2005年06月12日

PC買いました(BUN)

fc62407e.JPG先月、PCのHDDがクラッシュしてしまい修復できないので、ヤフーオークションで中古のデスクトップPCを買いました。
CDROMをCDRWに換装してあるのに比較的安く買えました。

壊れたHDDのデータをサルベージしたい(T_T)

lovecoco at 16:03|PermalinkComments(1)

2004年10月07日

そんなモンか・・・?(ココ)

f55fe165.jpg皆さんは「ジョウゴ」を、ご存知だろうか?
口の小さい容器に移すときに便利なアレだ。

今日、買出しにダイソーへ行った。
閉店間際だったので、揃えるものだけ揃えてワタワタと買い物を済ませた。
レジに並んで居る時に「あ!ミルク用のジョウゴ!」と思い出し、レジの店員さんに
「すみません、ジョウゴはどこですか?」とたずねる。
閉店間際だったので、少々イヤな顔。

「それだったら、3階の園芸用品売り場にございますが・・・」
その言葉の端に「今から3階まで行くのかい・・」というニュアンス。

「??園芸用品??」暫く頭の中で、色々めぐっていた。

「あ・・・それは“ジョウロ”欲しいのは“ジョウゴ”なんですけど・・・?」

まぁ、そこまでは聞き間違いという事もある。
すると、二人居たレジの人たちがワサワサとし始めた。
「ジョウゴと言いますと・・・」
そこからジョウゴの説明だ。「口の細いものに入れやすくなっている逆三角形のような形をしたものです!」「少々お待ちください・・・」
私はてっきり探してくれているものだと思っていた。
閉店の音楽が急かすように流れている店内なので、レジのある1階の台所用品売り場にあるのは間違い無いだろうと思い、私も探していた。

すると・・・
裏の方から「あのーこれこれ云々のモノでジョウゴとかいうものって何ですか?」と店員・・・・・・・・・。
まぁ、確かに若かった。20代になったばかりだろう感じ。
もう一人は、20代後半か、若く見える30代前半(ほっとけ!)

ジョウゴってそんなに難しいですかねぇ・・・
何だか、唖然としてしまいました。
結局、見付かって 早速便利に使ってはいるのですが。

ジェネレーションギャップ?
それとも、他に呼び方があるの???


lovecoco at 02:05|PermalinkComments(3)

2004年10月03日

めぐむの写真を・・・

586eaa55.jpgプニーズの写真ばかりなので、たまにはめぐむの写真を・・・♪

毎日、元気イッパイ走り回っていますが、ときたま大人しくなります。
風邪でも引いたか?疲れてるのか?

lovecoco at 21:53|PermalinkComments(1)

2004年09月30日

猫ばかりになって・・・

8742db8e.jpg全く持って、最近は猫だらけの掲示板になってしまって最初立ち上げた時の
趣向と全く違うものになっているなーと反省したりしてる。
でも、なごむが来て以来 生活自体が全く変わってしまったので仕方が無いという
言い訳をしてみる。

私は「かつて生きていた人」と対話をする事ができるという、恵まれた機能が備わっているようだ。ありがたいと思うこともあれば、哀しいことも嫌なこともある。
知りたくなかったこともあるし、伝えなければならない指名のようなものを感じることもある。それは、自分ではどうしようもないことで、あるがままを受け入れるしかなかった。人と違うと感じたのは小学校の4年生。あるがままをと思えるようになったのは大人になってからだった。

元々、生き物のいないことが無い環境で育った。いつも必ず何がしかの生き物と育ってきた。そして、動物が居ない環境が妙にシックリ来ない人に育った。
「蝶と蛾」以外の生きてるもの全てに近いほど、愛しいと思える。
ゴキ〇リも殺さなくて済むように、発生しないよう心がけている。
毛虫も、特にイモムシは可愛いとさえ思う。余り、括りに拘らず全般に好きではある。やっぱり、哺乳類が好きかなー。

でも、猫は余り得意ではなかった。子供の頃に家の中で小鳥と遊んでいたら3匹もの猫が網戸に飛び掛って来たというトラウマがあった。猫=怖いだった。

去年の12月19日。なごむが我家の玄関先で「ニャー」と鳴いてから、それにBUNが気付いてから、家に招き入れる訳でも無いのに入り込んで来てから・・・・
私の生活は180度と言って良いほど変わってしまった。
この、なごむが迷い込んでくるという事件がなければ多分、自ら望んで自分の人生の中で猫を飼うという事は無かったと思う。
無類の犬好きで、ゴールデンリトリバーを飼う事が今でも夢だし。
ただ、大きなゴールデンの周りを猫が取り巻いているの図に変わってしまったが。

なごむと巡り会って、色々と勉強させられた。「生き物と暮らす事の本当の意味」。
ひとつの命に責任を持つ事の難しさや、大変さ、手間暇。
これは、一人子供を育てているにも関わらず 情け無いかな猫に教わった気がする。
きっと年齢的なものもあるのだろう。
息子を産んだときは21歳。育てるのに必死だった(一人だったし)
必死さ故に、考えることさえしていなかったのだとおもう。
まぁ、その後に勉強をしなければならない事になるのだが・・(障害について)

なごむがやって来て、いい加減にも外へ出す事が普通になっていて、ある日骨を折って帰って来て、その原因がどうやら虐待だと聞き初めて「何てことをしたんだ!」と気付くというお粗末さだった。
猫好きの集まるサイトでも、多くの人が完全室内飼いを勧める中、外で跳ね回る姿を見ていると、閉じ込めるのは可哀相という浅はかな考えが浮かんでいた。
どちらが正しいか、今もって分からないが 我家の場合、猫に虐待するヤロウが近くに居るという事が判明した以上、外へ出すわけにはいかなくなった。
去勢も未だ済んでいないという有様だった。(発情期を迎えていなかったのもあるが)

なごむを室内飼いにするのは、半端ではなく大変だった。イライラ、脱走、ストレスでの病気。鳴き声・・・。室内飼いは一匹より多頭飼いと先輩猫飼いさんからアドバイスをもらい、考えて居る時に めぐむとの出会いがあった。
一週間に8匹もの子猫を保護して、四苦八苦している飼い主さんとネット上で知り合った。1匹を貰い受けることにした。
めぐむとなごむが、今のように仲良くなるまでには本当に紆余曲折があった。
なごむには、ストレスになりすぎて酷い状態だった。
このまま一緒に暮らせるかなとか、外へ出してやろうかなと言う考えが一日頭から離れないときがあった。
時間とは素晴らしいもので、今は実の兄弟のようにしている。
めぐむも、保護された時は生死の境を彷徨った子だが、今は元気すぎる!
なごむも、私達が保護しなければ間違い無く冬は越せなかっただろう。

そして、今の新入り。75グラムで保護されて今では300グラムが目の前。
それでも週齢4週目にしてみれば、小さいであろう。
この子達は、4匹兄弟で未熟児・初乳も飲ませられないまま、へその緒を付けて酷暑の自転車置き場に紙袋に入れられて置かれていたのを保護された。
それを1週間、保護主さんと友人の方で世話をされていたけれど、普通の会社勤めの方。続けるのは無理に決っている。
ある掲示板で、一生懸命さが伝わってくる文章に出会った。
BUNと相談し、引き受けることにした。引き受けると決ってから画像を見せて貰ったときに、震えが来た。それほど小さい小さい命だった。

保護されて直ぐ、1匹が亡くなり 我家へ来るはずだったのは3匹だった。
しかし、数日後に2匹目も亡くなった。
我家へは、鯖トラの兄弟が二匹でやってくることとなった。
最初は3時間おきのミルク、排泄。新生児と同じだ。
家事は今迄通り、何故か私がするものとなっている。
同居人は、自分宅のパンツ一枚たたもうとさえしない。
2日でパニックになりそうになった。その時にBUNが代わってくれて「お腹が空いたら鳴くだろうからミルク用意して待ってる」とノンキなことを言った。
実際、その時は小さくて逼迫した状態だったので、そんなノンキなことではいけなかったのだけど、何となくその言葉で救われた。

今は、300グラムを目の前にしている二匹。
ギリギリの命の綱渡りは無くなっただろうと思いたい。

この子達を引き受けた時に、自分のキャパ以上のものを背負ってしまったことに気付いた。オオバカヤロウだと思った。
でも、育てないわけにはいかない。本当に本当に私が数時間寝過ごしてしまっただけで、次に見たときは命は無いのかもしれないのだから。
事実、病院(大きな病院です)でも「生きていることが奇跡、その上にこれだけ元気なのは医者やってて初めてみたよ」と言われました。
駅伝の汗の染みたタスキのように、保護主さん達の頑張りと思いが「生かせなきゃ」という思いに良い意味でプレッシャーを掛けつづけてくれた。

昨日から、お散歩の練習を始めている。大きな足先に、細い細い脚なので筋肉つけなきゃなと。ふと、そんな事まで考えられるようになったんだ。そこまで大きくなってくれたんだと、感慨無量になった。
正直、いつか消えてしまうかも知れない命だからこそ、全力投球しなきゃという思いも、どこかにあった。それが、今 私に向かって歩いてくる。
てとてとと、頼りない足取りだが確実に上手になっていく。
いつか、4匹で走り回って 私を困らせるだろう。そうあって欲しい!

長い長い前置きになってしまったが、この猫達との出会い、そしてこの猫達の夫々の周囲の人との出会いは、私達にとって大きな財産となった。

死者からのメッセージは、生きて行けなかった人からのメッセージ。
猫と人間と一緒にするなと、叱られてしまいそうだが、前にも述べたように私は生き物に対してのカテゴリー分けというのが、とても苦手なので・・・。
必死に哺乳瓶に吸い付く姿は(最初はスポイドで強制授乳だが)「生きたいんだよー!」と言われている気がしてたまらなかった。
そして、これは初めての体験なのだが、我家に一緒に来るはずだった白い猫ちゃんが
私の胸の中にやってきて、ずっと兄弟を見守っていた。
それは、恨めしいのでも羨ましいのでも無く、そういうマイナスな感情では全く無く
純粋に兄弟に「生きろ!」と暖かな念のようなものを送りつづけていた。
2〜3日、私の中で(胸のあたり)に居たが、成仏してくれたようだった。

必死に生きる姿を見て、私が備わった機能というのは、とてもとても重いもので、伝えるべき物事の重要さ、伝えられることのありがたさを改めて実感したところだ。
ヘンな繋がりだが、そうとしか表現ができない。

「こげんた」という猫を、事件をご存知の方はいらっしゃるだろうか?
某2CHという巨大サイトから発生した事件だが、猫の虐待映像をリアルタイムで あるサイトにUPしていたと言う事件。犯人は捕まった。27歳にもなる男だった。
「獲物」と呼ぶ猫を風呂場のバスタブに入れて、猫缶をやって安心させる。
猫缶を食べて、バスタブの中から美味しそうに舌なめずりしている画像が一枚目だ。
それから、2Chで祭りが始まる。けしかけるヤツ、喜ぶヤツ。キチガイの集まりだ。
3センチづつ尻尾が切られる。それを撮影してUPする。耳を切る・・UP・・
そんな感じで、全身を切られ最後は針金で首吊り。
首と胴体は離れて、その間に何かメッセージが書いてあるCDがぶら下げてある。
それが最後の画像。私は最初から最後まで、残してあるサイトを見つけてしまい見てしまった。見る見ないは自分で選べたわけだが、私は自ら見た。
見なければならない気がした。己の戒めのためにも、我が猫たちを守り続けるためにも、これから何かができるかも知れないと思えるためにも。

猫の虐待、虐殺は必ずと言って良いほど今度はもっと大きな哺乳類に興味が行く。
結局は、対 人間へ子供へと移っていく。
どうか、見過ごさないでください。たかが猫です。小さな命です。
でも、小さな命さえ守れなくて、人間なんか守れるわけがない。

猫ヲタとか言われてしまいそうな文章になってしまいましたが、私は猫ヲタではありません。歴然とした「猫キチガイ」です。はい。

言葉では「命の尊さ」とか「尊厳」とかって聞きます。
でも、私が鈍なだけかも知れないけれど、今回 必死になって子猫を保護し育てている人たちと数人出会うことができて、人間も捨てたモンじゃ無いと思えてきました。
そして、私自身が「生かせなきゃ!!」と必死な命は、元気に歩くまでになってくれました。その姿を見て、言葉では言い表せない「命の重み」を感じています。

どうか、お願いします。
これから、犬を飼おうかと思ってらっしゃる方。
猫を・・とお考えの方、一度里親サイトや保健所を訪れてみてください!
ペットショップでショーケースに並んでいる商品より、ずっとずっと貴方のことを待っている子達が居るはずです。

動物掲示板、別に作ります。もう少しチビ達が安定してから。
アチラの世界の話も、もちろんメインでやりたいのですが、私自身が猫まみれの生活になっているので、動物なしでの私は今は語れないところまで来てます・・・
暫し、ゴッチャな掲示板でお許しを。
そして、猫キライー!どうでもいいー!と言う方も、もちろんいらっしゃると思いますが、どうぞ暫くは目を瞑ってやってください m(_ _;)m

日々、成長していく子猫達。
日々、積もっていく洗濯物。
日々、見たくなくなる鏡。
日々、手抜きになっていく掃除・・・(* ̄▽ ̄*)エヘ

lovecoco at 02:19|PermalinkComments(0)

2004年09月27日

子猫通院

4d3688d6.jpg先週来たぷに〜ずをニ度目の病院に連れて行きました。
ウンチがなかなか出なくておなかが張ってきてしまった為です。

「出してみましょうね〜」
と、先生が子猫のお尻を刺激しはじめました。
「そんなんで出てたら病院にこね〜よ(−。−) ボソッ」
と思っていたのですが、あっという間にウンチが出始めました。
さすがです!
経験の差か、技術の差か・・・・。
1匹が10g!もう1匹が2g!
お腹もスッキリして帰って来ました。


lovecoco at 22:04|PermalinkComments(1)

2004年09月21日

子猫×2(プニー×2)(BUN)

acf0a1d1.jpg一昨日の日曜日に子猫が二匹来ました。生後二週間。
ココさんは、ミルクに追われる日を過ごす事になりました。
なんでこう、少し楽になるとすぐに苦労を背負い込むのか。。。。。。
子猫は、めっちゃ可愛いんですけどね♪
一匹がやっと目が開きました。
仕事から家に帰るのがまた楽しくなりました。
できれば、仕事に行かずに見ていたい〜〜!

lovecoco at 10:31|PermalinkComments(1)

2004年09月04日

また落札しちゃった(^_^;

ヤフーオークションで3台目のバイクを落札して、南浦和まで行って取ってきました。
帰り道、70kmほとんど何事も無く帰って来ました。

二代目は、500mほど走って動かなくなってしまったのでいつか修理しよう!と置いてあるのですが、通勤が不便。
駅前の駐輪場は原付しか停めさせてもらえないので、ココさんに怒られながら落札しました。

問題は、足りない部品が数多くある事。
ウインカー点かない。
ヘッドライトはあるけど、レンズが無い。
センタースタンドが無い。
ところどころカバーが無い。
まあ、なんとか走るし、半年ほどの自賠責付きで3000円だし。。。。。


lovecoco at 16:44|PermalinkComments(0)

2004年09月02日

更新しました(BUN)

c19e53b1.jpg久々にHPの更新をしてみました。
めぐむのアルバムを追加して、TOPページの写真にそれぞれのアルバムのリンクを貼っただけなんですけど(^_^;

lovecoco at 23:20|PermalinkComments(4)

2004年08月23日

家族が増えてます(BUN)

b6c50d1d.jpg日記を長いこと書き込んでいませんでした。
掲示板でお分かりのように「なごむ」の他に「めぐむ」という家族が増えました。

オークションでキャットタワーも購入して、本日届きました。

猫が二匹増えたのは良いのですが、二匹で中空を( ・_・)じーっと見るのはやめて欲しい(;_;)ううう

lovecoco at 01:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
カテゴリ別アーカイブ