ウッディさんをみて一瞬でも保志さんを思い出した私に天罰を・・・。

てかウッディさんの声、うえださんじゃん!?
マジマジスゲー!!
鈴に誘われて入った路地で出会った女の子。
その子に託された手紙。

メールが主流になった今でも、手紙は時間と場所を越えて思いを届けてくれるんだよね。
って事でとりあえず郵便屋さんに住所を調べて貰うことに。

ネオ・ヴェネツィアは夏真っ盛りみたい。
だらける灯里に背後からこそっと近付いてアイスで冷っとさせるアリシアさんが素敵。
冷たいもの食べるとキ〜〜〜ンってなるんだよね。

郵便屋さんが来てくれたけど、やっぱり宛名の住所はないみたい。
昔、その宛名と同じ地名があったけど、あり得ないって言う郵便屋さん。
そこは、アクアがまだ水で満たされる前に地下の氷を掘るタメの「開拓基地」。
干からびた大地のアクアに海を造ったパイオニア達の場所。
凄く遠いその場所。自力ではいけなそうな灯里。

そこへ社長のねこまんまセットとアリシアさんの足つぼ職人が!
アリシアさんの日常が垣間見れる瞬間・・・。
意外とアリシアさんって生活感あるんだよなぁ。

それを届けてくれたのはうえだ・・・ウッディさん。
所々に慈郎を感じるのは最近テニスを見たからか??
遠くの開拓基地に行くにはシルフのウッディさんのエアバイク。

藍華とアリスの見送り(でっかい世話焼き込み)でいざ出発。
パンツ丸出しって藍華が言ってたけど、
あの制服、結構裾がしまってるように感じたけどスリットがきわどいんだね(笑)

灯里の足が滑ったら墜ちるなってバイクでしたけど、途中でスピードあげたら風圧で喋れないわ。

さて辿り着いた場所はお墓・・・?
海中には既に沈んでしまった開拓基地。
届ける術を模索する二人の元に花屋さんからバイクを借りたアリシアさんとアリア社長が!

「ペーパーだから街は危なかった

コレ、結構怖い爆弾発言・・・。

ともかくお墓の一つに宛名の人と同じ名前があった。
消印となくなった年が一緒みたい。
カードリーダーで手紙を届けることに。
再生した手紙は、ずっとずっと昔、アクアに夢を見てやってきた新婚さんのもの。
この人達の努力で今のアクアはあるみたい。

夢もとっても素敵だけど今すぐ会いたい。
そんな奥さん。

メールも良いけど手紙もね!
そんな郵政民営化の一コマ。