メモリープレイスが4月23日に新装開店しました!
http://www.memory-place.jp/

初日からたくさんのご来店、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。


商品紹介を兼ねて、イロイロなテクニックをご紹介したい・・
と常々思っていたのですが、なかなか時間がとれず・・・・
これからはちょっとずつでもアップしていきます〜

題して、
「メモリープレイス」スクラップブッキング・オンライン教室 ★無料★です!
(有料のオンライン教室も時々開催してますので、一応、分けておきますね。)

    ↑↑
    と、昨日書いたのですが、どうもしっくり来ないので、
    「メモリープレイス」テクニック・アイディア集 に変更しました。  
    メモリープレイス別館「大好き!スクラップブッキング」の
    「テクニック・アイディア集」のページで、目次のように
    コンテンツを集めてます。
     http://www.memory-place.com/idea-technique.htm   
    2007年4月24日、追記。
   

まず今回は、UTEEの使い方テクニック
雪、氷、水などを表現するのにピッタリです。(夏、冬、どっちのテーマでもOK)
UTEE商品ページです。↓
http://www.memory-place.jp/SHOP/7951049.html


■用意するもの
 ★UTEE http://www.memory-place.jp/SHOP/7951049.html
 ★タイディトレイ http://www.memory-place.jp/SHOP/7951221.html
 ★エンボスヒーター(ドライヤーではできません・・)
 ★バーサマーク(ツキネコ・こどものかおから出てます)

 あると楽しい↓
 ★アルファベットスタンプ http://www.memory-place.jp/SHOP/7951098.html

 ★他、UTEEを使いたいペーパー、フレーム、レイアウト。
 ★タイトルやフレームにスタンプインク(サンプルでは白やブルー系を使用)
 ★ダンボール箱


UTEEは「Ultra Thick Embossing Enamel」と言って、粒子が大きい
エンボスパウダーです。

他のエンボスパウダーと同じように、スタンプインクで押した
部分など、べたついたところにくっついて、それをエンボスヒーター
などのヒートガンで熱すると、パウダーが溶けてくっつきます。
粒子が大きい、という特徴を生かして、イロイロと面白い効果
を作ることができます。


では、実際に作ってみたもののご紹介です☆

■その1
UTEE-FUN






  作り方
  1.「FUN」のアルファベットスタンプをネイビーのインクパッドを
    使って水色の紙の上に押す。

      ●アルファベットスタンプは、
       スクラッピィ・キャット アクリルスタンプ フローラルアルファベット
       を使用。
       商品ページ。↓
       http://www.memory-place.jp/SHOP/7951098.html


  2.(1)が乾いたら、文字の回りに「バーサマーク」(ツキネコ)を
    直接こすりつける。バーサマークはかなりべたべたしてるので、
    パウダーがくっつきやすいです。テキトーにあちこち塗りつけるのが
    よいです。

  3.(2)が乾く前にUTEEをふりかける。「タイディトレイ」の上に紙を
    置いて、その上からたくさんUTEEをふりかけてください。
    バーサマークを塗った部分にパウダーがくっつきます。
    「タイディトレイ」に残ったパウダーは、トレイの注ぎ口からまた
    UTEEのジャーに戻せるので、経済的です!
 
      ●タイディトレイの商品ページ。↓
       http://www.memory-place.jp/SHOP/7951221.html


  4.エンボスヒーターで上から熱して、パウダーを溶かします。
    UTEEは粒子が大きいので、粉が飛び散ります。
    ダンボールの箱の中などで熱するのがお勧め。

  5.必要に応じて、(2)と(3)を繰り返す。


画像左側の水しぶきみたいに見える部分は、上のプロセス1度だけです。

画像右側の、氷が割れてるみたいな部分は3回繰り返しました。
途中、UTEEがまだ熱いうちに、ビースも乗せました。
熱いうちならビーズもくっつきます。
3回繰り返して、熱が完全に冷めてから、紙をまげてパリパリっと
割りました。


■その2
去年の8月に、「Craf」千葉そごう店で講習を開催させてもらった
時に作ったものです。夏のシーンでのレイアウト。

craf-12LO
craf-frame

このレイアウトのキットに白いフレームが入っていたのですが、
それに、青系のインクパッドをいくつかDTPして着色しました。
上にバーサマークを重ねて、UTEEをふりかけて熱しました。



■その3
2006年の2月に大宮で講習会を開催した時に作ったものです。
2月だったので、この時は「冬」のテーマで。

BRR-UTEEBRR-wet















タイトル「BRR」の文字を白くスタンプした後に、UTEEを3回重ねて
熱して、パリパリ割りました。
BRR-title











割らなければ、タイルのようにも見えます。
BRR-tile











UTEEは夏でも冬でもよくあいますね!

UTEE商品ページ
http://www.memory-place.jp/SHOP/7951049.html