遂に「シン・アスカ  鈴村健一」がキラアスに続いての3番目。
折角48話まで総集編以外は1番最初に出してきたのに、何故に今ここで??
真の主人公はやっぱキラ様でしょ方向へシフトなの??

信じらんねー!!最低だ・・・。

「要はやはりこの一次中継ステーションだ。
まずコレを落とさなければ、また何時何処が撃たれるかわからない!(アスラン)」

「ラクスっ!発進する!いいね? アスラン!!(キラ)」
あぁ!行こう!!(アスラン)」

今日のアスラン、キラキラで男前だな!!
今頃男前キャラにされても来週終わるじゃん・・・・・・・?

AAとエターナル発進。
キラとアスランも出撃。

「ミーティア、リフトオーフゥ!(虎)」

やっぱり置鮎さんの声、苦手だなぁ・・・。

さてラクスさん。
「あたし達、今からその武器壊すから。ソレ、戦うのにいらないっしょ?
平和のためにその軍服着るプライドがあるんなら道あけなって!」
ってことです。

しかし戦場のラクスはやけに好戦的だなぁ。職権乱用??
開けなさいとか止めなさいとか命令形って。
この人の役職がイマイチ曖昧なままここまで来てる感が。
ラクスの職業ってなんですか??



で、ギルに呼ばれたシンとレイ。
一瞬前方にいるギルの元へ行くのを躊躇うシン。
(うわ!この人HOMOなんだ・・・・。)

「やーぁ!レイ!シンも。よく来てくれたね!!(ギル)」
(だってお前が呼んだんじゃん)


CM明けはvestigeから始まった。
ミーティア聴きたいなぁ。

ミネルバに「ステーションワンで守備隊がAAとエターナルと交戦。
月艦隊とミネルバは支援に行くように」って指令が入る。

「ア・・・アークエンジェル・・・?!(アーサー)」

アーサーいい仕事しますねぇ。

「あ゛いつら゛ぁぁぁぁぁ!!!(イザーク)」
「でぇも連絡無いのは当たり前だぜ?俺達はザフト軍なんだからな、やっぱり(ディアッカ)」

イザークとディアッカの出番はそこそこありますけど、私は触れません。
シンとレイが個人的にメインなので、手が回らない・・・。
一言、「オレが出る」のイザークは滅茶カッコよかったです。


「どうしたね?何だかあまり元気がないようだが(ギル)」
「あ・・・いえ・・・(シン)」(だってアンタHOMOでしょ?)
「また大分体裁体裁体裁体裁体裁体裁・・・(ギル)」
「はい・・・(シン)」
「確かに、体裁体裁体裁体裁体裁体裁体裁・・・。
戦うばかりの世界ももう終わる。いや終わらせてくれというべきかな?君達の力で。(ギル)」

「今、レクイエムのステーション1がAAとエターナルに攻撃されている」
「えぇ?」
「私がアレで体裁体裁体裁体裁体裁・・・」
「でも仕方ありません。彼らは言葉を聞かないのですから(レイ)」

オレはもう、世界をそんなモノにはしたくない・・・!


「レイ・・・(シン)」


その頃主役のお二人は。

「アスラン!!」
「あぁ!!」


やってくれた!!見事に掛け合い漫才だ。


「君はどうかな?シン・・・(ギル)」
「オレは・・・」

オレはクローンだからな。
キラ・ヤマトという夢のたった一人を作る資金のために俺達は作られた。
恐らくはただ出来るという理由だけで。
だが、その結果のオレはどうすればいいんだ・・・?
父も母もない。オレはオレを作った奴の夢など知らない。
人より早く老化し、死に至るこの身が科学の進歩の素晴らしい結果だとも思えない。

もう一人のオレはこの宿命を呪い、全てを壊そうと闘って死んだ。
だが誰が悪い?誰が悪かったんだ・・・?
オレ達は誰も皆、この世界の結果の子だ。

だから、全てを終わらせて還る。
オレ達のような子がもう二度と産まれないよう。だから、その未来はお前が守れ。


「はい!オレもレイと同じ思いです!」

これは倫理の問題じゃないだろうか?
私はコレを聞いて、レイにも罪は無いけど、キラにも罪はないと思うな。
だって二人ともそう望んで生まれたわけではない訳で。
クローンでも人権があるだけいいと思います。

レイとクルーゼは細胞的に兄弟、というか同一人物だったのね。
もう一人のオレ
的確な表現だ。

そのうち「相棒」って呼んでデュエルと言う名の「カードバトル」しちゃってね。
実は名前を忘れたファラオだったりね。



なんだかミネルヴァVSAA臭くなってきた。
ネオ(一応)が暁で出ました。

「ザフトの誇りにかけて、今日こそあの艦を撃つ!(タリア)」

昨日キーーーンって言ってた人ですがねぇ。
このミネルヴァVSAAはタリアVSマリューでもあるね。
この二人、戦争関係なく出会ってたら、互いによき理解者になれると思う。
お互いにお互いを認めてるだけに、女の意地で負けたくはない
でも認めた人だからこそ闘いたくはない。
そんな感じかなぁ・・・?

ルナがでたぞ、インパルスゥゥゥ!!(不安

「インパルス!!お姉ちゃん!!(メイリン)」

この子もAAに乗ってたら知らぬ間にラクス派になってた。

「これでいいのよね?これでいいのよね?シン!!!(ルナ)」

この子も相当迷ってる。
シンと同じく、漠然と自分がやってる事って正しいのかって感じてるんかね?

てかそんなこと語ってる場合じゃなかった。
メイリンの気配でメイリンのこと考えてぼーっとしてたら、ルナお姉ちゃんピンチ!!

飛ばされた・・・。


ミネルヴァはタンホイザーです。コレしかないです。

動くとエターナルに当たっちゃう。
犠牲になるAA。覚悟を決めろ!と思ったら。


まさか・・・・。


まさかよね・・・・???



何このデジャヴ・・・・



「AAはやらせん!!!」



やっぱりーー!!


来ちゃったね。自分が壊れそうなのに、ね?


SEEDよろしく盾になってAAを庇うムゥさん。
この人、やっぱり本能で動くんですね。

「マリュー・・・」(ここ、エコーで)

全てを思い出したムゥさん。

「大丈夫だ!もうオレは何処にも行かない!終わらせて帰ろう、マリュー」

あー!!感動的な記憶喪失終幕だ!!
このままスルーされるんじゃないかと思った。
だってもう時間がないから、ムゥまで手が回らない・・・。


その頃の主役のお二人は。

「アスラン!!」
「あぁ!!」



またやってる・・・。



「少しは休めたか?(レイ)」
「あぁ、大丈夫だ。状況、ミネルバは・・・?(シン)」
「ミネルバも奮戦したようだが、ステーションワンが落とされた。今はこちらに向かっているAAを追撃している」


「ミネルヴァ!デュートリオンビームを!!このまま行きます!(ルナ)」


「心配しなくてもルナマリアは無事だ。もっと信じてやれ。彼女は強い。」

レイ先生の恋愛相談!!
レイもルナを心配して、そいでもって信頼してるって感じがしてきた!!今頃!!

「お前が救ってやるんだ・・・あの国を。そう言うことだ。(レイ)」


レイが今までのバレル値を一気に暴落させるいい人になっちゃった・・・。
個人的には優しいレイは割と好きなのでいいんだけど、死亡率が心配。
最後にいい奴だったなぁって感じにして死んだときに涙を誘う作戦だったら許さねー!

ネオジェネシス発射。

なんでも新しくなったら「ネオ」つけりゃいいってもんじゃないと思うけど、

ネオジェネシススゲ━━━(゚Д゚;)━━━!!


んなわけでレイとシンが出撃です。

早速アスランとキラにエンカウント!

「さぁ、今度こそ消えていただこう。ラクス・クライン!!(ギル)」

ギルが黒く言ってる頃、主役の二人は。


「アスラン!!」
「あぁ!行くぞ、キラ!!」



まだやってる・・・。

何度目だ、これ!



「キラ・ヤマト・・・お前の存在だけは許さない・・・!!」

最後クルーゼとダブりましたが。


来週はいよいよ最終回。
もう1年たったのかぁ。(しみじみ)

30分で何人死ぬんだろう・・・?