June 13, 2021

ライブ配信に思う

06f603dfed77fd7b58ddb29bae9723df

 「(音楽以外に)他に取り組むことがあるなら、そっちに行った方がいい」ポールスタンレーのお言葉。ミュージシャンを生業にしている人にはグサッと突き刺さる一言。

 とあるバンドの「ライブ配信」を視聴。ライブ試聴後チャットで視聴者がアンコールを求めていたのですが、バンドの方からは全く反応がなく・・。ん?

 あ、そうか・・・。

「ライブ配信中」のライブハウスのHPをチェックすると他のバンドのスケジュールが入っていました。ライブハウス側もひっそりと?営業を再開しており、いわゆる「ライブ配信」は「録画配信」にシフトしている模様。

 放送事故を防げますので、ビジネス上の判断として当然なのですが、「録画放送なんだな」と知ってしまうと、客としては気持ちが萎えてしまいます。実際「やっぱり配信は配信だよね」と少し寂しい気持ちで鑑賞を終えました。

 ツイキャスとかだと音もいまひとつ、「ライブの爆音」からはほど遠いですし、カメラワークもそこそこのレベル。これだったらちゃんと撮って作品として発売してもらった方がファンとしては嬉しい。

「ライブよりむしろ配信の方がいい!というレベルのクオリティーを目指す」と鼻息が荒いライブハウススタッフの方もいらっしゃいましたが、現在の一般家庭の通信環境では無理。リラックスしてみられるのは良いですが・・・。

ツアーレベルの回数でしょっちゅう配信しても、生活できるだけの儲けが出るバンドは少ないでしょうし(むしろ損するか 汗)、これからますますミュージシャンが生き残っていくのは厳しくなるかと・・。

「ミュージシャンは人を集められないとダメなんだよ(=金儲けできない)」とレブ・ビーチが語っていましたが、これは感染力が強いウイルス相手には一番難しいこと。これからもエンタメ業界は冬の時代が続く・・・。

欧米ではワクチン接種が進みつつあり、一部の脳天気なアメリカ人などは「コレで無敵だぜ」と友人とのBBQなども普通に行っているようで、そんなメンタルが正直うらやましくもあります。物事をシリアスに捉える人が多い日本では、そこまで行くのはまだまだ時間がかかりそう。

話が飛ぶようですが、いろいろな意味で今回の東京オリンピックには大変期待しています。

なんといってもエンタメの権化(?)のような存在ですし、これからの大規模イベント開催の指標となるのではないでしょうか?ここまで来て中止はないでしょうし、個人的には開催してほしいと強く思っています。そしてその「開催方法」に注目していきたいところです。

ここで感染拡大したら「あ、やっぱりダメなんだな」と全世界が認識するという大事なリトマス紙になるのでは・・・?



lovekawasaki at 23:03│Comments(0) music | etc

コメントする

名前
 
  絵文字