何でも応援してくれる彼

今日はデートdayでした。


某イオンで待ち合わせして

お茶して


イチャイチャするとこ行って(笑)


ご飯食べて。



そんな中、私は朝からしゃっくりが止まらなくて(笑)
2人で手繋いで歩いてるときに
息止めてたら
結果的に変な顔になっててw

それを見た彼が面白がってて

一生懸命息止めてる私に向かって
優しい声で
「頑張れ〜〜」って言ってきてw


思わず吹き出した(笑)


しゃっくり止めるために息止めてるだけだからっ


そんで夜


ご飯食べたとこでちょうどセミプロ?みたいな人がジャズのフリーライブやってて

彼が見たいって言うので
いいよーって

椅子並べて一緒に見てたときのこと。


なんか甘いもの飲みたいってことで
タピオカドリンク飲みながら
ジャズ聴いてたんだけど


途中でタピオカがなかなか吸えなくて
私の意識はジャズ〈 タピオカになってしまい
思わず小さくズーズー音立てながら
タピオカを吸おうと苦労していたときに

彼が隣で小さな声で
「頑張れ〜〜(^_^*)」って応援してくれてまた思わず吹き出すw


タピオカのもうとしてるだけだからねっ



私のこと大好きなんだな〜彼は❤️(笑)

image


女、29歳。

前回の更新から早1年・・・


昨年から一気に恋愛の波が押し寄せてきては離れ(笑)
失恋続きだった私ですが

ついに、




いやいや、本当に





結婚することになりました(* ̄∇ ̄*)エヘ




2/4 プロポーズは電話でした。


3Bめの果てに17時頃の入院をとるという地獄のような日が終わり、
精神的にも肉体的にも疲れ果て
「もう仕事やめたい」と泣きながら彼に電話をかけて
さんざん愚痴をきいてもらい、


『そっか。。他にはないの?』と聞かれたので


涙も止まり、さすがにもう言い尽くしたな、と思って


「もうないから。。。じゃ、切るね」と電話を切ろうとしたときに




『まって!』


と。今まで聞いた中で一番大きな声だったかもしれません。笑




今月末に予定していた伊豆への旅行が
仕事の都合でだめになってしまった
ごめんな、と。


「うん。いいよ。仕事じゃしょうがないもんね」と私。



『それでさ、考えたんだけど、
やっぱり○○(私)と離れているとお互い夜勤とかあって仕事も不規則だし、
お互い一緒にいたほうが頑張れると思うんだよね。
○○といると楽しいし、これからも一緒にいたいって思ったんだ。』


「うん」



『だから、○○が良ければ、、俺と結婚してください!』






・・・・・みたいな感じだったと思う←w



そして、それを聞いて私はまた泣くという。



思わず、こんな泣いてばっかで、メンタル弱い女でも良いのか?と再確認したが

彼はうん、と頷いてくれました




2/6 やっぱり直接聞きたかったので
   彼と某観覧車に乗ったときにまたプロポーズの言葉をおねだりしました。笑





2/12 彼がスーツ姿で私の実家にきて挨拶


    
父が「幸せにしてとは言いません。不幸にはしないでください。」と言ったら



彼は父にむかって『幸せにします』と言ってくれました♡





家族は彼が想像以上に好印象だったようで、


あんたが愛想つかされないように頑張んなきゃね、と。




日々プレッシャーをかけてきます。










花嫁修業、頑張らねば。



失恋物語

お別れした理由。


❶当初からプチ遠距離であることがわかっていたにもかかわらず
「○○(私)の住んでいるところもうちょっと近いと思ってた。遠い。」


❷付き合って1ヶ月過ぎたところで
「おれ匂いに敏感で。○○とは匂いが合わないと思ってた。香水もそうだけど、香水以外でも。」


❷とか何Σ(゚д゚lll)
今更?
私は犬とお付き合いしていたのか?(笑)w



遠距離や匂いに
好きの度合いが負ける私って一体。。




ふつうに生活してたって出会いないしなー







日々に楽しみが欲しい。

今何にも夢がない。
現実ばっかで疲れる。


はぁぁ⤵︎
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ