日本社会はほぼ一日営業だけに全てやされ、だからその渦から自由になるには金をかけて自分で自由なスペースを作るしかないのだが、凄く他国ときっと違うのは、決められた連動しかなく、静かに流れる時間が持てない事だろう。サーヴィスやおもてなしは常に祭り的陽気さが強制される。日本人はロボットだ。

日本ではどの社会も不動の権威者がでんと座っていて、それがなかなか変わらず延々同じ媚び諂いだけが維持され、忖度や配慮だけで全てが動いていく。これは他のどの国にもない空気であり、明治維新の立役者達が概ね作った制度だが、それへの批判は一切許されない。故に日本は先進国ではない。

昔は一つのユニットや一人の作曲家の曲全てを聴こうとした。だがピンク・フロイドでもクィーンでもレッド・ツェッペリンでもワム!でもいい曲・好きな曲だけ聴けばいい。ローリングストーンズも数曲だけ好きだし、ディランもだ。一人に数曲だけいい。ビリー・ジョエルもビートルズもだ。それでいい。

私にとっては(だが)ベートーベンもワーグナーもさして重要ではない。全てが創りものという感じさえするし、同様のことはビーバップ等全てのジャズにも言える。癒しや真に美の結晶である様な重層性はそれ等の音楽から聴こえてはこない。ストラヴィンスキーもオルフもショスタコヴィッチも要らない。

今でも私の心を真に打つ音楽はスメタナ『我が祖国より モルダウ』、ドヴォルジャーク『新世界より』、ニーノ・ロータ『ゴッドファーザーPartⅡ』テーマ音楽、エンニオ・モリコーネ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』テーマ音楽である。もうこの四つだけ生涯繰り返し聴ければ他全て聴かなてさえいい。

ジャズやボサノヴァ、多くラテンは魂の活性化だ。従ってフラメンコ等もだが、多くのジャズ・ラテンは飲酒とダンスと音楽のユニゾンだ。だがそれは魂の鎮静化に繋がらない。言ってみればそれ等は全て享楽だ。そうでない音楽、純粋に魂の鎮静化と癒し(エンヤ的なタイプでない純粋な)が求められている。

最終的に作曲だけしたいという思いも強い。その際に思う事は、ロックやラップ等の時代は徐々に引いてゆき、最終的に純粋な歌曲(欧米ではかつて讃美歌や民謡がそうであった様な意味で)、斉唱的歌曲の時代の到来を私は予想する。つまり世界がデジタル化しスマホ等が乱用されればされる程そうだ。

西郷隆盛は晩年に近づくにつれ裸の王様化していった。それが西南戦争とその敗戦だ。大久保も同様の要素がある。そして今まさに安倍晋三がそうである。安倍暗殺計画すら右翼が画策している可能性はある(右翼とはその都度敵対者を変えてきた歴史がある)。国民もいい加減うんざりし始めている。

かなり過激な仮想だが、余り安倍総理が拉致家族問題に肩入れし過ぎた場合次第に国内で拉致家族問題を切り捨てよという世論が潜在していき、安倍総理並びに拉致問題活動家の暗殺さえ可能性としてあり得る。何故日本全体が彼等の為だけに犠牲にならなければいけないのか、という憤りである。

例えば凄く極端な仮想を言えば、新大久保、表参道等が個々異なった治外法権エリアとして(欧州のサンマリノやバチカン、アンドラ、バスク等の様に)小国として独立を図るという事は可能性としてゼロでない。新宿区自体が外国人人口が半数で、それが八割にもなれば現実性も帯びて来る。

アフリカ等を除けば、今のところアジア近海で最も新しい独立国は東ティモールだが、日本でも実質的に沖縄と北海道はあらゆる意味で本土と異なった事情のエリアであり、独立可能性は高い。同様に日本国内でも必ずしも日本人同士だけで全てビジネスも居住もしたいと思っている人達ばかりではない。

トランプ大統領はピョンヤンにトランプタワーを建造する事すら考えている。又拉致家族でも早々と処刑された人と、重用された人との間には距離があり、特権的に優遇された人が今日本人としての意識を保持しているか、それも問題である(何組かの日本家族には気の毒だが、今も日本を愛しているかもだ)。Retweeted in Twitter

アメリカの立場になって考えれば日本の拉致家族問題への憤りでアメリカ迄巻き込まれたくはないが本音であり、且つ北朝鮮がアメリカに反抗的でない限り全てを黙認したい、だろう。必然的に韓国は北と懐柔したいのだから、日本だけが孤立する。又国内で拉致家族問題だけを優先する事の是非の問題もある。Retweeted in Twitter

ロシアと中国は北朝鮮による日本人拉致の完全解決自体を望まないから、必然的に日本が米国他と共同で北の拉致自体にメスを入れようとすれば、必ず北へ入れ知恵する。北朝鮮はソ連の作った国で、中国共産党の戦争の成果でもある。安倍外交でも決着しないだろう。北はでもアメリカとは巧くやりたいのだ。Retweeted in Twitter

テレ朝の後藤・小川からの質問で安倍晋三は少し話し過ぎるな。この対論を聴いて石破茂支持へ移る人はきっと居るだろうね。でも何としてでも安倍氏は例えば北方領土返還も目指していると思うけど、恐らく無理だ(と言って拉致家族返還も無理だ)。憲法改正もかなり梃子摺るだろうね。現実的には。Retweeted in Twitter

凄く簡単に言えば肌を密着させることで安心と憩いを得るアジア人に対し、肌と肌を密着させることが異様に嫌いな白人と考えていい(これは本番ポルノ動画を見ても明瞭に理解できる。性や肌の密着感や距離感自体が異質なのだ)。そしてその相互の憩いの在り方の距離は恐らく未来永劫縮まるまい。

白人一般とアジア人一般の最大の差は、その行動半径もさることながら、距離感の問題だ。赤ん坊を愛す仕方でもアジア人とはスキンシップ的で、肌と肌を接近させる事に憩いを得る様に進化してきたが、白人は違う(ユダヤ人は又違うし、アラブ人も違う)。故にラテン系(インディオDNA保持者)は中間的だ。

これは全ての基地で言える事だが、基地の端は必ず道路か芝生になっている。もしそこに林や森を設けていたら、そこに隠れ潜み侵入する者が居たとしても発見し難い。つまり基地とは外部侵入者を防ぐ為に端は必ず道路か芝生にして、且つ監視カメラを潜ませている。この工夫はどんな基地でもそうである。

横田基地も入間基地も、基地内には必ず一定の割合で芝生等が植えられ、滑走路や軍用車滑走道路以外の直の土のエリアを設けている。もしこれら緩衝地帯がなければ、土壌が痩せ、コンクリートやアスファルト自体に亀裂が入るだろう。その点では両基地共に巧く緩衝地帯で土壌を堅固にしている。

音楽は確かに世界共通言語だが、歌詞は言語なのでアメリカ人が知る日本人ミュージシャンは殆ど居ない。YOSHIKIは天才(ロス在住)だが(恐らく節税対策だろう)、彼のTwitterフォロワーは大半日本人だ。アメリカ人は日本語が分からない。又日本人はアメリカ人のラップや多くの音楽の歌詞は分からない。

日本は敗戦国なので平和という観念を常識に考えるが、事実として戦後日本が73年平和でいられたのは米軍駐留によってである。もしそれがなく且つ自衛隊もなく(ま、警察予備隊は米軍指導だったのだが)、軍部解散された侭であったなら日本はとっくにソ連に占領されていた。これも良し悪しの問題でない。

日本は列島へと移住した歴史は遥か古代に遡り、文化・風土(生活史)は多様だ。北海道~沖縄まで全く異なった地域の接合だ。アメリカは広いが民族移住し作った時期からそう時間が経ってないので、大半の住民の歴史は辿れる。アメリカが異様にいざとなったら全土で軍隊的になれるのは歴史の浅さからだ。

昨日の放映でもよく描かれていたが西郷隆盛とは勤王の志士で、軍人政治家だったのだ。坂本龍馬は実業家であり、ビジネスパーソンだった。その違いは、現代社会でもある。その点ではトランプ大統領は他の人と違って本来ビジネスライクである筈だ。だからアメリカでも実業家と政治家の意識は違うのだ。

横田基地の友好祭には全国の自衛官が動員されていた(軍用機も愛知等全国から搔き集められていた)。だが案内をする自衛官は多くが横田基地に近い入間基地隊員達だった(因みに入間基地は私の自宅からも歩いて行ける距離だ)。基地のある町は道路だけは広く作られている(所沢は特にそうだ)。

昨日は横田基地内の写真を数百枚撮ったが、OSPLAY他の離陸する滑走路脇にはコンクリートでまるで刑務所の塀の様に固められた遮蔽壁が建造され設置されている。離陸する際の突風を隣接芝生緩衝地帯を荒らさない為と防音的意図に拠るものだろう(近隣住民の騒音被害を未然に防止している)。

横田基地は補給物資輸送目的に特化され、当然潜水艦も魚雷も運べる軍用機も発着陸しているものの、自衛官が常に米軍以外常駐し、協力体制も緊密だ(米軍退役軍事指導の下統括されている)。米兵宿舎が基地内16号添いに建造されているが、個室は狭そうで、かなり米兵には過酷に思えた。

昨日横田基地で写真撮っていたら電池が切れ福生の百円ショップに買いに行く為一度基地から出た時に牛浜駅近くの公園でOSPLAY反対集会の朗読と演奏と合唱会が開催されていた。だが道行く人大半は横田基地に向かい素通りしていた。沖縄と福生の違いがそこにある(それは良し悪しの問題ではない)。

『米軍が最も恐れた男 その名はカメジロー』で描かれた瀬長亀次郎とは元沖縄市長もされた方で、その娘さんもメディアでは有名だが、この映画に登場した元警察官の方が最初は亀次郎を取り締まる側だったのに、彼の演説を聴いて感銘を受けて行動を変えた事だ。亀次郎がイエスなら、この方はパウロである。

今日市民ホールで見た『米軍が最も恐れた男 その名はカメジロー』は素晴らしい記録映画だった。TBS製作、監督・佐古忠彦、音楽・坂本龍一他、ナレーター・大杉漣他。佐古監督はニュースキャスターとしても有名である。続編も楽しみだが、この映画の素晴らしさは元警察官や元米軍関係者にも取材した事である。

北海道アイヌ民族差別史の中で日本で初めて参議にまで登り詰めた萱野茂氏の存在は大きかった。同様に沖縄から初めて国会議員となった瀬長亀次郎の存在理由は凄く大きい。沖縄の米軍と住民の闘争史に於いて、本土と米軍の協定と米軍兵士と住民との二重の困苦がずっと横たわっている。

日本の在日米軍基地のある町でも沖縄の歴史が最も悲惨だ。それに比べればずっと横田基地は町全体が米軍のプレゼンスへの抵抗感は少なく、村上龍デビュー作の地でもあるせいか、ロック演奏を英語で横田基地内、周辺で楽しむ余裕がある。やくざもかなり多いが、沖縄と全く違った日米友好の姿がある。

昨日福生横田基地の友好祭に半日参加し楽しんだ(日本人見物客とも十数人、アメリカ人兵士や関係者とも二十人程会話した)。そこでかなり大勢の黒人と結婚した日本女子とそのハーフの子供達も居た。インターレイシャル(異民族間の)結婚や恋愛も多かった。第二の大坂なおみも直ぐ登場するだろう。

沖縄で米軍の犯罪がずっと多かったのは、単純な理由だ。最前線の戦場へ駆り出される直前に駐屯するのがずっと沖縄の基地だったからである。従って日本のどの他の米軍基地とも異なったプレゼンスが沖縄にはある。沖縄に配属される米軍兵士メンタリティは他基地とは比べものにならぬ程過酷なのだ。

例えば治安自体が常に警察にだけ安定化を委ねられている事自体はそう健全とは言えない(例えばアメリカは圧倒的に軍人の犯罪より警察官の犯罪の方が多い)。従って自衛隊に治安安定化を一元化させてさえいいのだ。又警察を唯一完全壊滅出来る組織とは日本では自衛隊だけなのである。

あくまで理論上であるが(かなり可能性として)、完全に国体全てを革命的に変える唯一の方法とは、自衛隊と警察の両組織を思想的に完全に二分し、その二つを闘争状態(つまり内乱)へ持ち込ませる事である。又それは思想的に(法学的にも)最も実現可能性が高いやり方である(勿論理論上だ)。

自衛官は何らかの非常事態以外で銃を携帯する必要はないが、警察官は勤務時間内は必ず携帯する。又自衛官は日本のブラックワールド自体の取り締まりに関わらないが、警察官はあらゆるやくざ組織、反社会的勢力との付き合いも欠かさない。従って最も犯罪する側に近いのは常に警察なのだ。Liked in Twitter

簡単に言えば自衛隊は拷問をする可能性はゼロに近い(その必要がない)。だが警察は常に時の権力の犬でしかあり得ない(沖縄史のアメリカ政府追随もそうだし、戦前戦中本土陸軍指導迎合史もそうだ)。要するに自衛官は一定程度信用していいけれど、警察官は全くそうでない、という事を忘れるべきでない。

率直自衛隊を合憲としても全く日本は今と変わることはない。日本史から言って、自衛隊はあくまで戦後GHQが朝鮮戦争の際に作った組織であり、戦後日本の同意の下で活動し始めた。だが警察は薩摩閥の川路利良が大久保の指導の下で作った組織であり、戦後憲法遵守精神自体が内在しない。

逃走犯が昨今派生し未だ捕まっていない犯人も居る。だがその犯人が何人も殺人を犯し、次の犯行が繰り返される可能性がそう高くない場合は、その事(逃走中)を国民の多くが忘れても、それだからどうだってことはない。それを血眼になり過ぎると警察は必ず増長し右傾化する。警察を英雄にすべきでない。

重要な事は犯罪被害に遭わない様に注意すべきはあくまで個人レヴェルでの自己責任であるべきで、国家や地域や地方公共団体全体が犯罪を未然に阻止する事だけに血眼になると、必然的にその厳しい取り締まりの空気(世相)こそが新たに犯罪を誘発する。従って集団で犯罪抑止に熱中すべきでない。

異様に犯罪発生を憎み警察への依存が強くなればなる程世相は右傾化するし、又警察権力が増長し、必然的に警察内部でも賄賂も横行する様になる。つまり摘発件数の競争激化が組織を次第に腐敗させる。故に異様に一般市民が犯罪を憎み過ぎても、それはそれで歪な世相と警察国家を構築する。

中国もインドも多少又人口増加が上向きになったとしても、もう過剰に上昇する訳ではない。でも人口が多くなるという事は犯罪発生率も上昇する事を意味するが、犯罪が多発しないで済む政治や経済の条件はやはりあるとは言えるだろう。でも残念ながら外交的に対立軸がある方が犯罪発生率は低下するのだ。

アメリカも中国もインドも少しずつ人口増加している(比率は当然小さくなりつつある)。どんな国でも経済発展と生活レヴェルの上昇に伴い必ず人口増加率は低下する。それは悪い事でないばかりか、そうでなくては困る。実際或る時期(数十年)は人口は世界で増え続けるだろうが、その後少しずつ減っていく。
以上17日、以下16日。
ヴァイオレンス映画の巨匠になっている北野武だが、本来彼は純愛路線ものも得意だし(沢尻エリカはきっと起用する)、そういう映画も暴力映画もやめはしなくても必ず撮るだろう。だが、同時に彼は必ずお笑い(落語や漫才を大きく取り上げた)映画も撮るだろう。その際には永野芽衣を起用するだろう。

『半分、青い。』は脚本がコメディタッチにしてあるのも手伝ってか、永野芽衣はすっかりコメディ女優向きでもあると判明している。寧ろ(広瀬アリスもそうだが)いっそお笑い芸人に転身してもかなりの処迄きっと行くだろう。そういう資質を脚本家の北川悦吏子は察知し、ああいう本を書いたに違いない。

樹木希林氏(75)が一昨日死去。彼女の遺作は来年公開、又じき10月公開未公開作が後二作待機中だ。死去前の最後の公開作は『万引き家族』(是枝裕和監督)だった。映画でも癌で余命幾ばくもない老婆役だった。希林さんの出た映画は数えきれぬ程鑑賞したが、昭和風情を強く残した女優さんだった。

軍鶏鍋を待っていた処を襲われ脳をやられ絶命した龍馬は、薩摩藩士、新選組等数多くの暗殺者説を生み出した。だが必ずしも彼等敵対する勤王の志士達や幕藩者達とも限らず、海援隊経営を巡る敵対的実業家達も多かった(そこら辺は同じく大河『龍馬伝』でも描かれていた)。彼等の刺客脱藩浪士かも。

今日の『西郷どん』は鬼の大将としての西郷を描いていた。勝てば官軍とは彼が中心の新政府軍の事だ。西郷には初期から策士策に溺れる的側面もあり、才谷梅太郎こと龍馬は早くから見抜いていた。龍馬は実業家だったのだ。彼は事業の司法勝利でも恨みを買って敵が多く、賊軍とも薩摩とも対立していた。Retweeted in Twitter

声優小林清志と言えば映画俳優ジェームズ・コバーンの声だったとは我々世代なら全員知っている。ところでコバーンと小林という響きが似ているけど、その時点でコバキヨさんにとってコバーンとの出会いは運命的だったに違いない。ルパンの次元大介自体がコバーンのイメージでモンキー・パンチが描いた。

ルパン三世はテレビも映画も変わっていない声優はコバキヨこと御年85歳の名声優、小林清志だけだ。彼以外の主要登場人物の吹き替えは全部何回か交代した。従って小林の次元大介役吹き替えは正式連続ドラマ化としては71年だが、その前にパイロットフィルム吹き替え担当が69年なので、49年に及ぶ。

アメリカギャング映画選。『ゴッドファーザー』『ゴッドファーザーPart』『バラキ』『アンタッチャブル』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』『コーサノストラ』『ファミリー・ビジネス』『シカゴ』『バクシー』『ザ・ディパーティッド』。コッポラ、テレンス・ヤング、ブライアン・デ・パルマ等皆それぞれ懐かしい監督達である。

今見るとそれ程でもないが『アンタッチャブル』の銃撃殺人シーンは当時はショッキングだった。でもそれもコッポラの『ゴッドファーザー』二部作からの影響があった。北野武はそれ等全てを熟知して尚固有の暴力描写を開発した。処女作から『ソナチネ』迄に定型だけは確立させ、アウトレイジシリーズで応用した。

映画で殺人シーンだけで衝撃を与えた人は最初はフランシス・フォード・コッポラ、次に北野武だろう。香港映画はかなり過激だが、北野以降の映画は彼からも影響を受けている。映画の世界でギャング(マフィア、コーサノストラ)ものややくざものは、映画表現全体へかなり大きな影響を善きにつけ悪しきにつけ齎した。

世界言語でネイティヴ最大数が中国語だが、二位が英語、三位がヒンディー語、四位スペイン語、五位アラビア語、六位ベンガル語、七位ポルトガル語、八位ロシア語、九位日本語、十位ドイツ語、十一位フランス語だ。尤も9-11位は殆ど大差ない。ヒンディー・ベンガル・ポルトガル以外は一応当たっている。LIked in Twitter

もしトランプ大統領が国内で様々な実力者や権威者、エリート達がかなり槍玉に挙げても尚失墜しないのなら、彼はきっと持ち前のユーモアと気遣いで通訳や外交官や、要するに語学堪能者達にだけはかなり神経を使っているからだ。語学だけが今後世界全体を動かしていく。科学でも哲学でも宗教でもない。Liked in Twitter

世界を動かしているのは政治家でも科学者でも文化人でもなく、語学堪能者である。もうこれだけは絶対そうだ。それをあたかも各国首脳の面子を立てる形でメディアが演出しているだけだ。交易と外交と通信関連のエリート達だけである。だから結局彼等にそっぽを向かれた権力者とは脱落せざるを得ないのだ。Liked in Twitter

日本もアメリカも二重国籍を認めていない。故に大坂なおみもそろそろいずれかに決めなければいけない。でもこの二重国籍を認めない国家主義(日米ともそうだが)自体、もうそろそろ時代遅れになっていくのではないか?国籍等その都度簡単に変えられる様にしなければ世界全体は衰退する。これは事実だ。

石破茂はもし安倍総理の憲法改正案にほぼ賛成の意を示した上で地方創生他の独自政策を訴えていれば或いはかなり得票はしたかも知れないが、憲法改正に及び腰的発言が目立ったので、かなりの大差で安倍に敗北を喫するだろう。石破は魅力的だが、今一つ策士的な策謀には弱い所がある。

I’m not interested in Japanese women, coz they say so unnecessary matter to men, traditionally, and I don’t believe nor trust Japanese as national character, despite of that I’m too, then I have no idea to marry Japanese woman for my precious children’s happiness.

昨日アップした二つの英語詩は後でアイルランドの閲覧者とアメリカ人の閲覧者に読んで貰えた。もう一作英語詩を更にアップしたが、それもアメリカ人に読んで貰えたので、まあ良かった。久しぶりに今日は連載小説をアップするけど、よく調べてから書かなければいけないので今日の深夜までかかるだろう。

以上16日、以下15日。

今日英ブログで二作立て続けにアップしたが、初めて英語圏の人から閲覧されなかった。これまで完全無視された詩は二作(削除した)が、今回は削除しないで置いておこうと思う。余程関心を誘わない作品なのだろう、彼等にとって。でもこれからは自分で気に入っているものは削除しないでおこうと思う。

岡田結実、井上咲楽が昨今異様にカミングアウトしてきている。共に18歳だ。岡田はあの漫才師のますだおかだの岡田の娘だと言う。兎に角特定の人にだけ常にスポットライトが当たる様に最初から出来レースって言うか、示し合わされている処はところで日本固有なのだろうか?そんな気はやはりする。Liked in Twitter

佐藤健より若い世代で今最も旬でスター街道爆走中の最大株は山﨑賢人(24)だろう。彼が演じたコミ障の医師役『グッド・ドクター』は前作『トドメの接吻』と全く違った役柄を巧く演じ好感を持たせた。前作で共演した志尊淳(23)と新田真剣佑(21)が彼の最大のライヴァルだろう。直ぐ彼等の時代になる。

以上15日、以下14日。

僕は理念的にはかなり過激思想を持っていて、本当はそれが全て実現されれば、人類は今よりもっと幸福になれると信じているけど、それを実行すると日本人も四分の一程犠牲を払う事になるだろう。でもそういう思想を持っていても、それを実際実行しなければ僕は決して罰せられないという部分も興味深い。

もし今の日本にとって北方領土返還等国土の回復だけを至上命題とするなら今のところ安倍晋三しか総理適任者はいない。石破が総理になれば経済政策や自然災害対策他はより発展するだろうが、北方領土返還は頓挫する。従って今の総理に何を求めるかで選ぶ相手も変わってくる。

日本からNHKなるものを完全消滅させれば、例えば芸能界もジャニーズ事務所ばかりが話題となり、国全体で重宝される様な贔屓的扱いも消滅し、たけし軍団であれExileファミリーであれ何であれその時々の実力主義になる。結局NHKが宮内庁も経団連も遺族会も芸能界の歪な構造も全て作っている。Liked in Twitter

メディアで言論が自由なのはテレ朝だけだ。それ以外全て自由に発言できない。例えば朝生くらいが天皇制是非さえ論じられる。とどのつまり日本人の意識を180度変えるにはNHKを憲法違反にし廃止へ追い込む以外ない。でもそれは常に誰かに阻止されるだろう。故にテロ以外の方法で今の日本は変えられない。

日本語は馴れ合いだけで成立している。従って人間関係が全て内輪とそれ以外という発想しかない。だから日本の女な馴れ馴れしい。寄って欲しくない。俺はここに日本の女、中国の女、韓国の女、アメリカの女、ロシアの女がいたとして、一番いい女を抱きたい。そこに一切民族や国民の一致を望まない。

日本では人を信用する。考えを信用しない。それはかなりそうだ。欧米は考えを信用する(ドイツには日本と近い所はフランスや英国より残存するけど)。私の場合は通常の日本人と違うのは、日本語は信用する。だから考えも信用する。でも人は信用しない。個人も集団も信用しないで言語と思想だけ信用する。

今日から『イニョプの道』が始まったが、朝鮮王朝初期が舞台の両班と奴婢の身分差を描いている。実は日本も江戸期迄はそうだった。でもそれを現在の様な(皇室を除く基本的に身分が平等な世界観)は、やはり勤王の志士達やその後の自由民権運動(板垣退助や福沢諭吉)が作ったと言える。

My dream of making Beat Takeshi Kitano’s biography movie has a plan to offer directors as success story after Manzai comedian to Hideo Sakaki until Friday attack event, after it with motorcycle accident and success in films directing and artist to Kazuya Shiraishi.

If my dream of making Beat Takeshi Kitano’s biography movies(part1-4) could realize among his alive periods, I ask him to write the scenario with him. I suggest four directors, childhood ages in Shiraku Tatekawa, youth ages in Daigo Matsui.

My dream is the first, making publishing company to publish my poetry anthology, and with its success making movie company produce Beat Takeshi Kitano’s biography movie, needing investors in abroad not Japanese and employing Japanese superior directors.

 こんなのはどうだろう?今月から三か月間は詩人や作家だけが内閣を担当、次のクールでは哲学者、神学者、思想家だけが担当、その次のクールでは映画監督、舞台演出家、漫画家だけが担当、更に次のクールでは発明家、実業家、投資家だけが担当とか、そういう風に順繰りに担当させる内閣っての。

一度スポーツアスリート出身者だけで内閣を作ってみたら面白いとか思えるんだよな。橋本聖子みたいに既に与党で役職経験のない、鈴木大地、為末大、室伏広司、北島康介、野村忠宏、高橋尚子、増田明美、有森裕子、野口みずき、伊達公子、杉山愛、宮里藍とかだけ使って。なーんちゃって。

稀勢の里、鶴竜、白鵬、高安、御嶽海のみ五連勝無敗で終えた。稀勢の里を我慢の相撲だって。まるで大坂なおみだな。でも栃ノ心がどうも調子良くない。下手するとカド番で陥落する可能性はある。そうなるとやはり何か寂しい。魁聖辺りも踏ん張って欧州勢の底力見せて欲しいとも思えるよね。

安倍が再選されれば戦後最長九年の任期の政権となる。これは二期務めるアメリカ大統領より長い。そしてこの六年日本は完全に民主的国家から国粋主義的封建国家へと変貌した。これは野党の無策と言うより、寧ろ経済界が怠惰な商習慣依拠的態度を一切変えてこなかった事も起因する。

戦後日本は或る時期まで必死に欧米に追い付け追い越せでやってきた。でもこの十数年明らかに日本人はそれを完全に放棄し出している。とりわけアメリカに合わすのは経済的同盟関係以外では精神的に拒絶している。と言って中韓と親しく出来る程一部外交貿易関係者以外完全に希薄である。

たけしの本は個人主義的生き方レヴェルでは欧米人にも共感を得るだろう。でも固有の義侠性は少なくとも欧米人には理解し難い所がある。或いは韓国人かイタリア人なら或る程度理解するかも知れない。でもやはり彼の正義感はかなり独自なので、一般的に理解を呼ぶ事はできないだろう。

中島義道は倫理に全く関心がない。だがキリスト教神学に抵触する様な哲学理論は提出しない。だから職業分担モラルだけは守っている。でも欧米哲学に比した場合特筆すべき一点は見出せない。永井均はキリスト教神学を無視している。従って欧米人(もモスリムも)は彼の本をきっと読まない。

ビートたけし=北野武、中島義道、永井均の著作を計画的に読んできた。紛れもなく現代日本で一つのレヴェルには充分達している三人で、或る部分極めて欧米的でもある彼等だが、共通して言える事は欧米人は理解できないだろうという事だ。つまり別の面では日本人にしか理解できない事だけ書いている。

大坂なおみがすっかり日本国内はもとより世界的大スターとなったが、彼女の抜群のスタイル、長身のスラリとした美、茶目っ気は、世界を魅了するに余りあるが、モデルとしても活躍できるだろう(そこはシャラポワと存在理由も似ている)。凄い神々しい女神の化身の様な人が現われたものである。

イ・ヨンエが韓国でトップクラスの大女優なのは周知だが、サイムダンの恋人役イ・ギョム役のソン・スンホンは以前『男が女を愛する時』の影の或るヤクザ青年役が凄く決まっていた。凄くイケメンで今韓国ではその点の人気者トップを走っているに違いない。又違ったタイプのドラマで彼を鑑賞したいものだ。

『師任堂・サイムダン』韓流史劇と現代劇平行ドラマが最終回を迎えたが、本ドラマはサイムダンとウィソングン(イ・ギョム)の恋の成就を視聴者が願うと同時に、彼等のエゴに翻弄されるフィウムダンとチン・ミヒョンへも同情を寄せてる様に仕向けている脚本が素晴らしかった。安藤サクラそっくりの下女役も登場した。Liked in Twitter

以上13日、以下12日。

若い頃俺の最高のオカズって言えばアリッサ・ミラノだった。若い頃が最高だった。イタリア系米国人って言えばマドンナ、ジェニファー・アニストン、ポルノ女優大御所のジェナ・ジェームソンだ。確かにイタリア系アメリカ人女優はスゲー美女が揃っている。男優も有名な人がずらりと揃っているけどね。

テータム・オニール、ブルック・シールズ、ジェニファー・コネリーと言えば、可愛いとかぐっとくる美少女だったが、ああいったタイプの思春期から極初期青年期に最高に可愛く美しい女優は、少し年とると次代へ明け渡さなければいけなくなる。その点がアイドル的女優の悲しい所である。Liked in Twitter

俺達世代の米国女優は演技とカリスマ性ではジュリア・ロバーツとウーピー・ゴールドバーグだが、セクシーさと身近さから言えばデミ・ムーア、フィービー・ケイツ、クリスティーナ・マクニコルだった。あの頃彼女達抜群に可愛かった。ドクター・クインでは最初のコリーン役エリカ・フローレスは可愛かった。

或る時代ハリウッドやアメリカ資本映画で工藤夕貴が齎したインパクトはアジア女優として大きかった。彼女が先鞭をつけたからこそ桃井かおりや菊地凛子が伸び伸びと演技できた。俺達世代には彼女とタムリン・トミタと故モリユキ・パット・モリタが忘れられない。千葉真一、ショー・コスギ、ケイン・コスギもだ。

新世代映画監督達に三池より年長の若い阪本順治の生き様がインスパイアしてきた事もきっと大きい(原田芳雄が最後の映画に阪本を選んだ理由も分かる)。豊田利晃も阪本と因縁ある監督だ。黒沢清も塚本晋也も是枝裕和も深田晃司も凄い監督だし、日本映画界はドラマと違い未だ韓国より大分上だ。Retweeted and liked in Twitter

映画監督豊田利晃はイメージとしては破滅型天才の感じがあるが、だから映画はいつもスリリングだ。松田龍平も藤原竜也も永山絢斗も豊田演出だといつも抜群に魅力的だ。或る意味で三池崇史と豊田利晃が彼等より若い白石和彌、熊切和嘉、呉美保等世代の監督達をインスパイアし続けてきた。Retweeted and liked in Twitter

『泣き虫ショッタンの奇跡』はいい映画だ。松田龍平の瀬川五段役にまず称賛の言葉をあげ、第二にRadwimpsの野田洋次郎の存在感が素晴らしい。他にヴェテラン、國村隼、イッセー尾形、小林薫、松たか子、美保純、三浦誠己、桂三度、山本亮、妻夫木聡、大西信満、早乙女太一等全員いい。

藤原竜也も綾野剛も蜷川幸雄の洗礼を受けている。だから語り方の演劇新劇調から自由になれない。ムロツヨシもそうだし、瑛太もそうだ。山田孝之が中では演劇だけでない映画やテレビにも順応できる演技だ。映画だけでのカリスマ性から言えば浅野や染谷、新井浩文だろうが、佐藤健はどれとも違う。Liked in Twitter

役者には色々タイプがある。映画でこそ魅力を発揮するタイプが浅野忠信、染谷将太だが、彼等は主演が特にいい(けど、今後は助演や脇もやるだろう)。でも妻夫木聡、浅利陽介、佐藤健は映画もいいが、ドラマも(その気になればかなり舞台も)巧いだろう。演技という意味でかなりのレヴェルにある。Liked in Twitter

綾瀬はるかはモデル時代にかなり早々と処女を捨て、以後全く男との付き合いを絶ってきた松島菜々子タイプなのか、はたまた処女なのか、それは知らないし、どうでもいい。だが彼女が現在日本を代表するトップ女優である事だけは間違いない。竹内結子も吉田羊もいいけど、綾瀬は確かにいい。

確かにTBS『義母と娘のブルース』が高視聴率な事は理解できる。とりわけ主演の綾瀬はるかの堅物的知的女性の母性と竹野内豊の前半の娘の為に綾瀬の愛に託す死ぬ夫、後半の佐藤健の義母綾瀬と娘を守ろうとする男気は凄く感動的だ。そして佐藤健時代はかなり長く続くと思わせる。3liked in Twitter


❄NHK語学番組へ。英語は多く内容もいいが、フランス語とスペイン語とロシア語のレヴェルは下がった(重視していないのが分かる)。悪いけどイタリア語とドイツ語より人口と将来性考えればベンガル語とポルトガル語を設け、スペイン語内容を上げ、アラビア語とロシア語をいい時間帯に持っていくべきだ。

❄世界がどの国をモデルに変貌するかって言えばね、中国やロシアがいかに強大でもこの二国みたいになろうってモデルじゃない。となると結局世界中がミニアメリカ化する。世界中どこもがNYかドバイか東京の新大久保みたいになる。すると犯罪ネットワークも均質化し、世界中が同じタイプの格差社会になる。Liked in Twitter

❄世界の富は概ねアメリカ富豪にだけ集中する様にアメリカが作った。でも教育の普及でアジア、中南米、アフリカ各所で天才が登場すると、アメリカが作った国際秩序を逆用してアメリカ一極集中的富と成功と政治統制的リーダーシップ自体を崩壊させ様とする知的ムーヴメントは盛んになる。世界は変わるよ。

❄インド、パキスタン、バングラデシュ全てで教育レヴェルが上昇すれば、そこから一部特定の天才少年達も登場する(幼児からプログラミング教育を受けた世代以降そうなる)。するとIQが高い年少エリートネット集団が世界各エリアで形成されNASAやペンタゴンをハッキングするのに成功する事もきっとある。

❄イスラム国的国際的ネットワークを志向するテロリスト集団は取り締まられるけど、今度はその分私的なもう少し小規模のテロ行為が頻発する国際社会になる可能性は高い。世界全体がNSA的ネットで監視されだすと、スゲー頭のいい天才私的テロリストが暗躍する時代へ移行する可能性は高い。

❄徐々に国同士の格差が減っていくと、アメリカ一国頂点世界秩序から分散した複数頂点世界へ移行とする。今度はエリア毎の競争が激化して、結局世界中でどの国も過酷な格差社会になる。するとリベラル思想が盛んになり、アサンジ的思想のネットが緊密化し、逆に私的テロは激化していくかも。

❄今GDPは米国、中国、日本の順だけど、じきインドネシアやメキシコや幾つかの国がのしてきて、かなりそれが高くなると人口増加率は少し低くなる。でも人口増加率が低くなっても競争はその分加熱するかも知れない。すると次第にどの発展途上国もそうなっていくと、却って人口減少が競争を激化するかも。

❄全世界で凄く人類は忙しくしている訳じゃない。ま、それは大半アメリカ式資本主義がそうしている訳だけど。でも実はそうやってどこかで自然全体に人口過剰となってきた人類を間引く為にそうされている側面はある。でも世界の人口はそう増加しない様になる。すると少しずつ忙しさが減るかな?逆かな?

❄拳銃奪って人を殺す元自衛官や新幹線で殺傷する会社員みたいには犯罪へ走らない全ての社会人も、何らかの形でメディアや世相全体へ生贄になる人を見て喜んでいて、結局罪刑法定主義以降の近現代社会って、組織、集団、法人、国家の殺人だけは認めてのほほんとしているのと同じだよね。Liked in Twitter

❄先日見た『泣き虫ショッタンの奇跡』で描かれていた将棋の世界の出世の是非は意外と学界と似ている。でもそういう閉鎖社会でなくても現代社会って異様にスケジュール過密なので、ゆっくり人に思考する暇を与えない。でもきっと大昔からそうだったろうけど、競争社会とは近代以前は違ったからね。

❄年六場所制になって関取(力士)への身体的精神的負担は甚大だし、先日優勝した大坂なおみ直ぐ後で又日本で試合でしょ?全てが過密スケジュールの現代が、色々な不祥事をスポーツ界だけでなく全業界に与えている。それ、昔は戦争して憂さを晴らしていたけど、それが出来なくなった代理リアルだね。

❄ロシアと中国が合同軍事演習に入るらしいが、要するにトランプ政権以降俄かにアメリカ政府が対ロシア的態度を硬化させてきた、つまりトランプ大統領の親ロシア感情と裏腹の政府全体への危機感からなのだろうか?だから暫く米中合同演習は差し控えるつもりなのだろうか、アメリカ軍は。

以上11日、以下9日。

❄北海道の送電システムを自立分散化させていくことで、全国規模のモデルにしていくべきだとは正しい。あの広大な面積の北海道が一回の地震で完全麻痺という事自体考えられない。今年の北海道の観光収入激減は避けられまいが、石破氏の言う防災省設置は考えとしては全く正しい。

❄大人社会に出る前に経験する純愛等、大人になったらすっかり吹っ切って生きていかなければいけないのだ。そうでない人は周囲全員を不幸にする。そういう生き方はそれこそ19-29世紀の芸術家だけに任せておけばいい。人はそういう無責任は生き方だけはするべきではない。傷つくのは自分だけでいい。

❄一見ライトタッチで描かれる『半分、青い。』は本質は幼馴染の言いなづけを忘れられない男女が共にその家族を不幸にする話でしょ。これってもう直ぐ最終回の韓流『サイムダン』でも思春期の恋人同士が周囲を不幸にする事で描かれているし、あの古典的名作『風と共に去りぬ』の基本テーマでもあるよね。

❄ま、NHK朝ドラって(どの局も体制批判できないのが日本ドラマで、そこが韓国と大違いだけど)当たり障りない内容で視聴率取るけど、今回のヒロインはかなり無計画人間だし、離婚はするは幼馴染の彼をずっと好きだってんでかなり反社会的な生き方肯定ドラマではあるね。『ひよっこ』よりは自然だった。

❄アメリカってアングロサクソンもユダヤもアイルランドも黒人も大統領出したでしょ。でも未だ出ていないのが中国系、日系、韓国系、ヒスパニックとかだけど、中国系が来た順で一番古いからまず一人出て、その後日系や韓国系、ヒスパニック系は最後だ。そういう風に来た順に特権があると決まっているから。

❄アメリカって白人が経済的成功収めるとベンツとかロールスロイスで、黒人が成功を収めるとリンカーンコンチネンタルなんだって。そういうステレオタイプがあるのって、何処か(こう言っちゃ悪いけど)成り上がり者に固有のあれがあるよね。日本人って成功への凄い執念で希薄だよ、淡泊で水に直ぐ流し植物みたい。

❄NYって昔ニューアムステルダムって言ってオランダ統括地だった訳でしょ。それで向こうに渡った人、ユダヤ人は金貸し、アイルランド人は繊維業界、イタリア人は八百屋、中国人は全米どこでも洗濯屋って相場が決まっている。来た順にデカい面してマフィアも来た順に出来る。ロスじゃ八百屋は韓国系だし。

❄同じ自由を標榜する国でもフランスとアメリカはまるで違う。フランス映画じゃ「お前アメリカ人みたいな事を言うな。」等と経営者を罵倒するシーン等がよくある。彼等はロシア王朝にも教えたというプライドがある。と思えばアメリカ人はフランス人のお高く止まった処が大嫌いと来ている。両方核保有国、水爆実験国。Retweeted in Twitter

❄韓国人はアメリカ人より圧倒的にフランス人に似ている。まず残酷な刑罰主義、そしてルサンチマンを抱く執念深さ。日本人は大阪人(難波人や堺人)はイタリア人に似ているが、関東人は冷淡で淡泊故余り何人にも似ていない。東北人は又違うし、北海道人も又違う。どこかには似た民族って居るだろう。

❄韓流『サイムダン』木曜に最終回。このドラマは傑作だった。まず芸術というものの恐ろしさと悪・エゴイズムを描いた事、国王の孤独とそれ故の猜疑心とイ・ギョムへの嫉妬、女と男の嫉妬を描いた事(フィウムダンとチン・ミヒョン)。本ドラマで善人はサイムダンの元夫だけだ。本ドラマは絶対王政批判でもある。3retweeted and 7liked in Twitter

❄『半分、青い。』に登場する地名がなんと、風の下七丁目だって。これもかなりジョークがきつい。あの世界的アニメ監督ってさ、北野武の凄いとは思うけど好きでない作家な訳でしょう。それをヒロインと縁ある地名にするなんて。でも言葉遊びって日本人や英国人やフランス人好きだけど、アメリカ人嫌いなんだ。

❄『半分、青い。』の北川悦吏子ってかなり冗談がきつい脚本家だよね、だって自分の会社をおっぽり出してドロンした社長の名前が津曲雅彦だってんだから。でも元ネタの方が今年お亡くなりになって、北川が北野武フリークってのだけはよく分かるけど(あの世界のキタノの門出に水を差した方だったから)。

❄英語の場合、日本国内で古文書オタクというだけで世に出ている磯田道史的な研究者が必要ない。誰でも数世紀前の文献を読めてしまうからだ。この点ではハングルは日本語同様時代毎に大きく変わったし、英語の統一的伝統より日本語の持つその都度の恣意的なモード変遷の方に近い。Retweeted in Twitter

❄凄く簡単に言えば日本は工業技術と国内商行為にだけ伝統があり、言語や思想には伝統はない。その都度の恣意的な権力者による選択しかない。だが欧米は違う。まず文化的思想的に伝統がある。日本にそういう通史観的な伝統はない。従って日本語に体系はない。時代毎のモードしかない。Retweeted in Twitter

❄大久保の明治政府政策こそ日清・日露の基礎を作り、やがて台頭する陸軍的体質を作った。基礎はそこで成立した。しかし西郷が大久保の位置に座り大久保が失脚したとしても西郷は恐らく今度は朝鮮半島を制圧しかかっただろう。つまり幕末勤王の志士の讃美だけで日本史を俯瞰する事は合理ではない。Retweeted and liked in Twitter

❄権力とは資金を出す人が居て、その下に研究者が位置づけられるべきだ。だが日本では明治以降の名家的血脈に支えられている特権階級はその侭温存され、それに媚び諂う一部官僚と研究者達だけが国費で安定しいい生活し、国内では高額の法人税で起業は楽でも商業ベースに乗せるのは至難の業だ。

❄日本史を見ても常に日本は右翼先鋭的思想家だけが高く評価され、一切自由思想は育たない。吉田松陰的過激派の天才の同調者達だけが讃美され、その同調者達だけが国内でいい生活をする。だが実際日本を支えているのはそういい生活をしていず只管働く貿易、外交、更に実業的場面の人達だけだ。

❄最近の役者の遜り発言「映画に出させて頂きました」はどう聞いても可笑しい。「出して頂きました」なら未だ製作者に起用して貰右翼意味になるが、これはそれとも違う。頂くは謙譲語だ。だが更にそこにさせて貰うの意の謙譲語を重ねる。この異様な遜りは右翼思想徹底化とリベラル弾圧賛同 以外でない。

❄私は来年還暦だ。この半世紀の間だけでも日本語は異様に変わった。だから日本にはアカデミズムが無いのと同じなのだ。と言う事は大衆だけが常に勝手に全てを変え、その事で皇室だけが生き残り、偉大な権力が育たない。するとそこでは同調者達だけの天下となり、言語基礎が構築されない。3retweeted and 2liked in Twitter

❄はっきり言おう。ころころ変わり、その全ての変遷を愛する民族史である日本に世界を代表することはできない。言語が大きく変わって以降そう変わりなくずっと継続されるとは、体系的変革を成し遂げた証拠だ(英国、フランス、ロシア、アメリカ)。日本にはそれがなくその都度ころころ変えるだけなのだ。Retweeted and liked in Twitter

❄未だ詳細研究していぬも英語は清教徒革命(1642-1649)と名誉革命(1688-89)の二段階で大きく使用英語が変わって以後そう変わっていない。故にバイロンやシェリーの詩とギンズバーグやディランの詩との間の差異は日本史のその間の日本語の差異よりずっと小さい。日本敗戦の原因だ。Liked in Twitter

❄日本は英仏ロ等と異なり、一度も古代より革命履行せぬ民族史で、幕末勤王志士への讃美とロマンでなし崩し的に日露勝利以後の金融植民地政策で帝国主義政策を膨張、系譜的体系的組織を一度も結成する事なくその都度の差配だけで太平洋戦争敗戦で迎える。日本に自由創設の歴史はない。Liked in Twitter

❄帝国主義は荒尾靖1890日清貿易研究所創立、日清勝利後台湾で東方通商協会設立、台北で死去(1896)と玄洋社シンパ、国権論薫陶受け広田弘毅、外務省入り清・英在勤、2.26(1936)後組閣軍部大臣現役制復活、日独防共提起、準戦時体制推進、第一次近衛内閣で高圧外交勧め日中戦争へ突入。

❄高杉死去(1867)後、大村益次郎暗殺(1869)、木戸病没(77)、西郷敗走死(77)、大久保暗殺(78)、伊藤暗殺(1909)、山縣有朋陸軍統括、元海援隊陸奥宗光の日清(1895)・日露(1905)勝利、山縣采配弱体化と大陸侵略(大蔵省金融植民地帝国主義的政策)、満州国建設(1932)。2retweeted in Twitter

❄『西郷どん』に一度も登場しなかった高杉晋作は大政奉還の半年前に死去、坂本も後を追う様に(斎藤一暗殺説が昨今濃厚)暗殺、更に江戸明け渡し翌年1870、小松帯刀死去。木戸がその七年後死去。小松の幕府との間の奔走、木戸の戊辰戦争後始末への疲労、結局山縣有朋的小物のみ生き残る。3retweeted and 4liked in Twitter

❄大政奉還(1867.10.14)が分岐点となり幕末が怒涛の如く騒乱に入る。この年の暮れ龍馬暗殺、翌年から戊辰戦争、その翌年の4.11に江戸城明け渡し(無血開城)。だが木戸・大久保・伊藤等と西郷が対立。実際大久保流鹿鳴館へ直結的勢力と西郷征韓論いずれが正しかったかは闇の中だ。Liked in Twitter

以上9日、以下8日。

❄永井均哲学の本質理解には分析哲学や現象学、神学以外に西田幾多郎、田辺元はもとより、孔子・孟子、老荘思想、ナーガールジュナ(龍樹)、法然・親鸞、道元、日蓮、一遍等も重ね合わせなければ理解出来ない側面はある。だが、それは結局永井均を超えたもっと普遍論へ行き着くだろう。

❄永井均『世界の独在論的存在構造 哲学探究Ⅱ』本文読了し、再度重要個所をチェックしているが、Ⅰで示していた命題と本作との関連から再度結語以降の永井氏によるⅢへ継続されることだけは分かった。付論仏教的示唆論文は別個に考えるべきだろう。とは言え永井哲学思想は仏教とも関連はある。

ブラタモリの鳥取砂丘後の連続ドラマ二回目の不惑のスクラムは概ね我々と同世代中年役者が揃った。徳井優は僕と同年だし、少し若い村田雄浩も渡辺いっけいも彼等より更に少し若い主演の高橋克典も10歳年齢が離れていない。且つ我々世代の青春スター萩原健一がキャプテン格でいい味出している。Retweeted in Twitter

昨日二回目放映のNHK未解決事件の國松警察庁長官狙撃事件の真相解明ドキュメンタリードラマ化では國村隼の凄腕刑事と犯人のイッセー尾形との絡みが凄かった。又警察幹部に小日向文世と中村育二という北野武アウトレイジポリスセクトが起用されたが、北野演出以来すっかり彼も板に付いた。

Naomi, you are the Goddess of Tennis and your gift to all over the world! I love you so much, coz you are so beautiful, encouraging any gloomy ones in the world! Naomi Osaka is the greatest!

リアルタイムで大坂なおみの優勝した全米オープン決勝戦見たかったな。I wanted to watch the final game of US Open with Naomi Osaka and Serena Williams in real time, I couldn't do so, sorry to that(Japan broadcasting companies didn't do it.

人類史はまずユダヤ人、ギリシャ人、アラブ人、コーカソイドと世界を制覇した訳だけど、今後の人類史で黒人(ニグロイド)DNAの人達が世界を徐々に牽引していく可能性はかなり大きいな。漢民族(中国人)も朝鮮民族も大和民族も、きっとその様に牽引するのとは違う役割で世界に君臨するだろうけど。

日本男子が黒人のアメリカ人や中南米人、アフリカ人と結婚したり、日本女子がなおみの母の様にそういった人達と結婚するケースはどんどん多くなる気はするな。ケンブリッジ飛鳥(ジャマイカ人父)、サニブラウン・アブデル・ハキーム(ガーナ人父)とか。皇室に最初に入る外国人の血はニグロイドかも。

大坂なおみの決勝戦をNHKも民放も放映させられなかった(地震と彼女の決勝進出を予想し得なかったからだろうが)のは大きな手落ちだったな。彼女の試合は被災地にも励ましになったろうに。でもセリーナ・ウィリアムズを破ったのは意義も大きいし、世代交代を強く印象づけ、彼女世界の存在になった。Liked in Twitter

以上9日、以下7日。

中条あやみが深夜のヴァラエティに出ていた(安田顕がアビー・ロードに訪ねる内容だった)けど、かなり色っぽい女性なんだと思ったな。目の前にしたら、かなりグッとくる女性なんだろうな。でもよく言われるけど、確かに女、東出昌大っていう顔立ちではあるな。英国の血が凄くエキゾティックに迫っているけどね。

Recent hardcore actresses don’t fascinate me, I prefer to middle aged ones when I appreciated them, I was younger than now, those days reminiscence invites now me, then, Juli Ashton, Rebecca Lord,  Sara Young, Vanessa Chase or so, even now I am enchanted to.

At a rate, my novel writing stance relies on ethnically so cosmopolitan taste, for example, if I apply it to movie plan, Tom Hanks, Jackie Cheng, Beat Takeshi Kitano, Morgan Freeman, Jelena Jensen simultaneously appear in the same film.  Retweeted and liked in Twitter

My English blog today got Finnish at the first time since I’ve started it. Then my blog visitors’ nationalities are now ten. The US, Japan, Ireland, Canada, Malaysia, Switzerland, France, Spain, the UK. And Finland. It’s so my pleasure.

大坂なおみの決勝戦の相手がセリーナ・ウィリアムズだってんだから、これでもし勝利したら、一つの大きな世代交代を印象づける訳だけど、そう容易い相手ではないよな、23回優勝経験あるってんだから。でもなおみのお母さんって意外と若い。そうだよ、彼女二十歳だもんな。身長180センチの大女だけど。Liked in Twitter

吉澤ひとみもおちぶれ果てたもんだよな。芸能界はやっぱ誘惑が多いから、余程しっかりしていないと一度踏み外すと際限なく転げ落ちるケースが意外と多いよな。でも芸能人はどこかではやはり特権的な気分を得やすいから勘違いしている奴もきっと多いんだろうね。誰も助けてくれない世界だからな。Liked in Twitter

今年も例年どおり、自衛隊が最も国家へ貢献した。だから自衛隊を憲法規定する改正案は正しい。でも天皇の元首化は率直危険である。右翼をのさばらす危険性は充分にある。それはよく考えて国民投票して欲しいと個人的には思う。尤も政治に天皇家が口を出す事はないとは思う(そうなったら大変だ)。

今年は猛暑以外の日は集中豪雨か台風か地震だった。そういう状況が結果的には安倍晋三内閣の長期化へ貢献し、彼にとってもってこいの状況だと言える。皮肉な事に自由思想はこういう自然災害の頻発する時代には全く顧みられないという要素が凄く人類にはあるのだ(本当はそれではいけないのだが)。

『泣き虫ショッタンの奇跡』(豊田利晃監督、松田龍平主演)は明日豊島園に観に行く。只で見られる(ユナイテッドシネマ会員カードで六本見たので)。凄く楽しみだ。共演俳優も凄い(永山絢斗、渋川清彦、染谷将太、藤原竜也、新井浩文、妻夫木聡、早乙女太一、松たか子、イッセイ尾形等々)。

今の処公開され直ぐ見に行こうと思っている映画は『泣き虫ショッタンの奇跡』(豊田利晃監督、松田龍平主演)、『止められるか、俺たちを』(白石和彌監督、門脇麦、井浦新主演)だ。あと佐藤健の『億男』(大友啓史監督)『ハードコア』(山田孝之主演)だ。いい映画が続々と公開されるので楽しみだ。Retweeted and liked in Twitter

海外映画でも中国や韓国映画に出た意味でオダギリジョーは考え方が先進的だ。彼の演技は今名画に出る役者のレヴェルに最も適している。そのレヴェルへ佐藤健や中村倫也辺りに期待したい。オダジョー以外でも竹野内豊や阿部サダヲ等素晴らしい役者が揃っているので、日本映画は未来が明るい。2liked in Twitter

戦後海外映画に出た男の役者は多い。三船や健や龍一やたけしを除けば、永瀬正敏、渡辺謙、真田広之、原田真人、浅野忠信、染谷将太、西島秀俊、松田龍平、遠藤憲一、北村一輝等々数えきれない。日本はアメリカとも全く見劣りしない素晴らしい俳優が大勢いる国だと思う。本当に素晴らしい。Liked in Twitter

高倉健はアメリカ映画にも出たし中国で絶大な人気だ。日本の女優で現存女優では俺の独断と偏見では後世名を残せそうな大物は、安藤サクラ、蒼井優、門脇麦だ。彼女達は三人共美人ではない。でも演技と存在感が凄い(俺の好みでは美女は竹内結子<志村けんの好み>と沢尻エリカ(たけしの好み>だ)。

俺の独断と偏見から言えば戦後全男優で残したいのはビートたけしとオダギリジョーだ。たけしは似た人が居ない事(それは欧米基準だからだ。勿論その偉大さはイチローや大谷翔平とは違う)。オダジョーは出た映画だ(『血と骨』<俳優たけしにも代表作>『Foujita』『エルネスト』だけでも歴史に残る)。Liked in Twitter

俺の心に残る日本映画の名優は市川雷蔵、勝新太郎、船越英二、原田芳雄だ。でも彼等は偉大だが国内的だ。海外で知られる男優は、丹波哲郎、三船敏郎、高倉健だろう(仲代達也もかなり有名だが存命だ)。女優では戦後は工藤夕貴、後に桃井かおり、菊地凛子、今は国内女優も有名だ。

あるアーティストのオープニングの宴会で若い奴が昔俺が芸能の話題をしていると、貴方は芸能の話しが多いと俺を批判した。だが学者の欠点は堅い話しかできないことだと考えるが、芸術家のパーティで芸能は悪くない。否政治家や外交官さえそうだろう。そういう時に芸能以外の思想の話し等持ってのほかだ。

大半のアメリカ人のメンタリティを代弁すると、トヨタの自動車は確かに使いやすい。でもアップルやマイクロソフトは原典でソフトバンクがそうでない様な意味で、お前達の作っている立派な自動車を発明したのはフォードなんだぞ、っていう訳なのさ。日本哲学はだから向こうから見たらやっぱ模倣なのだ。

もし現代日本で欧米にも通用する哲学者を出すなら、原典批判の論証的正しさの追求より、自ら原典(それこそ新渡戸稲造的スタンスを持っての話だが)である要がある。神道でも仏教でも、それ等全てへの否定でもいい。又キリスト教神学でも良ければ儒教でもいい。唯論理的正当性でない何かだ。

マクタガートもラッセルもクリプキもルイスも、実は批判は容易に成り立つ。でも欧米哲学者は彼等への正確な批判より、批判される(だから論理的矛盾はある)原典の方を高く評価するだろう。恐らく欧米哲学者は自ら神学者や歴史学者や詩人と同じ様なポジションで自分達を認識しているからだろうからだ。

日本哲学は実は西田幾多郎さえ、全く欧米ではプロ哲学者さえ知らない事の方がずっと多い(ドゥルーズも知らないと言っていた)。その理由を考えるに日本人にギリシャは或る程度理解できるが、キリスト教もユダヤ教も真実に理解していないからだ。彼等には日本哲学は論理的に正しいだけだと思えるだろう。

北海道胆振東部地震で暗くて悲しい思いの時女神、大坂なおみがやってくれた。日本女子として初の四大タイトル決勝戦進出。凄い。この人はきっとかつて高橋尚子や伊調馨や吉田沙保里やなでしこジャパンが日本を元気づけてくれた様にしてくれるに違いない。次々世代天皇の皇太子妃候補にしたい位だ。Liked in Twitter

実は永井均の数冊を読むと同時に或る時期中島義道の近作も数冊読んでいたが、『存在と死』のみ購入していないし、又『不在の哲学』はバークリーを大きく取り上げた力作だが、読み難さも手伝って途中で放り出している。でも空間と時間の差異について永井の哲学探究Ⅱ同様何かは語っている。要チェック。

永井均哲学骨子は倫理だとは明白だが、過去に類似した傾向の哲学者を探すとまず田辺元が挙げられる。数学的思考傾向も永井と共通する。西田幾多郎も部分的には永井的だ。一気に古典へ行くと孔子、老子・荘子、ナーガールジュナ(龍樹)~更に親鸞と道元もきっと似た説教はしているだろう。

率直仏教はキリスト教やイスラム教より圧倒的にユダヤ教に近い本質がある。儒教は少し違うが、道教と神道は仏教にキリスト教とイスラム教よりは近いし、ユダヤ教の中のよりキリスト教とイスラム教と異なる点こそ仏教と共通する。只ユダヤ教はヤハウェが全知全能の創造神ということだけである。

『世界の独在論的存在構造 哲学探究Ⅱ』の十一章まで読み進めてはっきり分かった事は永井均とはハイデガー的哲学者ではないことだ(探求Ⅰではハイデガー、ニーチェ的本質を抉っていたが、Ⅱでは違う)。寧ろ彼は『なぜ人を殺してはいけないのか』での主張からもそうだが、レヴィナス的倫理学者だ。

女性が他人男子に裸を見られた時、日本人は股間を隠し、アメリカ人は乳房を隠し、ドイツ人はちょっと忘れたけど、中国人は顔を隠す、と言われる。羞恥は文化差で違う。日本人女子は恥じらいは自分達だけだと思っている節があるけど、朝鮮民族にも漢民族にもあるし、他の全アジア人にもある。

韓国人には何処か滅びの美学がある(『サイムダン』ではそれを描いている。あのドラマは主人公二人が完璧な人間でないのが凄く重要だ)。でもそれは日本人にもある(島原の乱、大塩平八郎の乱、新選組、神風特攻隊)。それは、論理、正義等の観念で割り切れない。それは欧米人にも他アジア人にもない。Retweeted and liked in Twitter

日本とアメリカは難しい相互理解だ。それ分かる。それでもアメリカを裏切ってはいけない。でもアメリカだけでなく韓国も中国も大切だ。アメリカにとっても全てで言える(カナダとメキシコ、英国とかだね)。要するに核廃絶へやはり全面的にシフトしない限り、人類自体が絶滅の道を歩むとは言えるね。

仮想するとアメリカ人はロシア人を滅ぼしたら滅ぶし、ロシア人もアメリカ人を滅ぼしたら滅ぶ。これは間違いない。サウジアラビア人とイラン人の関係もそう。日本人(大和民族、倭族何でもいい)と朝鮮民族もそう。中国とアメリカもだし、中国とロシアもだし、中国とモンゴルも、要するにそういう事。

バート・レイノルズさん(米俳優)が6日亡くなった。享年82。代表作『ロンゲスト・ヤード』。遺作は来年公開のタランティーノ監督・脚本・製作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』(豪華キャスト娯楽スリラー映画)。我々アラ6世代にはシュワちゃんやスタローン登場前のタフガイだった。Replied and liked in Twitter 

橋本聖子って安平町の出身なんだね。兎に角今度の地震でのあの山の様子を見ると、地震って心底怖い。東日本大震災みたいな太平洋沖の海底であっても、今度の様な山岳丘陵地帯の地下であっても。自然、地球自体が我々には何か畏れ多い霊力の様な何かを秘めているとしか思えない様に。

日本人は韓国人との交流を大切にしなければいずれ滅ぶだろうね。金剛山って北朝鮮にある訳でしょう。あれは朝鮮民族全体のシンボルだよね。必ず半島は何時か統一される。その時朝鮮民族は本領を発揮する。日本の戦後は運が良かっただけだと思い、日本人は朝鮮民族を大切にしなければ駄目だ。

大坂なおみ決勝まで行って欲しいな。本当に大坂なおみって女神みたいに美しく神々しい。日本の国体である皇室、僕敬遠的気持ちが多くの人同様強いけど、大坂なおみみたいな中南米系黒人の遺伝子持った人やアラブやユダヤや中韓の遺伝子も持った人さえ入れるなら俄然支持するけどな。

哲学の難しいけれど凄く面白い所は詩と似た処はある。つまり一方でハイデガーの様な人が居るのにラッセルみたいな人やルイスやクリプキみたいな人も居る。或いはジジェクやドゥルーズやデリダ、ニーチェの様な人も居るかと思えば、バークリーや聖トマスの様な人も居る。哲学は神学と同じ位に奥深い。

いずれ色々自分を啓発してくれた大勢の人の事を書く時期も来る(今は未だ自分の文が先だが)だろうが、永井均という哲学者は真正の実在論者だ。だからこそあそこまで書けるのだ。これは観念論者である中島義道には書けない世界だ。ハイデガーはその点ではいずれでもない(そこが彼の難しい所なのだ)。

もし哲学を学ぶ人の中で永井均の本を読むのが好きだと言う人が居たとすれば(かなり多いだろう)、きっと彼と共通した何かに関して古東哲明はきっと好きだと思う(只氏は永井氏程多く著作していない)。デヴィッド・ルイスは凄い天才だが、二冊しか未だ翻訳されていない。ルイスは永井クラスの天才だ。

もし一切の娯楽のない南極やアマゾン奥地の様な場所に長期滞在するなら、私は永井均の著作を数冊持っていく。氏の著作ならどんな退屈でも凌げる。音楽さえ聴く事もできない環境でも氏の文からは音楽が、絵画等を見る余裕さえない環境でも氏の文からは絵が頭に浮かぶ。心底偉大な天才だと思う。3liked and Replied 

私の人生に於いて或る意味でビートたけしの存在理由を超える大物は今も居ない。にも関わらずたけし的偉大さとは全く異なった次元に於いては永井均を超える大物を見出せない。つまり哲学者永井均の持つ偉大さとは言って見れば誰もが余りに当たり前だと思っている事だけをここまで哲学的に書ける凄さだ。Liked in Twitter

昨日早朝の北海道の地震(胆振東部地震)はブラックアウトにより北海道全土へ多大の影響を与えているが、北海道は色々な面で本州と異なったシステムで不便の多い場所だ。しかも今回の地震は夏の終わりだったから、未だしも電力不足が祟らない面もあるが、冬だったらどうだったろうと思うとぞっとする。


↑このページのトップヘ