November 05, 2019

ELO再び!


elo

 そのタイトルのごとく、知らないうちにリリースされてましたわけですが・・(汗)

 Jeff Jynne's ELO名義で活動しているELO(Electric Light Orchestra)が新作を発表いたしました。

「From out of nowhere」(「どこからともなく」の意)はジェフ・リンのメロディーメイカーとしての才能を堪能できる名作にしあがっております。

 最初から最後まで甘酸っぱいメロディーと分厚いコーラスが満載、印象的なフックも健在で「どこを聴いてもELO!」という金太郎飴状態、まさに安心して聴ける一枚。

 そして聴き終わった瞬間リピートしたくなること間違いない33分という収録時間も最高です。

 アルバムのテーマとしてジェフは「希望」をあげていましたが、その他にも「自分自身であること」や「恋愛」など日本人の私でも共感できるシンプルな歌詞ばかり。

  良質なポップミュージックというものは、ビートルズやモータウンの時代から引き継がれていますが、時代に左右されず普遍なものなのだ、と改めて痛感。

 70年代へタイムスリップしたいあなた、80年代のキラキラを体験したいあなた、この一枚はおすすめですよ〜!!



lovekawasaki at 21:56│Comments(0) music | etc

コメントする

名前
 
  絵文字