「おかげで99%はスッキリしました」

月がキラだったとして。
現在、キラであった記憶を無くしている月は、自らの意志でキラの能力を火口に渡した、という推理になる。

さて、Lは松田の命をかけた作戦を考える。
それは火口に疑われている松田だから出来ること。

失敗すれば松田の命がないとのことで、松田に決行は委ねられた。


松田がその案を飲んだので、決行されることになる。
時に月がミスをして火口がキラであることを奈南川らに漏らしてしまうが、作戦に協力して貰うことに。

決行されたそれに、火口はシナリオ通りに動いていく。
海砂の事務所に松田の本名を荒々しく尋ねてきた。