2007/01/04

◆映画・硫黄島からの手紙4

硫黄島からの手紙硫黄島からの手紙を観て来ました。

久しぶりの映画館・・・。
クリント・イーストウッドの作品は考えさせられるけど、
とっても重く、後味が悪く、苦手;
話題にはなっていたので
観たかったけど、避けていたかもしれない。

夫と正月そうそう映画を観に行こう!ってことになり、
“武士の一分”を観たいと言ったが、却下され、
とうとう“硫黄島からの手紙”を観ることになった。

【story】
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林(渡辺謙)が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げる。
そんな栗林の登場に、硫黄島での日々に絶望していた西郷(二宮和也)ら兵士たちは希望を見出す。
だ従来の常識にとらわれない栗林のやり方は古参の将校たちの反発も呼んだが、一方で頼もしい理解者もいた。
その一人がロサンゼルス・オリンピック馬術競技の金メダリスト「バロン西」こと西竹中佐(伊原剛)だった。

イーストウッド監督、スピルバーグ製作の『父親たちの星条旗』に続く、硫黄島2部作の第2弾。
日本の最南端にほど近い太平洋に浮かぶ、東京都小笠原村硫黄島。
山手線一周ほどもないこの小さな島は、米軍の本土攻撃を食い止める最期の砦として重要な拠点だった。
米軍は当初、圧倒的な戦力の違いから5日で陥落できると踏んでいたが、予想以上の日本軍の抵抗によって激戦は36日間に及んだ。
この硫黄島の戦いを率いた日本軍の栗林中将、若き兵士・西郷ら何人かの人物に焦点を当て、硫黄島での戦いを明らかにしていく。
戦後61年が経ち、地中から発見された数百通の手紙。
届かぬとわかっていてしたためられた家族への思いが、余りにも悲痛で胸を打つ。

【感想】

やっぱり辛かった
でも、観て良かった。

アメリカが上陸してからはずっと攻められ、
地下要塞で爆弾の音ばかり聞いてる毎日で
映画館の中でも辛かった

5日で攻められると言われた戦いも
栗林の指揮のもと36日間にも及ぶ戦いとなったことが
とても詳しく目をそむけたくなるようなエグい場面もあったが、
この辛いことから目をそむけててはいけないと思わせるような内容だった。

家族を守るために戦地に向かうが
家族がいるから死にたくない。
軍人らしく、自決を美と考えるものが多く
客観的に観てると無駄死にと思ってしまうことも
当たり前のように行われている。

二宮くん演じる西郷はもともとパンやを営む
兵士とは縁遠い人間。
そんな人間まで借り出されても
アメリカ兵の数には到底およばず、
負けは見えてるものの、「家族のために生き延びたい」一心。
周りで仲間がむごい死に方をしていく中、
冷静に・・・イヤ本当は冷静でなんていられないと思うが
生き延びる。
それがどんな生き延び方であったとしても。
生き延びた人たちがいるから
辛い戦いもきちんと語り継がれることになるんだと思う。
届くことのない家族への手紙を
皆が書き綴ることにより
一層辛くなるが、手紙を書くことによって
平常心を取り戻してたのではないか?と思う。
栗林は家族に辛い思いをさせまいと
過去の楽しい出来事を現実に起こっているかのように
家族に宛てるのがまた心が痛い><

日本から見た太平洋戦争の模様が描かれているが
監督はクリント・イーストウッド。
アメリカが行った捕虜を撃ち殺す場面が描かれていたり
びっくりしましたが、
アメリカから見た太平洋戦争
“父親たちの星条旗”もまた観てみたい作品です。

戦争はもう嫌です。ネ!
誰もがそう思えますように・・・。

映画ランキング





lovecinema at 19:27│TrackBack(32)【映画】洋画 | 【ア】行

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「硫黄島からの手紙」■軍国美談を打ち破る  [ 映画と出会う・世界が変わる ]   2007/01/06 01:40
見ている間、不思議な気持ちにさせられる。硫黄島の戦闘における日本軍の状況が、これでもかとばかりに描かれる。米軍の状況はわずかである。まるで、日本の戦争映画のようである。しかし、監督はクリント・イーストウッド。アメリカ人監督が、日本軍のドラマを違和感なく...
2. 硫黄島からの手紙  [ Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆) ]   2007/01/06 02:07
          公式サイトはこちら。     評価:★4点(満点10点) 2006年 141min 監督:クリント・イーストウッド 主演:渡辺謙 二宮和也 伊原剛志 中村獅童 【あらすじ】戦況が悪化の一途をたどる1944....
3. ★「硫黄島からの手紙」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2007/01/06 02:12
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。
4. 硫黄島からの手紙 LETTERS FROM IWO JIMA  [ いいかげん社長の日記 ]   2007/01/06 02:57
戦争映画は、ちょっと苦手なもので、パスしようかと思っていたんですが、なかなかの評判のようなので、とりあえず観ておこうかと。 というわけで今日は「硫黄島からの手紙 」。 大晦日の「UCとしまえん 」、今日はポイントがたまっていたので、朝10:30の回で...
5. 硫黄島からの手紙  [ タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌 ]   2007/01/06 05:05
5 製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 141分 監督 クリント・イーストウッド 製作総指揮 ポール・ハギス 原作 − 脚本 アイリス・ヤマシタ 音楽 クリント・イーストウッド 出演 渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅童 、裕木奈江 ...
6. 「硫黄島からの手紙」祖国の為知略を尽して守り抜いた指揮官と2万の守兵  [ オールマイティにコメンテート ]   2007/01/06 06:21
5 「硫黄島からの手紙」は「父親たちの星条旗」の日本側から描かれた作品で、1945年2月に硫黄島を舞台にした太平洋戦争の激戦を舞台にした映画である。今回は日本側からみた硫黄島という事で守る側の心理と難しさを描いていた。
7. 硫黄島からの手紙  [ ネタバレ映画館 ]   2007/01/06 07:39
最後に出てくる負傷した米兵はライアン・フィリップではありません。
8. 硫黄島からの手紙(2006年)  [ 勝手に映画評 ]   2007/01/06 07:42
タイトル 硫黄島からの手紙 ---感想--- 『父親たちの星条旗』に続く、クリント・イーストウッド監督硫黄島二部作の第二段。今度は日本側からの視点での硫黄島です。アメリカ人の監督が、日本人俳優を使って撮影したアメリカ映画という珍しい作品でもあります。 『父親たち...
9. ■週末の学び12/8「硫黄島からの手紙」  [ 「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ! ]   2007/01/06 07:48
  ※ホンダラさん!さっそく補足ありがとうございます!   私が演じたのは、ひとりのパン屋です。この作品を見てから、今もたくさんのことを感じ、考えています。 私がひとつだけわかったことは、この作品が事実だということ、そしてその事実を発表する....
10. 硫黄島からの手紙  [ 5125年映画の旅 ]   2007/01/06 07:52
5 第二次世界大戦の末期。日本軍の太平洋の要塞・硫黄島を陥落させるべくアメリカ軍は7万人の大戦力を送り込んだ。当初は5日で占領できると思われていたが、日本軍の必死の抵抗によって戦闘は36日間も続いた。勝ち目の無い戦いの中、それでも守るべき物のために戦い抜い...
11. 硫黄島からの手紙/Letters From IWO Jima  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2007/01/06 09:46
米国人であるクリントイーストウッド監督が 『父親たちの星条旗』と対にして、硫黄島の戦いを日米双方から描いた第二弾。         世界に先がけての日本公開。 先に観た『父親たちの星条旗』の方は良かったながらもピン"と来ない部分もあったものの、 日本側から観た...
12. 「硫黄島からの手紙」重厚で良かったです!  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2007/01/06 10:19
「硫黄島からの手紙」見て来ました。泣かせましょうとか、盛り上げましょうとか、そういうのが一切無くて、わざとらしい部分も無く、全編モノクロっぽい映像の、とても重厚に作られた映画。アメリカ映画なのに、セリフが9??::DocumeH
13. 硫黄島からの手紙/渡辺謙、二宮和也  [ カノンな日々 ]   2007/01/06 10:44
5 劇場スタッフの方いわく「こんなに混むのは久しぶり」という賑わいです。どうもこの作品と「NANA2」「デジモン」そして先週末から公開されてる「武士の一分 」「007 カジノ・ロワイヤル」あたりの観客動員が好調みたいですね。この映画に関してはTVで関連ドラマややイース...
14. 硫黄島からの手紙  [ Akira's VOICE ]   2007/01/06 10:53
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。
15. 硫黄島からの手紙  [ ☆★けせらせら映画ブログ☆★ ]   2007/01/06 12:03
「硫黄島からの手紙」を鑑賞。
16. 硫黄島からの手紙  [ 映画のメモ帳+α ]   2007/01/06 20:20
硫黄島からの手紙(2006 アメリカ) 原題   LETTERS FROM IWO JIMA        監督   クリント・イーストウッド            脚本   アイリス・ヤマシタ       撮影   トム・スターン          音楽   クリント・イーストウ...
17. 『硫黄島からの手紙』  [ Brilliant Days ]   2007/01/06 21:23
イーストウッド様、手紙、確かに受け取りました・・・ クリント・イーストウッドが世界に贈るヒューマンドラマ硫黄島2部作の第二部! (第一部は『父親たちの星条旗』感想はコチラ) 一般公開初日に鑑賞して参りました! 12/6発表のナショナル・ボード・オブ・レビュー....
18. 硫黄島からの手紙  [ 悠雅的生活 ]   2007/01/06 22:33
余は常に諸氏の先頭にある。
19. 硫黄島からの手紙  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2007/01/06 23:30
『LETTERS FROM IWO JIMA』公開:2006/12/09(12/10鑑賞)製作国:アメリカ監督:クリント・イーストウッド製作:クリント・イーストウッド、スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ脚本:アイリス・ヤマシタ出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、中村獅童、裕....
20. 硫黄島からの手紙  [ 八ちゃんの日常空間 ]   2007/01/06 23:38
LETTER FROM IWOJIMA [ユナイテッドシネマ豊洲/SC1/メンバー料金] 公式サイト 『硫黄島で散った男たちから届けられる、世界へのメッセージ』 イルマーレを一緒に観た同僚2人と観賞です。一人の希望でユナイテッドシネマ。さてはららぽーとをじっくり見たいのだな…。な...
21. 硫黄島からの手紙  [ カリスマ映画論 ]   2007/01/07 06:13
【映画的カリスマ指数】★★★★★  死を覚悟しながら・・・生を綴る言葉    
22. 「硫黄島からの手紙」レビュー  [ 映画レビュー トラックバックセンター ]   2007/01/07 11:55
「硫黄島からの手紙」についてのレビューをトラックバックで・集しています。 *出演:渡辺謙、二宮和・、伊原孫志、加瀬亮、中村獅童、他 *監督:クリント・イーストウッド 感想・評価・批評 等、レビューを卒む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽....
23. 硫黄島からの手紙 / アメリカの目線  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2007/01/08 00:54
サンフランシスコの、エンバカデロセンターシネマという小さなアートシアターで、「硫黄島からの手紙」を再鑑賞。 一本の映画を二度観るのは、今年初めてである。 最初の記事はこちら。 劇場はほぼ満席。映画の性??ion/??
24. 映画「硫黄島からの手紙」  [ ミチの雑記帳 ]   2007/01/08 20:55
映画館にて「硫黄島からの手紙」 クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」に続く硫黄島二部作第二弾は日本側の視点から描いた作品。 1944年6月硫黄島に着任した栗林忠道陸軍中将(渡辺謙)は、早速硫黄島を自分の足で一周する。地形を観察し、体罰を振るう上官...
25. 硫黄島からの手紙  [ パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ ]   2007/01/08 23:15
5 世界が忘れてはいけない島がある。61年前、日米両軍は硫黄島で戦いました。 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である....
26. 映画〜硫黄島からの手紙  [ きららのきらきら生活 ]   2007/01/17 06:00
 「硫黄島からの手紙」公式サイトクリント・イーストウッド監督による「硫黄島2部作」。「父親たちの星条旗」に続く第2弾、日本側から見た硫黄島、、、戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将...
27. 硫黄島からの手紙  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2007/01/20 11:38
5  そこにいた兵士達は、必ず生きて祖国の地を踏む事は無いという覚悟を持って戦場に赴いた。  日本本土から約1250Kmの地にある硫黄島。上陸したアメリカ兵たちは異様な臭いと焦土、暑さに苦しめられながら日本軍の砲撃を受けた。  5日で陥落する....
28. 硫黄島からの手紙  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2007/01/20 11:42
5  そこにいた兵士達は、必ず生きて祖国の地を踏む事は無いという覚悟を持って戦場に赴いた。  日本本土から約1250Kmの地にある硫黄島。上陸したアメリカ兵たちは異様な臭いと焦土、暑さに苦しめられながら日本軍の砲撃を受けた。  5日で陥落する....
29. 硫黄島からの手紙  [ とにかく、映画好きなもので。 ]   2007/01/20 11:46
5  そこにいた兵士達は、必ず生きて祖国の地を踏む事は無いという覚悟を持って戦場に赴いた。  日本本土から約1250Kmの地にある硫黄島。上陸したアメリカ兵たちは異様な臭いと焦土、暑さに苦しめられながら日本軍の砲撃を受けた。  5日で陥落する....
30. 硫黄島からの手紙  [ エリ好み★ ]   2007/01/28 00:24
「父親のたちの星条旗」よりも、さらに淡々としている印象でした。
31. 「硫黄島からの手紙」映画感想  [ Wilderlandwandar ]   2007/03/25 19:10
クリント・イーストウッド監督の硫黄島2部作、「硫黄島からの手紙」を見てきました。
32. 硫黄島からの手紙  [ とんとん亭 ]   2007/03/25 21:47
「硫黄島からの手紙」 2006年 米 ★★★☆☆ ご存知、「父親達の星条旗」と対になっている日本側から観た「硫黄島」 での攻防戦を描く第2弾。 戦後60年・・・今から20年ほど前に硫黄島の旧塹壕調査の男どもが、 何かを掘り当てる。どうやらズタ...

この記事へのコメント

1. Posted by たーくん   2007/01/06 01:16
ご訪問ありがとうございました。
私は元旦に観たのですがとても重かったです。
淡々と進む現実に観ていられない感じも二宮くんのおかげで少し和らいでいるように思いました。
ところで武士の一分も映画らしい映画でぜひ映画館で堪能してほしいです!
2. Posted by lovecinema   2007/01/06 01:55
たーくん さん

こんばんは
遊びに来てくれてありがとうございます。

元旦ですか・・・;
あの何時間かの間でしたが、
暗闇での爆弾の音、辛かったですよね。
あれが、約1ヶ月も続いてたかと思うと
本と胸締め付けられる思いです。

今、もし戦争になったとしたら日本兵は二宮くんのような人間が大半だと思うとゾッとします。

武士の一分は周りからの評判も良いので
観なきゃいけないな・・・。
映画館で観れるでしょうか・・・;
DVD鑑賞になりそうで><
3. Posted by Aki_1031   2007/01/06 17:26
こんにちは!
拙ブログにTBありがとうございました。
お正月からこちらの映画を鑑賞されたとのこと。
少々気持ちが沈んでしまったのではないかと
心配です…。大丈夫でしたか?

>戦争はもう嫌です。ネ!
この映画を観て、1人でも多くの方が
そう感じることができたらいいなぁと私も思います。
こちらからもTBさせて頂きますのでよろしくお願いします。
4. Posted by 八ちゃん   2007/01/06 23:43
こんばんは!TBありがとうございます。

>やっぱり辛かった
でも、観て良かった。

めちゃめちゃ良くわかります!この気持ち。
というか記事を書き終えてない自分です。
前売り券があるので、もう一度じっくり観ようと思うのですが、
淡々と時間が長く感じるし…


今後もよろしくお願いします。
5. Posted by 日本インターネット映画大賞スタッフ   2007/01/07 10:40
突然で申しわけありません。現在2006年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票に御参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.mirai.ne.jp/~abc/movieawards/kontents/index.htmlです。
6. Posted by lovecinema   2007/01/09 18:17
Aki_1031 さん

遊びに来てくれてありがとうございます♪
TB勝手にさせていただいたにも関わらずコメント残してもらって嬉しいです。

正月そうそうこの映画を観に行って、映画館から出るまでは落ちてましたが、街に出ればすっかりお正月気分に戻れましたm
映画館内は防空壕気分でかなり辛かった><

みんなの気持ちが1つにまとまってくれるといいのですが・・・;
7. Posted by lovecinema   2007/01/09 18:20
八ちゃん さん

コメントありがとうございます♪
嬉しいデス☆

是非、感想アップしてください
楽しみにしています。
私は2度目、観る元気はありません・・・;
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
記事検索
最新コメント
そろそろ本気でダイエットしなきゃっっっ!


DHCオンラインショップ



DHCオンラインショップ


ユニバが熱い!!!

【進撃の巨人・ザ・リアル】2015年1月23日〜5月10日開催


【エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D】2015年1月23日〜5月10日開催


【外国映画】



【日本映画】