ラブ競馬

愛情を注入して、注目馬を厳選します。毎月収入増やしやすい。

ラブ予想

明日の買い目公開

中山1Rサラ二歳
(未勝利・混・馬齢・ダ1200M)

◎7番 セイウンオウサム
○ 1番 インフィニティラブ
▲ 9番 ケイアイカミーリア

「前走は相手が強過ぎましたね。最後は突き放されてしまったけど、この馬も時計自体は悪くないし、レースぶりも良かったと思います。この中間、少し体がスッキリし過ぎた感じはありますが、調整も順調ですしその点は心配はありません。思った通りダートは合うようだし、未勝利はいつ勝っても不思議ない馬なので、今回は決めてくれるでしょう」と陣営。前走は勝ち馬に離されたとはいえ、相手が悪かっただけで、当馬の走破時計も未勝利を勝てるレベルのもの。その後も順調に調整され引き続き好調をキープ。2度叩かれて集中力も更に増しており、追い切りの動きも抜群で、適正高いダートの2戦目で今回は順当に勝機。

 馬連

       1-7  30%
       7-9  20%
       5-7  10%
       7-15 10%
       3-7  10%
       6-7  10%
       7-8  10%

 三連単【フォーメーション24点】

   一着→7
   二着→1・9・5・15
   三着→1・9・5・15・3・6・8

 三連単【フォーメーション12点】

   一着→1・9
   二着→7
   三着→1・9・5・15・3・6・8



 三連複【フォーメーション11点】

   馬1→7
   馬2→1・9
   馬3→1・9・5・15・3・6・8

真券勝負!ながつきステークス

3歳以上1600万下、ダート1800mの特別レース。負担重量がハンデなので軽量馬にも注意が必要だが、メンバー構成をみるとある程度背負っても有力馬の首位争いになりそうだ。


4歳馬オーロマイスターに期待した。4走前からダート戦に転向したのが大正解。6月東京で1000万下、7月福島で1000万下特別を連勝。準オープンに上がった8月札幌でも大雪Hでクリールパッションの2着、オープンに挑戦した「しらかばS」でもエーシンモアオバーの2着に追い上げた。相手にかかわらず2戦ともしぶとい伸び脚を見せていたので本格化してきたとみた。57キロでも好勝負になるだろう。

ロールオブダイスも4歳馬。昨秋、500万下から3連勝してオープン入りした。今年は2月の佐賀記念(GIII、佐賀)でスマートファルコンの2着、3月のダイオライト記念(GII、船橋)でフリオーソの3着している。そのあとアンタレスS(GIII、京都)、東海S(GII、中京)で12着、11着だが、ダートの一線級が相手で仕方がないところだ。6月東京のオープン特別「ブリリアントS」ではマチカネニホンバレの3着、8月札幌の大雪H(1600万下)はクリールパッションの4着だったが、58キロのトップハンデを背負っていた。しかもスタートで隣の馬に寄られて後手になるレース。58キロでもインを引いた今回は逆転まで考えておきたい。

3歳馬ロラパルーザが好調だ。これも夏場を使われてきているので仕上がりに問題ないと思われる1頭。ダートに切り替えた札幌で500万下を好位から抜け出して楽勝。1000万下に昇級しても、初戦のオホーツクHはノワールシチーの2着だったが次のハーベスト特別は2番手から抜け出して2着フリソを1秒1差突き放す快勝だった。このときの勝ちタイム1分43秒8は優秀。54キロのハンデなら穴に狙える

ミダースタッチも怖い。5月京都でこのクラスの桃山Sを追い込み勝ちしている。6月東京のブリリアントSでも5着。先々週、阪神のオークランドRTで6着だったが、大型馬で一叩きされた今回、追い込みがあっておかしくない。他では嵌ると鋭いニードルポイント、長休明けでも能力高いプラテアード、長休明けの2戦が不振でも能力秘めるロリンザーユーザーに注意したい。

◎14 オーロマイスター
○ 1 ロールオブダイス
▲13 ロラパルーザ
△ 4 ミダースタッチ
△16 ニードルポイント
△ 9 プラテアード
△ 8 ロリンザーユーザー

真券勝負!大阪スポーツ杯

3歳以上1600万下の特別レースで、ダート1400mで争われる。中山のメーン、ながつきSと同じくハンデ戦だが、斤量を比べるとどうも上が0.5〜1キロぐらい重い感じがする。背負った馬が能力をどのくらい発揮できるか、微妙だ。


シルクビッグタイムに期待したい。今年前期は全く不振だった。休み明けの3月阪神のポラリスSが16着、4月阪神のコーラルSが14着、そして5月東京のオアシスSも15着という惨敗。ただ、3カ月半、間隔を開けた8月新潟の越後S(1600万下、ダ1200m)で一変、アウトクラトールの2着に突っ込んできて穴(10番人気)を開けた。3歳時の昨年はデビューから3連勝し、3歳重賞のユニコーンSでも2着。これは当時絶好調のユビキタスに7馬身離されたが、続いて古馬との混合重賞「プロキオンS」(GIII)でヴァンクルタテヤマはじめ強敵相手に5着した成績は光る。まだ安定感は無く、不発に終わる懸念もあるが狙ってみた。

オリジナルフェイトはこの春、休み明けの1000万下に続いて1600万下の伊丹Sも逃げ切った。オープン特別のコーラルSでも1番人気のセントラルコーストの2着に粘ったように、ここではスピード上位とみていい。ただ、58.5キロのハンデは重い。休み明けで克服できるかどうか。2番手にした。

単穴はセレスハント。春後半はオープンのオアシスSで4着、確勝を期した自己条件の安芸Sも4着に終わったが、昨秋このクラスを勝ち上がっていてオープン特別で2着した実績もある。1400mはぴったりで、休み明けも走るタイプだ。

先手を狙って一気に行くスーサンライダーも怖い1頭。5月新潟の駿風S(芝1000m)でシャウトラインの0秒5差の5着したので7月小倉の芝の1200m戦「北九州短距離S」に挑戦したが、12着だった。勝ち鞍4つは全てダートで挙げている。このクラスでも5月京都の高瀬川S(ダ1400m)でストーリーテリングのクビ差2着、6月阪神の安芸S(ダ1400m)でもトーホウドルチェの2着に逃げ粘っているので侮れない。

あと新潟のNST賞(オープン)で2着と好走したスマートブレードと、休み明けを叩かれたピーチドラフト、千四は少し長いがファイナルスコアーをマークした。

◎ 8 シルクビッグタイム
○ 6 オリジナルフェイト
▲ 7 セレスハント
△12 スーサンライダー
△ 4 スマートブレード
△15 ピーチドラフト
△16 ファイナルスコアー

9/21 月曜日 買い目公開

阪神8R 阪神JS(J・GIII)

◎3枠4番マヤノスターダム

<馬連6点>
1-4
3-4
4-14
2-4
4-11
4-13
<ワイド3点>
1-4
3-4
1-3



--------------------------------------------------------------------------------



新潟7R 3歳上500万下

◎2枠2番マイネルアベニール

<馬連6点>
2-9
2-7
2-10
2-4
2-11
2-3
<ワイド3点>
2-9
2-7
7-9



--------------------------------------------------------------------------------



新潟8R 3歳上500万下

◎2枠4番オーゴンシャトル

<馬連6点>
1-4
3-4
4-14
2-4
4-11
4-13
<ワイド3点>
1-4
3-4
1-3



真券勝負!!エルムステークス

3歳以上オープン、ダート1800mのGIII重賞。例年、札幌で行われるレースだが、今年は函館開催分が札幌に振替になった関係で消化できなくなり、新潟開催に組み込まれた。別定重量で、実績のあるアロンダイトとサンライズバッカスが基礎重量に2キロ加増の58キロ、次いでウォータクティクス、トーセンブライト、ドンクールが1キロ増の57キロ。3歳馬トランセンドも重賞を勝っているが、まだ格付けされて新設重賞なので加増は無く、53キロで出走できる利がある。ここでは、逃げ先行馬がそろったので「展開」が大きな要素になるだろう。


マチカネニホンバレに期待してみたい。前走のしらかばS(オープン特別、札幌1700m)で一本かぶりの人気で10着に敗退してしまった。4番手あたりに付けたものの行きぶりが悪く、勝負どころから付いて行けなくなるレース内容だった。その前、7月札幌のマリーンSでは千七1分41秒7のJRAレコードタイムで勝っていた。関係者に聞いたら馬体に異常は無かったという。いわゆる“2走ボケ”だったのではないか?前走は初めての57.5キロ(トップハンデ)だったが、今回は56キロ。左回りでは4勝で、負けていない。汚名を返上してもらいたい素質馬だ。

トランセンドは3歳馬で、まだキャリアは6戦。芝の京都新聞杯で9着した以外、ダートでは負け知らずの4勝という期待の新鋭だ。ただ勝ったというだけでなく、うち3勝は1800mを1分49秒台で走っている。前走のレパードS(新設重賞)も好位2番手から直線抜け出し、2着スーニに3馬身差の完勝だった。その時の56キロから今度は53キロ。勝つ条件は揃いすぎて?いる。本命にしなかったのは、今回は古馬相手で骨っぽいところが揃ったのと、逃げ・先行馬が揃ったこと。一筋縄ではいかないとみたからで、試金石のレースだろう。もちろん、勝つチャンスも十分ある。

穴馬に面白いのはクリールパション。重賞(3歳限定を除く)はもちろん、オープンを相手に走るのも今回が初めてだ。ただ、今夏札幌の大通り特別(1000万下、ダ1700m)、大雪H(1600万下、ダ1700m)で見せた決め手の鋭さは際立っていた。本格化したと思われるので狙ってみた。追い切りの動きもいい。

もちろん、実績上位のアロンダイト、先行力で勝るウォータクティクス、実力からサンライズバッカス、トーセンブライトも侮れない。展開次第で上位が入れ替わりそうなので注意が必要だ。

◎ 7 マチカネニホンバレ
○15 トランセンド
▲14 クリールパション
△13 アロンダイト
△ 1 ウォータクティクス
△ 9 サンライズバッカス
△ 4 トーセンブライト

真券勝負!エニフステークス

3歳以上、ダート1400mのオープン特別。収得賞金による別定重量なのでハンデ戦のような極端に軽い馬はいないかわり、59キロのタマモホットプレイのように上が重い斤量なのが目立つ。結果、斤量差が響くことになるかもしれない。


ランザローテに期待した。6歳馬だが、まだキャリアは11戦しか無い。3歳の6月にデビューして4戦(2勝、2着1回、3着1回)したあと戦列を離れ、1年8カ月ぶりに復帰したのが昨年12月。500万下、1000万下、1600万下を3連勝して一気にオープン入りした。さすがにオープンではすぐ通用しなかったが(2戦して9、5着)、今年7月のプロキシオンS(GIII、ダ1400m)で待望の重賞勝ちを収めた。注目されたのは、これまでの逃げ切りではなく、3番手に控えて直線で差し切ったこと。アタマ差の接戦だったが、この馬にとっては価値ある内容だった。前走は佐賀へ遠征してヴァンクルタテヤマに5馬身突き放されているが、2着はキープした。1400m戦では6戦して4勝、2、3着が各1回。58キロは初めて背負う斤量で重いが、適距離とスピードを買った。

クィーンオブキネマは55キロで、斤量は問題ない。ダートの短距離戦では先行力を生かして健闘を続けている。先々週、新潟のBSN賞は2番手に控えるケイバで直線抜け出し、追撃するダイワディライト以下を危なげなく抑えた。1400mは少し長いと思われるので過信はできないが、斤量差、調子の良さに加えて逃げなくても好走できるメドが立った点に注目したい。

単穴に抜擢したタガノサイクロンは前走の阿蘇Sで11着。勝ったマルブツリードから1秒2差の凡退だったが、これは本来の走りではない。脚部不安で1年2カ月の戦列を離れていて、この5月に復帰したばかり。初戦の欅S(東京、ダ1400)で9着のあと、遠征した札幌の大沼Sで後方からいい脚で3着に追い上げてきた。勝ったのはアドマイヤスバルで、2着がフリートアドミラル。この先行2頭に3コーナーから外を回って差を詰めた脚の再現があれば穴を開ける可能性がある。

他では3歳限定とはいえ重賞のユニコーンSで2着したグロリアスノア、嵌れば鋭く伸びるクールシャローンとタマモホットプレイ、ワールドハンターの古馬勢に注意した。

◎ 6 ランザローテ
○ 9 クィーンオブキネマ
▲ 8 タガノサイクロン
△16 グロリアスノア
△ 7 クールシャローン
△15 タマモホットプレイ
△12 ワールドハンター

記事検索
おすすめ競馬サイト



競馬で勝ち続けるために競馬情報の
プロフェッショナルである大物関係者
やプロ馬券師が終結した競馬情報
公開サイト。




一点的中専門、競馬情報会社総競
リレーション無料会員獲得プログラムです。



某大物馬主の側近として長年競走馬
のマネージメント業務を取り仕切って
いた裏のコンサルタントが競馬村の実態。

livedoor 天気
ブログランキング







QRコード
QRコード
トレセンWINNER



回収率【毎週100%超】!!
インサイダー情報だからこそ成せる業!!




夢の万馬券を掴め!!3連単・複の予想
は【馬皇】で☆会員獲得☆プログラムです。
  • ライブドアブログ