October 21, 2019

Halloween Night 2019 仮初のロマンス

Exist Traceのワンマンライブへ行ってきました!

 会場は「下北沢MOSAiC」。駅から徒歩5〜6分、国道沿いにあるこじんまりとしたライブハウスです。気をつけて歩いていないと見過ごしてしまいそう。

IMG_3437

デカデカと看板が出ているわけでもない爆

 カフェのようなおしゃれなエントランスを抜けて、階段を地下へ降りると、会場内は熱気でムンムン(死語)です。新しいCDを出したわけでもないのに、これだけの人が壁が白いモザイク模様になっている素敵なフロアでした。

 開演時間の17時を5分位過ぎ、なぜか「蝋人形の館」が流れる中w場内暗転。

 ゴシック風の不穏な感じのSEでメンバーが次々に登場〜

オープニングは「Wonderland」。

 ハロウィン恒例となっているメンバーのコスプレは「不思議な国のアリス」で、セットリストもそのテーマを意識したものになっていました。各メンバーとてもよく似合ってます!乙魅様のウサギは個人的にツボでしたw

 各メンバーのコスプレにあっけにとられている感じのオーディエンスにミコちゃん拍手を要求。お客さんも徐々にのってきます。

 お次は激しいイントロで始まる「Resonance」。しかし今日は演奏陣の音がデカい!(いつもかw)
このバンドのボーカリストは大変だ。

 アリスのお茶会にひっかけて「素敵なお茶を用意しました。冷めないうちにお召し上がりください」とのMCの後には、「今日のパーティを始めるぜっ!」というかけ声ともに「Royal Straight Magic」のイントロが弾け出す。今日のセットリストも激しい〜「かけてみせて、君のすべてを!」

 ここらで一息かと思いきや、ミドルテンポの「Honey」を投入、かけ声&手拍子でオーディエンスを休ませたりしない。「淑女の皆様、お茶のおかわりはどうですか!?」など途中のあおり台詞もアリスバージョンになっていて素敵。

 ダブルボーカルもバッチリ決まった「くちびる」の後は遊園地のような音で始まる「Kiss in the Dark」。

 一息ついてジョウ様「なんと今夜は素晴らしい夜なんでしょう!それでは明日もあさってもパーティーも開くのはどうでしょう?・・・そうだ一緒に行こう、いつまでも終わらない永遠の国へ」というメッセージの後「Neverland」がスタート。

ゆったりとした「Feel」、「君の真っ白な羽」(新曲?)メランコリックなメロディーと曲展開が印象的な素敵なバラードでした。お次は未発表ながらすっかりライブの定番となっている2曲「Selection」
と「Power of "ONE"」。

メンバーのコスチュームについて言及しミコちゃんをいじるジョウ様。そう、ミコちゃんの顔には「Eat Me」なんて書いてあったのでございます!

後半戦に突入の合図は「This is Now」。イグの魅力である「力強さ」と「優しさ」を兼ね備えている名曲です!「Liquid」に続き、「いよいよラストスパートだ!」との煽りで始まったのはこれまた未発表ながら定番となっている「existence」。ヒステリックなギターリフと、「生きるなら生きるなら〜」のフレーズが印象的な曲です。あの〜歌詞とかじっくり読みたいんですが・・・。
 
 次は超ヘヴィーな「Raze」「Blast」とヘドバン続きのファストソングでオーディエンスの首を粉砕して本編終了。リフがヘビーでもサビがメロディアスで歌いやすい、そんな「優しさ」もイグの魅力です。 

61FBBAED-26D2-464C-B0EC-9B6EAE6F2F01

 素敵なグッズが販売されていたので何点か購入いたしました。


 アンコールはちょっと妖しい雰囲気をもつ新曲「アカシア」でスタート。

 恒例のミコちゃんスピーチはライブの告知も含めながら「いまここで出会った、この出会いを大切にしていきたい♥」というイグ愛・ファン愛にあふれるものでした。

 さてさてアンコールラストはまたまた新曲(いいかげんCDリリースしてよ〜)「Freedom」そして極めつけの名曲「Dream Rider」、これを聴かないと帰れない「Voice」をみんなで大合唱し終了となりました!

 ひさびさのイグワンマンでしたが、やっぱりワンマンってバンドの奥まで体験できて最高ですね!
ぜひまたイグワールドを体験したいものです!

FD9E8CA8-A65C-4D5B-8D84-9E34C7DD8AB9




lovekawasaki at 21:44│Comments(0) live | exist trace

コメントする

名前
 
  絵文字