約2ヶ月に渡った日本帰省 in 2017 も終わり、とうとうオークランドへ戻って参りました。

ハァ〜・・・。早くもホームシック。

しかし、この帰省の旅、最後の最後に大変でした💦

”台風5号の影響で”(アメリカで ” ” は、皮肉る時に使います)、中華航空が宮崎・台北線を欠航。

念のために、週の半ばに中華航空へ問い合わせた時には、当日にならないと欠航の決定はなされないこと、もし欠航の場合は早目に電話でお知らせすると言われ安心していたのです。当日は、風が少しあるものの、「これなら飛ぶな🎵」的な天候でしたが、念のため当日の朝メールをチェックすると、『欠航』の文字。

「ええっ!」とびっくり。着信の日付を見ると、前日の午後3時。決定は当日なんじゃ?電話くれるんじゃなかったの!?と、たくさんの!や?マークが渦巻く中、9時になってすぐ問い合わせると、福岡・台北便に振替たから自己負担で福岡へ移動してくれとのこと・・。

簡単に言ってくれるけど、簡単じゃないんですよこれが。飛行機だと、近距離だけど当日片道は2万以上(2人だと5万!しかも飛行機が小さいから荷物の規制があるんです)。高速バスなんて4時間かかり、しかも博多駅からあんな大荷物を娘とどうやって空港まで運べばいいのやら・・・。タクシーで空港まで移動するにしても、タクシー乗り場まで移動するカートもなし・・。しかも、左腕は使えないし・・。というか、台北行きに間に合うバス全て、満席 

次なる手段は、後日に変更するか。でも、宮崎・台北間は空席あっても、台北・サンフランシスコ間は20日過ぎまで満席とのこと 

中華航空のオペーレーター相手に交渉したのですが、まあ期待はしていなかったのけれど、全くダメ。
いや、分かってますよ、天候によるキャンセルは航空会社は免責だということ。でも、今回の場合、決して天候だけのための欠航じゃない匂いがプンプンするんですよね。

欠航になるほどの天候ではなかったし、実際、宮崎発より後に同じ目的地へ向けて飛ぶ福岡便は飛ぶんだから。普通はなるべく欠航しない方向でぎりぎりまで待つんですよね。宮崎便は予約数が少ないから、渡りに船とばかりに" 台風による影響 " で欠航にし、ちょうど宮崎からの客が乗られる分の空席があった福岡便へまわしてしまおうという魂胆ミエミエ。実際、欠航の決定は前日の早い時点だったんだし。

とにかく、台風が近づく土曜日に福岡へ移動でパニクった人は私だけではなかったはず。せめてダイバードの逆バージョンで、バス一台出して福岡へ運んでも良かったのでは。

ということで残る手段はひとつ。結局、バタバタと慌ただしく準備を済ませ、ロクな挨拶もできず、姉に福岡空港まで車で送ってもらいました(姉は、そのままトンボ返り)(;_;)

その後も、福岡発が遅れ、乗り継ぎに間に合うか最後の最後まで心の臓に悪い旅でした ><

IMG_20170806_134421791
一夜明けた昨日。汗の流れない爽やかな気候は有り難い。
IMG_20170806_135756881
ちょうど、近くの公園で野外演劇が行われていました
IMG_20170806_135142195
よく眠れなかったので、体内時計調整のために日光浴を兼ねて
IMG_20170806_140204689
観劇そっちのけで遊びが始まるこの2人(ププッ)。

まあ、私も日本から持ち帰った本を読んでましたが ♪~(´ε` )

今回は父の健康問題に始まりこれまた父の健康問題に終わった帰省でした。まあ、それでも目的の三朝温泉での湯治や娘の小学校体験登校もちゃんと出来たし、姉ともぶらぶら出来たし、良い時間が過ごせました。お世話になりました。ありがとう。

今後はまたオークランドからの日常を綴ってまいります。今後共どうぞよろしくお付き合いください。



人気ブログランキング