「間違ったやり方で得た結果なんて意味が無いのにっ・・・!」

噂のジンさんですね。
悪夢のBLOOD+を思い出してしまった・・・・_| ̄|○

いや、しかし「解読不能」っていいタイトルだね(笑)
今回ばかりは歌詞の一部さえ聞き取れなかったよ、ハニー。


さ、本編本編!

シャーリーのお父上の葬儀から。
みんなの前では気丈に振る舞うシャーリーに、黒の騎士団を肯定したことを詫び心配を。
スザクは一人苛立つ。

「戦況を混乱させる」ってアスランさんも仰っていましたね。


そして気を遣った会長によってシャーリーはルルと二人きりに。

「キスだけして貰ったって嬉しくないのにね・・・」

雨の中でのキスを詫びるシャーリー。
彼女はキスだけして貰っても、と去っていってしまう。



追いかけろ、男なら!!



相変わらずヘタレだな、ルルーシュ。

シャーリーとキスしたことをC.C.はチェリーボーイって罵る(笑)
ヤキモチですか??

「私を失望させるな」

そんなC.C.の言葉にサンライズ恒例のシャワーシーン。
自分への苛立ちを壁にぶつけるルルさん。

<s>どうせならスザきゅんかその中の人のシャワーシーンがみたいですよね。


さ、スザきゅんは次の任務に指名された。

「殲滅でありますか?!」


どこのシン・アスカだ、スザきゅん!!!



チェリーがついにベル化したことに爆笑。



黒の騎士団とブリタニア軍が再び作戦開始となる時。
ヴィレッタからルルーシュが黒の騎士団に関与していると聞いたシャーリーは彼の後を追っていた。

いよいよブリタニア軍が動き出す。
日本解放戦線がどんどん追いつめられていく中、スザクも一方的な殺戮に絶望する。

ゼロからの指示が全く無いことに苛立つ黒の騎士団だったが、
ルルーシュは流体サクラダイトを爆破し自爆に見せかけ、その隙にコーネリアのいる本陣に攻撃。

ナイトメアの起動前だったコーネリアは焦る。
ゼロは絶好のチャンスだったが、その場にシャーリーを見つける。
そしてそこにやって来たのはランスロット。

「結果ばかり追い求めて他人の痛みが分からないのかぁぁぁぁ!!」
「平然と命を囮にする、お前はタダの人殺しだっ!!」
「どうしてお前は無意味に人の血を流す!?」
「お前がいるからぁぁぁぁ!!」


どこのシン・アスカだ、スザきゅん!!!



もうね、ルルとのやり取りに腹がよじれるかと(笑)
スザクがっていうか中の人が頑張って叫んでると思うとおかしくておかしくて・・・・。

ベルのシンは結構叫んでるシーンとか見慣れてしまって、どんな顔してるのか想像つくんだけど、
チェリーの方はどんな顔してこんな高い声で叫んでるのか気になってしまった・・・。

いや、いいね。
シン・アスカもチェリーがやったらいい。←え?



ゼロをやっつけたと思って気を抜いたスザきゅん。(こんなところまでシン・アスカ(笑))
後ろから迫るカレンと戦闘に。

さて、ランスロットにやっつけられたゼロさんですが、そこにシャーリーが。
たまたま転がっていた銃を手にするシャーリーは、
黒の騎士団の・・・って事でコックピットから飛び出したルルに銃口を向ける。
しかし、その時にルルの額から流れ出た血をみて引き金を引くことを躊躇ってしまう。


いやぁ、今週はある意味面白かった。