SMILE

こんにちは!! ようこそいらっしゃいましてありがとうございますm(__)m こちらはSMILEによるやっちんこと曾我泰久さんのイベントレポ専用ブログです。尚、あくまでもSMILEの私設ブログですので曾我さん御本人及び関係者の方々とは一切関係ありませんので御了承下さい。曾我さんのスケジュール、最新情報などはオフィシャルサイトを御覧下さい。(リンクバナーからどうぞ)すべてのイベントレポはできないかとは思いますが、興味がありましたらイベント終了数日後に覗いていただけたらと思います。今後ともよろしくお願い致しますm(__)m 2006.1.1.SMILE

「ソングコレクション」〜弾き語りオールリクエスト〜

こんにちは♪
超〜超〜久しぶりの更新です(^_^)v

さてさて、今月行われました「ソングコレクション」〜弾き語りオールリクエスト〜」Liveに行って来ました〜♪
いや〜本っ当〜に楽しかった♪
何が楽しいって、このLiveはいつものLiveのようにセットリストが決まっていなくて、各Live前夜24時までのみんなのリクエストで曲順が決まる・・・
というLiveなので、当然会場によってランキングは違うので
自分がリクエストした曲はランクインしているのか♪
次はどんな曲が聴けるのか♪
いつものLive以上にドキドキワクワクして、イントロドンみたいな感じで集中して聴いちゃいました(^_^)v

リクエストと同時に「良かったらリクエストした理由をダイレクトボイスにメールを下さい」と、やっちんがおっしゃっていましたが、あまりメールがなかったようで(;^_^A
やっちんは1曲1曲(続けて歌われた時もありましたが)歌い終わるとその曲にまつわるエピソードをお話されていました(^o^)

何故か「前公演から11曲入れ替わってます」という事が多く、会場によってかなりランキングが違ったようで、1位の曲は10公演全く被っていなかったそうで(*_*)
全公演を通して50曲位がランクインしたのではないかと思います(;^_^A
私達は数公演参加しても色々な曲を聴く事ができて楽しめたかと思いますが、歌って演奏しているやっちんはかなりハードだったのではないかと思いました(;^_^A
本当に本当にお疲れさまでしたm(__)m
そしてと〜っても楽しい時間をありがとうございましたm(__)m

気になっている方も多いかと思うので、全公演ではありませんが「続き」にセットリスト(ランキング)をアップしました(^_^)v
よろしかったらご覧下さい(^_^)b

SMILE☆彡

続きを読む

「サンズ・オブ・ザ・マッシュルーム」〜レポ

★ネタバレ注意♪★ネタバレ注意♪★ネタバレ注意♪★ネタバレ注意♪★ネタバレ注意♪
0a196028.jpgやっちんは親から引き継いだレコード店を経営する「五郎」役♪
1966年の黒い髪を七三に分けた若い五郎と、2015年の白髪で年老いて杖をついている五郎を演じているので、1人2役のような感じです♪
この2役を姿だけではなく、台詞のスピードや声のトーン等を変えていて、でも聞き取りやすさは変わらなくて、さすが♪って思いましたね(^_^)b
あ、あと、羽田空港のシーンで白いツナギを着て飛行機を誘導していたのもやっちんでしたね(^_^)b

やっちん登場の最初のレコード屋さんのシーン♪
2日目に観た時に耳に入ってきた曲が「Glowing Up Days」♪♪♪♪♪
耳を疑ってしまったけど、聴こえているのは確かに「Glowing Up Days」♪♪♪♪♪
驚きから曲を確認した瞬間、トリ肌が立って涙が止まらなかった〜(T_T)
ジャニーさんとお仕事をもう1度やりたい・・・って夢を叶えたやっちん♪
それだけではなくジャニーズのステージで「Glowing Up Days」が流れる日が来たなんて\(^o^)/
ココロの中で「良かったね、やっちん」って言っていたのは私だけじゃなかったと思います(^_^)b
まだまだステージは始まったばかりなのに涙涙で・・・(;^_^A

この五郎のレコード屋さんはセットがありましたが、全体的にステージはシンプルで、プラネッツが車に乗っているシーンはハンドルだけ持って歌ったりダンスしながらステージを移動していてエアドライヴ状態♪
バックではJr君達が街灯やバス停や電柱、信号機を持っていて、うまく空間を使って移動していて楽しかった♪
この時の音楽が「Sexy Driving」と「イージーライダー」なのですが、車なので「ライダー」ではなく「ドライバー」に歌詞が変わっていましたね(^_^)b

このドライヴのシーンでも使われていましたが、ステージの奥と言うか、正面がスクリーンになっていて映像や画像が映されていました♪
ステージを大きく広く、色々な効果を出していましたね♪
ドライヴのシーンでは流れる街の風景が映されていて、事故を起こしてしまった時も必用以上のハデな音響ではなくほどほどの音と「ドーン」の文字が出ていました(^_^)b
他にも当時の新聞の時事ネタの見出しや、ビートルズのコンサートの時の武道館を取り巻く行列画像などがありました♪

ステージ上に余分なセットがなかったのは、プラネッツ(ABC-Z)のメンバーのダンスやアクションを大きくとるためなのかな?と思いました♪
特に殴り合いの喧嘩のシーンはすごかった(>_<)
アクロバットやダンスに慣れた身のこなしのおかげか、ものすごい迫力でハラハラしながらもじっと見入ってしまいました(^_^)v

そして笑い所も満載でしたね(^〇^)
60年代はギャグの宝庫♪
やっちんの「ガチョーン」や「シェー」なんかが見られましたね♪
他にも気付かなかったものもあったかも?(^_^ゞ
「さよなら、さよなら、さよなら」もそうなのかな?

そしてハデな殿様衣装にちょんまげ姿で踊るやっちん(*_*)
プラネッツのメンバーもそれぞれハデな衣装でしたが、一番ハッちゃけててやっちんがピカ一でした(;^_^A
大笑いしちゃいました(^〇^)

他にも1966年にタイムスリップしたらスマホは、げた箱の木札になってて、ガラケーは折り畳み式の服のほこりを取るクリーナーになっていました(*_*)

そして、何と言ってもやっちんのギターを弾く姿はカッチョえかった〜♪
練習をみてあげる・・・みたいなシーンでのセッションなので「君に会いたい」をサラッと弾いただけなのですが、8/29以来久し振りにギターを弾く姿を観れて嬉しかった〜(^o^)/

日劇ウェスタンカーニバルに出演する事になったプラネッツ♪
出演シーンの前にマネージャーの五郎さんが出てきて「プラネッツは初出場で緊張しているから皆さん手拍子や黄色い声援を送って緊張をほぐしてあげて下さい」と、みんなで声援の練習をしました♪
公演によって「自由に好きな声援を♪」や「キャー♪」や「プラネッツ〜♪」など、五郎さんのご指導のもと、みんなで声を出す練習をしました♪
そして最後に「五郎さ〜ん♪と呼んでいただけるでしょうか?」と五郎さんコールのリクエストが♪
えぇ、もちろん大きな声でコールしましたよ(^_^)v
プラネッツの声援の練習の時よりも皆さんの声が大きかったように思えました♪
ご満悦な様子の五郎さん、いや、やっちん♪
声を出して、手拍子して楽しかった〜(^o^)/

そしてもちろん、あの懐かしい名曲達を久し振りに聴く事ができました♪
「神様チャンスを」
「Sexy Driving」
「イージーライダー」
「君に会いたい」
「恋のドラキュラガール」
良い曲はいつ聴いても良いですね〜♪
あの楽しかった日々を思い出して、ここでモンキーダンスしたっけ、ここで紙テープ投げたなぁ〜、なんて、つい歌詞を口ずさんじゃったり、リズムを取ってしまいましたね(^_^)v

そしてエンディングでは蝶ネクタイに黒スーツ姿で出演者全員でのレヴュー♪
現役ジャニーズ君達と一緒に歌って踊るやっちん♪
言葉はいらないよね\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/(T_T)(T_T)(T_T)

やっちんが25年振りにジャニーズのステージに立ってる♪
これだけでも感慨深いものがありますが、ストーリーがバンドのメンバーが亡くなってしまってたり、「夢は時間がかかればかかっただけ叶うと嬉しい」など、台詞の端々などにもオーバーラップするものが多々あり・・・(T_T)
いっぱい笑って、いっぱい涙してきました♪
まだまだ公演は続いているので、進化していくかと思います(^_^)b

それから、パンフレットの錦織さんのご挨拶文を読んでウルウルしてしまいました(T_T)

やっちん、出演者の皆さま、スタッフの皆さま、楽しい時間を過ごさせていただきましてありがとうございましたm(__)m
千秋楽までお体、ケガ等にお気をつけて、楽しんで頑張って下さい♪


SMILE☆彡

「サンズ・オブ・ザ・マッシュルーム」〜ストーリー

★ネタバレ注意♪★ネタバレ注意♪★ネタバレ注意♪★ネタバレ注意♪★ネタバレ注意♪
9a0d48cf.jpg♪君に〜会いたい〜♪
♪神様お願いイェーイ♪イェイ♪
「ABC座 2015 サンズ・オブ・ザ・マッシュルーム」観て来ました〜♪
すっごく楽しかった〜♪
そして何よりやっちんの出演シーンが多くてビックリしたけど嬉しかった〜\(^o^)/

ストーリーはタイムスリップもの♪
60年代風の音楽を中心に活動しているあまりパッとしない5人組のバンド「プラネッツ」
車でLiveに向かう途中、猫を避けて事故を起こしてしまい、猫ともども1966年にタイムスリップしてしまう。

この日はちょうどビートルズが初来日して武道館初のコンサートが行われる日で、ラッキーな事にチケットを入手でき、メンバー全員でコンサートを観に行った。
生のビートルズの音を聴いてハイテンションなメンバー。
そこで出会ったのが元バンドマンの五郎。
今は親から引き継いだレコード店を経営していて、プラネッツのみんなを広いとは言えない自宅アパートで面倒をみてくれる。
以前五郎が所属していたバンド名もプラネッツという事もあり、意気投合した五郎とプラネッツは一緒に仕事をする事になった。

五郎はバンドマン時代に練習場として使っていた場所にプラネッツを連れて行く。
ここは元々五郎のバンドメンバーの親が経営していた酒屋の倉庫で、息子亡き後五郎が譲り受けていた。
この練習場を立派なスタジオにするのが五郎の夢。

メンバー間の衝突が絶えなかったプラネッツも、五郎と出会ってからは雰囲気が良くなっていた。
元バンドマンという五郎の人脈を使ってプラネッツのLive出演が決まる。
プラネッツの音楽は時代にはまり、Liveがうけて出演の依頼が次第に増えていった。
プラネッツのみんなも五郎にお世話になった恩返しや、五郎が借金を抱えている事を知り、五郎の役に立とうと積極的にLive出演をし、観客動員数の記録などを更新してレコードも発売した。

でも、元々小さなイザコザが絶えなかったプラネッツ、ついに殴り合いの喧嘩をしてしまう。
そんな様子を見ていた五郎が自分のバンドマン時代もメンバー間のイザコザが絶えず、解散となってしまった事を話す。
そしてメンバーの1人が亡くなってしまった今、後悔してもすでに遅い事なども話す。

五郎のそんな話を聞きながら1度は冷静になったものの、タイムスリップした人気絶頂の1966年にとどまっていても良いのか、「あっちの時代」に戻るべきなのか、でも戻ろうにも戻る術がない・・・
そんなストレスからかまた言い争いをしてしまう。

そんな時、いつも連れている今ではマスコットキャットとしてファンからも人気のある猫が見当たらなくなってしまい、探しに行ったメンバーが事故死してしまう・・・
残されたメンバー達は喧嘩した事を反省し、後悔した。
二度命を救われた猫は、不思議な力で身代わりになり、事故にあったメンバーを蘇らせプラネッツは2015年に戻る。

タイムスリップしていた時の記憶をもとにプラネッツのメンバーみんなで「酒屋の倉庫」を捜し、年老いた五郎と再会する。
五郎は50年がかりで倉庫を立派なスタジオにし、今では「社長」と呼ばれていた。
立派になったスタジオでプラネッツは再び演奏をする。


SMILE☆彡

「THE GOOD-BYE Live Encore Tour Final」

d0d29bcd.jpg行って来ました〜♪
「THE GOOD-BYE 1983→2014 30th Annversary Live Encore Tour Final」
in 中野サンプラザ♪♪♪
「中野サンプラザ」って聞いただけでもみなさんそれぞれの思いがいっぱい詰まった会場ですね(^_^)b

みんなの思いがいっぱいな会場内はアツかった〜♪
いっぱい笑って(^〇^)
JUMPして(/^^)/
タオル投げて\(^o^)/
楽しかった〜♪

The good-bye、そしてサポートメンバーの皆さん、お馴染みのミリタリージャケットで登場〜♪
オープニングは1985年に中野サンプラザで行われたThe good-byeのミュージカル「原宿物語」の曲達からスタート♪
いきなりテンションMaxでしたね(^o^)/

そして「真夏と言えば」な曲やシングルA面な曲達〜♪
あの曲はB面だったけど(^_^ゞ

昨年発表された新曲を交えながらメンバーそれぞれのコーナーっぽい曲達があり、ちょっとしっとりとした雰囲気の曲達♪
もちろんはっちゃんの曲も♪

「Go to the ぱらだいす」では恒例のアンケート〜♪
サンバホイッスルで盛り上げるやっちん♪♪♪
最初は全員、女性だけ、男性だけ・・・と、普通の内容から超〜マニアックな「○○のコンサートに来た人〜」などなど♪
「男性だけ〜♪」の時、またまた更に更に野太い「イェ〜イ!」の声が大きくなっていて「男性ファンが増えたなぁ」って感じました(^o^)/

そして後半はアップテンポな曲達でさらに盛り上がって、タオル投げて、良い汗いっぱいかいた〜(^o^)/

アンコールの「悲しきRADIO GIRL」ではJUMPしまくり(^o^)/
最後に「Good-Byeのテーマ」が流れる中、The good-bye、そしてサポートメンバーの皆さんが手を繋いでご挨拶をして下さり・・・浩ちゃんとよっちゃんの間には1人分のスペースが♪
ステージ上に誰もいなくなっても「Good-Byeのテーマ」を会場のみんなで大合唱して、本当に本当に楽しかった〜(^o^)/
そして最後の最後に「僕らの祈り」が会場に流れて、はっちゃんの大きな優しい愛に包まれながら温かく楽しい時間が終わりました♪


The good-byeの皆さま、サポートメンバーの皆さま、スタッフの皆さま、お疲れさまでした♪
「中野サンプラザにキャンセルが出た」という情報を聞いて、「The good-byeをやりたい」って思って下さったよっちゃん、ありがとうございます♪
そしてみなさんのスケジュールが奇跡的に空いていた事にも大感謝♪♪♪
本っ当〜に楽しい時間を過ごす事ができました(^o^)/
ありがとうございましたm(__)m

今回のLiveは急きょ決まったにもかかわらず、全国からたくさんのThe good-byeファンが集まりましたね♪
今回もお世話になりました皆さん、一緒に楽しい時間を過ごして下さった皆さん、本当にありがとうございましたm(__)m

65c88d1a.jpgそれから今回のグッズにはTシャツバックプリントのスケジュールの追加だけではなく、イラストにも中野サンプラザが描かれていました♪
嬉しかった〜♪





SMILE☆彡



3da2fb73.jpg




「THE GOOD-BYE 1983→2014 30th Annversary Live Encore Tour Final」

2015.8.29 東京 中野サンプラザ

The Good-bye

サポートメンバー
小野澤 篤さん(Key)
添田 啓二さん(Key)


セットリスト

M-1.「浪漫幻夢(Romantic Game)」
M-2.「TWO NIGHTS(トゥナイト)」
M-3.「ペパーミント・パティTelephone」
M-4.「YOU惑-MAY惑」
M-5.「涙のティーンエイジブルース」
M-6.「にくめないのがニクイのサ」
M-7.「Dance×3」
M-8.「Shock Me!」
M-9.「想い出のLONG VACATION」
M-10.「愛See Tight」
M-11.「Glowing Up Days」
M-12.「昨日まではFUNNY BOY」
M-13.「だからやめないで」
M-14.「Lonely Night」
M-15.「Going Home」(やっちんウクレレ)
M-16.「Into Dreams」
M-17.「Dear Friend」(やっちんピアノ)
M-18.「Love」
M-19.「Mass-Communication」
M-20.「Go to the ぱらだいす」
M-21.「祭り気分でTAKE A CHANCE」
M-22.「I Can Be」
M-23.「Real Me」
M-24.「YES! YES!! YES!!!」
M-25.「赤いポルシェ」
EN
M-26.「悲しきRADIO GIRL」
M-27.「Hong Kong Blues」
〜「Good-Byeのテーマ」〜
WEN
M-28.「Forever Friends」
〜「Good-Byeのテーマ」〜
〜「僕らの祈り」〜

「 単独ライヴツアー<前半>〜夏が来る!」

94185c3c.jpgこんにちは♪
「曾我泰久 単独ライヴツアー<前半>〜夏が来る!」
に行って来ました〜♪

今回も
いっぱい笑って♪
素敵な音色に癒されて♪
優しい歌声のシャワーを全身であびてウルウルして♪
大盛り上がりでタオル投げて♪
楽しかった〜(^o^)/

完全なるやっちんソロLiveは何と2年振り!
アコースティックギターはもちろん、ウクレレあり、キーボードあり、アカペラあり♪
バラエティーにとんだやっちんらしいLiveで超〜楽しかった〜\(^o^)/
アコースティックギターは今まで愛用していたギターに加え、先日の名古屋バスツアーの時にヤイリギターさんからサプライズプレゼントされました新入りギターも登場して、プチ聴き比べもできました♪

ウクレレの優しい音色の「Going Home」 からアカペラでの「見上げてごらん夜の星を」涙が溢れてきました(T_T)

以前は皆さんから募ったグッバイリクエストコーナーがありましたが、曲が偏りがちだったので、今回は「曾我泰久君のリクエストコーナー」になったそうで、会場毎に曲を替えたそうです♪

ピアノコーナーでは久し振りに「流されて」を演奏されました♪
今回のツアーから販売されました「ソロ活動25周年記念パンフレット」の付録DVDに使う資料用映像で「流されて」をピアノ弾き語りしていたのを見つけて、今回のツアーで久し振りに披露されたのだそうです♪

そして後半はおなじみのノリノリナンバーで
手拍子して♪
手を振って♪
タオル投げて♪
アコースティックLiveとは思えないほど盛り上がって本編終了〜♪

当然アンコールの拍手は鳴りやまず、やっちん登場〜♪
仙川でのLiveの時、用意されていたステージドリンクをあまり口にしていないな〜と思っていたら・・・
いつもの無味なミネラルウォーターではなく、いつものアロマオイルを加えたら不味かったそうであまり口にしなかったそうです(^_^ゞ
アンコールで登場したやっちんは「証拠物件発見♪」と、ペットボトルの剥がされたラベルを持参で登場♪
よっぽど不味かったんだね(;^_^A

アンコールではホルダー装着のハーモニカ演奏付きの「Stand Alone」 で盛り上がって、
「浪漫幻夢(Romantic Game)」 で「one two three for five six seven♪」を歌って、大盛り上がりでLive終了〜♪(^o^)/

築地ではさらにさらに拍手が鳴りやまず、ダブルアンコールの拍手に応えてやっちん再登場〜♪
アップテンポな「Forever Friends」を歌って下さり、超〜超〜大盛り上がりでLive終了〜♪

ホントにホントに楽しかった〜(^o^)/

やっちん、スタッフの皆さまお疲れさまでした♪
そして楽しい時間をありがとうございましたm(__)m

そしてそして、今回もお世話になったり、一緒に盛り上がって楽しい時間を過ごせた皆さん、ありがとうございました♪

そして今回も「仙川 KICK BACK CAFE」さんと「築地 BLUE MOOD」さんではスベシャルフードメニューがあり、音楽だけではなく美味しいお料理でも楽しませていただきました♪

「仙川 KICK BACK CAFE」
〜Just summer for you〜
987d508c.jpg













「築地 BLUE MOOD」
〜山形豚のグリル〜
cb6b8fd7.jpg







すでに後半戦の「夏が来た!」ツアーがスタートしていて、こちらも大盛り上がりのようですね(^_^)b
楽しみ〜♪(^o^)/


「単独ライヴツアー<前半>〜夏が来る」
2015.6.5 横浜 THUMBS UP
2015.6.27 仙川 KICK BACK CAFE
2015.6.28 築地 BLUE MOOD

セットリスト

M-1.「太陽からのメッセージ」
M-2.「Carry on」
M-3.「Stepin' Out」
〜新入りギターコーナー♪〜
M-4.「Just summer for you」
M-5.「なぜだろう?」

M-6.「Every Single Day」
〜ウクレレコーナー〜
M-7.「お気楽に行こう! 」
M-8.「Going Home」

〜アカペラコーナー〜
M-9.「見上げてごらん夜の星を」

〜曾我泰久君のThe good-byeリクエストコーナー〜
M-10.
横浜 「LOVE AGAIN」
仙川 「Forever Friends」
築地 「Misty night」

〜ピアノコーナー〜
M-11.「流されて」
M-12.「向日葵」

M-13.「一期一会」
M-14.「約束の場所で」
M-15.「愛を育てよう」
M-16.「Yes! Yes!! Yes!!!」
M-17.「ハダカノココロ」
EN
M-18.「Stand Alone」
M-19.「浪漫幻夢(Romantic Game)」
WEN(築地のみ)
M-20.「Forever Friends」


SMILE☆彡

「Y's club 曾我泰久と行く春の里山とヤイリギター工房」〜,舛海蠡

5月30日、名古屋発バスツアー「Y's club 曾我泰久と行く春の里山とヤイリギター工房」に参加して来ました〜♪

e137a03e.jpg集合場所に行くと、すでにたくさんのY's clubの皆さんがあちらこちらの日陰で待機されていました。
この日はとっても良いお天気で超〜暑くて、最高気温32℃との予報でした(>_<)
出席の受付を済ませつつ、バスの乗車順を決めるくじ引きをしました(^_^)b

乗車時間になると、乗車番号順に並んでバスへ。
皆さん思い思いの席に座ると間もなくやっちん登場〜♪
白い長袖シャツに黒いベスト、デニムに白系のスニーカーという姿でした(^_^)b
「今日は素敵な時間を過ごしましょう」とのご挨拶があり、名古屋駅を出発〜♪

少しすると改めてのご挨拶があり、恒例の点呼が行われました(^o^)/
そして最初の目的地に着くまで、秘蔵VTRを観賞しました♪

「続き」へ・・・







続きを読む

「京都Party Vol.15」

44ac2ad8.jpgこんばんは‼
「京都Party Vol.15」にやっちんが出演されたので参加して来ました(^o^)/
このイベントはやっちんの爆音Liveでお馴染みのベーシスト、和佐田さんの主催で2日間に渡って行われ、今回で15回目との事でした♪
Partyというタイトル通り、たくさんのグループが出演されていました♪
ハードロック系あり、アコースティックな弾き語りあり、縁結び系デュオ?あり、二胡をメインとしたインストバンド?あり・・・色々なジャンルの方々が出演されていました♪

6時間近くの長いイベントでしたが、1グループの出演が終わる毎に機材の撤収&セッティングが行われ、進行担当の方のMCなども行われていたので、ちょうど良い気分転換になりました(^_^)b

やっちんは2日目の後半に出演されました♪
バンドメンバーはこの日他のグループでも出演されていました
ファンキー末吉さん(Dr.)
和佐田達彦さん(Bass)
田川ヒロアキさん(Gt)
で、
「Live! Live!! Live!!!」や「Birthday Live」を彷彿とさせる超〜強力メンバーでした♪

やっちんのステージは「UP BEAT」から始まり、JUMPして大盛り上がりでスタートしました〜(^o^)/
そして「アポロでドライヴ」とノリノリな曲が続きました(^o^)/
「僕の音を初めて聴く方もいらっしゃると思いますが、どうぞよろしくお願いしますm(__)m」
とのご挨拶をされ、「Midnight Train」、「21st century」とさらにアップテンポな曲が続き、会場中がヒートアップ〜♪
やっちんも私達も汗だく(^o^)/

そしてこのようなイベントにピッタリな曲「愛を育てよう」が歌われました♪
もちろん、会場のみなさんにやっちんから「愛を育てよう〜というサビの部分で手を振っていただけるとコミュニケーションがとれている事がわかって嬉しいです」との説明がありました♪
会場のほとんどの方が手を振って下さっていて、やっちんは嬉しそうに満面の笑顔で「ありがとう〜♪」とおっしゃっていました(^_^)v

さらにさらに「約束の場所で」、「流されて」とノリノリな曲が続いて、「Yes! Yes!! Yes!!!」ではたくさんタオルが舞って、大盛り上がりでやっちんのステージ終了〜(^o^)/

途中で和佐田さんが「僕のお気に入りの人達の音をみんなに聴いてほしいイベント」とお話しされていました♪
まさにその通り、このような機会がなければこんなに色々なジャンルの音楽に触れる事がなかったかと思います(^_^)b

やっちん、末吉さん、和佐田さん、田川さん、出演者の皆さま、スタッフの皆さま、お疲れさまでしたm(__)m
そしてと〜っても楽しい時間をありがとうございましたm(__)m
和佐田さん、お仲間の皆さま、楽しいPartyを企画して下さり、ありがとうございましたm(__)m

そして、今回も一緒に楽しい時間を過ごして下さった皆さん、ありがとうございましたm(__)m
一緒に笑ったり、盛り上がったり、ウルウルしたり、本当に楽しい時間を過ごせて嬉しかったです(^_^)v



605cc85b.jpg






「京都Party Vol.15 Part 2」

2015.2.15 京都 都雅都雅

セットリスト(やっちん出演部分のみ)

M-1.「UP BEAT」
M-2.「アポロでドライヴ」
M-3.「Midnight Train」
M-4.「21st century」
M-5.「愛を育てよう」
M-6.「約束の場所で」
M-7.「流されて」
M-8.「Yes! Yes!! Yes!!!」


SMILE☆彡

「Birthday LIVE! 好きに生きます!!52(ゴジユウニ)!!!」

f8e83374.jpg2015年最初の爆音Live♪「曾我泰久 Birthday LIVE! 好きに生きます!!52(ゴジユウニ)!!!」に行って来ました(^_^)v
いっぱい盛り上がって楽しかった〜(^o^)/
・・・と、ただ盛り上がって楽しかっただけではなく、とっても感動的でやっちんややっちんの音楽に出会えた事に改めて感謝したLiveでもありました♪

会場に入ると椅子はなく、まさかのオールスタンディング♪♪♪
盛り上がる事間違いなし‼
嬉しい〜\(^o^)/



Liveは久しぶりな「45RPM ヨンジュウゴカイテン」からスタートしました♪
「アポロでドライヴ」、「ハダカノココロ」とアップテンポな曲が続き、のっけから会場中がノリノリで盛り上がっていました(^o^)/
やっちんが「明けましておめでとうございますm(__)m平日にもかかわらずこんなに集まってくれてありがとうございます♪今日は52才の誕生日です」とご挨拶をされると、会場中から「おめでとう〜♪」がいっぱい♪♪♪
やっちんは満面の笑顔で「新年早々こんなに楽しくて良いんだろうか」と本当に嬉しそうでした(^o^)
バンドメンバー紹介でも皆さんから「おめでとう」のお言葉をいただいて、照れながらも嬉しそうでしたね♪

さらに「約束の場所で」、「Midnight Train」、「XYZ」と、ノリノリな曲達が続き、会場中がアツく盛り上がりました(^o^)/

数曲終えて汗を拭きつつ「暑い〜♪」と、やっちんが言うと会場中から「脱げ〜」コールが(◎-◎;)
ビックリした様子でやっちんは「いつからそんなに大胆になったの!?昔はそんな事を言ったら赤い顔をしてうつむいていたのに‼みなさんも年を重ねているって事ですね」と(^_^ゞ

そして「昨年は新曲をたくさん作ってCDも発売しました」というお話があり、最新アルバム「SRT Vol.9」から「Every single day」、「Go Ahed Again」、「キミガワカラナイ」が歌われました♪

そして、やっちんソロコーナー♪
アコースティックギターを構えると「誕生日を迎えると言う事で色々と思いをめぐらせたのですが・・・」と、話し始めるやっちん
色々とあったけど、もうすぐ芸能生活41年目を迎えられるのは出会えた人達に恵まれていた事
私達ファンともお互いが50年ずれて生まれていたらこういう風に出会えていなかった、奇跡のかたまりで出会えた♪
などなどお話されて、Live中に何度も何度も「平日のお忙しい中、こんなに集まってくれて本当にありがとう」とおっしゃっていました♪
お話を聞いているだけでウルウルしてきちゃいました(T_T)
そして「今朝起きてこの歌を歌おうって決めた♪」と、アコースティックギターで「一期一会」を歌われました♪
このお話の後に聴いた「一期一会」はグッときて、いつも以上にココロにアツくしみました♪
歌い終わるとやっちんは「僕と出会ってくれて本当にありがとう♪」とちょっとかすれた声で一言♪
もう、涙腺崩壊状態でしたね(ToT)
やっちんもちょっとウルウルしていたように見えました(^_^)b

こちらこそやっちんに出会えて、やっちんの音楽に触れる事ができている事に感謝でいっぱいです♪
いつも元気や勇気をいただいて、楽しい時間を過ごさせていただいて、どんなに救われている事か\(^o^)/
本当に本当にありがとうございます♪
今、この瞬間、同じ時間を過ごせている事に感謝♪

そしてバンドメンバーの皆さんが再び登場して「Another World」でギタリスト曾我泰久を魅せて下さいました♪
カッチョえぇ〜\(^o^)/
全身トリハダ状態でしたね(*≧∀≦*)
そして更にノリノリな曲が続いて
声を出して(^o^)
手を振って\(^o^)/
タオルを投げて(^o^)/〜
JUMPして((o(^∇^)o))
会場中がヒートアップ〜o(^-^o)(o^-^)o(^o^)/

本編が終了すると、当然会場中からはアンコールの拍手拍手拍手拍手・・・
再び登場したやっちんは「52回目のBirthdayをお祝いして下さってありがとうございましたm(__)m僕を見つけてくれて、応援してくれてありがとうございます♪」とご挨拶されて、今年も昨年以上にLiveをやる予定・・・などのお話がありました♪

そして重大発表がありましたね♪
すでにオフィシャルブログ等でも発表されていますが、ひょんなきっかけからドクターシーラボの「美禅食」を使って3ヶ月以内に痩せる事になったのだそうです(*_*)
目標は3Kg?5Kg?
お体をいたわりつつ、頑張って下さい(^_^)b

バンドメンバーが1人ずつやっちんに呼ばれて紹介されながら再登場して、一言ずつやっちんへのお祝いのコメントをお話されました♪
最初に田川さんが呼ばれてお話されたのですが、この時にステージの端にチラッと和佐田さんの姿が見えたので「次は和佐田さんかな?」って思ったのですが、次に呼ばれたのはファンキー末吉さん♪
ステージ端がドタバタしている様子があって、ちょっと間があってから「次は和佐田かと思ったのにいきなり呼ぶから〜」みたいな事を言いながら末吉さん登場♪
やっちんは「そこにわっさんがいそうな気がしたからフェイント♪」と、笑顔でおっしゃっていました(^_^ゞ
そして最後に和佐田さん登場〜♪
・・・の手にはBIRTHDAYケーキがっ♪♪♪
この姿を見て紹介順でいつも以上にドタバタしていた事に納得♪
すると間髪入れずに田川さんがキーボードで「Happy Birthday」を弾かれました♪
会場中みんなで「Happy Birthday やっちん〜♪」と大合唱〜♪♪♪♪♪
ギター等がデコレーションされたBIRTHDAYケーキのキャンドルの火をふぅ〜っと吹き消すやっちん♪
すると今度は浩ちゃんが葉牡丹を持って登場〜♪
一瞬、何で葉牡丹?と思ったのですが、花言葉が「祝福」なのだそうです♪
皆さんに祝福してもらえてやっちんは照れながらも満面の笑顔で本当に嬉しそうでした(^_^)b

アンコールでは「Stand Alone」と「21st century」が歌われました♪
そして「今年はごじゆうに色々な事に挑戦しようかと思っているので、みなさんも忙しくなるかと思いますが、付いてきて下さい」とのご挨拶がありました♪

やっちんがステージから去っても会場中からは当然拍手の嵐♪
みんなのアツい拍手に答えてやっちん、バンドの皆さん再々登場〜♪
ダブルアンコールは「死ぬまでRock'n' Roll」でコール&レスポンス♪\(^o^)/
大盛り上がりでやっちんのBirthday Liveは終了しました〜(^o^)/

愛がいっぱいあふれた、あたたかく感動的なLiveでしたね♪
こんなに素敵なLiveに参加できた事に感謝♪

やっちん、ファンキー末吉さん、和佐田さん、田川さん、スタッフの皆様、お疲れさまでしたm(__)m
そして感動的で本当に素敵なLiveをありがとうございましたm(__)m
HAPPY BIRTHDAYやっちん♪

そして、今回も楽しい時間を一緒に過ごして下さった皆さま♪
ありがとうございましたm(__)m
今年もよろしくお願いしますm(__)m

a319b372.jpgそして52才記念の限定52本のワインも販売されていました♪

「続き」にセットリストをアップしました♪

SMILE⭐彡



続きを読む

「THE GOOD-BYE 30th ANNIVERSARY LIVE ENCORE TOUR」〜レポ

c774c323.jpg「THE GOOD-BYE 30th ANNIVERSARY LIVE ENCORE TOUR」

あ〜ん!!終わっちゃったよ〜(T_T)
超〜カッコ良くて♪
最っ高〜な曲達♪
楽しいトーク♪
みんなで歌ったり、タオル投げたり、いっぱい笑って、感動してウルウルしたりもしたけど、と〜っても楽しかった〜(^o^)/

すでに記憶が3会場ごちゃ混ぜになっている部分もありますがレポを…(^^ゞ

東京では会場に入るとステージには薄い幕がおりていて、いよいよスタート♪とあたりが暗くなると幕の裏側(ステージ奥)から「The Good-bye」の文字が映し出され、メンバーにもライトが当たっていて…客席からは大きな歓声や拍手がわき起こりました(^o^)/
ステージの真ん中にかなり高い台があってそこにドラムセットがあって、当然浩ちゃんが座っていて、その台の向かって右側前方にやっちん、左側によっちゃんがギターを構えて立っていました♪
みんなお馴染みのミリタリージャケット姿(^o^)/
この時の3人の姿が超〜超〜カッコ良かった〜\(^o^)/
Live前から「今日のLiveが終わったら楽しかったツアーが終わっちゃう」…とウルウル気味だった私の涙腺はすでに崩壊(ToT)
「祭り気分でTAKE A CHANCE」でその曲名通り賑やかにLiveが始まりました(^o^)/

「Dance×3」のコーラスにはっちゃんが参加していましたねd(^-^)
…と言うのも、「Dance×3」は最初と最後に「あ〜♪」とコーラスを重ねる部分がありますよね♪
大阪と東京では(名古屋は未確認)最後のコーラス部分のはっちゃんパートをやっちんが歌っていました♪
しかもはっちゃん独特の歌い方を真似していました(^_^)v
なんか、こういうさりげない「The Good-bye愛」がものすごく優しくて、温かくて良いですね♪

f4b4ba7f.jpg告知されていた新曲は3曲披露されました♪
全曲やっちん作曲、よっちゃん作詞との事で、よっちゃんは2日で3曲の歌詞を仕上げたそうです(*_*)
この話の時、「曾我先生のメロディが…」「いやいや、野村先生の詞が…」といった感じにお互いを「先生」と呼び合っていて「誰も言ってくれないからお互いに励まし合っているの」とおっしゃっていました(^^ゞ
会場にいたみんなが褒めるのに〜(^_^)v
「だからやめないで」
The Good-bye初期っぽい曲と紹介されました♪
タイトルも「今のみんなの気持ちに合ってるでしょ?」とファンの気持ちを意識して考えて下さったそうですd(^-^)
すごく覚えやすい感じのメロディで軽快なロックンロールでした♪
「I Can Be」
中期頃っぽい曲との事で、よっちゃんお得意の言葉遊びを使った詞の曲♪
イギリス英語の発音で「I Can Be」が「アカン」に聞こえる事を使ったそうです♪
ロックンロールなメロディにこの「アカン」がかなり耳に残って、Live後ずっと頭の中でヘビロテ状態でしたね(>_<)
「Love」
今回発表された新曲の中で唯一のバラード♪
タイトルそのもののストレートな「愛」を歌われた曲♪
この曲はすぐに詞が書けたそうで「今後大切になる曲です」と紹介されていました。
名古屋で半分以上演奏されてからやっちんが間違えてしまい、きっとごまかす事はできたのだと思うのですが、「ごめん!!僕が間違えた!!」と演奏を止めて「新曲は第一印象が大切だから…」と最初から演奏をし直して下さったのです(*_*)
この時、よっちゃんはパッと自然に演奏する前のトークの再現から入り直していましたd(^-^)

新曲は他にも作っているそうですが、The Good-byeへの思い入れが強くて自分でハードルを上げちゃっていて、なかなか納得がいくまでに達しないのだそうです(^^ゞ
できたら来年CDを作って、仕上がった時にはまたLiveをやりたい…と言うお話をされていました♪

「続き」へ…






続きを読む

「THE GOOD-BYE 30th ANNIVERSARY LIVE ENCORE TOUR」〜セットリスト♪

d4c06c0a.jpg「THE GOOD-BYE 30th ANNIVERSARY LIVE ENCORE TOUR」

2014.11.20 名古屋 THE BOTTOM LINE
2014.11.21 大阪 なんばHatch
2014.11.22 東京 国際フォーラム ホールC

The Good-bye

サポートメンバー
大坪 正さん(Key)
田口 智治さん(Key)


セットリスト

M-1.「祭り気分でTAKE A CHANCE」
M-2.「Let's Get Together」
M-3.「Dance×3」
M-4.「にくめないのがニクイのサ」
M-5.「昨日まではFUNNY BOY」
M-6.「Misty Night」
M-7.「Don't Make Me Blue」
M-8.「摩訶 WHO SEE 議」
〜新曲コーナー〜
M-9.「だからやめないで」
M-10.「I Can Be」
M-11.「Love」

〜アコースティックコーナー〜(サポートメンバー一時退場)
M-12.「花のお江戸は華盛り」
M-13.「浮気なロンリーガール」
M-14.「YOU惑-MAY惑」
M-15.「マージービートで抱きしめたい」
M-16.「僕らの祈り」

M-17.「OUT OF THE TIME」
M-18.「浪漫幻夢(Romantic Game)」
M-19.「やさしく溶かしてDon't you know」
M-20.「Real Me」
M-21.「悲しきRADIO GIRL」
M-22.「YES! YES!! YES!!!」
M-23.「赤いポルシェ」
EN
M-24.「Hong Kong Blues」
M-25.「聖 YAH!」
M-26.「Gaah×3」
〜「Good-Byeのテーマ」〜
WEN
大阪「Glowing Up Days」
東京「ペパーミント・パティTelephone」
soga21.com
曾我泰久オフィシャルサイト「soga21.com」
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ