今年3月の半ばから、約一年間サンフランシスコの語学学校へ通うつもりでやってきた姪っ子。到着3日後からまさかの Shelter in Place 発令。当然、通学も出来ず、東海岸校に合わせて朝6時からのズームによる遠距離授業に切り替わりました。

せめてサンフランシスコ校だけでやってくれればいいものを、全校の同レベルクラス一斉にだったので生徒数も40数名で発言する機会もさほどなく💦

また、ただ家にこもっているだけ、たまに娘と自転車で出かけてはいましたが、レストランでの外食もアメリカらしい体験もできず、あまりこちらにいる意味はないので、一旦帰国することを勧めてみました。感染者激増のこの国にいてもあまり良いことはないですしね。

日本への直行便は減便されていますが、飛んでいることは飛んでいる。ということで、先週の土曜日発の全日空便で帰国となりました。
IMG_20200627_104932394
やっぱり少ないですね。200人いたかどうかでしょうか。
IMG_20200627_104937758
どこのエアラインも減便しているので、空港もガラガラでした。

なのに、いざチェックインスタートかという時に、全日空のシステムがダウンしたとかでかなりの間待たされました。
IMG_20200627_104927796
コンピューターが使えないということで、全てマニュアルで。用紙に必要事項等記入し提出。パスポートなどの確認、荷物のチェックインと半券発行、搭乗券なども全て手作業だったので、1時間半くらい列に並びました。

予定より1時間遅れで出発しますとのこと。これくらいの人数だったのでそれで済んだのだろうけれど、これが普通に満席で、小難しいリクエストをしてくるアメリカ人搭乗客がいたらと思うとゾッとします。

バタバタとしてお別れで、考えてみたら姪っ子と娘の写真すら撮っていないことに気づきました😥

その後、無事成田に到着したようで、気になるPCR検査ですが、空港で受けて、その後は国が準備したバスに乗って、これまた国が準備した宿泊施設へ移動し3日宿泊。その間に検査結果を知らされ、陽性ならば病院へ。陰性ならば、自分で予約したホテルで2週間隔離です。はれて2週間終われば、羽田に移動しやっと宮崎へ帰ることが出来ます。

なんかやっぱり地方の人って色々大変だなとつくづく思いました。隔離用ホテルの宿泊代・食事代はもちろん個人負担です。これが、実家が到着した国際空港付近で、家族が自家用車で迎えに来たり、自分でレンタカーで帰れるのなら、自宅で2週間隔離だそうです。自宅でって、実際どれくらいの人がちゃんとやるんだろうって気がしますけどね。

陰性であることを祈るばかりです。もし陽性なら、きっとわが家も全員陽性でしょう。

今日もご訪問、有難うございました。良い一日を。



人気ブログランキング