2017年09月

 日本人は人間関係的な考えが合わない他者に対し、ああいう手合いとかやくざだとか決めつける(自分もだ)。だがそれが日本人に神が居ないから取られる態度だ。キリスト教・イスラム教では恐らく合わない考えに対し悪魔にそそのかされているのだから救済しなければと慈悲的に見るのだろう。



 小池氏意向で菅元・野田前総理や枝野氏・赤松氏を希望の党からは出さない旨が示されたが、小池保守主義からすれば致し方あるまい。只この様ないざこざが二党間で繰り広げられればられる程自民党へ有利となる。恐らく小池氏は今回選挙で政権交代は未だ無理と考えているだろう。Retweeted in Twitter


 要するに希望の党がどれくらい自民党への批判票を集められるかに焦点がかかっている。かなり自民党へ食い込めば、次の選挙では国会論戦等で希望の党が存在理由を発揮して、正に五輪パラリン終了後には小池が総理になる可能性もかなり高い。只自民党も今迄の侭では居ないという事だ。


 この数日かなり希望の党の出現によって色々なことを想像させられたが、現実問題解散から選挙迄の短期間に彼等が政権を自民党から奪取するだけの秘策を捻り出すことも、それだけの人材と党是を示すこともほぼ不可能なので、現実問題としては自民党が辛うじて安定議席数を確保するだろう。



 私の知人が言うには、キム・ジョンウンは死ぬ気でこれまでの様な暴挙を積み重ねてきたというのだ。つまり彼だって本当は本気になったらアメリカが自分達に負かされる訳などないと知っているのに、それでも尚世界中にアメリカを敵に回すことを喧伝しているのだ。アメリカをわざとけしかけているのだ。



 昨日放映されたカラオケコンテストでは高3のゴスペルシンガー鈴木瑛美子を抑えた確か六度目の防衛をチャンピオンの新妻聖子が果たした。新妻は大したものだが、恐らくいつかこの若きゴスペルシンガーである鈴木瑛美子がリヴェンジを果たし、それだけでなく国際舞台へと躍り出るだろう。



 趣味の世界に屯する社会主義者達は趣味そのものを愉しむのでなく、明らかに趣味に集う人同士の付き合いに重点を置く。この点も自由主義者と大きく違う。自由主義者は仲間内で寄り添う事より趣味の追求に重点を置くからだ。だが老人の社会にもこの二種類の違いはどこにでもある。Retweeted and 2liked in Twitter


 或る種の社会主義者は知り合って直ぐ親しみを示し、自分達の仲間を大勢紹介する。しかしその中の一人とでも衝突があれば、途端に敬遠する。つまり彼等は馴れ合いによる対人関係重視主義者だ。彼等の人間の本質はやくざに近い。自由主義者は常に相互のプライヴァシーを重視し直ぐ親しくならない。Retweeted and 3liked in Twitter



 山手線の駅では新大久保、大塚、田端、西日暮里、鶯谷だけ降りたことがない。確か駅前を歩いた事は鶯谷はあるが、乗ったこともない。そういう意外とその周囲は知っているのに、そこだけはよく知らないというエリアは東京でも、今住む地元でもかなり沢山ある。行った事ない場所は多い。



以上30日、以下29



 人類全体が危機に陥った時に人類全体を救えるだけの天才が居たとしたら、その頭脳は世界一である筈だから、その者は世界最大の頭脳を持つ配偶者を十人選りすぐってそれぞれに子を生ませるくらいの権利さえ与えてよい。公平とか平等より大切な絶対的偉大なる存在理由というものはある。


 人類全体の為に生きていない者に、何の発言をする権利もない。障害者同士の慰め合いだけでも駄目だ。障害者を障害者と決めつけることそのことが最大の差別だ。差別を差別と叫ぶ事が最大の差別だ。必要以上に他者に思い遣る心こそファシズムだ。それが分からぬ奴は世界から消滅した方がいい。


 英語を日本人は70年以上(戦前からすればもっとかなり長いのだが)、全国民に教えてきた。だから横文字発言を多用する事を批判する社会派的メディア発言等お角違いだし、そもそも何人として生まれてきても我が町、我が故郷の為だけに生きている奴に何を言う資格もない。未来の人類の為だけに生きよ!



 有村架純は平凡さで却ってニーズを多く獲得している女優だ。映画では高畑充希や波瑠よりずっと売れている。個性から言えば土屋太鳳や杏ほどの個性はない。でも竹内結子や麻生久美子みたいな美女ばかりではやはり困るからね。だからかなり色々な役で使って貰えるから彼女は成功者だ。


 『ひよっこ』は皆で仲良くという思想でしょ。でもそれって日本が多くの貧困な諸外国を後目に経済大国だから成り立つ学生的理論でしょ。恋愛も仕事も一種の競争でしょう。それが描かれていなかった。確かに芸能界は助け合いという要素もあるけど、本質的に北野的アウトレイジが進行しているわけでしょ。


 朝ドラ『ひよっこ』は描かれる内容が社会主義的人間関係こそベストというものだ。朝ドラ作品によって違うが、今回はそれがより強かった。だから個人主義と性悪的人間が全く描かれていなかった。『マッサン』『あさが来た』等に比べれば凡作だったのではないか?古谷一行が原田芳雄化してきた。

Time said to be in time engraving tells that surely it seems to go away next to next, hour transition next to next finishing a moment to be one time, all of those never changes forever.

 

We as if being on the scale proceeding to future as traveler can only feel that we all are not changed by anything everlastingly.

 

But we surely age. We all are approaching the individual death bit by bit.

If we are facing the death we don’t hold a moment to be scared by the death, we always think something at any moments.

We never remember when we started to do so, but since some time we all live doing something thinking now is what day, what month, what year.

Since some time, we have lived as doing so with this idea.

 

If we ignore all of transition of time, how do we think of those things?

With those idea that we can ignore time transition, how do we think only what we are never be changed?

 

We can judge that only what we can think is that if we confirm next moment’s coming after transition of past time, we only are sure the witnesses or observers of time transition and change of all things at any moments.

 

Then we must be sure that we all are admitters what time transits and only what exists is its thing, and we realize the time travel meaning. Time travel is what we discover network of any beings as myself of now at any time and awareness of what now is, and then we discover it.

 

But if any moments or times are passing by, what each our body are and we think with it is never be changed by anything.

If we think so, only time seems to come from somewhere and fly away to some places.

 

What we think that we are here as we are with out each body consists of what we admit anything from inner body of ours and we direct to outside of our body.

In what we cannot part from what we are here, any each time self is not to be meaningful.

 

But when we remember something, and when we remember that time of the past, what time is going away is so visible on surface of the world.

Probably there’s no mind not to remember.

But when we remember something, feeling of passing times is not so actual tangibility. We utterly are robbed of that transiting feeling by something.

 

Because we are pegged only at now transiting feeling.

But our minds always are here, our minds at that time of the past, where did they go?

Minds of that time of the past aren’t those of now being in anyone. All of those are only in what we remember.

 

Time transiting feeling, passing tangibility only in remembering is surely that we can remember it going by and transit to the past, then we only can be sure that it was at the past, we can suppose.

Because feeling that times go by and make it to the past was here for a while before, and moreover feeling that the things we were sure that it was after now were getting to be now is here, passing now only in things we can remember, what as transiting each moment is all said to be those were there as here.

 

What comes to now as we think it would come at before for a while and this now is exchanging itself to next now and those tangibility must be along with our capacity to remember anything.

Because our capability to remember is created by the time space between the past we can remember and this now moments.

Being able to remember something is caused from that we can feel now as the must to remember the past things, if without this now, remembering itself would disappear and become a thing not to be composed.

 

But if we feel that now, just few moments ago, from now on, all of those are felt to be the same, it is the same that time itself is solidified to nothing of time transition.

Cease not to pass to the future as no time can be felt only with that our heart’s time never stops, even if our heart’s time stops, we wouldn’t be able to feel that time ceasing as what it ceases as it does.

Because at this case, it is the same that we all would not think we are myself, isn’t it?

 

What we have no myself for anybody is equal to that also the time never comes and passes by and time itself transits are all not changed, and any moment is no moment and any hour is no hour, only those phenomenon is here, but what those are probably not to be imagined that now they are, then it is different to that the world itself is here we can be sure, we can say only so.

But why must we say that time and the world are is dependent on what we are here as a being?

Why must these be in a combination?

 

Why must do each thing not divorced utterly?

For answering that question, we must prove that myself must be unified with one thing and it is the right truth.

 

What we are not separated as each block is equal to that we must confirm that myself is not separated now also, always it is on a shift as changing itself to another.

 

Then what we think that the world is sole myself is not separated and also now is separated and always those are in shift the future to now, now to the past and we are all together to those truth and just only after proving those, we can conclude that the world is as being.

 

 

Then the world is myself, it is the same that we can be sure of now is transiting and we can always remember the gone things, and we are sure that remembered the past now is different from now as we can remember that past now, these are each perfectly divorced.

 

And what we can be sure is the proof of what the world is world.

The world is the shared truth we all have in mind that we cannot be sure completely and just it is only being.

 

The world can never fly away.

Then what can fly away is never the world.

What can fly away is only what we can think at each time.

Something we can think is the same perfectly to each now, now only for each moment.

 

Now only for each moment is going to be forgotten next to next. Just because of it, those moments’ now can be remembered. Those never remembered moments’ now is only what comes when we slept.

But murky and ambiguous feeling only felt when we sleep is a thing to make now clear things outstanding to myself.

 

But the world is not always being so clear.

What is so clear is only tiny part of this world.

Unclear things, things between all what absolutely be or what ambiguously be, the world is composed with all of them put together.

 

World! You are the world for anybody, you are said to be the gathering of what is unknown where is and what is unknown when is, is it so?

World! Tomorrow tell me something and talk to me this again.


(written at 27th Sep. 2017)

 アートも質のいい仕事だけは鑑賞したい。それ以外に映画、演劇、朗読会、お笑い演芸の舞台鑑賞等に関心がある。スポーツ観戦もいいし、ボクシングやプロレスも面白い。精神を活性化する何かに常に触れていたい。都会の空気に最近遠ざかっているので、再度地方から都市部に着目したい。


 日本の国防自体を揺るがしている当の北朝鮮は、恐らくキム・ジョンウン氏独りで全て決定しているのでなく、配下にキムさえそう容易に逆らえない指南役の大物(党の重鎮)が二人程居ると考えた方が今迄のキム・ジョンイル総書記死去後の一連の粛清と改革の流れが理解できる。


 小沢一郎自由党代表は、小池百合子氏の政党の上司でもあったわけなので、そう希望の党に就いて問われても素気無く返答しなかった。でもいい意味で希望の党と自由党が協力できれば面白いと言える。意外と今回の政界再編は可能性だけは秘めているとは言える。Retweeted in Twitter


 お上頼みっていう感じのインタビューに答える有権者の発言はやはり日本固有の甘え的なものだなと思うね。自分も何かするという意識でインタビューに答える人は極めて少ない。そういう処がお上に命令されたら何でも言われたとおりにする(赤紙他)とか、悪質な詐欺に騙されることへ繋がっている。


 弱者とか思い遣りとか言う人に限って、思い遣られる人達を最も差別している。弱者という語彙、差別という語彙程最もそうであり、そうされている人への差別はない、ということに彼等は気付いていない。皆思い遣られる為に生きているのでもなければ、差別されているのが嫌だなどと考えてなどいない。


 健常者でも阿呆な奴は大勢居るし、重度の身体障害者でも完全な知性の人も大勢居る。大学的知性を持たない大勢の年配有権者には、積極的に大学生、院生、研究者が地方を巡回して啓蒙すればいいのだ。横文字アレルギー等ちょっとした努力で誰も克服出来るのだ。可能性を塞いではいけない。


 率直日本は台湾よりもシンガポールよりも大幅に遅れた発展途上国になりつつある。それは大学的知性を大衆レヴェルで徹底的に否定するからだ。そういう大衆啓蒙主義は現代社会ではアナクロになりつつある。横文字等という揶揄自体を徹底否定すべきだ。分からない奴は置いていけばよいのだ。


 小池知事の発言でアウフヘーベン等の語彙が登場する度に、そういう横文字を使う事が非適切とかいう論評自体を完全止めるべきだ。どうして市民はそこまで無知な人達だけ相手にして遠慮しなければいけないのだ!これからの市民は英語も出来て当たり前、専門用語も把握しておくべきなのだ。


 私の人生は生まれてからこの方全時間に於いて、その時々の完全なアドリブだった。綜合的計画等というものを立てたことがない。そういう人間の側から言わせて貰えれば、政治等というものは確かに立候補者にとって日本の未来を決するものでもあるが、仮に最悪の政治でも市民が日本をどうにかするのだ。


 安倍総理の希望の党に対して希望がないと言い返した党員へのメッセージとか聞いていると、政治ってどこか凄く滑稽だし、彼等も選挙で選ばれて生き残る事に必死で、政治をそう安易に考えてはいけないという主張も分かるが、そういう風に笑い飛ばすものであるべきだとも言える。滑稽な事は滑稽だから。


 今も東京のレストランでもフードコートでもそこで食事する時は国際政治談議だけはしない方がいい。かなり大勢北朝鮮からもロシアからもスパイが都内に入り込んでいるから。新宿は観光客に交じっているが、そういうエリア以外ではビジネスパーソン達に紛れ込んでいるのだから。皆さん気をつけましょう。


 もう少ししたら小池知事が再度会見すると。だが余り性急に知事辞任したら、却って安倍への安定的信頼へ依拠していこうとする人が増えるのでは?そうなったなら、或いは安倍がこの時期解散総選挙をするのはやはり小池潰しが目的だったということになりはしまいか?小池にそれを上回る秘策があるのか?


 昔の詩人や文学者は常に大衆の側に寄り添っていたと言う人が居る。だがこれからの日本では大衆というものを全て消去させ、全国民が自立した市民となることが求められている。学生と社会人の異様な落差自体がこれからは無意味である。弱者とその救済という思想も捨て去っていく必要がある。


 かなり重要なことは、どんな展覧会でも映画でも、買う本でも、何でもチェックし、何でも話題となっているものを鑑賞するということでなく、かなり自分で厳選して鑑賞すべきということだ。何でも一通り鑑賞する人の仕事はきっと客観的で詰まらないに違いない。僕達は強烈に主観的作品にしか感動しない。


 僕達クリエイターは若い頃は色々な年配者に作品を見て貰ったりしたが、年取ってからは誰か自分達の仕事に惹きつけられた人からのオファーを待つしかないのだが、それで声でもかけて貰えば喜んで何でも引き受けるつもりだが、実際生涯何処からも声がかからないということの方が可能性は高い。

A cat is going through by my side.

She plods.

She surely does

Steadily

Only in rule.

Keeping her forefoots and hind foots alternating them forward.

 

Cats don’t do so relaxing.

But they do so sometimes.

Making their throats hum so pleasantly.

 

A cat is going through.

I only glance at her accidentally.

But she doesn’t go through around there accidentally.

After all being able to look at a cat is so peaceful.

Cats are all peace and mind relaxing.

Cats walking is not with malice.

But running is different. For getting something as a game.

 

For some humanbeings cats are not so special friends.

But it’s so indispensable.

If there are none, we wouldn’t be so sad, but if there are somewhere, we can be relaxed.

And having so long friendship and if we lose them,

Our minds must be in so big mind blanc.

 

A cat is going through.

If we discover them, it’s not so rare chance but, if we lose all those chances, we must be so lonely.

They lick their front of their forefoots and wipe their faces with their dominant foot.

Why thy do so, I want to listen to them. But you wouldn’t answer my question.

Then if I can be relaxed only by looking them with my watching by my side, it’s alright.


(only till ❄ part is written at 21st Sep. Other all are written at 22th Sep.)

 小池知事が希望の党結党宣言をして以来何度となくメディアで報道された小泉純一郎という人は、あらゆる意味で存在の仕方がビートたけしと似通っている。別に血液型が共にO型であるとか、一度は塀の中に近い状態に陥ったということだけでもない、或る極めて似通ったキャラクターという意味で。



 少なくとも個人同士の恋愛感情ある間柄、異性としての出会いという意味で、肉体関係になる迄に人間的に理解し合えたなら、却ってその関係は男女のものへは発展しない。それが分からない女性、それでも尚相手を切望する女性は、肉体的健常であればある程男性には存在が拷問だ。男女の異性関係は難しい。



 今のところ未だ圧倒的に自民党が前回選挙よりは票を減らし議員数も減らしつつも過半数獲得となるが、万が一希望の党が勝利した場合、当の小池代表は都知事任期一杯勤め、それ迄に後継者を決め、五輪パラリン前に勇退、希望の党与党から次期総理を目指すだろう。ま、見ものではある。勝利しなくても。


 自民党の自己保身的都合で衆議院が解散された。さて自民党が前回の議席数を保持することは不可能で少しは必ず減らすが、それがどれくらいかという事だ。万が一に希望の党が過半数を超えたら(全くその可能性は零でない)細野が初代総理になるとだけは或る程度予想し得る。小池が知事辞任し総理就任は?Retweeted and liked in Twitter



 或る種の人は任侠的な義理だけで生きている。彼等に固有の倫理は弱い人を自分で守るというものだ。だが意外とそう思われている人は弱い等と思ってなどいないことだ。共産党はそういう意識では勿論無い。彼等は裕福な人が多いからだ。或る種の自民党には前記の様な浪花節がある。


 趣味のコミュニティに集える人達は年配者が多いが、それは現役をリタイアした人だけが持てる金銭的余裕を必要とする。美術の世界、登山の世界、ウォーキングの世界等皆その点は同じだ。それでいて社会主義的対人関係だ。現役で社会に奉仕出来る人は安易に近づくべきでないし直ぐ親しくするべきでない。


 地域のコミュニティ等で確かに人懐っこい人は好感を持てる。だが彼等彼女等は最終的に社会主義者だからこそ、人を分け隔てしない。だがそれは人それぞれ異なっていて、資質も能力も異なり、社会が査定する成功不成功も違うという個人主義と能力主義を無視した最終的に差別的待遇でしかない。


 私は顔つきからは人懐っこく思われ、年配者が親しみを覚えるが、実際は私以上に神経質な人間はいないのだが、それに気づくと皆私から去って行く。だから好感度等所詮第一印象に過ぎないとよく知っているし、何より人は自分の判断からしか人を評価しないし、その残酷さを自分さえよく分かっていない。



 小池百合子知事・希望の党代表は女性だ。だから独身でも余りそのことをとやかく言われない。だが同じ年齢の男性から政治家なら、やっぱりちょっと、とか言われる。だが今回の総選挙の台風の目になる彼女は、もし自民を抑え圧勝したら、自分自身で総理になることだけは間違いないだろう。目が離せない。

↑このページのトップヘ