キム・ジョンウンとさして話して本音を少しでも言いたくなる相手とは、要するに彼と同じ様に悪ということの本質を心に見出している人だけである。そういう相手を日本で探すなら北野武、石破茂、小沢一郎、小泉純一郎、要するにかなり限られるってことだ。安倍晋三や麻生太郎では絶対無理なのだ。


 キム・ジョンウンは何度も人を殺したいと幼少期から思ってきた人だ。なら彼に勝てる国際的な政治家でなければ北朝鮮問題は解決しない。これからも延々日本もアメリカも韓国も負け続けるだろう。例えばドゥテルテやジョコといった北から少しエリア的に離れた国家の大統領の協力を仰ぐべきではないか?


 率直安倍晋三とドナルド・トランプの二国の頭さえ挿げ替えれば、かなり世界秩序は違うかたちで良好な状態へと変化していくに違いない。


以上18日、以下17日。


 今だから言えることでもあるが、湾岸戦争からイラク戦争に至る迄ずっとジョージ・W・ブッシュはサダム・フセインに負けていたのだ。その後遺症はずっと継続している。キム・ジョンウンに安倍もトランプも負け続けているのだ。或いは日本は枝野幸男や石破茂くらいの面構えの人なら、今よりずっといい。


 バラク・オバマという人は恐らく人を殺したいと思ったことは何度もあっただろう。そうでなければあそこまで政権を維持できなかっただろう。フィリピンのドゥテルテもトランプより人格的には大物だ。プーチンもトランプの適う相手でないし、習近平もだ。それに気づいているアメリカ人は居るだろう。


 一見ドナルド・トランプは獰猛な印象を誰もが抱く。だが今迄の発言や行動から察するに、彼は意外と本質は悪党でない。寧ろお坊ちゃん的な人だ。未だティラーソン国務長官の方が面構えがしっかりしている。だからその中途半端さが世界を危機へ陥れている。きっと彼は人を殺したいと思ったことはない。Liked in Twitter


 私が見るところでは田中角栄は人を殺したいと思ったことがある人だし、中曽根康弘も小泉純一郎も小沢一郎もそうだ。だが安倍晋三や麻生太郎は、そういう怨念と全く無縁のタイプの人達なのである。彼等に国政を任せておいても何も解決などしはしない。お坊ちゃんでは決して解決出来ないことなのだ。


 本当に北朝鮮の様な天才的悪国家を相手にするには、真剣に人生で人を殺したいと思ったことのあるくらいの政治家でなければ解決出来ない。安倍はそんなこと考えたこともないだろう。石破茂はきっとあるに違いない。断言していいが北野武は何度も思ったことがある。凶器を相手にするとはそういうことだ。2liked in Twitter


 TBS『監獄のお姫さま』(宮藤官九郎脚本)は再来年大河の前のウォーミングアップ的仕事なのだろう。小泉今日子、菅野美穂、坂井真紀、森下愛子が揃い何等か監獄の姫(恐らく夏帆)との絡みで展開する。因みに四人の女優の中では当然のことながら坂井真紀が最も名女優である。演技の技量が違う。Liked in Twitter


 トランプに晋三と呼ばれて喜んでいる様な初心な安倍には北朝鮮問題は絶対解決不能だ。未だ彼よりは小池百合子、石破茂、岸田文雄の方が可能だろう。たった一人の裸の王様さえ何とか処理できない国家に未来はない。だから今回の選挙結果如何で日本滅亡可能性は一気に高まる。枝野幸男もキーパーソンだ。


 日本は今の国体の侭国家を継続するなら、いずれ必ず破綻が来る。それはちょっと頭がいい人なら誰でも分かる筈だ。その最大の理由は日米同盟がある限り、誰も日本が軍事的危機に陥った時に、敵方の北朝鮮との間の調停者にならないからだ。日本国体改変実現には天才的右翼の頭脳が要る。


 北朝鮮の核武装問題を解決へ導く可能性があるとすれば、アメリカと中露の間に何等かの違う国を調停者として(例えばメキシコ、カナダ、ウクライナ、スウェーデン、ヴェトナムとか)をかなり重要な双方との話し相手として設定するしかない。六か国会議だけでは永遠に解決なんてしない。これだけは確か。Liked in Twitter


 兎に角安倍が総理で居る内は、そしてアメリカでトランプが弾劾されるか暗殺されない限り北朝鮮問題なんて絶対解決しない。だからくれぐれも安倍政権の内に北に強硬な軍事戦略なんて立てないで欲しいよ。安倍にはそんな事実行する技量も才能もない。トランプもない。全て無意味な努力さ。


 つくづく日本政府もメディアもバカだと思えるよ。どんなに日米が働きかけても北朝鮮は背後でロシアと中国が永遠に協力することなんて分かっているじゃないか。今の日本の国体でもアメリカの策略でも北問題は絶対解決しない。解決するとすれば中国かロシアで革命が起きるか、アメリカが分裂するかしかない。


 フジ『明日の約束』はスクールカウンセラー(井上真央)と親子関係が複雑なアダルトチルドレン達との間の問題作だ。カウンセラー自身の親子関係が既に問題を抱えている。自殺が初回から勃発、どうなるか先が楽しみだ。個人主義といじめの時代での学校ドラマで、重いテーマだ。山口まゆに期待。


 品川祐は既に映画監督として活躍し、北野武だけがお笑い出身で優れた頭脳ではないと証明されているが、今活躍するインパルスの板倉俊之、東京03の飯塚悟志・角田晃広といった人達に映画を作らせたら、かなりの作品を提供して貰えると思うよ。彼等は下手な脚本家より優れている。監督も巧いと思う。Liked in Twitter


 日本の政治は地方票に依存させてから堕落した。森友・加計問題もそうだ。だから地方議会(県議会・市議会他)の権限を強化させ、逆に代議士は全員中選挙区か全国区を復活させて、貴族政治的性格のものにしていく方がいいのではないだろうか?小選挙区は自民党的旧態依然にだけ適合する。


 一度優れたお笑い芸人だけで政府を作ってみたら面白いと思う(その方が今迄のプロ政治家よりずっといい)。インパルスの板倉俊之、東京03の全員(豊本秋長・飯塚悟志・角田晃広)、横澤夏子、メイプル超合金のカズレーザー、アンジャッシュの二人(児島一哉・渡部健)だけで政府運営させてみたい。


 日本では真の実力主義が採用されているのは研究者の世界や芸能界、音楽界だけだ。一般社会は完全大衆主義だ。階級制さえ確立していない。営業仕事で日本的なあなあ的商習慣が体現され、一切頭脳的高さや真理と乖離し過ぎている。それは原始共産制の名残だ。中高年より優れた頭脳者が上位に就くべきだ。


 私の見るところアメリカ人も韓国人も中國人も全ての個が痛烈な個主張による闘争の中にある。全てを他者忖度へ費やすのは日本人だけだ。全体を配慮し過ぎることが意外と容易く民族主義(自民族中心主義)になる事に無自覚だと危険だ。絶対信念を曲げない国民だけにならなければ。和は少しだけでいい。


 端的に自分の信念に沿わないものは全て否定する、そういうスタンスを全国民が持てば真の民主主義(アメリカも韓国もその点で遥か日本より上だ)が実現する。たった一人の幼稚な独裁者(海外元首に名前で呼ばれ喜んで報告する様な)を退けさせられない様な体たらくからは少なくとも脱せる。


 JUJUはきっと毎日ワインとかウイスキーとか飲み捲っているんだと思うよ。死ぬ時は肝硬変か肝臓癌だと思うよ。


 故・井筒俊彦氏の様な凄い語学と文献理解の天才だけが世界の隅々迄問題を把握し、バランスの取れた世界問題解決ができるのだ。それを国内の幼稚な愛国主義者等に政治を委ねるから幼稚な社会庶民主義が蔓延るのだ。学識と理性は平行するのだ。民主主義衆愚の極まる時代だ。人間は能力如何で平等でない。


 本当は数学者の天才とかだけが政治経済を決定する権利を持つべきなのだ。政治的な調停性に委ねているからいつまで経っても国家間闘争も核兵器拡張現実も無くならないのだ。それは情感主義依存だ。数式と真理通りに天才が決定した事に従えば人は少なくしか死なずに済む平和と安定の世界へ導かれるのだ。


 絶対正しい事とは在るのだ。それを信じられるか否かで全く生き方は変わる。だが日本人の九割は絶対相対的なことしかないのだ。でも日本は戦争に負けた。そしてアメリカが勝った。そしてアメリカの絶対に依存している。だから相対的価値主義者しか活躍しないこの国は絶対的に矛盾しているのだ。Liked in Twitter


 日本では頭のいい人とは、あくまで集団全体の和を作る人であって、絶対的頭脳や才能でない。協調・調停的策術に長けた人だけが出世する国だ。だから必ずこの侭だと衰退する。相対頭脳でなく絶対頭脳保持者だけが絶対的頂点に立たねば(中国もそうだ。アメリカはそれが崩れつつある)国は衰える。

 希望の党が大敗すればその時点で小池氏は国政復帰は絶望的だろう。従って何としてでも今回政権交代は不可能でも、それなりの議席数を確保しなければ、都知事を何とか退任まで務めることに専念するしかなくなる。希望の党から立憲民主党へ移籍する代議士も立憲民主議席獲得数に拠ってはあり得る。


 枝野幸男という政治家は今回の排除離党劇で一挙に存在感を強め、リーダーシップさえ多く世間から認知された。前原氏は逆に全くメディアの話題さえ誘わなくなった。かなり明暗の分かれた分裂劇だった。希望の党自体が維新の会から離れ、いずれ立憲民主党へ接近しようとする姿さえ仄浮かぶ。


 あの時枝野氏等も取り込み全員希望の党候補としていれば政権交代さえ一気に可能だったし、小池氏の総理への道が都知事退任後に約束された様なものだったが、それは排除発言で反故にされ、違う人へとポスト安倍論争は明け渡された。小池待望論は余程の事が起きない限り遠退いた。違う可能性が今見える。


 選挙戦を見ていると時間がなかったから今回は無理だが、最終的に維新の会は自民党と連立し公明党を外し、希望の党は立憲民主党を連立、或いは統一する等して二大政党制へ至る道筋が自然な気も。あの時小池氏が排除等と言わず全員取り込んでいたら今回政権交代可能だった。総理の可能性は先送りされた。Liked in Twitter



 昨今竹野内豊が四十代狂い咲き的に映画テレビで活躍中だ。若手では松坂桃李もテレビと映画双方で爆走中だ。女優は多数の人材が犇めき合っている感じもする。ヴェテランでは松田龍平、阿部サダヲ、ピエール瀧、役所広司、西田敏行等は依然第一線である。芸能の過当競争時代続行中だ。



 現代物理学で解明されつつあるブラックホール理論は、ひょっとしたらそれを更に突き詰めればあらゆる未解決問題、例えばリーマン予想、ゼノンのパラドックス等の問題や、神の実在証明にさえ最終的に最接近し、世界のあらゆる謎が解明されるかも知れない。物質のエネルギーの問題から解明される事だ。Liked in Twitter



 聖徳太子は実な数人居た別の人達を合わせ一人にしたという説もある。同様にフロイトは最低二人の人物、しかも時代も少し離れた人達を一人にして作り上げた偶像がモーセだとした(『モーセと一神教』)。勿論真偽の程は解明されないかも知れない。だが重要な事は真相が何かではない事だけは確かだ。



 人は長年温めた思想を或る時すっかり(一瞬でと言ってもいい程に)うんざりして、大して価値を認められなくなる事があるかと思えば、一瞬で偶然見出した何かを最大価値にしていく事もある。それは人との出会いと付き合いでも言える。長年共に過ごした相手より半日だけ共に居た相手が最大な事もある。Liked in Twitter


 イスラム教宗教文化圏国家は人口増加率が高く、減っていく気配はない。日本孤立は宗教的孤立だ。いっそ日本から全ての宗教を国家権威的に消去した方が世界潮流には乗りやすい。だがそれを阻む既得権が蔓延っているから無理だろう。だから自分のDNAだけ信じる者よ、国際結婚、国際恋愛をせよ!  付記 民族的純潔性に固執した時(日本では天皇制の神格化等によるケースが最も可能性が高いが)、その国家は滅亡へと直走る。

 映画監督、白石和彌の時代がいきなり到来している。『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』で日本や海外に大きなショックを与えた彼はその後、僅か一年の間に四本の映画を撮った。その内『彼女がその名を知らない鳥たち』『サニー/32』『孤狼の血』三本が近日中上映。北野武の最大ライヴァルではないか? 2liked in Twitter



 実は中島義道とビートたけしとの共通性は、彼等の拠って立つ地盤がどこか捨て身な処であり、それは尾崎豊、南条あや(共に故人)、或いはhideといった人達とも奇妙に符合する部分である。極度に美を愛するにも関わらず、その美を汚れへ変える現実の過酷さに対し、異様に暴力批判的である姿勢だ。Liked in Twitter


 以前ブログ記事化し示したが、ビートたけし=北野武の思考方法は意外と哲学者中島義道と共通した要素が多く見出せる。たけし(47年生まれ)、義道(46年生まれ)という共に団塊世代ということもだが、個人的な他への痛烈な暴力的批判性とシャイネスに似通って処がある。アナーキーさが。



 あの排除します発言は、やはり小池も女性だった的感想を多くの有権者に与えた気はする。それがかなり若い政治家だったなら、未だ未来に賭けて大目に見るということもあったかも知れない。本人は今そのことをどう思っているだろうか?反省しているという弁はあったのだが。さてどういう結果になるだろう?


 小池代表があの時「排除します」とつい言ってしまったことは或る程度取返しがつかない一言だった気はする。意外とそういう所に女性だから甘く見られない様にという策略があったのだろうが、裏目に出たかも知れない。でも最後まで蓋を開けてみなければ分からないのだけれど。後6日で投票日だ。



◇談志の同じ演目と比べるとかなり面白い。談志は凄くインテリなクリエイター落語家だったが、その歯切れのよい噺っぷりで一種の時代の風刺とか批評になっている。でも彼の弟子でもあった梅春(元錦之助)のたけしだと、意外とインテリ的ひけらかしは全く無くなる。たけし流母に捧げるバラードとなる。善兵衛(?漢字分からない)の妻の語りがどこかたけしの母さきを思い起こさせる。(サイトへの書き込み)


 談志の『人情八百屋』は彼の噺っぷりが粋ないなせなので、歯切れの良さで売っている。余計な話もそれと巧く掛け合っている。梅春(ビートたけし)は彼一流の親に苦労をかけた男が母に捧げる趣向になっていて、源兵衛の女房の扱いに特色がある。人情長屋もの、人情小噺も時代と人によって凄く変わる。 Liked in Twitter



 メディアは恣意的に希望の党と共産党への有権者の支持が低下していると報道する(niftyは完全に経団連サイドに得になる結果ばかり予想する)。日本のメディアは全て自立した批判精神が一切無く(それがフランス等との大きな違いだ)、全く親方日の丸的無節操極まりない。日本に個や自立はない。

↑このページのトップヘ