雫井脩介

2008年01月07日

ビター・ブラッド⇔雫井脩介3

ビター・ブラッド  雫井脩介

「人に裏切られた経験を持つやつは、人に過剰な警戒心を抱く。刑事ってのは、そんな人間ばっかだ。お前も親父に裏切られたと思っているなら、すんなり帳場に溶け込めるんじゃないか」(本文より)
ベテラン刑事の父親に反発しながらも、同じ道を歩む息子の夏輝。
夏輝がはじめて現場を踏んでから一ヶ月が経った頃、捜査一課の係長が何者かに殺害された。
捜査本部が疑う内部犯行説に、曲者揃いの刑事たちは疑心暗鬼に陥るが…。

「お前に憧れて、刑事になったわけじゃない」
警視庁の新米刑事・佐原夏輝。
初の現場でコンビを組む事になったのは、少年時代に別離した実の父親だった…。
「犯人に告ぐ」、「クローズド・ノート」で各界から大きな注目を集める著者、待望の最新ミステリー!

ランキングエントリー中!

■□■□■□■□

人気blogランキングへ

続きを読む

lovehon at 16:15|PermalinkComments(2)TrackBack(1)clip!

2007年08月27日

火の粉⇔雫井脩介4

火の粉 雫井脩介


元裁判官で、現在は大学教授を務める梶間勲の隣家に、かつて無罪判決を下した男・武内真伍が越してきた。
愛嬌ある笑顔、気の利いた贈り物、老人介護の手伝い…武内は溢れんばかりの善意で梶間家の人々の心を掴んでいく。手に汗握る犯罪小説の最高傑作。

ランキングエントリー中!

■□■□■□■□

人気blogランキングへ続きを読む

lovehon at 12:04|PermalinkComments(12)TrackBack(3)clip!

2007年06月12日

犯人に告ぐ⇔雫井脩介4

「犯人に告ぐ」 雫井脩介

犯人よ、今夜は震えて眠れ…。
連続児童殺人事件。姿見えぬ犯人に、警察はテレビ局と手を組んだ。
史上初の劇場型捜査が始まる!
『小説推理』連載に加筆、訂正して単行本化。


■□■□■□■□

人気blogランキングへ

続きを読む

lovehon at 07:30|PermalinkComments(4)TrackBack(3)clip!

2007年05月22日

虚貌⇔雫井脩介4

虚貌 〔雫井脩介〕

二十一年前、岐阜県美濃加茂地方で、運送会社を経営する一家が襲われた。
社長夫妻は惨殺され、長女は半身不随、長男は大火傷を負う。
間もなく、解雇されていた従業員三人が逮捕され、事件はそれで終わったかに見えたが…。 (上巻)

嵌められた男の出所から、新たなる惨劇が幕を開ける…。
二十一年前の事件の加害者たちが、何者かによって次々と惨殺された。
癌に侵されゆく老刑事は、この事件を最後と決意して命懸けの捜査に乗り出した…。
それぞれの人生が交錯するクライマックスまで、一瞬たりとも目が離せない!


■□■□■□■□

人気blogランキングへ

続きを読む

lovehon at 20:20|PermalinkComments(2)TrackBack(2)clip!

2007年04月12日

クローズド・ノート⇔雫井脩介4

クローズ・ドノート
私の部屋のクローゼットにひっそりと忘れられた一冊のノート。
はじめは手に取るつもりもなかったのに。
そのノートを開きはじめたとき、私の平凡な日常は大きく変わりはじめる…。


■□■□■□■□

人気blogランキングへ

続きを読む

lovehon at 02:47|PermalinkComments(6)TrackBack(1)clip!
【ごあいさつ】
こんにちは、らぶほんです。
いつも来てくださって、ありがとうございます。

個人的な感想なのでたまに辛口のときもありますが、大きな心で流してやってください。
ジャンルはばらばらですが、犯罪にかかわる小説(推理小説、警察小説、ノンフィクションなど)多いかもしれません。

今年は古典や海外小説も読んでみたいと思っていますが、部屋を占拠している積読本の山が終わらないとどうにもならないような・・・。
減らすつもりで読んでいるのですが、購入するスピードの方が勝っているようです。

どんなに古い記事にでもコメントをいただければ、とても励みになります。
これからもマイペースで読書を楽しんでいくつもりなので、よろしくお願いします。

作家別カテゴリー