徒競走 † 殻無蝸牛

モノカキ、丸木戸サキのブログ。 ときどきタロットネタ。 ゆるゆると、全力で。

Ads by でんでんアドネット


ご無沙汰しております。
1ヶ月以上ブログ放置してしまいました。
こう暑いともうなにもやる気起きないよね!

掲題のスマートウォッチ。
先月のAmazonPrimeDayで買ったもの(値下がりなし><)。
機能的には多分スマートバンドってやつになるんだと思います。



これが意外とよかったので、軽くレビューを書いてみようかと。

ちなみに、スマートウォッチがAppleWatchに代表されるような「時計機能の他に、スマホなくても色々(通話やメール返信、SNS閲覧、電子マネー機能、音楽再生等がその端末だけで)できる」ものに対して、スマートバンドは「時計機能の他に、歩数計や心拍数のカウント等簡易健康管理ツールがメインで、SNS通知閲覧やスマホの音楽再生補助がおまけ程度にできる」もの、という理解。
簡単に言うと、
スマートウォッチ:高価(数万円程度)
スマートバンド:安価(数千円程度)
ってとこ。
合ってるかな?

わたしが買ったのは、当時4999円という5000円でお釣りが来る安価版で、スマホの代替端末というものではないので、スマートバンドだけど、形状的にウォッチ型をしている「なんちゃって端末」です。
ただ、スマートバンドって言葉があまり一般的な感じじゃなく、なんでもスマートウォッチって書かれている気がするので、便宜的にスマートウォッチ、と書きます。


ビジュアルが気に入った

なんていってもこれ。
すんごくカワイイ。

2019-08-11-07-16-26
このクラゲめっちゃカワイイ。
UIいくつか選べるけど、このクラゲがお気に入り。
ピコピコ動くのです。
他にも、アナログ盤面模したデザインにもなるので嬉しい。

あと、スマートウォッチってどうしても男性的なデザインだったり、スポーティなデザインだったりするのを、これはTHE 女性向け、ってデザインでそれもまたよし。
意外と女性向けなデザインあるんだなーと発見がありました(ケイト・スペードくらいしか知らなかったし、高いから選択肢になかった)。
パープルカラーも正直冒険だったけど、意外と馴染む(気がする)。
とにかくこのビジュアルに惚れたのです。

充電持ちがいい(5日程度)&スマホ側のバッテリー消費が少ない(気がする)

とにかく何をするにも充電が必要な時代。
本を読むにもタバコ吸うにも充電が必要で、腕時計するにも充電が必要なんだから面倒は減らしたい。
この子は、1回充電で一週間弱、安心して使えるレベルだと5日間程度もつ、という感覚。
これはよかった。
充電器を盤面にがっちり挟み込むタイプなのもよかった。

この前にも実は3000円くらいのスマートバンドを持っていて、それはそこまでもたなかったのと、なによりベルト部分を引っこ抜いて、盤面から直接出てるUSB端子をそのままポートに挿して充電する作りだったので、充電中にねこが咥えて持っていってしまう事案が発生多々……。
安定して安全に充電できるの大事。

そして、Bluetooth接続でスマホと繋ぎっぱなしになってるので、スマホ側のバッテリー消費が気になっていたものの、こちらも特に減りすぎ感なし。
前のはやたらと食ってた印象だったので、違和感なく繋ぎっぱなしにできるのは嬉しいですね。

通知は最低限だけれど工夫次第でかなり使える

スマートウォッチの醍醐味、着信やSNSの通知。
着信・キャリアメール着信・LINE・FacebookMessenger・Twitterよく使うのはそのあたりかと思いますが、使えます。
個人的に欲しいなーと思ったのが、天気予報とスケジュール通知なんですが、そこがLINEを使うとクリアできました。

・天気予報:LINEお天気
・スケジュール通知:リマインくん

この2つのアカウントをお友達登録して設定しておくと、スマートウォッチにちゃんと通知がくるので便利なので、オススメ。

通知機能としては他にも、座りすぎ注意や水飲みを促す通知なんかもあります。

睡眠測定は微妙

寝るときに時計つけるのってどうなの? と思ってましたが、バンドがマグネット式で薄くてフィットしやすい形状だからか、意外と気になりません。
ただ、もともと目覚まし+睡眠測定のアプリを使っていたのでそちらがメインのまま。
睡眠測定は悪くない感じですが、なぜか起きて活動し始めたあともしばらく寝てることになってるのが謎。
目覚め時間はそれなりにちゃんと測定してくれてるのに、なぜその後二度寝したことになってるの……?
そこさえクリアすれば結構精度いいんじゃないかなと。
こういう機能を使ったことのない人には面白いと思います。

その他細々

腕を上げたときに盤面がつく機能は反応する時としないときがある(大抵はする)。
歩数計は大体こんなもんか、という印象。
心拍数・血圧・消費カロリーもまぁこんなもんなのかなーという感じ。
スポーツモードは使ってないから不明。

とそんな感じです。

数万するスマートウォッチ買っても自分は使いこなせないなーと思うのと、これで十分すぎるほど気に入ってしまったので、こういうのは自分に合うやつ選べばいいんだなと。
結局どういう使い方したいか、だしね。

ということで、久々のブログはまたガジェット系のお話でした。
長めになったので、ご本の紹介は今回なしでー。
 

今年の春、「使っていない・使いさしのノートの活用としてバレットジャーナル的な日記をやり始めた」話を書きました。
三日坊主を過ぎつつどのくらい続くかなーと見ていましたが、自分でも驚くことに、使いさしのノート2冊を使い終わり、新しくその後もノートを買って続けております。
やっているうちに楽しくなるんだよなー。

最初はA5ノートを使っていましたが、今はA6使用。
一日見開き1ページ使うのがちょうどいい。
ダイソーのモレスキン風ノート・ダイスキンが気に入って使っております。

ということで、今回はアナログ回帰楽しいよ、なご紹介です。



続きを読む

今週は毎日残業することになり、久々の感覚を味わっておりました。
転職してからほとんど残業してないの最高すぎる。

さて、掲題の件。

日本初のスマートフォンと言っていいと思っている、WILLCOMのZERO3シリーズを初代から使っているわたしが、いわゆる現代のスマートフォンを「実際」使いだして5年目。
「実際」と書いたのは、iPodTouchを第五世代から使っていたり、XperiaRayを白ロム+通信のみで使ってみたり、というのは含まず、普通にキャリアに契約して、通信+通話で使って、という話。
ライトなガジェットファンだとこの辺めんどい。

で、今年(平成)機種変してから、なんだかスマホに対するこだわりをちょっと捨ててみたよ、という話です。
ちなみにずっと、Androidを使ってます。
カスタマイズ性の高さはやっぱりAndroidがいいよね!


こだわりを捨てたら軽くなった

なんてことはない、容量の話なんですが。
これまで必ず入れていたアプリをかなり減らしました。
よくよく考えてみたらいらないよね? というものが実に多くて。

例えば、ライブ壁紙。
月が好きなので、実際の月齢を反映した月の画像が表示されるライブ壁紙をずっと使ってきました(買い切り有料アプリ)。
が、それほど毎日気にして見てないし、バッテリー食うし。

例えば、ウィジェット。
月の壁紙を活かすために、ダーク色半透明にできるウィジェットじゃなきゃ嫌でした。
天気予報やメモなど、それに合わせたウィジェットが表示できるアプリを使ってました。
でも、そこまでこだわって容量使う必要あるんだろうか、とか。

結局、壁紙はGooglePhotoにストックしておいた、自分で撮影した写真を季節ごとに変えて設定してみることにしたら、なんだか懐かしいし気に入ってるしで満足でした。
バッテリー食わない。

ウィジェットも、プリインストールされているものを優先的に使い、GoogleKeepのメモを表示させたり、Yahoo天気(Y!Mobileユーザー)を表示させたりしています。
背景黒にしたらそれほど違和感ないし。


重めのゲームは持ち歩かない

フィールドいっぱいあるようなゲームアプリって重いですよね?
わたしの場合、2GBの最安値プラン契約なので、外でゲームやることはまずありません。
家でWifiつなげてホグワーツミステリーやるくらいが現在の状況。
ならば、機種変前のスマホにそのまま残しておいて、そっちでやればいいのでは……?
と気付き、その運用に。
ゲームロードのストレスなくすために機種変時にちょっとメモリ上げたんだけど、うん、まぁ今のところはいいかなと……(意味ない)。


必要性に疑問符が残るアプリはとりあえず入れないでやってみる

使ってるんだけど、そこまで頻繁につかってない、でもないと困るときもある、というアプリがあります。
例えば、買い物の時にポイントがつく楽天市場のアプリだったり、好きな番組を聞くためにだけ入れているRadikoやらじる★らじるのアプリ。
それに、EvernoteやQRコード読み取りアプリなど。

これらをどうしようかな、というのをちょっと悩みました。
で、一旦以前のスマホだけに残して、機種変後のスマホには入れずに過ごしてみました。
結果、QRコード読み取りアプリだけ、今のスマホに入れることにしました。

Evernoteはないと困ること出てくるんじゃ……と思っていたけれど、なんだかんだでGoogleDriveやPhoto、KeepあたりのGoogleアプリで運用できているみたい(Android Oneユーザーなのでプリインストール)。

必要なら入れようと思ったけど、意外と使わないものですね……。


ストレージが半分以上残っている現状

空いてりゃいいってもんじゃないですけど、まぁぎちぎちに入っているよりは。

Screenshot_20190601-140623-432x768Point Blur_20190601_141136-432x768


ということで、現時点の状態。
壁紙の写真は先日旧古河庭園へ行った時に撮ったもの。
Keepをメモにするのも、なんだか不格好ではあるものの、実用性的には何ら問題がない。


こだわりを捨てると……

ZERO3使っていたときは、色々入れないと、色々いじらないと使えない、というのがまずあって。
で、同じいじるんだったらもう見た目も機能も自分特化したものにしてやらないと気がすまない。
そんな感じで深夜2時3時まで試行錯誤繰り返してました。

が、今やそんな時代じゃないんだなぁ。

デフォルトでも普通に使えてしまうのが、今のスマートフォン。
アプリだって、必要なものって実は結構限られているみたいな気がする。
こだわりをとりあえず捨ててみると、意外とそれで気に食わないほどのこともないんだなぁ、というお話でした。


おすすめ本

今日は軽めに。



著者、聞いたことあるけど……? と思ったら、ケロッピー前田氏でした。
アングラ・サブカル系で、多分BURSTあたりで見てた気がする……。

オカルトといっても、怖い・気持ち悪い・単純に不思議、というところではなくて、今から振りかえって、アレはなんだったのか? というスタンス。
時代と連動していた、日本という独自の土壌だからこそ花開いたオカルトの世界。

サクッと読めて、興味深い、いい本でした。


ということで、今日はこの辺で。

Twitterに最近投稿してなかったので、ここ1ヶ月くらいの読了記録をまとめて。
何冊か抜け漏れありそうだけど、4月終盤から5月後半にかけて読了したものです。






「箇条書き手帳」でうまくいく はじめてのバレットジャーナル
Marie
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-10-13
















猫ピッチャー 9 (単行本)
そにし けんじ
中央公論新社
2019-05-08


ねこねこ日本史(7)
そにしけんじ
実業之日本社
2019-05-09






ゆるふわ昆虫図鑑 ボクらはゆるく生きている (コミックエッセイ)
じゅえき太郎
KADOKAWA / メディアファクトリー
2018-09-28



以上!

言い訳みたいなものですが、最近日記と手帳合体したようなノートに読書記録もつけていて、そしたらTwitterであげなくてもいいかなーとかなんとか。
なので、本読んでないわけじゃないんですよ、と一応。


今読んでるKindle本

読了本は上げてしまったので、今日DLして早速面白そうな展開を見せてる本を一冊。



帯の「復元してみたら思っていたのと全然違う!!」にやられまして、序章のパワーワードに一気に持ってかれました。
曰く、
 つまり、阿修羅は綾波レイなのである。
いい視点ですね!
ということで、これから読み進めていきます!

では。

今日までライトアップをやっている、旧古河庭園のバラ園へ行ってきました。

pano

GooglePhotoさんがつくってくれたパノラマ画像。
素敵!

そもそもはTwitterで見かけたこの投稿。


こんなこと言われたら、いてもたってもいられない!
その日に会社帰りに出かけてしまいました。
折しも雨上がりで、バラの香りが入園前から漂っていて、なんとも妖艶な感じでした。

DSC_0516

DSC_0502

DSC_0489

DSC_0487-EFFECTS

夜の撮影ということで、スマホのカメラの性能がそこそこなのと、わたしの写真の腕がアレなのとで、かなりピンぼけな写真ばかりになってしまいましたが、このくらいのサイズで見るなら自分的には満足です。

ライトアップされた「薔薇と洋館」、とてもとても素敵なので、さくっと行ける方はぜひともラストチャンスに行ってみてください。

秋バラも今から楽しみです!



最近読んだ本

今日はマンガ二冊。

猫ピッチャー 9 (単行本)
そにし けんじ
中央公論新社
2019-05-08




『猫ピッチャー』は全巻買ってます。
かわいい上によく出来てる。
すごく猫だしちゃんと野球だし。

『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』は、ウェブ上でちょこちょこ読んでいて、
「いいなー、かわいいなー」と思ってました。
Kindleで1巻買ってみたらやっぱりとてもよかった……!
仲良く楽しく信頼と愛情の中で暮らしてるんだなーと感じる一冊。
あかん、これ全巻買ってしまうやつや……。


というわけで、今回はこんな感じで。


↑このページのトップヘ