2004年11月14日

「上海ベイビー」読みました



作家は衛慧。中国では大ブレイク中の小説ですが、大胆な性描写のために中国政府からは発禁処分を受けた作品だそうです。
…発禁処分を受けたのに大ブレイクとは?

まぁ、それは置いておくとして。
私の中では採点は70点です。
どうしても和訳されたものというのは訳者の表現になってしまうから、どうも他人の靴を履いているような違和感があって。

主人公が自由奔放に見えていながら、実際はとても繊細。
奔放に見えるのは若さゆえの無鉄砲さみたいな感じでしょうか。
とりあえず、上海に行ってみたくなりました。

love_slave at 11:11│Comments(0)TrackBack(2)ヒマツブシ 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 茵 from AERA No.52  [ 日刊 「美しい人」 ]   2004年11月16日 13:40
今までずっとドラマネタだったのですが、第4弾の美しい人はちょっと知的に作家の方です。先日電車に乗って、中吊り広告を見ていたところ、AERAの広告に目が留まりました。近づいてみてみると、どうやら日本人ではないらしい。「衛慧 (Wei Hui = ウェイ・フェイ)」という方で
2. 他人の靴  [ 満足せる豚。眠たげなポチ。 ]   2004年11月21日 13:46
小学生くらいから、長年ずっと感じていたことがある。 人にも何度か説明をしたことはあるんだけど、 今ひとつ、すっきりと理解してもらえなかった。 洋書が好きではないということ。 洋書の物語ではなくて、訳が嫌いで物語に入り込めない、 ということ。 あまり.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔