*Love,Lab 生活*

リュウ・ガジ−・夢 3頭飼いの日々を綴ります



IMG_0583
診察室に入ると、ず〜っと出口に向かってるリュウ
いつでも すぐに帰れる態勢なんです(笑)


今日も エコーで肝臓に出来ている腫瘍を診てもらいました。
前回が 3.5cm, 今回は4.5cmと 少しづつですが 大きくなっています。

そこで悩むのが 切除です!
若ければ 積極的な治療を希望するところですが、リュウは 14歳
果たして 切除する事がリュウの延命につながるのか?

大型犬の場合 肝臓腫瘍のオペとなると、かなり大きく切開することになり
胸元まで開くようで 場合によっては肋骨を切る事もあるようです。
それを聞いて ドン引き!!
そこまでの大手術(私に とっては・・)が高齢のリュウにとっては 必要なのだろうか?
肝臓の悪いリュウにとって、全身麻酔は負担がかかります。
それを 承知してまでやるべきか!?
すっごーーーーく悩む。

先生も リュウが若ければオペを薦めるけど 今の年齢ともなると
手術したものの体力や腎臓が悪くなってしまう事も有り兼ねないと言うのです。
決めるのは 飼い主!

ず〜っと考えているけど、なかなか結論が出ない。
リュウに とって一番良いのは どっちなのか?

痛いのは イヤかな?
でも 切除することで 寿命が長くなるのであれば やってみるべきか?
14歳なだけに 悩む手術。


最終的には リュウが痛まず苦しまずに命を終えられるようにして上げるためには
どーしたら良いのか?
少しでも長く一緒にいたいからこそ 悩みます。




みなさ〜ん、 今日も ポチっとお願いします
 

↓こっちも ♪ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ





あら、リュウ・・

背中をむけて どーしちゃたの?

リュウとたんぽぽ
何か考え事でも有るのかなぁ?


リュウも もう14歳だからねぇ
悩み多き年頃かしらぁー(^^;

うふふ^^
一体 なに考えてんだろう

みなさ〜ん、 今日も ポチっとお願いします
 

↓こっちも ♪ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ


硝子体が赤くなっていたので、夢を連れて獣医に行って来ました

IMG_0577



夢ちゃん、大の獣医きらい(^^;
待合室では、他所の犬が吠えたり,近づいて来たりと 落ち着かない様子
yume


伏せていたと思えば、立ち上がり
周囲をきょろきょろきょろ
ゆめ

「Tさ〜ん!」と名前を呼ばれ 診察室に入ろうとすると、手を真っ直ぐ伸ばして 
断固拒否の姿勢
だから 抱き上げて診察室に入って行きました


まずは 心配していた眼圧測定!
目の中が赤かっただけに ドキドキドキ


その結果は?



「18です」

「えぇー 18?」

その数字 すごいじゃ〜ん!
毎日 眼圧を下げるための薬を使っているとは言え、
ずーっと高眼圧が続いていただけに 18まで下がっていたとは、びっくり仰天です。
最近 涙が出てる時もあって、てっきり高眼圧になっていると思っていたので
この結果は とっても嬉しいですぅ



そして気になっていた 硝子体が赤く見えた原因は?

眼内出血がおこり炎症を起こしていたようです。

IMG_2104
そのため 今まで使っていた点眼液+2個が加わり 毎日 3本の薬を使う事になりました。


このまま 炎症が落ち付いてくれるといいけどー、

怖いのは 炎症を繰り返すことで さらに眼圧が上がってしまうこと!
そーなると 痛みが酷くなり、夢が辛い思いをしてしまう。
それだけは 避けたいものです



こんな夢に 今日も応援の♪ポチっをお願いしま〜す



いつも有難うございます。
↓ こっちも ポチ!
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ






3月19日に誕生日を迎えたリュウ
IMG_2020


嬉しいことに、ガジーの兄犬がいる`ちび姫家'から誕生日プレゼントが届きました
IMG_2098



免疫力を上げ、ガンの抑制効果もあるβグルカン豊富な「さんごヤマブシタケ」と
肝臓の効く秋ウコン。
そして 腎臓の悪いリュウのために竹炭パウダーも入ってました。
IMG_2099
IMG_2102



そして  
私への気遣いまでいただいて・・・(^^





炭せっけんでデゴシゴシ磨いた後は  美味しい焼酎で、カンパーイ♬
こりゃー、たまらんわぁ (^_-)-☆



ちび姫家とは、ガジーがきっかけで始まったお付き合い。
blogにコメントを下さる方々を含め、
犬を通して繋がる輪に 感激と感謝でいっぱいです。
有難うございます。



みなさ〜ん、 今日も ポチっとお願いします
 

↓こっちも ♪ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ



IMG_0565
早咲きの桜が満開に!

通常なら このあと一週間ほどで ソメイヨシノが咲き始めるのですが
今年は どーかな?
お彼岸が過ぎても 朝晩寒いし、北風が吹くことも・・・

東京は開花宣言したけど 名古屋の桜は もう暫く後になりそうです。
皆さんの所は どーですか?



みなさ〜ん、 今日も ポチっとお願いします
 

↓こっちも ♪ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ









オォーーー!!

こりゃー 初めての出来事だぁ

IMG_2063
ガジーと夢が 同じバリケンの中で寝るなんて 今までに見たことない!
慌てて撮ちゃったよ、この場面を。


一見 仲むずましい光景だけど 実は 女の意地の張り合いなんです。
互いに バリケンを譲らないから 一緒に寝るしかなくて
仕方なし寝ている二人を撮ってみました(^^;


理由を言わなきゃー、微笑ましい光景だね(笑)


みなさ〜ん、 今日も ポチっとお願いします
 

↓こっちも ♪ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ










うれしい贈り物が届きました
IMG_0461

わるっちままさんからの「防水シート」
画像も ままさんから拝借(^^;
リュウの尿漏れの記事を読み 今は亡きベル君が使用していたシートを送ってくれました。
わるっちままさんとは ブログがきっかけで知り合い互いにコメントを
送り合ってはいましたが、直接話をすらした事がない間柄
にも関わらず、ベル君が使っていたシートを送って下さいました、
優しいお気遣いに 感謝です。


そして、ガジーの親戚に当たる ミカ姐からも 大きな箱が届きました。
ミカちゃんと その妹分のココアちゃんも 今は お空います
その二人が使っていた衣類を 飼い主のみゆさんがたくさん送ってくれました。
IMG_1949
ふたりの匂いが残っているようで、夢は 箱を開けるなりクンクン クンクンと
匂いチェック!!

IMG_1951
ギッシリ詰まった洋服


そして 靴下も入ってました
IMG_1950
有り難いねー。


二人とも きっかけはプログ
プログを通して知り合い さらに深くお付き合いできるなんて・・・

すごいね、プログって。

2005年から初めたこのプログも もうすぐ13年目に突入!
読んでくださっている皆さま、有難うございます。



みなさ〜ん、今日も ポチっとお願いします
 

↓こっちも ♪ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ








IMG_0554
今日は 晴れていたけど風が強かったから 暖かいような寒いような・・

リュウも 元気が戻って来たかと思えば、散歩の途中で座りこんでしまい
元気が有るような無いような・・・

なんだか 訳わからないなぁーー;



ryu
リュウの血液検査結果です。

貧血状態にあった ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板の数値も落ち着いたのですが
その反面 腎臓の数値を示すクレアチニンと尿素窒素が上がってしまいました。
今での最高値です。
だけど、利尿剤を使っていたため、その副作用か?とは思いますが、
そのために薬を飲んでいたものの上昇してしまい、果たして腎臓にどれだけ負担がかかっているのか?
悩むところです。

14歳ともなれば そりゃー腎臓機能も低下してくるでしょう。
しかし、腹水が溜まり 急激に貧血が起こり、肝臓腫瘍も見つかって、
さらに肝臓機能も低下し、
もしかすると エコーでは分からない部位に腫瘍があり、
今回の貧血は それが出血してしまった事も考えらるわけで、
それを調べるとなると、全身麻酔をかけてのCTです
リュウの場合、腎臓が悪いため、麻酔をかける事でさらに悪化してしまう可能性もあります。
何もしなくても悪化しちゃう事だってあり得ます

はぁー、どうしようっか?



みなさ〜ん、今日も ポチっとお願いします
 

↓こっちも ♪ポチッとお願いします






リュウ&ガジー、  仲良く同居。
ryu&gaji

ひとつ屋根の下で!だね(笑)



みなさ〜ん、今日も ポチっとお願いします
 

↓こっちも ♪ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ










IMG_2009

今日は春分の日、お彼岸です。


おはぎと一緒に お供えする「彼岸団子」
だんご
米粉で作っていますが、砂糖が入らず これをみたらし団子のように
焼いて食べると とっても美味しいのー


彼岸明けは23日
それまでは おはぎと団子三昧
この週は 犬の世話がほとんど出来ず、リュウの誕生日祝いも先延ばしです。

ごめんねー、リュウ!


みなさ〜ん、今日も ポチっとお願いします
 

↓こっちも ♪ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

↑このページのトップヘ