7月15日・16日、ラブメモアカデミー・スクラップブッキング・スクール
http://www.lovemymemories.com/sbx3/academy.html
を受講される皆さんへ


「タイトルジャーナル」セオリーを担当してくださる中澤先生
より宿題が出てます〜

とても素敵な内容ですね!読んでるだけでワクワクしちゃいます
皆さんもどうぞはりきって準備しておいてください!



■ プロジェクトタイトル:「Precious memories」(12インチに描く‘自分探しの旅’)
■ 講師名:中澤千寿子
■ スポンサー名:株)サンーケイ
■ 担当セオリー:「タイトル&ジャーナルについて」

「タイトルやジャーナルは何のために書くの?」
このクラスではそれらの役割や大切さを、12インチのレイアウトを通して
発見、確認して行きます。

テーマの‘貴重な思い出たち’は あなたが今までに大切にしてきたもの
たちを、見つめ直し掘り下げることで、今ある自分の存在の立ち位置が、
はっきりと実感できるきっかけとなればと思い、組んだプロジェクトです。
あなたの宝物、‘BEST 10’は何ですか?あなたは何を大切に
していますか?自慢に思っているものや、かわいいもの、
いとおしいもの、誇れるもの、お守りにしてるものなどを、
身の回りから10項目選んでみましょう。
今まで大切にしてきたものを通して、それに関わってくれた人たちや、
それらへ込めた自分の思いが、くっきりとよみがえります。
そこから、(事や物や人)との内面の対話が始まることでしょう。
そしてそれを自分の言葉で書き留めてください。それはすばらしい
ジャーナルとなります。そしてクラスの中で12インチレイアウトに
‘思い’として記してくださいね。

レイアウトには、楽しい隠し立体!部分を、サプライズでつけました。
このスペースは名づけて「EXPLOREミニBOOK」。ここにあなたの大切な
宝物をしまってください。
フレーズを楽しみながら写真をアレンジしていく方法を学習します。

クラス当日までの宿題として、次のことを準備してきてください。

 Lサイズ写真1枚:→これは自分が大好き!尊敬している、
  憧れている、目指している人物。いわゆるファン的な人。
  (自分自身!それもあり!OKですよ〜)

◆.織4.4センチ・ヨコ5.9センチの写真10枚
 (ヨコ写真に限る・10枚全部使います。)
 (写真店でA4アルバムシートとして取り扱っているお店があります。
  A4のサイズに、上記サイズの写真が18枚綴りになっているので、
  オーダーの際に利用すると便利です。必ず10枚、このサイズに
  カットしたものを持ってきてください。
  →自分の宝物を写真に撮ったもの(人であっても物でもその他でもOK)
  セピアに焼くとまた良い味が出ると思います。
 
 上記写真への思いや理由やメッセージなどを箇条書きで
  まとめて来てください。

ぁー分の‘大好きな言葉’をひとつ

さてここまでで、いったいどんな写真にしたらいいのかしら?
という方に、ご参考まで私の例をお伝えしますね。

,蓮敬愛するシャンソン歌手のバルバラ。彼女のドラマティックな
歌も人生もすべて好き・・。好きが高じてなんと!肖像画まで描いてしまいました。

☆ まさに私の原点‘へその緒’
  ☆ 父のぬくもりがいつも感じられる‘愛用していた時計’
  ☆ 母の書いてた‘達筆な思い出ノート’―子供を思う気持ちが書いてある
  ☆ 二人のツーショットシルエット‘ピース編’
  ☆ 我が家のスーパースター、くまの‘くーちゃん’
  ☆ 大切な友人からもらった、家宝となっている‘17世紀ブルージュの精緻なレース’
  ☆ 30年以上一緒に暮らしてる、いい味わいの‘真ちゅうのアンティーク小物たち’
  ☆ 父が初めてプレゼントしてくれたアクセサリー‘ステンドグラスのペンダントヘッド’ 
  ☆ ちょっと内緒
  ☆ ちょっとヒ・ミ・ツ

写真を撮りながら、記憶への旅をしたり、出来事を回想したり、
まわりの人たちへの感謝をさらに強めたり、思い出し笑いをしてみたり、
アイスを食べたり(笑)と・・・。皆さんもいろいろ感じながら撮影してみてください。

 ジャーナルに関しては当日クラスで。

ぁ々イな言葉「あるがまま」

心の宝物の中に、私が20歳の時に大好きだった先生が、いつも語っていた言葉があります。
「I believe my dignity and self identity.」
自分の価値・存在を信じることはとっても大切。

私を支えてくれたこの言葉を、クラスの中でレイアウトを通じて、
みなさんとともに体感できたら素敵なことだと思います。ぜひ楽しい
時間を共有しましょう!

12インチの中にあなたの‘あるがまま’を描いてください。

当日は「タイトルの楽しみ方」や、「誰でも詩人になれる!?ジャーナル法」
などもアドバイスしていきます。

ではクラスでお会いできるのを心待ちにしていますね!


-----------------------

以上、中澤先生からのメッセージ&宿題でした〜!
受講される皆さん、よろしくーーー!!!