ろすさんプレゼンツ、KDP読者のためのSNS、ぽっきゅん!(α) がサービス開始となりました。
※ろすさんの意向的に、あんまりα版のURL公開しない方がいいかなーと感じたので、あえてここからはリンクしません。

現在α版。
これからバージョンアップしていきそう。
早速登録してみました。



終わんねぇ……!

やっと終わったのは登録開始から5時間後……。
思った以上にかかったな……。
時間がかかった理由として、

・それなりの量を読んでいたこと
・作家名から順に辿ってボタンを押していったこと

があるかなと。
特に後者で、やっぱり個人作家多い!
これだけ多くの作家がいるんだと思うと胸熱ですね!
未登録の作家・本も、出版停止になった本も散見されたので、実際にはもっと多いわけだから、盛り上がってるなーという印象。

ということで、最終的にこんなことに。
WS000123

ランキング、ぶっちぎりました。
昨日見たときよりも、2位の犬子さんがポイント上げてきてますね。

犬子さんは本のランキング上位にも名前を連ねてます。
さんざんなロスタティクル
犬子 蓮木
もふもふ出版
2013-12-01

すごい!

で、このダブルスコアでトップに立ったわたしの暴挙を、鳥居とりさんがまとめてくださいました。
わーい!

秋の!ぽっきゅん祭り!丸木戸サキさん独走態勢

とりさんの本は、エッセイが人気かなーと思いきや、小説の方がランク高い。
さすがだなー。
割れた文字盤
鳥居 とり
とり書房 ToLi Books
2013-10-20




さて、実際にぽっきゅんしながら(すでに動詞化)思ったのが、筆名って大事だなーということ。
作家名ががーっと並んでいると、作家と作品がちゃんと結びつかないと、読んでるのに素通りされちゃったりしそう。
特に、姓名ともにひらがなの筆名や、なまえだけの筆名。
姓名ともにひらがなだと、似た雰囲気の名前に埋没してしまったり、なまえだけだとAmazonで検索してもそのひとだけに絞り込めなかったりする。
それが狙いならいいのだけれど、なんかもったいないなーと。

それから、表紙の重要性も。
他のユーザーがぽっきゅんしたのを見ながら、あ、これ面白そうだな、読んでみようかな、と思わせるのがこのサービスの狙いのひとつかと思うんですが、作品の表紙がサムネ(アイコンサイズ)で出るので、それがかっこいい方が、読みたくなるってもんじゃないかなと。


今回、サービス始動が平日だったのもあり、今週末くらいにはもっとユーザー・本ともにポイントが増えると思います。
α版ということで、ユーザー制限があるから、ユーザー数が増えないのは仕方ないとしても、もうちょっと時間が経てばそれも解禁されるでしょうし、もっと面白くなるでしょう。
ユーザー側にもポイントがつくので、読書がひとつのゲーム性を帯びるだろうから、「打倒丸木戸!」みたいになってくるとわたしとしても美味しい面白いですね。
しばらくはボスキャラポジションでいたいなぁ……。
週末くらいにサクッと抜かれるかもしれないけど。


というわけで、KDP本をたくさん読んでもらえたらうれしい。
え? なにから読めばいいかわからない?
そうですね、短編集なんて読みやすくていいと思いますよ!

13匹目のバナナフィッシュ
丸木戸サキ
SADOMASOCHISM
2013-03-29




ま、ランキング上位だからなにがどうってこともないんですけどね。
あ、ここ数百年のうちで、日本人の好きなものランキングの一位ってなんだと思います?


……


…………


………………


……………………


答えは、




「ランキング」です。

え? ソース?
歴史がそう語ってる。
文化史見ると面白いよ。


では!