松本清張

2007年11月23日

点と線⇔松本清張4

松本清張 - 点と線

福岡市の香椎海岸で発見された男女の死体。汚職事件渦中の某省課長補佐と愛人の心中と誰もが思ったが…。

ランキングエントリー中!

■□■□■□■□

人気blogランキングへ

続きを読む

lovehon at 19:10|PermalinkComments(4)TrackBack(2)clip!

2007年11月05日

1952年日航機「撃墜」事件⇔松本清張4

1952年日航機「撃墜」事件

昭和27年、日航機「もく星」号は伊豆大島の三原山に墜落した。
直後、「全員救助」と米空軍は発表。
誤報か策略か。
多数の死亡者の中にダイヤ密売の美女。
世を震撼させた事件の真相に迫る長編小説。

ランキングエントリー中!

■□■□■□■□

人気blogランキングへ

続きを読む

lovehon at 19:24|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年05月10日

砂の器⇔松本清張4

苗坊の読書日記:砂の器 松本清張

東京の蒲田、終電車が出たあとの車庫の中に、ボロきれのように捨てられた一個の死体…。
一つの証拠も足あとさえ残さず、煙のように大都会の群集の中に溶け込んでしまった犯人。
そうして迷宮入りした一つの事件が、ひとりのベテラン刑事の執念の前に、しだいに真実の姿をあらわしてゆく。
第一、第二、第三と、完全犯罪の成功に酔う犯人と、ひたすら粘り強く犯人に迫る捜査陣との戦い。


■□■□■□■□

人気blogランキングへ

続きを読む

lovehon at 20:31|PermalinkComments(4)TrackBack(1)clip!
【ごあいさつ】
こんにちは、らぶほんです。
いつも来てくださって、ありがとうございます。

個人的な感想なのでたまに辛口のときもありますが、大きな心で流してやってください。
ジャンルはばらばらですが、犯罪にかかわる小説(推理小説、警察小説、ノンフィクションなど)多いかもしれません。

今年は古典や海外小説も読んでみたいと思っていますが、部屋を占拠している積読本の山が終わらないとどうにもならないような・・・。
減らすつもりで読んでいるのですが、購入するスピードの方が勝っているようです。

どんなに古い記事にでもコメントをいただければ、とても励みになります。
これからもマイペースで読書を楽しんでいくつもりなので、よろしくお願いします。

作家別カテゴリー