な感じも見受けられたけど、2ndからは、以前にも見たバリエーションのあるブロウテクを披露しててやっぱりハートを打ち抜かれる。

でもこの人の音は、ホールなんかの方が映えるような気もするけどね。
・・って欲張りですかっ??


そして柴田敏弥くん。若干24歳にしてあの迫力!!
ほとばしるYOUTH!って感じ。あのイケイケ感、あれは個性なのか、若さゆえなのか??
しかも、今回のライヴのアレンジなどもほとんど彼が手がけているらしく、とにかく圧倒的な存在感でした。

一緒に行ったTやんも彼には大注目してる様子で、近々ある他のライヴにも行ってみようかな、と言っていた。
もう少し年を取ったらさらに深みも増してどんどん素晴らしいプレイヤーになられるのでしょうね。
・・要注目!!

ベースの中林さん&ドラム紺野さんのリズム隊は、すごく主張がある演奏、というわけではないけれど、縁の下の・・的な安定したリズムをしっかり聴かせてくれた。

関係ないけど薫平さんのヘアスタイルは、以前ずっと私がやってたのとまったく同じだったので、それだけでなんか親近感・・。
根元からかけたツイストスパイラルのパーマへアをおでこ全開にして後ろでひとつに束ねたスタイル。

なつかしいわ!

ギターの亮さんは、昨夜のカジュアルなスタイルとは違って、光沢のあるカーキのシャツにサングラス、というなかなか気合の入ったいでたち。

演奏は、よりファンキーさに磨きがかかり、グルーヴィーなワウカッティングや、隠し味的スパイシーな単音ピッキングにニヤリ。
まあただ、言うまでもなくいつもの聴き慣れた亮さん節だったので、ある意味取り立ててここで特筆すべきことはないような・・・

・・・いや、あった。

2ndでやった「SUMMERTIME」!!!

「至極のアレンジでどうぞ!」というMCで始まったソレは、大輔さん曰く「半袖半ズボン、ひざこぞう擦りむいた系(!)」の超重たーいロック!!!!!

「ワーン!トゥー!スリー!」♪ドドパーン!!

・・ってものすごいベタなドラムのフィルで始まったかと思ったら、

♪ジャーーン!

・・っていきなり歪んだギターリフ!!!

バ、バカだ!!・・会場内爆笑。

しかも、心なしかいつもよりイキイキしてませんか、あの人。

この曲だけはとがったギターを、めちゃめちゃ低い位置で構えて弾いてほしかったわ。
わはは。

ドラムも終始ハイハットオープンのまま8分を刻んでるよ。ウ〜ケ〜ル〜!!!

でも曲の最後、無音の部分があって、亮さんずっとアンプの方を向いてたんだけど、あれ実は、キュイ〜ンってハウらせたかったのでは・・・?と気になってしょうがなかった私です。
違ってたらごめんよ。


あと、大輔さんのMCが、楚々とした見かけに反してかなりオモシロかったのが意外。

2ndの最後、「TOMBO」の曲紹介をするとき、「トンボと言って僕が思い浮かべるのはライライキョンシーくらいですけどね!」などと言っていた。

・・会場無反応。

ぷぷぷぷ!!!
そりゃ誰もわかんねーよ!!とひとりでウケてた。

一度はそのままスルーしたのだが、あまりの無反応ブリを気にかけたのか、「世代的に知ってるでしょ?」と類家さんに救いを求めるも、「知らない!」とバッサリの類家さん。
あははは!!!

そのうちアメトークで「キョンシー芸人」特集やってくれたらいいね!大輔さん!


さて、余談なんですが・・・

1stと2ndの間の休憩中、突然見知らぬ女性に「ようよんさんですよねっ!?」と声をかけられたので、今日このライヴに来ると聞いていた、初めて会うマイミクさんだろうと思って、「あー!こんばんわー!」と答えたら、「いや、違うんです!全然お知り合いとかではないんですー。」とのこと。


聞けば、なんと!!!このブログのファンだと言うではないか!!!!!


にしても・・・なんで私だってわかったのだろうか・・と思ったら、先日載せてたブログの写真を見て、あの人だー!と気づいたらしい。。

・・・す、すごくね?

事前にKAMOMEに来るとか一言も書いてなかったし、地方に住んでる私が旅先で彼女と居合わせる確率なんて・・・
・・・もうこれは、運命なのでは。私がメンズだったらよかったね。。

どうやら西藤さんのファンの方らしく、先日の丸星ラーメン日記に出くわしたもよう・・。

・・・もっと中身のあること書いとけばよかった・・。

確かに最近、いろんな人から読んでます!と声をかけられるけど、こんなこともあるのだねえ。
「ブログのまんまの方でヨカッタ!」と言われたけど・・・この文章が与えるイメージって・・・??

まあ誰が読んでようと、これからもバッサリいくときはいきたいと思います。。
みんな、覚悟しとけ!!


とにもかくにも、Fさん話しかけてくれてありがとう!!
ぜひ九州にも遊びに来てね!!



というわけでライヴ終了〜。

しかーし!今日は、これで終わりではない!!
(時間ない人はここで読むのやめとけ!)

ジャズプロムナード自体は21時でフリーパスの効力が切れるので、その後お店によっては、別チャージでのライヴがある場合も。

KAMOMEも然り。

今宵の番外アフターは、荻原亮セッション!
あたし、ひとりで連日オギー祭りじゃん。ははっ。


埼玉方面へ帰るため早めに切り上げるTやん夫妻を見送った後は、やっと初めてお会いできたマイミクのCさんと、ケーキを食べながらセッションを見物。


ウワサには聞いていたけど、他の会場でのライヴを終えたミュージシャンたちが続々大集結!
MONGO以来、久々の小泉Pちゃんとも再会。
また来月お会いしますけどね〜。

ハチさんも昨夜の予告どおりご来店。
今日朝イチのライヴ、入れなかった話をしたら、「もー!佐藤のヨメです!くらいのこと言えばよかったのに!『佐藤ナナです!』とか言ってさ!」だって。
・・『ハチ』のヨメが『ナナ』ね。うまいこと言う!


というわけで集まってきたミュージシャンは・・・(順不同)

日野JINO賢二、GRACE MAHYA、FUYU(さっき見たメンツそのまんま!)、大槻カルタ英宣、佐藤ハチ恭彦、吉田智、渥美幸裕、小泉’P克人・・・etc(その他名前がわかんない人も多数。。)
プラス、引き続きSOMETHING JAZZYから敏弥くん、薫平さん、紺野さん、類家さんも。
そしてもちろん本日の仕切り隊長、オギー兄さん。


・・・豪華ーっっ!!!!!


そっからはいろんなミュージシャンが入れ替わり立ち代りでセッション!!

なんと、BAR BAR BARで悶えたマーヤさんの「FEEL LIKE」も、今度はギター荻原亮にて再演!!
でもマーヤさん、すでに飲んでいるからか?声が枯れ気味。
歌い方もなんかエロイです。。


Cさんが帰っちゃったあとも、同じテーブルに居合わせた女の子たちと一緒になってさらに観戦。

そんで、途中から元サザンオールスターズのギタリスト、大森さんがなぜか立ち寄る。
ブルージーなギターを掻き鳴らしたあとは、ひどく酔っ払って、私たちのテーブルの女の子にカラんできた。

・・・う、uzeeeeeeee!!!!!

あたしはひたすら目を合わせないようにしてました。えへ。


ミュージさんたちは朝までセッションする気満々だったらしいけど、お店のスタッフも帰らないといけないし、さすがに「はい!終了ー!!」とマスター。
ジャズプロは明日も続くんだもんね。お疲れ様です・・。


いやー満喫した!!!!!
こんなの絶対福岡じゃ見れんし。
すごすぎて、もうあたし音楽やめよ!って一瞬思ったくらい。

もうこっちに移住するしかない!!


同席の彼女たちはとっくに終電をなくし、このあとどうしよ〜状態。
もうすでに3時を回るころだったので、結局始発まで時間を潰すしかないということで、4人で近くのファミレスへ。
(なぜか始発を待つ必要のないあたしも・・!)

初対面の4人で、始発どころかすっかり明るくなるまでしゃべり倒す・・。

これまで見たライヴの話、東京のコアな女性ジャズファンの話、または、あるミュージシャン○○は、ライヴ中盛り上がってくると前歯が出てくるので要注目!とか、××は、ミクシーの返事がすごく丁寧ですばらしい!などといった、どうでもいいトリビアなどでも盛り上がる。

まあ途中からあたしは眠すぎて、かなり意識朦朧としてましたが。。

Mさん、MPちゃん、Aちゃん、楽しい時間を一緒に過ごしてくれてありがとう!
また東京に来たら遊んでね!!


・・・はー、濃ゆい一日だった。。

ていうかこの日記、長すぎやろ!!

最後まで読んだそこのアナタ!・・・アホすぎます。


というわけで、次回はいよいよ最終回なるか!?お楽しみに!!