エプロンハジ!
庭師ハジ!
バラ持ったハジ!

でもヘタレ・・・・。

諏訪部様は出なかったけど、ハジが面白かったので良し。
コレだよ!コレを求めていたのだよ!!
ベトナム。

金の鳴る学校の廊下でお喋りする生徒に注意をする女性の後ろには小夜。

「今年の秋はずいぶんと暑いわね」

ミズ・リーのメガネって羽子板の罰ゲーム?

バラに視点がが移るんですが、ハサミを持ったハジの手があってもいいと思うんだ!

ホテルで目覚めるカイ。
テーブルの上にはパスポートとカードとメモ。

「このカードで戦車も買える」

ってことで、フロントに問い合わせても"連れ"は先にチェックアウトしたとのこと。

「やられた・・・(カイ)」
「置いてかれたの??僕たち(リク)」

早速寄宿舎の自分の部屋に連れてこられた小夜。
同部屋の「ミン」はミーハーみたいだ!
ポスターがたくさん貼ってあるし、リラックマのぬいぐるみが!

ミンはいない様子なのでミズ・リーが学園の時間について喋ってます。
小夜のベッドにクマのメモ帳が。

"く"が逆さまだったり"ね"がおかしかったり、"ミソ"になったりしてるカード(笑)

デタ―――(゚∀゚)―――― !!

眼鏡っ娘!!
ドジしたら「てへっ」って言って自分にげんこつしちゃう子!!(←先入観)


「カード見てくれた??日本の字調べるの大変だったんだから!(ミソ)」

とか言ってるお前が日本語を流暢に喋ってる矛盾・・・。

いよいよクラスに入った小夜。
やっぱミソは勝手に喋らせろキャラか!

って後ろの方でなんか盛り上がりが。
ピアスを開けた子に周りは興味津々。

「規則違反じゃなくて?(アンナマリー)」

それに異を唱えたのが金髪の女の子。
ミズ・リーのお気に入りのチクリ屋さん。

トイレにてデヴィットさんへ報告してる小夜だけど、ミズ・リーがやってきた!
規則違反でケータイは没収・・・だけど、季節はずれの転校生に今回は大目に見てもらえるみたい。

「全然戻ってこないからファントムに攫われちゃったかと思った(ミソ)」

ファントムはリセが修道院だった頃ロゼという修道女がいた。
ファントムの呪いで薔薇が咲かないこの土地に、努力の末薔薇を咲かせた。
そのロゼの姿とバラに心を奪われたファントムはロゼにプロポーズ。
「青いバラを一輪くだされば貴方の元へ参ります」って言うロゼ。
ファントムは青い薔薇を探して世界を回るが見つからない。
薔薇が見つからないまま月日が経ち、ロゼはこの世を去った。
ロゼの死に涙するファントム。その最後の一滴から青い薔薇が咲いた。
その薔薇をロゼの墓前に捧げると消えてしまったファントム。
それ以来、小夜のような黒髪の子が来ると青い薔薇を捧げてどこかへ攫ってしまう・・・。

今でもファントムは薔薇の咲く三日月の夜に鐘楼に現れるという。

「それでね、私はね!あの人がファントムだと思うの・・・・(ミソ)」


まっ・・・・ま・さ・か・・・!!

ハジ―――(゚∀゚)―――― !!

手にハサミを持ったハジ―――(゚∀゚)―――― !!

ピアノのメロディにのせてハジ!


「ね?メチャメチャかっこいいでしょ??最近入った庭師なの!!
あの人が入来てからもうみんな大変なんだから!!」

他の女子生徒からも黄 色 い 悲 鳴 ! !

薔薇を持ったままこっち見た!!

「彼がファントムなら永遠の愛なんてイクラでも誓っちゃう!!」

私も―――!!

ポカーンな小夜。

「彼の薔薇を持った姿、すっごく決まってるじゃない!」

薔薇を見つめるハジ。

「オメェ、そぉれ切っちゃダメだろー(ベテラン庭師)」
「・・・・・・(ハジ)」

「あっ・・・アレでも・・・?(小夜)」
「それでもイイ!かっこよければなんだって許されるのよ!ファントム様なら!
私を攫ってぇぇぇ!!(ミソ)」

私も攫ってぇぇぇぇ!!!

「でもファントムなんて噂でしょ?」
「ここの卒業生から聞いたんだけど、10年前に青い薔薇が送られてきて行方不明になった子がいるんだって」

ハジ様、鼻下から顎にかけてのラインが妙ですけど(ニコ)

食べまくる小夜。
話の内容からカイの事に。
カイのため小夜を買収するミソ(笑)
カイとの未来に脳内バラ色〜**

紹介して欲しいらしい小夜の兄さんはベトナムに捨てられました・・・(めそ)


理事長先生はアルさんの飴友達、アオザイ・カール。
ミズ・リーの話を強制終了(笑)

いい声だー佐々木さぁぁぁん!

ハジと喋る小夜に他の生徒の羨ま視線が(笑)
それを影からこっそりな理事長。

理事長!瞬きしないと目が乾くぅ!

「コレを・・・。お守りです。リセの中では刀を持ち歩く事は出来ませんから」

青い薔薇が咲くところ知らない?

「自然界に青い薔薇は存在しません」

ファントムは青い薔薇を捧げるんだって!

「ファントム・・・」

授業に行くからって別れるハジと小夜。

「ハジ!その服似合ってるよ!!っふ!」

エプロンを持ち上げるハジ。

アッハ―――(゚∀゚)―――― !!

小夜に誉められたからこれから飽きてもエプロンだぞ、ハジは(笑)
できればオプションでハジに丸メガネを・・・。


就寝の二人。
小夜のベッドに潜り込むミソ。もう少しお喋りしない??

「小夜はキスしたことある?」

ハジとのキスを思い出して赤面。

「あるんだー!いいなぁ。キスしたことないの、クラスで私とアンナマリーだけなんだよ!」

それは寂しいな(笑)

「キスって言ったって事故みたいなモンで・・・」

ハジーー!!
事故で済まされてるぞー!
まぁ、ハジも草灯も第1話でキスしちゃうからね!

「ところであの庭師のファントムは?」
「ダメ!絶対ダメ!!レベル高すぎる〜!」

(笑)

麗しのハジ様!!

ミソ!お前の横で照れてる女はファントム様とのキスを思い出しての赤面だよ(笑)

鐘楼に乗り込む小夜。

ファントムが現れた!!

どう見ても瞬きしない理事長だけどね。

小夜ピンチ!
ハジが来るハジが!!

ってキタ―――(゚∀゚)―――― !!

どうやって上がってきたんだろう?お得意の飛行術かな。
ファントムと戦うハジ!!
軽やかハジ!!

ハジハジハジハジハジハジハジハジハジハジハジハジハジ・・・

ファントムが高らかに笑って去った後には青い薔薇が。

はぁ、ハジ祭り(笑)
また追加しますが、一応こんな感じ!