今日はシュリンクフィルムの使い方をご紹介します!


http://www.memory-place.jp/SHOP/109314/182702/list.html


shrink-clearshrink-matteshrink-white














7月のラブメモ・スクラップブック・エキスポ(ラブメモSBX)会場
に出展したメモリープレイスブースで、kinoさんにデモをしてもらった
ところ、大人気!イベント終了前に売り切れてしまって、ショップの
ほうでも何度か売り切れてましたが、再入荷しましたよ〜。

皆さんの中にも多分、昔、おもちゃ感覚で「プラ板」って遊んだ
ことがあるかたも多いと思いますが・・・・

メモリープレイスのショップで扱ってるのはアシッドフリーの
アーカイバル・セーフなものです!

ただ作り方によっては、先がとがったり、厚みが出たりするので、
写真の上に直接置くのはあまりお勧めではないかも?
その場合は、写真から離れた場所に貼ってください。
何度もプリントできる写真だったら(デジタルとかネガがあるもの)
そんなに気にしなくてもよいかもしれないですね。

パッケージはマット、ホワイト、クリアの3種類があります。
同じように作ってもそれぞれ雰囲気が違うのでおもしろいです!

個人的一番のお気に入りはマットかな〜。真っ白でもなく、透明でも
なく、ちょっと微妙な光沢があってとてもきれいだと思います。
ホワイトとクリアもそれぞれおもしろいですよ!

3種類、見てみてください。

shrunk-heart






右の大きなハートは、パターンペーパーにフリーハンドで書いて切って
テンプレートとして使いました。左3つはそれぞれスタンプしてヒート
した後の出来上がり画像です。元の大きさの20%くらいまで小さくなります。




では使い方の説明です!

■使い方
 1.シート状になってるので、パンチやダイカットで抜いたり、はさみで
   切ったりして好きな形にします。できあがりは元の大きさの約20%に
   縮みますので、出来上がりの大きさを考慮して形を作ってください。

 2.マーカーで絵や文字を書いたり、スタンプしたりして、好きな
   デザインにしていきます。(サンプルでは、スタンプインクはツキネコ・
   こどものかおのブリリアンスや、ステイズオンを使っています。)
   http://www.memory-place.jp/SHOP/7953417.html
   http://www.memory-place.jp/SHOP/7953425.html


   注意。文字や絵柄など、デザインによっては、先にそっちを作ってから
      切り取ったほうがやりやすいです。


 3.エンボスヒーターで暖めます。ものすごく熱くなるし、あちこち
   動いてしまうので、ピンセットか細い棒かなにかで押さえてくださいね。
   エンボスヒーターはこれです。↓ ヘアドライヤーは使えませんよ!
   http://www.memory-place.jp/SHOP/7953284.html

   emboss heater









      *エンボスヒーターをお持ちでないかたは、オーブンで暖める
       こともできます。エンボスヒーターのほうがお勧めですけどね。


   暖めてると、ぐにゃっとなってまた伸びます。
   伸びても多少ぐにゃっとしてるので、まっすぐにしたい時は、底が
   分厚いコップやスパチュラなどで押さえるとかして、平らにください。
   熱いので、やけどしないようにくれぐれも気をつけて〜!


   または下記の画像ようにぐにゃっとしたまま、チャームみたいな
   感じで使ってもカワイイと思います。ミニブックにぶらさげるとか。


shrunk-love













   平らにしたら、レイアウトにタイトルやアクセントとして貼ることが
   できます。


皆さんもかわいいのができたら、ぜひぜひ画像を送ってくださ〜〜〜い!
このページやメモリープレイスにのページにも掲載させて
もらいたいです♪