April 18, 2011

睡眠不足のリスク~事故のニュースから

4月18日午前、栃木県鹿沼市で小学生6人が亡くなる痛ましい事故が起きました。

朝の通学中の小学生の列にクレーン車が突っ込むという事故。
まだ事故の原因、事故当時の運転手の様子などは分かりません。

サービス業、運送業、建設業などで起こるこのような事故の原因として
スピードの出し過ぎ、飲酒運転、よそ見運転など様々な原因が考えられます。
飲酒運転は論外ですが、原因の一つに睡眠不足からくる居眠り運転があります。

睡眠不足が慢性化すると、集中力・判断力が低下、
精神状態が不安定になり、イライラ感を抱くようになります。
そして、その状態が続くことが運転中の居眠りにもつながります。

毎日の残業、帰宅後の遅くまでのテレビ、パソコン、長電話やゲーム、
また、睡眠薬代わりの寝酒や寝る前のタバコが睡眠の質を下げ、
睡眠不足の原因となっていると考えられます。

サービス業、運送業、建設業などドライバーを擁する企業は、
睡眠不足がもたらすリスクを把握し、対応する必要があります。

今日からでも事故防止のために出来ること。
一つは就寝前の過度の飲酒(寝酒)を止めることの徹底をお勧めしたい。
寝酒は寝つきを良くしますが、眠りを浅くし、睡眠の質を下げます。
恒常的に続けると、体に耐性が出来、飲酒量が増えることになります。
お酒を飲むと緊張をほぐし、リラックスすることが出来ます。
飲むならば、夕食時に飲むか、寝入る前の2、3時間前までに済ませるようにしましょう。

もう一つは昼間の短時間睡眠、昼寝をすることです。
どうしても睡眠不足になりがちならば、昼寝を積極的に取り込みましょう。
昼食後、昼休みに10~15分と決め、短時間の睡眠をとりましょう。
頭がスッキリして午後の仕事の効率を上げることが出来ます。
午後3時以降や30分以上の睡眠は避けてください。
頭がボンヤリして逆効果になります。

事故は悲劇であり、企業にとって最大のリスクです。
ぜひお試しください。

このような事故の再発防止になればと思い記事にしました。


下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://sleepwellwell.sblo.jp/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/



lovelovelablab at 18:27|PermalinkComments(5)TrackBack(0) 経営 

April 15, 2011

住まいの素材選び~無垢フローリング

快眠を得るためには、住まいの環境整備を行うことも大切です。
今回は住まいの中で直接触れることの多い床材、
その床材の中から木の床材の選定ポイントをご紹介します。

私は健やかな生活をお客様に提供したいとの考えから、
床の木材には自然素材である無垢のフローリングをお勧めしています。

無垢材とは、その名の通り木の良さをそのまま活かした木材。
触れると肌触りがよく、冬の寒い日でもあたたかみを感じます。
積層材や集成材と違い、接着剤を使っていないので、有害物質を出しません。
梅雨時や夏には湿気を吸い湿度を抑え、乾燥した冬には適度な湿度を保ち、
過ごしやすいだけでなく、結露やカビの発生も防いでくれる調湿作用があります。
適度な断熱性があることもメリットの一つです。
これらは“健康に良い住まい”“快眠のための住まい”を考える時、とても大切なこと。

無垢材には、使ううちに反ったりするデメリットもありますが、
時とともに色合いが変化し、味わい深くなる魅力には代えられません。

一般に床材は直接床に座る(床座)のであれば畳、
椅子を用いる(椅子座)ならば木やコルクのフローリングが使われますが、
最近では木のフローリングに直接座る生活スタイルも珍しくありません。

床の木材選びは、部屋の使い方を同時に考える必要があります。
直接床に座るのであれば、杉などのやわらかい針葉樹の木材を選び、
椅子に座るのであれば硬い広葉樹の木材を選びます。

やわらかな木材は、転んでも怪我をしにくいといったメリットがありますが、
逆に傷つきやすい、汚れやすいといったデメリットがあります。
硬い木材はその逆のメリット、デメリットがあります。

寝室であればベッドで眠るのか、布団を床に敷いて眠るのかにより
木材選びを行う必要があります。

色調も素材そのものの色を活かすことも出来れば、
自然塗料で好みの色に塗装することも出来ます。

快眠のための寝室内装リフォームも珍しくなくなりました。
人生の3分の1を過ごす寝室。
素足で歩いても暖かい、肌触りの良い無垢フローリングで快適に過ごしましょう。


下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://sleepwellwell.sblo.jp/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/



lovelovelablab at 16:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) デザイン 

April 14, 2011

職場のBGM~リラックス・ミュージックで仕事に集中!

皆さんの職場は、心をリラックスさせ仕事に集中できる環境でしょうか。

私は仕事中にリラックス・ミュージックのCDを流しながら仕事をしています。
心地よい自然界のサウンド、やさしいインストゥルメンタルのメロディが
気持ちを落ち着けてくれて、仕事に集中することが出来ます。

組織的な職場であれば、心がリラックスすることで
周囲とのコミュニケーションと顧客への対応が良くなり、
また、業務効率が上がることで業績アップにつながるでしょう。

どの職場でも、毎日の仕事をこなしながら、
発生する問題にも対応しなければなりません。
経営者なら尚更イライラしてしまうものです。
心地よいBGMを流すことで、心のリラックスを心がけましょう。

昼の仕事がスムーズに進むと、早く帰宅することが出来、
夜のリラックスタイムが余裕を持って得られます。
気持ちよく心と体を癒し、快眠を得ることで、
翌日も精力的に仕事に取り組むことが出来ます。

昼夜を通じて心をリラックスさせることで、
日々の生活や仕事に良いサイクルを作りましょう。
職場へのリラックス・ミュージックの導入。
ぜひお試しください。



下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://sleepwellwell.sblo.jp/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/



lovelovelablab at 15:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経営 

April 13, 2011

自睡のススメ~リフレッシュ・スリープ

昼食後から午後2時前後にかけては、自然と眠気を感じる時間帯です。

職場であれば、外に出て日に当たりながら軽く散歩をしたり、
コーヒーや紅茶、緑茶などでカフェインを採りながら
仲間や同僚と楽しくおしゃべりをするのも眠気覚ましに良いでしょう。

眠気覚ましに最も良いのは、10分から15分ほどの短時間睡眠をとることです。
眠る前にコーヒーやチョコレートからカフェインを採れば、
気持ちよく目覚めることが出来るでしょう。
ただし、30分以上の睡眠や午後3時以降に眠ることは避けましょう。
頭がスッキリしなかったり、夜の睡眠に影響が出ます。

職場の自分の席で少し眠ることで頭をリフレッシュさせ、
午後の業務効率を上げることが出来ます。
私たちは、自分の席で睡眠することを“自睡”とし、
短時間睡眠のことを“リフレッシュ・スリープ”と呼んでお勧めしています。

問題は、睡眠は無益な時間という考え方が根強く残っており、
ましてや職場で昼寝をするなど・・・と思われがちなことです。

午後に眠気に襲われることは自然なこと。
眠気をリフレッシュ・スリープで解消することで、
企業であれば午後の業務効率を上げることが出来、
学校や学習塾であれば、学習効率を上げることが出来ます。

経営者、組織責任者が考え方を見直し、
戦略としてリフレッシュ・スリープを導入することをお勧めします。


下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://sleepwellwell.sblo.jp/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/



lovelovelablab at 12:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経営 

April 09, 2011

桜の季節

DSC05963 - コピー

先週末の九州は桜が満開でした。

明日は湘南も花見日和になりそう。

寒い冬の次は、暖かい春が必ず来ます。

皆さん、明るく前向きに頑張りましょう!


下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://sleepwellwell.sblo.jp/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/


lovelovelablab at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

March 18, 2011

がんばろう日本

DSC05665 - コピー

地震から一週間が経ち、
ようやくブログを更新する気持ちになりました。

3月11日の本震では、私が住む藤沢でも長く大きい揺れを感じました。
その後も毎日のように余震が続いています。

携帯電話の付属カメラで撮影した映像でしょうか。
今回の地震では、現実に起こったこととは思えない
街を襲う津波の生々しく鮮明な映像が多く残されています。
あまりにも衝撃的で地震後2、3日は放心状態だったような気がします。

被災地は地震被害、津波被害を受け、
今も原発被害や水、食料、物資の不足で苦しんでいます。

ここ藤沢でも、一昨日から計画停電が始まり、
食料品、日用品の買占めやガソリン、灯油の不足が起こったりと
地震の影響が出ています。

いま日本は戦後最大の危機状態にあります。
そして、転換点でもあると考えます。

これだけの大規模、広域の被害では、経済的、物理的にも
地震前の状態に戻るのには時間が掛かります。

価値観、人と人との関わり方が大きく変わらざるを得ない時。
様々な場面で人が関わり合いを持ち、助け合うことが大事です。

昨日は中小企業家同友会の物資援助に協力してきました。
写真はその帰り道、渋滞中の車から見かけた看板。

『がんばろう日本』
何度も通った道ですが、今までは気付きませんでした。


下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://sleepwellwell.sblo.jp/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/


lovelovelablab at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

March 07, 2011

家族で回転寿司

DSC05453 - コピー

家族で寿司を食べに行きました。

私たちが行く寿司屋は、カウンターが回っています。
今回入った店は『スシロー』です。

先日、カンブリア宮殿でも取り上げられていたこともあり、
どんな仕組みがあるのかを確かめにいきました。

客の立場からみた良かった点、良くなかった点を挙げます。

良かった点
・タネが新鮮で美味しい。
・価格が安い(ほぼ全品¥105)

良くなかった点
・タネ、シャリ共に小さい。
・給湯口などの設備が使いづらい。
・注文のシステムが煩わしい。

私たちがよく比較するのが、同じくカンブリア宮殿に
取り上げられたことがある『くら寿司』です。

こちらも良かった点、良くなかった点を挙げます。

良かった点
・注文がしやすい。システムが良い。
・設備が使いやすい。
・価格が安い(ほぼ全品¥105)

良くなかった点
・『スシロー』の方がタネが新鮮に感じた。

妻はタネの新鮮さで『スシロー』を推し、
私は注文のしやすさで『くら寿司』の方を推しました。

両社を比較すると、力を入れている点が違うことが良く分かります。

それにしても息子の食べっぷりには驚きました。
7歳にして10皿以上。
積み上がっていく皿が気になり、
私も妻も落ち着いて食べることが出来ませんでした。


下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://sleepwellwell.sblo.jp/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/


lovelovelablab at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経営 

月曜日の朝はスッキリ!

コピー ~ P8140231

今日は月曜日。
皆さんはスッキリ目覚めて、気持ち良く一週間のスタートを切れたでしょうか。
月曜日の朝にスッキリ目覚めるためには、週末の目覚め方によります。

眠気を誘発するホルモン、メラトニンは目覚め後、
太陽の光を浴びてから14時間後に分泌され始めます。
ですから眠りたい時間の14時間前に起きて光を浴びることが重要です。

平日は毎日早起きしているのだから、
週末ぐらいは時間に縛られずに、いつまでもベッドの中でゴロゴロしていたいもの。
ですが前述したように、朝の光を浴びないと寝入る時間が遅くなってしまう。
すると月曜日の目覚めに影響し、スッキリ起きられないことになります。
そうならないためには週末も平日と同じ時間に起き、しっかりと朝食を食べ、
規則正しい生活を送ることが大切です。

『寝だめ』という言葉がありますが、眠りを貯めることは出来ません。
寝過ぎは目覚めの爽快感を損ない、憂うつ感をもたらすこともあります。

週末の朝にもう少し眠りたい人は、余分に寝る時間を1~2時間程度に留めましょう。
平日よりも3時間以上長く眠ってしまう人は、平日の睡眠時間が足りないことも考えられます。
平日に寝入る時間を30分でも早めて体の様子をみることをお勧めします。



下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://sleepwellwell.sblo.jp/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/


lovelovelablab at 12:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

February 27, 2011

建築設計者の責任を考える(シックハウス症候群)

ここ数日暖かい日が続いています。
特に昨日からは風も強い。
スギ花粉が飛散し始めたようです。
花粉症の私はくしゃみ、鼻水が出て、目が痒い。

花粉症はアレルギー症候の一つ。
くしゃみや目の痒みのために判断力が低下し、意欲も落ちます。

建築設計者として関わりの多いアレルギー症候に
シックハウス症候群があります。
欧米でシックビルディング症候群(Sick Building Syndrome )と呼ばれていましたが、
日本では新築住宅の住人に頭痛・めまい・倦怠感・湿疹・呼吸器疾患などの
症状が見られることから、シックハウス症候群と呼ばれています。

10年ほど前、小学校の設計・工事監理業務を通じて、
シックハウス症候群(ここではシックスクール症候群)の調査、対策に関わりました。
いくつかシンポジウム等にも参加して、
シックハウス症候群の患者、その家族の声を聞くことも出来ました。
その苦しみや切実さは、想像以上のものでした。

その後、その現状を踏まえ建築基準法が改正され、
原因のほとんどといえる建材もそれに準じるものに変わりました。
10年前に比べると良くなったとは言えますが、完全ではありません。
新築住宅には、有害物質排気の目的で
24時間換気設備の取り付けが義務付けられていますが、
私は有害なものを建物内に持ち込まない考え方が大切だと思います。
構造材から仕上げ材、家具や設備使用材までを吟味する必要があります。

花粉症が原因の判断力の低下の中でシックハウス症候群を思い、
改めて建築設計者の責任の重さを考えました。


下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://blog.livedoor.jp/sleepwellwell/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/


lovelovelablab at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

February 23, 2011

ニュージーランド地震被害を見て

コピー ~ DSC06852

昨日、ニュージーランド南島で発生した地震では、
現在、死者が75名、行方不明者が300名と報道されています。

日本人も23人が行方不明。
ご家族の気持ちを思うと胸が苦しくなります。

現地の様子を映像で見て建物の壊れ方に驚きました。
特に日本人留学生が中に閉じ込められているといわれている
英会話学校校舎は、コア部分を残して完全に崩壊。
瓦礫の山だけ見れば、とても6階建ての建物が建っていたとは
思えないほどの壊れ方です。

ニュージーランドも日本同様に地震国。
日本との耐震技術の情報交換は盛んなようです。
それでもこのような被害が出てしまったのは、
古い建物に耐震化が進んでいないことなどがあるでしょう。

先月、国交省から日本各県における住宅耐震化率が公表されました。
全国の平均は79%で、最高は東京の87%です。
私が住む神奈川県は耐震化率が高く、
85%の住宅の耐震化が進んでいます。

問題は耐震化の済んでいない15%の住宅です。
この15%は、住人が古い住宅に住む高齢者だったり、
耐震改修をしたくてもできない人ではないかと思います。

85%を100%に近づけるためには、
これまで以上に積極的な行政の助けが必要だと感じました。


下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://blog.livedoor.jp/sleepwellwell/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/


lovelovelablab at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

February 20, 2011

今考えても仕方がないこと、今しなくてはいけないこと

コピー ~ DSC01920

朝のラジオで昨年無実判決が出た村木厚子さんのインタビューがありました。

覚えのない容疑で逮捕されるという稀有な経験の中でも、
本人は冷静を保てたとのこと。

『3分ほどはくよくよするが、すぐに気を取り直せる。』
その理由について、子育てをしながら仕事をしていたからといいます。

『今考えても仕方がないこと、今しなくてはいけないこと』
を常に考える癖がついていたようです。

逮捕後に考えたことが、
『自分は変わったか?何かを失ったか?』だったそう。
そして、自分は無実であるとの信念を貫けたとのことです。

日々の企業経営の中では、思いもよらないことが起きます。
限られた時間の中で仕事をこなすには、
『今考えても仕方がないこと、今しなくてはいけないこと』
との発想は、ぜひ活かしたい。

仕事の効率を上げるには、その時々の素早い判断が必要。
明日からこの発想を実践してみたいと思います。


下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://blog.livedoor.jp/sleepwellwell/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/


lovelovelablab at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経営 

February 18, 2011

眠れていますか?

コピー ~ RIMG0221

昨日、神奈川県中小企業同友会の交流昼食会にて
講演をさせていただきました。

『眠れていますか?~不眠のリスクと快眠の工夫』をテーマに
約50分の講演でした。

簡単な睡眠の基礎知識の解説の後、
不眠の原因や影響、快眠を得るためには何をすべきか、
また、企業のリスクやその対策は何かをお話いたしました。

8名の方に参加していただき、
メモを取りながら熱心に聴いていただきました。

平日のお忙しい中、ご参加いただき心より感謝いたします。

終ってみると50分はあまりにも短い。
まだまだお伝えしたいことが沢山ありました。
それが心残りでした。


下記のサイトもぜひご覧ください。


快眠情報サイト:眠りと健康情報ぷらざ
http://www.biody.info/

快眠コンサルタントの情報ブログ:SleepWellWell
http://blog.livedoor.jp/sleepwellwell/

建築家パパの子育てブログ:papa!revolution
http://blog.livedoor.jp/paparevolution/


lovelovelablab at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経営 

February 15, 2011

目覚めると雪景色

DSC05274

今朝、目が覚めると外は雪景色でした。

息子と娘は大喜び。

息子は雪合戦がしたくて、早足で学校へ向かいました。

私にとっても湘南に移り住んでから初めての雪。

日課の掃き掃除はサボってしまいました。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 22:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

雪と江ノ電

DSC05262

昨日は同友会青年部報告会に出席しました。

報告会が終わり、会場を出ると外は雪。

東京都心では2センチの雪が積もり、

3年ぶりのことだそうです。

写真は雪の中の江ノ電。

夏の江ノ電は、イメージしやすいですが、

冬の江ノ電は珍しいのではないでしょうか。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 08:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

February 13, 2011

ヘタでいいヘタがいい

コピー ~ RIMG0406

絵手紙作家の小池邦夫さんのインタビューを聞きました。

小池さんは次のように手紙を書くことを薦めます。

・綺麗に書くことにこだわらなくていい。

・思うこと感じることをそのまま書けばいい。

・間違ったら線を引けばいい。

書きなれるとスルスルと書けるといいます。

私も数年前からハガキを書く癖をつけています。

慣れてしまうとスルスルと文章が出てきます。

送る相手のことを考えると自然とペンが動きます。

手紙・ハガキは、人と人をつなぐ最良のコミュニケーションツール。

皆さんもひと言書き添えるだけのハガキから始めてみてはいかがでしょうか。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 11:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

February 09, 2011

ホームの安全を考える

コピー ~ RIMG0169

先月、JR目白駅で目の不自由な男性がホームから転落死する事故が起きました。
全日本視覚障害者協議会の調べによると、
目の不自由な人の約半数がホームからの転落を経験し、
全く目の見えない人の3分の2が転落を経験していることが分かりました。
この事故や調査結果を受けて、JRでは点字ブロックをより分かりやすいブロックに
取り替えることにしました。

点字ブロックは2種類、線状の突起がある『移動の方向』を示すものと
点状の突起がある『注意』を示すものがあります。
改良されたのは『注意』を示す点状ブロック。
これまでの点状ブロックは、36個の突起がある方向性を持たないものでした。
今回、取り替えられる新しい点状ブロックは、突起数を認識しやすい高さの24個に減らし、
方向性を示す線状突起が1個付いています。
この線状突起が点状ブロックのホームでの位置とホーム内側の方向を示します。
今までは、点字ブロックのどちら側が線路か分からずに転落する人が多かったそうですが、
新しい点字ブロックではその不安は解消されそうです。

その他に駅のホームでの安全対策として求められているのが、
ホームドアの設置とホームへの駅員の配置。

ホームドアについては、JR山手線の駅や地下鉄のホームには採用されていますが、
設置予定も含めて、まだまだ不十分な状況です。
問題は、様々な種類の車両が停車するホームの場合、
車両ドアの位置、大きさが違うためにホームドアの形状、サイズが決められないことです。

このような駅の場合、ホームを新設または大規模な改修をする時に、
列車とホームドアの間に通路スペースを設けることは出来ないのでしょうか。
乗降客が多い駅ではホームの幅が広くなりますが、安全性は格段に上がります。
停車する車両を選ばず、安全確保のための駅員配置が出来ない場合には有効です。
費用がかかることとホームの面積増加がデメリットではありますが、
安全性が確保され人身事故が減り、安全運行による鉄道会社の信用度が上がることが
メリットとして考えられます。

視覚障害者の人だけでなく、鉄道を利用するほとんどの人が、
列車の出発・到着時、通過時に危険を感じていると思います。

多くの人が鉄道を利用することは、CO2削減や道路の混雑緩和にもつながります。
国が鉄道会社に助成金を出して補助することも必要ではないでしょうか。

様々な人が利用する駅、安全対策がなされた駅が増えることを望みます。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 16:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) デザイン 

February 06, 2011

情報中毒・コミュニケーション中毒

コピー ~ DSC01022

一週間ほど前のラジオでこんな話題がありました。

現在、情報中毒・コミュニケーション中毒になっている人が多い。

多くの人が一日中パソコンに向かっています。
パソコンを使い、常に情報を得て、
人とコミュニケーションしていないと不安だと言います。

健全なコミュニケーションとは、人と会う、現場に行く、一人で考えることなど。

ある企業はパソコンを共有にしました。
パソコンに頼らず、自分で考える癖をつけるためです。

ある機械設計事務所では、新入社員にはCADを使わせない。
まずは自分の頭で考え、手描きの図面で感覚を鍛えます。

ITは道具、便利さと同時に弊害も出てきました。

私にも思い当たる節があります。
毎日、長時間をパソコンの前で過ごしています。
ITは所詮道具、と分かっていても頼りきっている自分がいます。

特にCADを使用した設計作業では、作業効率は良くなりましたが、
感覚的なものが置き去りされている気がします。

例に挙げられていた企業のように、
頭や手で考える部分と効率的に作業を進める部分をうまく使い分け、
活かしていくことが大事だと思います。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経営 

February 05, 2011

出張&里帰り

DSC04506 - コピー

娘を連れて九州に出張&里帰りしてきました。

3泊4日の日程、娘にとってはこんなに長くママと離れるのは初めて。
でも一度も『ママ~!』とは泣きませんでした。
我慢していたのかな?頑張りました。

私が仕事をしている間は実家の両親に預けていましたが、
可愛がってもらい楽しかったようです。

私にとっても色々な方とお会い出来て、実りの多い出張でした。
まだまだ会いたい方がいたり、行きたい所もありましたが、
時間に限りがあり叶わず、残念でした。

次回は休暇を取り、家族で里帰りしたいと思います。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

January 30, 2011

チームプレイが大事

コピー ~ DSC00416

サッカー日本代表、アジアカップ優勝おめでとうございます!

終始押され気味の試合でしたが、最後まで勝利にこだわったことが勝因ですね。

ザッケローニ監督も代表監督就任後、初の仕事で成果を出し、
ホッとしているのではないでしょうか。

もう一つの勝因として挙げられるのが、代表チームのチームプレイ。
故障などでの離脱者が多い中、控えの選手たちが活躍しました。
次々と若い選手が登場し、結果を残す様を見て、
チームの状態の良さ、競技に向かう環境の良さを感じました。
そのチーム作りには、ワールドカップ以降の良い雰囲気に加え、
ザッケローニ監督のリスクを犯しても攻めていく前向きな姿勢の
後押しがあるようです。

企業組織もチームプレイが大事。
チームメイトを信頼し、明確な目標に向かうことが必要でしょう。

私はいま、チームメイトと同じ目標に向かって走り続けています。
毎日のように壁が立ちはだかりますが、チームプレイで乗り切っています。
チームメイトには、いつも感謝しています。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経営 

January 29, 2011

“白くて丸いテーブル”は必要

コピー ~ RIMG0470

ラジオニュースで教職員の休職者増加について特集していました。

ひとつの事例として、自殺してしまった新人教員のエピソードが語られました。

生徒数が100名程度のある小学校での話。
この学校の教員は授業間の長い休み時間中、
生徒を見る教員以外は職員室にある“白くて丸いテーブル”に集まり、
授業の様子やお互いの悩みなどを話し合っていたそうです。

ある年校長が代わり、テーブルの撤去を指示しました。
その後は教員同士の交流が減り、人間関係がギクシャクし始めました。
やがて教員たちは自分のことで手一杯になり、
他の教員のことなど気に掛けないようになりました。

新人教員はそんな状況の中に赴任してきました。
問題の多いクラスの担任になり、相談する相手もいないまま、
段々と孤立し、一人で悩みを抱えこむことになります。

そして、抑うつ症と診断され、自ら命を絶ってしまいました。

新人教員の遺族は、“白くて丸いテーブル”があれば、
命を落とすことはなかったかもしれない、と考えたそうです。

この話はある小学校のエピソードですが、
他の自治体、企業の職場にも置き換えられる話です。

そして、どの職場にも“白くて丸いテーブル”が示すような空間や
人間関係を築き、悩みを話し合い、ストレスを緩和するための機会が
必要ではないでしょうか。

職員、従業員が気持ち良く働ける労働環境づくりは、
自治体、企業にとっての最も有効なリスク対策と言えます。
その取り組みには総合的、多角的な見方が必要です。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経営 

January 28, 2011

花粉症対策はお早めに!

コピー ~ RIMG0295

このところ全国各地で寒い日が続き、まだまだ春は遠いように感じます。
その待ち遠しい春も花粉症の方にとっては憂鬱かもしれません。

花粉症の症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ。
症状に悩まされ続けると不眠の原因にもなります。

今年春の花粉飛散予想によると青森県以北、鹿児島県以南を除く地域で
例年並みか、多いとの飛散予想が出ています。
飛散量の少なかった昨年春に比べると2倍から10倍の量のようです。

花粉量は前年夏の気候の影響を受けるため、
昨年の猛暑の影響で、東京都心で5倍、関東全体では7倍と予想されています。

昨年より花粉量が増えるため、今まで症状がなかった人に症状が出たり、
軽症だった人が重症化するおそれがあります。
そのため、早めのセルフケア、花粉症対策が必要です。

対策の注意点は次の通りです。
・メガネ、マスクを着用し、花粉の付着、侵入を防ぐ。
 メガネ、マスクとも隙間の無いものを選ぶこと。
 マスクは使い捨てのものにすること。
・髪の毛への付着防止のための帽子も、
 花粉が付きにくい素材のもの(ナイロン地など)を選ぶ。
・帰宅時に体に付いた花粉をしっかり落とす。
 入浴して洗い流すのも良い。
・花粉飛散情報をチェックし、飛散量が多い時は換気などをしない。
 花粉が室内に入ったら掃除をする。
・夜間も遠方からの花粉が飛んでいるので窓などの開閉に注意する。
・花粉の飛散時期は、布団や洗濯物を屋外に干さない。

花粉の飛散情報は、インターネットで見ることができます。
情報サイトはいくつかありますので、それらを見て判断してください。

薬局でも、マスクやメガネ、鼻栓など、様々な花粉症対策グッズが出始めています。
それぞれの通勤、通学、生活環境に合わせたものを選びましょう。

心配な方は、症状が出る前に医療機関に相談するのも良いと思います。

飛散量が多いことで幼児への影響も心配されます。
小さいお子様をお持ちの方は、注意してください。

今年の花粉飛散量は例年並みか、それ以上で昨年の数倍、
早め早めの花粉症対策を心掛けましょう。



下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 09:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

January 26, 2011

鉄道模型バー

コピー ~ DSC00045

先日、藤沢駅前の鉄道模型バー“ジオラ・バー”に行ってきました。

サッカーの日韓戦をライブ中継をしていたこともあるのか、客は私ひとり。
一人でたっぷりと大型レイアウトを楽しんできました。
その後、訪れた客と国鉄車両の話で大盛り上がり。

かなり鉄分の高い店でした。

鉄道模型バーは、“バー銀座パノラマ”が有名ですが、
同じコンセプトの店が近所に出来たことは嬉しい。

今月いっぱいで閉店する近所の模型店が正月から半額セールをしています。
セール開始早々売り切れたのは、鉄道模型。
色々な話を聞くと、鉄道模型ファン層はかなり厚いようです。
ネット上のショップも多く、オークションでも活発に取り引きされています。

来月は横浜で電鉄会社や鉄道模型メーカーが出展する
“ヨコハマ鉄道模型フェスタ”が開催されます。
私も楽しみですが、息子からも連れて行けとせがまれています。
鉄道模型ファン層の厚さを実感してきます。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

January 24, 2011

いま上海では

コピー ~ DSC01083

NHKのニュースで上海に見る経済発展を特集していました。

女性ファッションや高速鉄道、次々と建ち上がる高層ビル群。
どれをとっても急成長する中国経済を表していました。

私が真に危機感を持ったのは、週末の書店の風景。
子供の参考書を買い求める親たちの姿でした。
『いま子供に投資しないと後悔することになる』
『子供だけが希望だ』

またビジネススクールで学ぶ若い男性も追っていました。
2年間、妻とともに貧しい生活に耐えながらの学生生活。
十分なビジネススキルを身に着けての就職が待っているようです。

発展著しい沿岸部だけの話かもしれません。
また、報道に多少の脚色もあるとは思いますが、
すでに就航している高速鉄道や立ち並ぶ高層ビルを見る限り、
成長の勢いは本物。
圧倒されました。

日本ではどうか、自分はどうかと考えると
少しノンビリしているように感じます。

負けられない。
明日からダッシュを掛けなければ。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 21:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

January 22, 2011

プロダクトアウト・マーケットイン

DSC04099 - コピー

先日の神奈川県中小企業家同友会の定例会での報告者は、
神奈川県相模原市の株式会社大丸製作所の杉田社長。

大丸製作所は、杉田社長の父の代からの製罐・板金業が主事業。

今回の報告は、2001年から始めた極厚バーベキュー鉄板の製造・販売、
バーベキュー用品一式のレンタル事業についてでした。

社長自身のアウトドア好き、バーベキュー好きから思いついた新事業。
初年度は、わずかだった売上も右肩上がりで急成長。
バーベキュー用品一式レンタルも好調のようです。

様々な鉄板の中で、自信作として売り出した商品が思いのほか売れない。
その時に実感したのが、プロダクトアウト・マーケットインの考え方。

企業・販売者の都合や思い入れを優先する(プロダクトアウト)のではなく、
消費者の立場やニーズを基に商品企画・開発を行う(マーケットイン)ことを
重要視する考え方です。
プロダクトアウトは、製造業に限らず陥ってしまうことが多いのではないでしょうか。

私もいくつもの建物の設計提案をしてきましたが、クライアントの要望を
最優先にしてきたかと問われると、自信のある返事は出来ません。

大丸製作所のホームページにある極厚鉄板の写真を見ていると、
なぜかバーベキューをしたくなる、肉が食べたくなる。

新事業を始めたことで従業員のモチベーションも上がり、
取引先からの評判も上々とのこと。

杉田社長、貴重なお話をありがとうございました。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経営 

January 21, 2011

失敗は必要

コピー ~ RIMG2432

NHKのニュースで元気な企業として
関東で野菜直売店“わくわく広場”が取り上げられていました。

今では関東に数10店舗を構えるようになりましたが、
ここまでの道のりは楽ではなかったそう。

10年前に親から書店を引き継いだ高品社長。
相次ぐ大型書店の出店で、一時は数10億の負債を抱えることに。

その後、ホームセンターやカラオケ屋など
様々な事業を起こしましたが、どれもすぐに撤退。

数年前に見よう見まねで始めた現在の野菜直売店が大当たり。
九州で生活していた私にとっては珍しくない業態なのですが、
関東では目新しかった、というのも成功の一因ではないでしょうか。

高品社長は言います。
『100掘った穴のうち、一つでも当たればいい』
『失敗しなかったら会社が立ち行かなかった』

失敗があったから、今がある。

口で言うのは簡単ですが、大変な道のりだったと思います。

行動しなければ何も始まらない。
失敗を恐れず行動しなけば!
改めてそう思いました。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経営 

January 19, 2011

年賀状に一言

コピー ~ RIMG0085

皆さんはお正月にどのくらい年賀状をいただきましたか。

私はお世話になっている人、お世話になった人、友人から
素敵な年賀状をたくさんいただきました。
ありがとうございました。

私が社会に出てすぐの頃は、年賀状といえば、
手書きのものが主流でした。
その後、パソコンとプリンターが一般家庭に普及して、
自宅で年賀状を印刷できるようになりました。

時間も手間も掛からないし、キレイに仕上がる。
字が下手な人も悩むことはありません。

しかし、何か素っ気ない感じがする。

私は印刷された年賀状でも、必ず一言書くようにしています。
印刷では書けない、送る相手へ伝えたい一言。

自分が受け取った時も、一言があると嬉しいし、
差出人に会いたくなります。

昨年末に出した年賀状は、図案を散々悩んだ挙句、
一言どころではない、文章だけの年賀状になりました。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 15:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然日記 

January 18, 2011

デザイン業=サービス業

コピー ~ DSC00754

雑誌AXISの特集記事で
ドーンデザイン研究所:水戸岡鋭治氏のインタビューがありました。

印象に残ったのは、ドーンデザイン研究所では、
新人は掃除・接客などが主な仕事であるということ。

水戸岡氏は、デザインはサービスである、との考えから
新人に積極的にトイレ掃除やお茶汲み係に就かせているとのこと。

私はこの考え方に共感するし、正しいと思います。

デザインはクライアントがいて、その要望に応え、
そして、成果を挙げることで成り立つもの。

経験からデザイン=サービスであると私は考えます。

優秀な建築家やデザイナーは直感で理解していること。

また、これまで数多くのクライアントに会ってきましたが、
デザインに対する大きな誤解があることに驚かされました。

誤解を解く、良い仕事を心掛けたいと思います。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) デザイン 

January 17, 2011

阪神・淡路大震災から16年

コピー ~ DSC02129

今日1月17日で阪神・淡路大震災から16年になります。

今でもあの日の第一報の映像を見た時の衝撃は忘れられません。
街から何本も立ち上る黒煙、横倒しになった高速道路の姿。
SFのような光景が淡々とテレビに流れていたことを覚えています。

調査によると、2050年には65歳以上の人口が現在より60%増え、
大地震発生時の犠牲者の数が想定より多くなるとの予想があります。

また全国の4,950万戸の住宅のうち、約20%にあたる1,050万戸は
十分な耐震性能を満たしていないとのデータもあります。

耐震性能を満たしていない住宅の持ち主は高齢者が多く、
『高齢なので必要性を感じない』
『費用が出せない』
『信頼できる業者がいない』
などの理由で補強工事を行っていないようです。

住宅の耐震性向上のメリットは、大きく三つが挙げられ、
・地震時の住宅倒壊による死者を減らす
(阪神・淡路大震災では、死者の83%は住宅倒壊によるもの)
・倒壊による火災発生を減らす
(建物の全壊率と火災発生件数の関係より)
・住宅を失った被災者を減らし、復興を急ぐことが出来る
などがあります。
ほかにも建物の倒壊を防ぐことで、救助・救援も行いやすくなります。

耐震対策では静岡県が最も進んでおり、
耐震診断費用の無料化、補強費の一部補助、
建築士などの専門家が相談を派遣するなどのサービスを行っています。

住んでいる住宅の耐震性に不安を抱く人は多いと思います。
これから増加し、地震の犠牲者となりやすい高齢者についてはなおのこと。

建築士をはじめ建築の専門家は、
『どうしたらよいか分からない』
『誰に相談すればよいか分からない』
といった不安をなくす取り組みを急ぐ必要があります。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 08:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) デザイン 

January 15, 2011

危険なブロック塀の対策進まず

発生から明後日1月17日で16年が経つ阪神・淡路大震災。
震災時、倒れてきたブロック塀で14人が亡くなったことが
確認されていますが、正確な被害は分かっていません。

NHKが全国の74の自治体に対しブロック塀の地震対策について
アンケートを採ったところ、およそ65%にあたる48の自治体が地震時に
倒壊の恐れのあるブロック塀の調査を行っていないことが分かりました。

調査を行っていない理由で最も多いのは、
『住宅の耐震などを優先し、手が回らなかった』というもの。

阪神・淡路大震災以降、既存住宅は耐震性能の調査・改修、
新築住宅は耐震性能の向上が図られていますが、
ブロック塀はあまり注目されていなかったように思います。

様々な要因でブロック塀にクラックが入ると
そこから入った雨水などにより中の鉄筋が錆び、強度が低下します。
また、建物同様、ブロック塀にも建築基準法上の規定がありますが、
規定通りの施工がなされていない場合もあるといいます。

自宅や近所のブロック塀の安全性が心配であれば、
建築の専門家や自治体に相談されることをお勧めします。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 22:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) デザイン 

January 13, 2011

自分を売り込む

コピー ~ RIMG0240

今日のカンブリア宮殿のゲストは、自転車アサヒの下田社長でした。

20代で親の玩具店を引き継いだのはいいが、3年間は来客が無し。

玩具店から自転車販売店への転換を図りました。
始めたことは近所のお客様への挨拶。

自分を売り込むことから始めた、と言います。

私も今、人脈なし、実績なし、ノウハウ無しで新事業を始めたところ。
同様に自分を売り込むことから始めています。

大変ですが、これも下田社長と同様、
やりがいを感じるし、商売をしていることを実感しています。


下記のブログもぜひご覧ください。


建築家パパの子育てブログ 
papa!revolution

lovelovelablab at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 経営