らぶきょんブログ

ドラマ「宮(クン)〜Love in Palace」の原作コミックス「らぶきょん」担当編集Yの制作日記☆

小説『夜を歩く士(ソンビ)』第1巻が8月末発売!!

たいへんお待たせいたしました!!


イ・ジュンギ×チャンミン(東方神起)が夢の共演となった超大型ファンタジー・ロマンス時代劇、ドラマ『夜を歩く士』。その原作コミックスのストーリー作家が書き下ろした、原作コミックスのノベライズ作品日本語版がいよいよ8月末に全国の書店、Amazonなどのウェブ書店にて発売になります!!




水面下でいろいろ進めております。

たいへん
ご無沙汰してしまいました。


実は、
いくつかの新しいタイトルが
進んでおります。


小説です。


それ以上はまだ発表はできないのですが、
告知解禁になったらこのブログで真っ先に発表いたします!!



どうぞよろしくお願いします。






(Y)

4月29日のらぶきょんツイッターで不正な乗っ取りが発生しました。

昨日、4月29日に「らぶきょん」のツイッターアカウント(@lovekyon)が不正アクセスされて乗っ取られしまう事態がありました。29日午後に気づきすぐに対処しましたが、かなりの量の不正ツイートがなされてしまったようです(気づいて乗っ取られた旨を数件ツイートした後に1日のツイート量の制限にかかってしまいました)。くれぐれもリンク先を開かずに、当該不正ツイートの削除をお願いします。


現在は問題ありません。
ひきつづき「らぶきょん」ツイッターをよろしくお願いします。




担当編集Y

四月、ひきつづき小説『シンイ〜信義〜』のこと。

小説『シンイ〜信義〜』の続巻へのお問い合わせをたくさんいただきましてありがとうございます。ブログやツイッターへのコメントもありがとうございます。

ひきつづき韓国サイドへは、続巻についてのお願いと状況の問い合わせをしています。

日本でこれほど愛されている作品であるということがソン・ジナさんへ伝わるように、これからもお願いをつづけてまいります。このブログでみなさまに朗報をお伝えできる日が来るよう切に願いつつ。






ひきつづきどうぞよろしくお願いします。

本日午前中に発送完了いたしました

本日午前中に『泡沫の夏』全巻購入者特典特別ペーパーの発送が完了しました。 郵送ですので、早ければ明日から届き始めるかと思います。 たいへんお待たせしました。
image

本日、ペーパーの印刷が上がりました。

聖地



シネマート六本木 −劇終− THE LAST SHOW





シネマート六本木について語りたいことたくさんある。あるけれども。





2007年8月4日とかのブログを読んでメロウな気持ちになったりしています。でも、どうせなら楽しみたい気持ちはいっぱい。


「台湾シネマコレクション2015」では「みんな大好き♡グイ・ルンメイ」特集あり(18日の「台北カフェストーリー」「言えない秘密」「GF*BF」連続上映のタイムスケジュール見た時は卒倒しそうになりました)。ボ、ボクのために企画してくれたのかな??(←自意識過剰)。

マレーシア映画ウィーク@シネマート六本木

現在東京のシネマート六本木で開催されている「マレーシア映画ウィーク」でジャパンプレミア上映される映画『盗人の第二の人生』(ウー・ミンジン監督)の日本語字幕を、『泡沫の夏』の1巻を翻訳いただいた翻訳者の吉田雅子さんがご担当されているそうです。

ご興味のある方はぜひ。

マレーシア映画ウィークは4月19日まで

小説『泡沫の夏』特別ペーパー全員プレゼントについて

小説『泡沫の夏』特別ペーパー全員プレゼントにご応募いただいた皆様へ


このたびは小説『泡沫の夏』特別ペーパー全員プレゼントにご応募いただき、まことにありがとうございました特別ペーパーの制作状況のご報告です。

2月中の発送を予定しておりましたが、制作作業工程に思った以上の時間がかかり、発送が遅れております。
4月16日ごろにペーパーが印刷所から刷り上がってまいります。到着次第、すぐに発送作業に入ります。

発送が完了いたしましたら当ブログとツイッター(@lovekyon)にてお知らせいたします。


お待たせしてしまいたいへん恐縮ですが、もう少々お待ちください。






どうぞよろしくお願いします。





小説『泡沫の夏』編集担当

ソウルへ行く理由あるある。

国内旅行に行こうかな、と思う。


どこか行きましょうか、となって、さてどこに行きましょうか、となると、よほど目的がないかぎり、どこでもいいよねってことになる。美味しいもの食べにあの街に行きたい、あそこで買えるあれを買いたい、あの景色が見たい、あの宿に泊まりたい、というのがいくつか重なると、じゃあそこへ行きましょうか、となる。でも、あれ美味しそうだからあそこに行きましょうか、とかだけだとなかなか思い切れない。急にどうしてその街に行くんだっけ? と意義みたいなことを考えはじめる(行きたいから行くのに意義ってなんだw)。すると、だんだんどこでもよくなってきて(はじめはその「どこか」がもう少し明確だったような気がするのに)、では予算で決めましょうか、となる。


さて。


いろいろ検索してみているうちに、ふと、あれ? じゃソウルに行くと? って検索窓に「ソウル 航空券+ホテル」と入力する。やはり。ソウルに行くほうが安い、となる。ソウルでいいんじゃない? この前は乙支路4街のほうだったけど今回は江南のほうにしてさ。あ、ほら、『宮』のロケ地でもあるインペリアルパレスホテルに泊まれるし。江南のポッサムのお店にも行きやすいし、夜にホテル着いてもひと駅乗れば元祖サンパッチッのお店もすぐすぐ。ちょうど教保文庫で本も探したかったんだよね。ああ、もう旅のしおりはできてるも同然。


そうやってまたソウルに行くんだろうなぁ(行く気満々)。
Profile
Twitter プロフィール
『宮〜Love in Palace』原作コミック『らぶきょん』、『トキメキ☆成均館スキャンダル』原作小説『成均館儒生たちの日々』、その続篇『奎章閣閣臣たちの日々』、『太陽を抱く月』原作小説『太陽を抱く月』などの担当編集Yこと吉野志郎です。
Recent Comments
新書館オンラインショップ☆
Amazonで買っちゃおう☆
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ