今日は父の日ですね。一人寂しくこの日を迎える夫のことを考えると少しかわいそうですが、わが家では先週の金曜、ちょっと早目に父の日を祝いました。
IMG_20170616_133129162
小林市の山間にある『地どりの里』
IMG_20170616_131232915
宮崎は牛も有名ですが、実は地鶏も有名。ですが、このお店で料理するのは宮崎の地頭鶏ではなく、名古屋コーチンだそうです。
IMG_20170616_123002877
ナントカ膳(←忘れてしまいました💦)

最初に細々としたものが出てきて、お次に地鶏の希少部位(?)5種を炭火で炙ったものが一口づつ。そしてこのワンプレートに地鶏出汁の汁物とご飯、地鶏の玉子にデザートが豆乳と卵白のプリン。
IMG_20170616_131116000
お料理も楽しみでしたが、実は私が一番楽しみにしていたのはここの水です。元々小林市やお隣のえびの市は霧島連山が近くにあり、水がとてもきれいなところです。高品質のシリカ水が湧き出ているようです。水が良いのでこのあたりで穫れるお米は、米どころ秋田に住んでいた姉曰く、秋田の米にも負けない美味しさとか。確かに、出されたご飯はつやつや。このご飯が一番美味しかったような (^^)
IMG_20170616_131232915
山紅葉や杉木立に囲まれ、すごく気分が良かったです。
IMG_20170616_133240107
で、実はこのお店は地鶏の他にもう一つ知る人ぞ知る的なものがあるのです。それを購入するには、奥にある小屋のような所へ移動です。
IMG_20170616_132057911
お水です。シリカ水をボトリングしている会社もあるので、ここのもシリカ水かと思ったのですがどうも違うようで。聞いた所によると、このお水が湧き出るのはここ一箇所のみとか。ここの水で漬けた水餅は数ヶ月経ってもカビないとか、このお水で病が治ったなど、魔法の水と呼ぶ人もいるようで、確かに沢山の方が水を購入に来られていました。無味無臭、柔らかい美味しいお水です。
IMG_20170616_144409779
宮崎市への途中、父のリクエストで去川の大銀杏を観に寄り道です。
IMG_20170616_144423454
ここはかつて関所があった所。推定樹齢800年の銀杏の木が青々とした葉をつけて逞しくそびえていました。800年なんて気が遠くなるような年月です。その神秘なパワー、確かにいただきましたm(_ _)m

今日もご訪問、有難うございました。良い一日を!



人気ブログランキング