ミーア視点の回想してる30分がもどかしい本日。
「議長・・・」という一言だけのスージーのガンダムSEED DESTINYにおけるギャランティーが気になる今日この頃ですが。
果たして彼は主人公の座に君臨してもよいんですか、姉さん。
さて仕方がないので本編へ。
本日はシンきゅんもおしゃべりしないのでサクサク飛ばしていきます。

お姫様抱っこでミーアの亡骸を運ぶアスラン。
(ミニスカで姫抱きされるとパンツが心配になるのです。
ミーアの足側に整列した人の視線の先はきっと・・・)

ラクスの腕、服にはミーアの血が付いてました。

ミーアの出身地、本名なんかがわからないみたいです。

「何も聞かなかったんだ、オレは(アスラン)」

まさかこんな形で別れるとは思わなかった、ということかな。

ミーアの唯一の所持品、バッグの中からディスクを発見したラクス。

早速PCにてファイルを開くと「Progress Report」ってタイトルのBlog日記が。
整形した後、初めて包帯が取れた日からのミーアの日常がミーアらしい口調で語られている模様。

しかし、亡き人の遺品整理かもしれないけど、勝手に日記は見られたくないなぁ。
PCは削除してしまおう・・・!!

しかし、この日記!
ラクスファンとか言ってるんだけど、スゴイ熱の入れようだわ。
化粧品何処のつかってるんだろう?とか。

ラクス、化粧してるん・・・だよね?

しかもギルに会ってワォ!とか言ってる・・・。フォーーーー!!


今日はもう大変〜!アスランよ、アスラン!!アスラン・ザラ!
やっぱり真面目そうで、格好良くて、素敵な人!!
戦争のせいか今日はずっとブスっとしてたけど、でもお父さんを裏切ってもラクス様の所に行っちゃうんだもんね〜。
ラクス様には優しくて、ラブラブなんだろうな!くぅぅ〜〜!!


いいえ、違います。間違いです。
ラクスはアスランの親友とラブラブで、
アスランも別に女の子に優しいんじゃなくて、慣れてないんだと思います。
自分はコレでいいつもりで、空回ってるような。
で、そんな所が母性本能を擽るとは思ってない天然さん。
コレが演技ならスーパー君じゃん、アスラン!!

そして真面目そうではなく生真面目なんです。
大体は総て自分で片付けようとします。
息抜きしないと禿げるよ。


アスランと会うのも久しぶりー!でもアスランって結構恋愛感?がおかしい!
婚約者なんだからもうちょっとそれらしくてもいいんだけど。
やっぱラクス様一筋なのねー。
でも、こんな人とマジラブラブだったらいいよねー!


あはははは!!!!
お前、ダメダメだな!
ラブラブだったらいいよねー。マジでいいねー。そうねー!

ミーアがアスランの何に惚れたかがイマイチ掴めない。
視聴者みたくヘタレたとこや、横っ飛びがスゴイとこや、結構悩んでるとこや、
キラが大好きなとこなんて知らないくせに!!


ベッドから落ちた所が好き・・・?


やっぱそこ??




折角消化出来てきたのにハイネ兄さんの殉職シーン使って!!

まぁ、日記の世界から現実に戻ってきましてね。
アスランはなんだか感傷的になったのか部屋を出ます。
すかさず追いかけるキラ。

最近のキラとアスランはどうして二人きりになりたがるのか!!

「オレが最初に認めなきゃよかったんだ。こんな事はダメだと(アスラン)」
うん。でもやっぱりすぐにそんな風に言えないよ(キラ)」


アスランの脱走シーンはカッコイイっす。
しかしキラ様は容赦ないなー。容赦ねーよ!
「そんなことないよ!アスランは悪くない!」とか言って欲しかったんだよ、アスランは(笑)


ミーアの亡骸を前に涙するラクス。
そんなラクスの肩に手を置いて抱き留め、慰めるキラ。

ラクスはきっと自分の名前、存在で、ミーアという人の人生を変えてしまったとか思ってそう。
大体にしてAAに人って思い詰めてそうで案外そうでもないんだ。

「忘れないわ、ミーアさん。私は決して(ラクス)」

弔い合戦なんでしょうか?

AAにて弔われるミーア。
私達、思い出に負けたの。


んな事してたらまたギルギルが演説しちゃってるーー!!


「始まったわね(マリュー)」

近所に嫌がらせしてるおばさんみたいだな。
あーあ、あの人のアレ、また始まった。みたいなノリ?(違います!!)

「常に存在する最大の敵。それは何時になっても克服できない我等自身の無知と欲望だと言うことを!(ギル)」

鞭と飴??

「総ての答えは皆が自信の中に持っている」
「ギルバート!!(タリア)」
「議長・・・(シン)」



「私は人類存亡をかけた最後の防衛策として”デスティニープラン”の導入実行を今ここに宣言します」

独裁政治だなー。
民主主義なら多数決を取ろうぜ!!
しかしDNA調べられたら、きっとあたしに向いてる仕事なんてないと思うな。