2006年12月22日

キャスト・インタビュー★ 小日向 文世さん(山崎真一 役)

男性も、女性も、どうせ年をとるなら、素敵に年をとりたいと誰もが思うはず。

でも外見的な部分も内面的な部分も、歳をとればとるほど、
気力も体力も低下してくるし、なかなかいい状態をキープするのは難しい(´−`;)、
というのが現状。


……そんな中、“年の差20歳!”カップルなんていうことを
全く感じさせないほど、活力みなぎる(?)「バツイチ中年男」を演じきっている
小日向 文世さん。

特に今回は、情報雑誌の編集長という、いわゆる“業界人”的な役どころのせいか
いつになく、若々しくて活動的なファッションが際立っていました。
でも、ちゃんと似合っていて、着こなされているんですよねっ!

当のご本人は、どうやってこの役どころに挑まれたのか、ぜひ、
お伺いしたいところでございます。


そんなわけで、今回の最終回直前スペシャル!
……というよりも、まさに最終回スペシャル!!

「山崎真一」役小日向 文世さんのご登場です。。。


☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ 

Q.小日向さん演じる、「山崎真一」について、どんな印象をお持ちですか?

自由 






自由でエネルギッシュなオヤジ!!










Q.「山崎」を演じるにあたって心掛けられたことは?

キスシーン?


 30歳の女性と恋愛をしているという、
 精神的なタフさと無邪気さかな。




Q.もし小日向さんが、ご自身のお子さんと同じ人を好きに
  なってしまったら?


 有り得ません。 

Q.小日向さんは、イマドキの30歳くらいの年代の女性について、どのような
 印象をお持ちですか?


 20代の女性と区別がつかないほど若い、という印象。


Q.最後に、番組をご覧に皆さんにメッセージをお願いします。
 
洗濯

 『ラブ・コレ2』を毎回ごとに楽しんで
 観てくれると嬉しいです。

 



☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ 

実はね、Kinokoはこのblogを書いていて、あることに気付いた
びっくりしたのです。

小日向さん、Kinokoのママと2つしか年が違わないのですよ。。。
ということはですね、「山崎」にも、亜衣のような娘がいてもおかしく
ないのです。


そんな若い(?)女性と恋愛を楽しめるだなんて、すごいことだと思うし、
何よりそんな違和感を全く感じさせない小日向さんに、脱帽!!


さてさて、そんな小日向さん演じる「山崎」は突然失踪。
でも、その理由は意外にも“男らしい、いさぎよさ”さえ感じること。
今まで、ちょっぴりお調子者のプレイボーイのような存在だった「山崎」を
惚れ直す人、続出?!


なにはともあれ、まずは『ラブ・コレ2』最終回を今すぐcheck!してみください。
あなたも「山崎」の魅力に、ハマりだすかも知れません。。。



小日向さんプロフ

小日向 文世(こひなた・ふみよ) 
 1954年1月23日生まれ
 北海道出身・O型


 



2006年12月21日

キャスト・インタビュー★ 横山めぐみさん(伊藤香苗 役)

『ラブ・コレ』シリーズを語る上で、忘れてはならない存在があります。

ちょっとワケありの、ひとクセもふたクセもある女性上司
『ラブ・コレ』の青田典子さん、そして『ラブ・コレ2』の横山めぐみさん。


現実にこんな上司が存在したら、明らかに「それって、パワハラ?」的なことも
サラリとやってのける、かなりアブない彼女たち。
でも、彼女たちの存在こそが、この『ラブ・コレ』ワールドを盛り上げるのに
欠かせないスパイスなのです!!


そんなわけで、今日の最終回直前スペシャル!!

妙に色っぽく、でもそのフェロモンの矛先を、なぜだか同性である亜衣に
向けていたこの人。
「伊藤香苗」役横山めぐみさんです。。。


☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ 

Q.横山さん演じる、「伊藤香苗」はどんな人物なのでしょう?
 
香苗1
過去の恋愛で受けた傷がトラウマになり、
男性不信に陥っている、エキセントリックな
女性です。





Q.「香苗」を演じるにあたって、どんな点に気を遣われましたか?

香苗3 
 “レズビアン”の心理が全くわからないので、
 女子校出身のスタッフの方にお話をうかがったり。。。
 感情移入しにくい時、亜衣ちゃんを好きな男性に
 すり替えたら、私、どんな甘え方するかなぁ……、
 って想像してみたり(笑)。



Q.横山さんご自身は、“30歳”になる前と、実際になってみて、
 変わられた点はありますか? また、イメージしていた“30歳”と、実際の
 “30歳”に違いはありましたか?


香苗2
 30代の方が楽しいですね。
 背伸びすることもなく、肩の力を抜いて、
 自分の好きな事ができる感じ。
 でも、イメージしていたより、ずっと子供っぽくて、
 相変わらず悩んだり、失敗しながら生きてマス。。。

 

Q.今回の役どころは、かなりハジけた、コミカルな役どころだと思うのですが
 印象に残ったシーンは?


 1話目の広田レオナさんのくだり全て!
 あとは、私のキスシーン……


Q.最後に、番組をご覧に皆さんにメッセージをお願いします。

 ネットドラマは、今回、初出演です。
 好きな俳優さんに囲まれて、楽しく撮影できました。
 現場の雰囲気が、伝わっているといいな、と思います。。。


☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ 

……そう、30代は楽しいですよねーっっっ!!
Kinokoも激しく同意します!!

あんまり楽しすぎて、お嫁になんていかなくっても、とってもシアワセ
(↑ちょっ、ちょっと無理があるかな


でも、30代って、20代の頃みたいに頑張り過ぎなくても、いい意味で
経験を積んでいるので、肩の力を抜いて色々なことが実現できてしまうのです。
これは、ほんとに実感。

そしてね、横山さんのおっしゃるとおり、実際になってみると
イメージしていたよりも、ずっとずっと“子供”だったりもするのです。

ほら、亜衣も、さつきも、真紀も、まるで子供みたいな失敗、
いっぱいしてるじゃないですか!!


そんなこんなで最終回。
横山さん演じる「香苗」は、このままキャリア街道まっしぐら!なんでしょうか。

ま、それはそれであり、ですが、香苗にはやっぱり幸せになって欲しいな〜。
もしかして、最終回で素敵な王子様なんて現れちゃったりして???


いずれにしても、“皆がHAPPYになる”結末であることだけは確かです!!



横山さんプロフ

横山めぐみ(よこやま・めぐみ) 
 1969年9月2日生まれ
 東京都出身・O型
 
 特技:短距離走・料理






2006年12月20日

キャスト・インタビュー★ 斉藤祥太さん(山崎慶一 役)

早いもので、いよいよ今週、最終回を迎えてしまう『ラブ・コレ2』

亜衣も、さつきも、真紀も、みんなそれぞれ崖っぷち!だけど、
どうするの? どうなるのよっっっ???


まったくもって予断を許さない状況が続いておりますが、
彼女たちを取り巻く、あの人たちは、一体どんな思いで『ラブ・コレ2』の
撮影に挑んでいたのでしょうか?


そんなわけで、最終回直前スペシャル!!
『ラブ・コレ2』を語るには欠かせない、“あの人”たちに突撃してみましたっ。

まずは、若さと勢いでやんちゃっぷりを発揮しつつも、実は一途なカレ・・・、
「山崎慶一」役斉藤祥太さんです。。。


☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ 

Q.斉藤さん演じる、「山崎慶一」について、どんな印象ですか?
 
慶一1
明るくて、やんちゃにみえるけど、
実は純粋でやさしい男の子だと思う。
少し“斉藤祥太”にも似てるな、
とも思った(笑)。




Q.「慶一」を演じるにあたって、心掛けたことや気を遣った点は? 

 普段は遊んでそうなんだけど、真剣に恋をしたら、すごくまじめで一途な点が
 うまく表現できるように心掛けました。
 あと、場面ごとに、ちゃんとメリハリのある演技ができるように気を遣った。


Q.もし斉藤さんご自身が、自分の父親と同じ人を好きになってしまったら?

  どん引き・・・・・・!!!!!

 
Q.斉藤さんはいまどきの30代の女性について、どんな印象をお持ちですか?

慶一2


 ずばり、「大人の女性」!
 色気があって魅力的ですね。




Q.最後に、番組をご覧に皆さんにメッセージをお願いします。

慶一3 撮影には、「山崎慶一」という人物に
 なりきってのぞみました。
 色んな場面での、色んな表情に注目しながら
 見てみてください。
 
 僕が好きな、お父さん(小日向 文世さん)
 とのシーンも必見です!!


☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ 

私Kinokoは、実は教員免許をもっていたりして、教壇に立ったことがあります。
さらに学生時代は塾の講師もやっていたことがあり、今でも当時の生徒の
何人かとは、飲みに行ったりしています(←皆、立派な成人しています。。。)

そんなわけで“年下くん”って、どうも「教え子」みたいに思えて、
あまり興味がなかったんです。

でも、『ラブ・コレ2』の「慶一」を見ていると、
「あらっ、若いって素敵!!」
「なんて、かわいい笑顔なの!!」
・・・と、思えてしまうのですよ。

これって、斉藤さんパワーなのでしょうか?!

実はこのような現象、Kinokoだけではなくって、GyaO編成局内でも、
「慶一くんみたいな彼氏だったら、いいよね〜」という年上のお姉さまが
続出しております。


たしかに、“年下くん”をイッチョマエに育ててあげちゃうのも
悪くはないかも?!

・・・ん?
そんなおネエさまは、怖すぎるって???

し、失礼いたしました。


それにしても、亜衣はやっぱりお父さんの方に気持ちが
いっちゃってるみたいだし、慶一くん、こんなにいい子なのに
一人ぼっちになっちゃうのかしら・・・・・・

お姉さんは、心配です。。。


斉藤くんプロフ

斉藤 祥太(さいとう・しょうた) 
 1985年11月18日生まれ
 神奈川県出身・AB型
 
 趣味:音楽鑑賞
 特技:水泳、野球
 オフィシャルblog:「祥太の招待状」http://ameblo.jp/saito-shota/









2006年12月18日

今週の『ラブ・コレ2』 ★Episode7

その場の勢いで、お腹の子の父親が慶一(斉藤祥太)になってしまったことに
亜衣(国分佐智子)は釈然とできずにいた。
そんな亜衣の様子を見た香苗(横山めぐみ)は、亜衣を呼び出し、かつて
山崎(小日向文世)と香苗がつきあっていたことを告白する。さらに自分の
苦い経験から、亜衣に「自分の気持ちに素直になって」とアドバイスする。
悩んだ末、亜衣はシングルマザーになることを決意するのだが・・・・・・

一方、所属事務所からヘアヌード写真集出演の話をされたさつき(畑野ひろ子)は
社長と言い争いになり、とうとう事務所を辞めることに。
それを知ったマネージャーの坂下(金子貴俊)は、思い切ってさつきにプロポーズ
するが、逆にさつきの怒りをかってしまう。



第7話メイン
『ラブ・コレ2〜東京 Love Collection〜』

Episode6
 「素直な気持ち」
番組視聴ボタン






2006年12月10日

今週の『ラブ・コレ2』! ★Episode6

副編集長の香苗(横山めぐみ)から思いがけずキスされた亜衣(国分佐智子)は、
ショックを隠しきれずにいた。

一方、亜衣のマンションに居座っている真紀(さとう珠緒)の下を、
父・勇(山田明郷)が訪れ、母・美佐子(広田レオナ)が寝込んでしまった
ことを告げる。慌てふためいて観音寺家に戻った真紀は、病床の美佐子に謝罪。
美佐子は真紀が観音寺家に戻ってくることを許すのだが、そこにはなぜか、
美佐子に弟子入りしたという小室(山崎樹範)の姿があったのだった。

そんななか、たまたまさつき(畑野ひろ子)が持っていた妊娠検査薬を試した
亜衣に、陽性の結果が出てしまう。さつきや真紀(さとう珠緒)に、父親は誰かと
訪ねられるのだが、山崎(小日向文世)なのか慶一(斉藤祥太)なのか、
亜衣は答えられずにいた……



第6話メインβ
『ラブ・コレ2〜東京 Love Collection〜』

Episode6
 「いきなり、ママになります?!」
番組視聴ボタン






2006年12月01日

今週の『ラブ・コレ2』!★Episode5

実家から戻り出社した亜衣(国分佐智子)は、編集部で自転車便のバイト姿の
慶一(斉藤祥太)と遭遇してしまう。慶一は亜衣とのデート代を稼ぐためだと説明。
さらにデートのやり直しをして欲しいと亜衣に熱心に頼み込む。そんな慶一の
熱意に負けた亜衣は、一回限りの約束で慶一とデートをすることに。

そんな中、副編集長の香苗(横山めぐみ)は亜衣に接近すべく、虎視眈々と
その機会をうかがっていた。

一方、さつき(畑野ひろ子)は、マネージャー・坂下(金子貴俊)がとってきた
先日の“新刊雑誌の特集ページ”の撮影が、実は折込広告のちらし用だったことを
知り、激怒する。


第5話メイン
『ラブ・コレ2〜東京 Love Collection〜』

Episode5
 「中年男よりも、年下くんよりも、女同士が一番?!」
番組視聴ボタン




2006年11月30日

キャスト・インタビュー★ 畑野ひろ子さん(緒方さつき 役)

ご自身は、某人気女性ファッション誌「CLA○○Y」の人気モデルとして、
大活躍中の畑野ひろ子さん。

……にも、関わらず今回の役どころは、“元”人気女性ファッション誌の
モデル、という設定。
しかも、今までの散在グセがたたって、自宅マンションのポストは
督促状の洪水状態

電気もガスも水道も止められて、挙句の果てには亜衣のマンションに
転がり込む始末
どうする、さつきぃぃぃ〜〜〜???!!!



でも、そんな「緒方さつき」を演じている畑野さんご本人は、
撮影現場でお見受けした限り、かなりこの役どころを楽しんで演じられている
ようなのですが・・・・・・?

☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ 

Q.畑野さん演じる、「緒方さつき」はどんな人物なのでしょう。
 
 人気女性ファッション誌の専属モデルだったんだけど、30歳になって
 “オバサン”呼ばわりされてしまうという・・・・・・。

対決

 後輩モデルに、専属モデルの座を
 奪われてしまって、もがいている役柄です。
 さらに、身体を武器にして、仕事を取ろう
 ともします。
  

 
Q.畑野さんの考える、このドラマの見どころとは? 

 3人の女性それぞれに自分の生活があって、その中で、色々な恋愛模様が
 見られるところかな。


Q.どんな人に一番、見てもらいたいですか? 

すりすり

 う〜ん、限定しないかも。
 女性が見るときには、『私も!』とか『似てる!』って、
 共感できると思うから、すごく楽しめると思う。


 
 男性は、『女性だけでいるときの会話って、こういうこと話してるんだ』
 みたいなのを知って、女性の本心を探ってもらうといいかも(笑)。


Q.最後に、GyaOの視聴者の方にメッセージをお願いします。

笑顔

 クリスマスも近いし、恋をしたくなる
 時期だと思うので『ラブ・コレ2』を見て、
 楽しみながら勉強して、恋を“続けて”、
 “始めて”いってもらえたらな、と思います!!



☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ 

 たしかに、ミソジ女性の本音炸裂って感じの『ラブ・コレ2』。
 女性だけじゃなくって、男性が見ても、かなり勉強になるはず!です。
 
 それにしても。
 スタイル抜群、何を着ても、どんな格好をしても、様になってしまう
 畑野さんは、やはり人気モデルそのもの。
 そして、女性の目からすれば、やはり「緒方さつき」も、普通に街を歩いていたら
 相当目をひく存在だと思うんですけどね〜。
 
 「緒方さつき」ですら、あんな扱いってことは、Kinokoなんて、
 ちっちゃ〜くなって生きていかなきゃならないじゃん・・・・・・、
 なんて、ちょっぴり悲しくなってしまったのでした。。。


インド

ところで、劇中、おしゃれなさつきの
ファッションをチェックしている方も
多いと思うのですが、なぜだか、
こんなショットも・・・・・・。


本邦初公開!!
っていうか、どうした、さつきぃぃぃ〜〜〜???!!!


畑野 ひろ子(はたの・ひろこ) 
 1975年11月23日生まれ
 埼玉県出身・O型
 
 趣味:日本舞踊、民謡、ピアノ



2006年11月24日

今週の『ラブ・コレ2』!★Episode4

銀次郎(高杉 亘)を追って家を飛び出した真紀(さとう珠緒)は、
そのまま銀次郎と結婚、銀次郎の実家で暮らし始める。

真紀の母・美佐子(広田レオナ)に責められた亜衣(国分佐智子)は、
誌面のグルメ取材も兼ねて、副編集長の香苗(横山めぐみ)とともに
真紀を様子見がてらに実家を訪れる。
途中、山崎(小日向文世)から電話がかかってくるが、口論となった亜衣は、
実家で見合いをしてくると宣言してしまう。
さらに、その日の夜、真紀と銀次郎の結婚を祝う宴席で、亜衣(国分佐智子)は
母親から“Xデー”について驚愕の事実を聞かされたのだった。。。


一方、さつき(畑野ひろ子)のもとには、支払いの督促状が山のように届く。
そんな途方に暮れていたさつきに、マネージャーの坂下(金子貴俊)が
“ちゃんとしたモデルの仕事"をとってきたといい、さつきは大喜びして
撮影に挑むのだが……。


第4話
『ラブ・コレ2〜東京 Love Collection〜』

Episode4
 「Xデーの真実!!」
番組視聴ボタン





2006年11月20日

今週の『ラブ・コレ2』!★Episode3

真一(小日向文世)、慶一(斉藤祥太)親子と関係をもってしまった
亜衣(国分佐智子)は、自己嫌悪から2人を遠ざけようとする。
一方、真紀(さとう珠緒)が出会った“運命の人”は、亜衣の兄・銀次郎(高杉 亘)
であることが判明。偶然にも亜衣の部屋で再会した二人はすっかり盛り上がり、
結婚を誓う。翌日、銀次郎は真紀の実家に訪れるが、思いがけない理由で真紀の
母親(広田レオナ)たちから二人の結婚を反対されてしまう。

ある日、亜衣は取材途中に通りがかった病院の前で、胃のあたりを押さえ、
苦しそうな表情を浮かべている山崎を見かける。数日後、山崎は体調不良を
理由に会社を休んでしまう。

その頃さつき(畑野ひろ子)は、料金滞納で電気が止められた真っ暗な部屋で、
一人途方に暮れていた。マネージャーの坂下が取ってくる仕事が気に入らず、
拒否し続けていたさつきの財布の中身は、底をつきかけていたのだった……。




第3話メイン『ラブ・コレ2 〜東京 Love Collection〜』

Episode3
 「分岐点
   〜揺れる亜衣、落ち行くさつき、真紀の反抗期〜」
番組視聴ボタン




2006年11月16日

キャスト・インタビュー ★ さとう珠緒さん(観音寺真紀 役)

今回、キャストの中でも、特にその“ハジけっぷり”が話題のさとう珠緒さん

そもそも、“茶道の家元の長女”という超セレブな設定からしても、
タダ者では済まされないであろう感が漂っていますよね。


そんな皆さんの期待を裏切らず(!)、やはり一筋縄ではいかない
「観音寺真紀」ワールドを展開してくださっているさとう珠緒さんに、
ズバリ見どころをお聞きしてみました・・・・・・


☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ 

Q.さとうさん演じる、「観音寺真紀」について教えてください。
 
 実家が茶道の家元という、“超”お嬢様の役です。

さとうさんプロフ

 3姉妹の長女で、入り婿探しに必死なんですけど、
 「バージン」は結婚する人に奪われることに決めている。
 だから、30歳にして未だ処女なんです(笑)。

 

 そのうえ、素性の分からない筋肉男に、一目惚れしてしまうんです。


Q.さとうさんの考える、このドラマの見どころとは? 

 (地上波の)TVドラマだと放映できないような、ぶっちゃけ感です。
  亜衣(国分佐智子)もさつき(畑野ひろ子)も、そして真紀も、ほんとに
  三者三様で、色々な見方や角度から、共感できたり、笑えたり、涙したりする
  部分があると思います。


Q.どんな人に一番、見てもらいたいですか? 

メイド

 ぶっちゃけな感じなんですよ、ほんとに(笑)。
 だからこそ、夜とか会社なんから帰ってきて、
 お家でね、疲れている人に
 見てもらいたいな、と思います。



☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ ☆★☆★ ☆★☆★☆ ☆★☆★ 

「観音寺真紀」とは違って、実際のさとうさんは、
落着いた感じの、気さくな方でした

今回は、着物姿だったり、超ロリっぽい格好だったりと、
様々なスタイルにチャレンジしていただいていますが、Kinokoの個人的な
意見としては、“和服姿が、とってもチャーミング”という
印象でした。。。
(なので今回、未公開“和服姿”↓↓↓のさとうさんの写真を特別公開!!)




艶姿


さとう 珠緒(さとう・たまお) 
 1974年1月2日生まれ
 千葉県出身・A型
 
 趣味:落語、アロマテラピー


 
 




Copyright(C) 1996-2006 livedoor Co.,Ltd. All rights reserved.