12月に入り、街中がクリスマス一色になりました。先週、わが家でもクリスマスツリーを飾りました。罪悪感は少しあるけれど、毎年生木のもみの木です。朝起きてリビングルームへ行くと、ぐっと冷え込んだ空気の中にもみの木の香り。ああ、クリスマスだな〜と感じる時間です。

さて、そんなツリーですが、今までツリートップに飾る星はあまり気にしたことがなかったのですが、今年のツリーは見事にシュッと直立した10数センチの枝(?)がついて、何も飾らないとなんという画竜点睛を欠くといった感じ。なので、トップの星を求めて Michaels へ行ってきました。
IMG_20171204_095711466
Michaels はクラフト関係というのか、画材や手作りウェディングの材料とかお菓子作りのツールとか造花とか毛糸とか(でも布類はない)子供の手作業的おもちゃとか、そんなものが売っているお店で、とにかく何かあるとお世話になっているまさに困ったときの Michaels です。
IMG_20171204_095726717
しかも何かしら毎日セールをやっていて、今はクリスマスグッズが5割、7割引き当たり前なお値段で大助かりです。この写真は、『北極』『サンタのおもちゃ作業所』『エルフの村』『トナカイの小屋』への方向看板。
IMG_20171204_095719562
こちらの子は、プレゼントを持ってきてくれたサンタへ感謝と親しみを込めてクッキーとミルクを準備して床につくんですが、これはそのサンタ用の皿とカップ。うちじゃ、普通の皿とマグカップですが、なにか?
IMG_20171204_095815753
夢いっぱいのオーナメントも5割引。買おうかなと心奪われましたが、取り敢えずあるから無駄使いは止めようとケチ節約魂炸裂 クリスマス明けに更に安くなるので、その時にでも来年用を( ̄ー ̄)ニヤリッ 
IMG_20171204_095741131
IMG_20171204_100541598
ちょうどこの時期アメリカではクッキーを焼いてご近所や親しい人へ贈る人が多いです。
IMG_20171204_100532945
クリスマスにちなんだクッキー型とか
IMG_20171204_100326855
可愛い缶がたくさんあり、今年は私もやってみようかなといくつか購入。近々、クッキー作りの予行練習をしなければ 

それにしてもイースターといい、ハロウィンといい、クリスマスといい、本当にアメリカ人は気合が違うなと毎年感心。うちですか?ひと月こっきりの(え、結構長い?)イベント装飾にお金を掛けるのがどうも勿体無いと思ってしますケチ節約妻です^^; でも、こうして一見『無駄』と思えるものにお金を使うのも経済が回ることの一因。

日本のように物を大切に使う精神は素晴らしいのは言うまでもなく、環境的にも良いのは分かってるのだけれど、経済的見解からすれば、「勿体ない」「まだ使える」と、多少の劣化と支障を我慢して数年、数十年使い続ける文化自体が景気回復の遅延の原因のひとつなのかな〜と。物をポンポン買い替えてゴミを増やし環境を壊すのも嫌だし、かと言って働いても働いても貧困から抜け出せず、たまの旅行や外食の楽しみどころか教育や医療さえままならない生活では本末転倒。難しいですね。
IMG_20171204_165222061
話がそれましたが、無事わが家のツリーにも星がつきました  最初は、別の立派なのをカートに入れていたのですが、このワイヤーでできたシンプルな星見つけて、立派な方は棚に戻しました(笑)。だって、立派なの24ドルなのに、このシンプルなの1ドルだったんですもん!

ところで、なぜツリーのトップに星をつけるかご存知ですか?クリスチャンの方は当然ご存知かもしれませんが、私ただの見てくれの問題かと思ってました(恥💦)。キリストがベツレヘムで生まれた時、それまで見たこともない星が出てきて、それを見た3人の賢者が王が誕生したのだと悟りその星の方向へ旅を続け赤児のキリストに謁見したんですって。この時見えた星を『ベツレヘムの星』と呼び、それを模してツリーのトップに飾るんですって。

私はクリスチャンではないけれど、世界一のベストセラーである聖書。読んでみると面白そうですね。

今日もご訪問、有難うございました。良い一日を。 



人気ブログランキング