プラント最高評議会をも動揺させている議長の演説。
 
私だけ。議長の「ロゴス」が何度聴いても「ロース」に聞こえる。
 
「提示された者達の中にはセイラン、いや、オーブと深い関わりのある者もいる。
いや、オーブだけじゃない。
彼らのグローバルカンパニーと関わりの無い国などあるものか。
それをどうしようというんだ、デュランダル議長は!(カガリ)」
 
「戻りましょう、マリューさん。オーブへ。
今までとは違う何かが、大きく動こうとしている、そんな感じがします(キラ)」
 
プラント最高評議会は全会一致で議長に賛同。
てか、シンとレイの仲良しぶりが怖い。
 
「あれは、最早Unknownではない、エネミーだ(隊長)」
 
アークエンジェル敵として認識ですねぇ。
 
「ミネルバはこれより発動されるエンジェルダウン作戦を支援せよ(アーサー)」
 
という司令部からの命令がミネルバに下る訳ですが。
 
アーサーまたメイリンの後ろかよ!定位置か?
 
しかしナタルじゃないバリアントの発射ってしっくりこないんだけど。
 
まぁ、かくかくじかじかで囲まれたアークエンジェル。
かなり戦況は厳しい中で頑張っております。
 
「流石に音に聞こえたフリーダムとAAだな。これではミネルバが来るまで持たんぞ(隊長)」
「ミネルバを待たずとも全軍でかかれば・・・!」
「っは!貴様は知らんのだろう?アラスカもヤキンドゥーエも。
(略)ケツはしっかりインパルスとミネルバに持って貰え。命令通り我が軍のエースにな」
 
やっぱりシンってエースで通用してたのか?それともミネルバがエースなのか?
シンがエースならあんな子供がエースって思うよね、おじさんは。
 
「議長が仰ったのはロゴスを討つと言うことです!
なのに何故AAを討つことになるのですか!この命令はおかしい!
もう一度司令部に・・・(アスラン)」
「そんなことはもうやったわ!でも返答は同じよ。
『その目的を示さぬまま、ただ戦局を混乱させ、戦火を拡大させるAAとフリーダム。
今後の状況を鑑み、放置できぬこの脅威を取り除く』
これは本国の決定なの!もうどうにも出来ないわ。既に作戦は始まっているのよ。(タリア)」
 
状況図が出たときのアーサー。
 
「おぉー!!」
 
やっぱりな。こいつのリアクションっていつもこんな。
てかレイとシンのアイコンタクトが嫌です。レイシンレイなのか知らないけど。
不適な笑みのシンにむ?って感じのルナがいいな。
 
「貴方ももういい加減囚われるのはおよしなさい、アスラン!
かつての戦友と戦いたくないのは分かるけど、時が経てば状況も人の心も変わるわ。
貴方だって変わったでしょ?!ちゃんと今を見て!(タリア)」
 
あ〜あ、アスラン怒られちゃった。
 
「艦長!(アスラン)」
「見たくないというなら部屋にでもいなさい。でも、あの艦相手ではこちらも死に物狂いよ」
 
叱られた後に艦長!なんて呼ぶからてっきり
「僕を乗せてください!」とか言い出すかと思ったのに!
「僕はセイバーパイロット、アスラン・ザラです!」とか言ったらいいのに。
あ、この子の声はカヲル君だわ。
 
コンディションレッド発令。パイロットも待機することに。
席を立つシンにレイが声をかける。
 
「シン!大丈夫だ、お前なら討てる」
「サンキュー」
 
ええ?何なのこの子達は・・・。嫌だ嫌だ嫌だ!微妙。
部屋を出て行くシンに入ってきたアスランが声をかけるけどやっぱりシカト。
アスラン可哀想だけど、いまいちやりたいことがわかんないしな。
行動が読めない。
 
「ジャミング弾発射。インパルス発進(タリア)」
 
ミネルバからの攻撃をよけるAA。ノイマンさんやるな。
ちなみに彼は私の1日後にご生誕です(笑)
 
「大丈夫よ。下手に動かなければ当たらないわ。やはり当てようとはしないのね(タリア)」
 
「ザフト軍艦ミネルバ艦長、タリア・グラディスです。AA聞こえますか?
本艦は現在、司令部より貴艦の撃沈命令を受けて攻撃しています。
しかし、現時点で貴艦が搭載機をも含めた全ての戦闘を停止し、
投降するならば本艦も攻撃を停止します。
警告は一度です。以後の申し入れには応じられません。
乗員の生命の安全は保証します。貴艦の賢明な判断を望みます」
 
AAと通信した艦長にまたしても吃驚なアーサー。そりゃAAも吃驚よ。
 
「流石あのミネルバの艦長ね。やっぱり敵にしたくないわね(マリュー)」
 
投降するか議論のAAにキラから通信が。
 
「海へ。カガリをオーブへ。それを第一に(キラ)」
 
「AA艦長、マリュー・ラミアスです。貴艦の申し入れに感謝します。ありがとう。
ですが、残念ながらそれを受け入れることは出来ません。本艦にはまだ仕事があります。
連合かプラントか・・・今また2色になろうとしている世界に、
本艦はただ邪魔な色なのかもしれません。
ですが、だからこそ今ここで消えるわけにはいかないのです。
願わくは脱出を許されん事を。(マリュー)」
 
オーブで出会ったマリューがAAの艦長だと知ったタリア艦長。
「やっぱり・・・」ってことでなんとなく感ずいていた模様。
 
その頃のシン君は、フリーダムを追いかけております。
キラの攻撃をよけるシン。
 
「いつもそうやって、やれると思うなー!」って事で種割れでございます。
「シン!よせ!キラァァ!(アスラン)」
 
アスラン、もう支離滅裂・・・。
しかもシンきゅんお顔がとっても怖いよー!
 
キラの攻撃を避けまくるシン。それにはレイの助言があったわけです。
 
「メイリン!チェストフライヤー、フォースシルエット!(シン)」
首・・・首がないっすよ?
「逃がさないと言ったろ?」
ま・・・まさか!!
「あんたがステラを殺した!」
ええー!うそ、マジで?嘘だと言って・・・。
「止めようとしたのに!」
やっぱりかー!!矛先ここだよー!
 
まるでハエたたきみたいなインパルスVSフリーダム。
色似てるからどっちがどっちか微妙です。あたし、バカだから。(アスランも言ってた)
 
「やれやれ、どうしてぇ、ここはいつもこう・・・・ん・・・?(ムゥ)」
 
ムゥさん思い出したの?てかクローン説はダメだったのね・・・。
 
「あんたはオレが討つんだ。  今日、ここで!!(シン)」
 
オーブの慰霊碑の前で出会った二人。
きっとシンはキラのこと、あの日あの時あの場所で出会った人とは知らないし。
ラブストーリーは突然に。(ええ、そんなCPは推奨してませんから)
 
「タンホイザー起動。目標、アークエンジェル!(タリア)」
 
潜るアークエンジェル。
しかし寸前でタンホイザーが当たって爆破。
気を取られたキラを討つシン。
フリーダムの胴体をソードシルエットのインパルスの剣が貫 通
 
「ふ・・・ふははは・・・やった・・・ステラ・・・これで・・・はははは・・・(シン)」
 
泣きながら笑うシン。
本当にこれでよかったって思ってるのかな、シンは。
泣いてるのはステラの仇が討てたって事への喜びなのか、それとも虚しさなのか。
鈴村さんのスッゴイ演技にきっと虚しさなんだろうと私は思うけど。
あー鈴村さん、凄い!天才的。
この子結構矛盾してるのに気付いてないのか?
今日はカッコ良くなかったけど、まだ格好良かったアスランに忠告されたのに。
しっかし、今日のアスランいいとこなしで、しかも美しくなかった。
 
「キラァァァァァァァァァ!!!!!」
 
生きてるだろうよとは思っても、アスランの絶叫で哀しくなる。あんまりキラに思い入れはないけどね。
いや、石田さんいい仕事してますね。
 
レイの内巻きの髪の毛、左側のがくるんってなってる。