QLOOKアクセス解析

I'll Be There

with L.O.V.E. 愛だよ 愛!

アル・ヤンコビックの伝記映画決定

パロディ音楽家アル・ヤンコビック("Weird Al" Yankovic)の新しい伝記映画が制作決定。ヤンコビック役は『ハリー・ポッター』シリーズで知られるダニエル・ラドクリフ。
0119Yankovicの映画決定





この映画のタイトルは『Weird: The "Weird Al" Yankovic Story』。ヤンコビックが脚本、プロデューサー、主題歌を担当し、エリック・アペルが監督、共同脚本、エグゼクティブ・プロデューサーを務めます。

この映画は、米国のRoku Channelで公開される予定で、Funny or DieとTangoが共同制作します。

Rokuが発表したあらすじには、次のように書かれています

「この伝記映画は“Eat It”や“Like a Surgeon”などの初期のヒット曲で一躍有名になったことから、彼の激烈なセレブの恋愛事情や有名な堕落したライフスタイルまで、彼の人生のあらゆる面を探求しています。『Weird: The Al Yankovic Story』は、天才児から史上最高の音楽的伝説となったヤンコヴィッチの人生とキャリアを、観客が本当に信じられないような旅で紹介します」

ヤンコビックは声明で、「前作『UHF』が公開された1989年、僕は“33年ごとに時計仕掛けのように大作を公開する”とファンに誓った。スケジュールどおりに進んでいることを大変うれしく思うよ。ダニエル・ラドクリフがこの映画で僕を演じてくれることに、とても興奮している。この役が後世の人々の記憶に残る役であることは間違いない」と述べています。

Source:https://amass.jp/154543/

------------------------------------------
ヤンコビックというと思い出すのが
マイケルのSF「Beat It」や「Bat」を
「Eat It」だ 「Fat」だと揶揄するビデオを発表し
かつてはMJファンの敵?嫌われ者?wwでしたが
いや リスペクトが過ぎたのよ! と 最近はほほえましく 彼もMJファンの一人、伝道師wと認識

この映画でもきっとマイケル部分が出るのではと期待します
-------------------------

Beat It とEat It  比較映像   最後はちょっとスリラーというww
 

Bad とFat 比較映像


マイケルの「バッタ!」が聴きたい

新年早々 何言ってんの?との 突っ込みも当然ですが
こういう病気は出る時を選ばず…w

所で「バッタ」ってなに? ですよね
まぁ聴いて見て~


The Jacksons - Blues Away


ちなみに 歌詞です ホントにButです

I'd like to be yours
Tomorrow
So I'm giving you some time
To think it over today

But you can't take my blues away
No matter what you say, hey
You can't take my blues away
No matter what you say
What you say, hey, babe

Hey, babe
What's your thinking
No darlin'
It won't, won't change my mind

But you can't take my blues away
Now tell me what you say, babe
You can't take my blues away
No matter what you say
What you say, hey, babe

This way I feel
I know that's it's true
Because it's for you
You know that it's true
But you try to be
Hard to resist
I ask what it's for
You know you close the door
(No no, no no)
Yeah
(No no, no no)
Tell me what you say, babe
Say, yeah, babe
You can't take my blues away
Tell me what you say
What you say, yeah, babe

I've got the power
Doin' it out
Say anything
'Cause I've got this feeling
Say I
I've got the power
Come on
Yeah
Come on

--------------
なんか いい! (え? 賛同得られないかな・・・)


そしてもう一曲
Get It - Stevie Wonder with Michael Jackson 
1:04でいきなり割って入るマイケルの「バッタ!」
一回にも関わらず 脳内にとどまるこの存在感

そして その後マイケルが完全に乗っ取る!!!!



歌詞
[Verse 1: Stevie Wonder]
Miss Lady Girl
Is putting her love on the shelf
Cause she don't want
To be hurt by nobody else
She's taken her heart
And put it away under lock and key
But it's high time
Miss Lady Girl sets her heart free and gives her love to me, yeah

[Pre-Chorus: Michael Jackson]
But some think that diamond rings, fancy cars
Will make a big impression, yeah, ha! Dah
But I know that all she needs is my tender
Love and affection
Cause she still says
…以下略

歌詞には結構Butが登場しますが
何といっても 「バッタ!」が印象的!!

今日からあなたも「バッタ病」感染 重症にはなりませんが
忘れたころにぶり返しますのでご注意ください

また つまらぬことを書いてしまった・・・・(ルパンの五右衛門風に…)

Happy New Year 2022

new year











長年どっぷりマイケル熱の方も、
新たにマイケルの魅力に気づいちゃった方も
なんとなくマイケルが気になる方も

本年もどうぞよろしくお願いします
あい(愛)も変わらず マイケリング!!
132













-
------------------------------------

Jackson5のXmasアルバム

まずは 若きマイケルからグリーティングメッセージ


クリスマスソング聴くなら やっぱりこれでしょ
Jackson5 Xmas Album
1970-3 Christmas Album









01. あなたに楽しいクリスマスを
02. サンタが町にやってくる
03. クリスマス・ソング
04. 屋根に登ろう
05. フロスティ・ザ・スノウマン
06. リトル・ドラマー・ボーイ
07. 赤鼻のトナカイ
08. 予期せぬクリスマス
09. クリスマスに愛を贈ろう
10. 想い出のクリスマス
11. ママがサンタにキスをした

12. リトル・クリスマス・ツリー <ボーナス・トラック>
-------------------------------------------
え? 日本語表題じゃ わからない??w(あるあるですよね)
でも日本盤はボーナストラック入りですよ
はいはい こちら

1.Have Yourself a Merry Little Christmas
2.Santa Claus is Coming to Town
3.The Christmas Song
4.Up on the House Top
5.Frosty the Snowman
6.Little Drummer Boy
7.Rudolph the Red-Nosed Reindeer
8.Christmas Won't Be the Same This Year
9.Give Love on Christmas Day
10.Someday at Christmas
11.I Saw Mommy Kissing Santa Claus


Have Yourself a Merry Little Christmas


Santa Claus is Coming to Town


The Christmas Song


Up on the House Top


Frosty the Snowman


Little Drummer Boy


Rudolph the Red-Nosed Reindeer



セリフもかわいい
Christmas Won't Be the Same This Year


Give Love on Christmas Day


Someday at Christmas


I Saw Mommy Kissing Santa Claus


Little Christmas Tree



-----------------------------------------------------------
そして私の上げた駄動画ですが ボーカルのすばらしさがわかるこちらもどうぞ

Give Love On Christmas Day (Group A cappella Version)
こちらの音源は「Ultimate Christmas Collection 2009」に収められています



その 
「Ultimate Chistmas Collection 」
2009 Ultimate Christmas Collection
2009年10月発売








収録曲はこちらになります
1.Have Yourself a Merry Little Christmas
2.Santa Claus Is Comin' to Town
3.Christmas Song, The
4.Up on the House Top
5.Frosty the Snowman
6.Little Drummer Boy, The
7.Rudolph the Red-Nosed Reindeer
8.Christmas Won't Be the Same This Year
9.Give Love on Christmas Day
10.Someday at Christmas
11.I Saw Mommy Kissing Santa Claus
12.Season's Greetings from Michael Jackson
13.Little Christmas Tree
14.Season's Greetings from Tito Jackson
15.Up on the House Top
16.Season's Greetings from Jackie Jackson
17.Rudolph the Red-Nosed Reindeer - (Stripped Mix, remix)
18.Season's Greetings from Jermaine Jackson
19.Someday at Christmas - (Stripped Mix, remix)
20.Give Love on Christmas Day [Group A Cappella Version]
21.J5 Christmas Medley

----------------------------------------------

Jackson5のXmasビデオ

オフィシャルですと!

Santa Claus Coming To Town-Jackson 5 (Official Video)




------------------------------

Dangerous絵の未発表スケッチ

「Dangerous」ジャケットの絵を描いたマーク・ライデン氏が
デンジャ30thに当たり 今まで出さなかった考案下書きのスケッチを公開してくれました
Dangerousのジャケット 
マーク・ライデン








--------------------
マーク・ライデン氏のインスタグラムより(https://www.instagram.com/p/CWv5FGgv98S/)
30 years ago today, Michael Jackson’s “Dangerous” album was released. Here are my other sketches for the project. I’ve never shown these before. I had 5 days to come up with ideas. I feverishly worked that week and came up with one resolved design per day. The parameters I was given were to focus on Michael’s eyes, show the earth in peril, and include kids and animals. I was instructed the image could be scary, but should still be fun. This was the most exciting project of my life up to that point.
#MichaelJackson #Dangerous

訳:30年前の今日、マイケル・ジャクソンのアルバム「デンジャラス」が発売されました。このプロジェクトのために描いた他のスケッチです。今まで見せたことはありませんでした。アイディアを出すのに5日間の猶予がありました。私はその週に熱中して仕事をし、1日に1つの解決済みのデザインを出しました。与えられた条件は、マイケルの目に焦点を当てること、地球が危機に瀕していること、子供や動物を含めること。イメージは怖くても、楽しくなければならないと指示されました。それまでの人生の中で、最もエキサイティングなプロジェクトでした。


マーク・ライデン原画 From Mark Ryden's IG page-1















マーク・ライデン原画 From Mark Ryden's IG page-2














マーク・ライデン原画 From Mark Ryden's IG page-3















マーク・ライデン原画 From Mark Ryden's IG page-4














マーク・ライデン原画 From Mark Ryden's IG page-5-2














----------------------------------
ありがたや~

関連記事:

Dangerousのジャケット作者の話

Dangerousジャケ絵 作者が語る


そのほかの絵関連はカテゴリーArtからもご覧いただけます

----------------------------------

Shake Your Body(Down To The Ground)を聴き倒す

Shake Your Body (Down To The Ground)

1978年、The Jacksonsのアルバム「Destiny」のためにランディとマイケルによって書かれた曲

1979 Shake Your Bady元々8分以上のこの曲は 3分45秒にカットされシングル盤(7version)としてリリースされましたが
アルバムには完全版として8分03秒の物が収録されています






(12 John Luongo Disco Single Remix)ではまた違うシンセサイザーを含むアレンジとなっています


ライブを盛り上げる曲として 1979年のディステニーツアー、81年のトライアンフツアー、84年のビクトリーツアーでも演奏されていますし マイケルの87年Badツアー、2001年の30thライブでも演奏。
また幻となった2009年ThisIsItライブでもインストルメンタルの幕間として演奏される予定だったという事。
マイケルにとってライブといえばワナビーとこの曲で一気に盛り上げる印象があったんでしょうね
それに曲だけでなく あの独特の振り付けとか ノリが止まらなくなっちゃうっていうあの小芝居(すみません)も見どころですよね


TVバージョンで踊りをどうぞ 
このころの番組は口パクが多いので音源としてはシングルバージョンと思ってください
The Jacksons - Shake Your Body (Down To The Ground) TV


こちらはナマで歌ってます! 速度がやばい!
Michael Jackson - Shake Your Body - Live Yokohama 1987




ここからはいろんなバージョンを聴き比べます

シンセサイザーを含む違うアレンジとなっている
Shake Your Body (Down to the Ground) (12" John Luongo Disco Mix)



作り上げる工程、試行錯誤がみえる
Shake A Body (early Version)



Shake Your Body - Multitrack Version



最後に アルバムバージョンを
The Jacksons - Shake Your Body (Down to the Ground) (Official Audio)




一つ一つが長いので聴き比べるのも大変です お疲れさまでした

---------------------------------------------

We Be Ballin' をもう一度

10年前の記事↓ ですが また聴きたくなったのでぜひ

WE BE BALLIN'(you)

Billie Jean (Demo)を聴き比べる

Billie Jean …もう語りつくされているかなと思いきや
あまりにマイケルの定番すぎて意外とDemo盤をスルーしたかも(反省)
「Thriller Demo」という海賊版のアルバムもあるくらい
このころのDemoには美味しいものがごろごろあるのですが
今日はBillie Jean (Demo)を少し…
一口に言ってもこのBillie Jean (Demoナンタラ)が実にいっぱいあるんです
ちゃんとしたものから どっから出た?というものまで
Youtubeコメント欄には 「僕はビリジンDemoを90は持ってる」なんていう人も
私はそんなには入手してませんがそれでも二ケタはあるんですよね
その中から 今ヨウツベで聴けるものを聴き比べてみます
(順番ははっきり言って分からないので 突っ込まないでねw)

歌詞が違う ところどころメロディもちがう
Billie Jean (Home Demo)
  


Billie Jean (Rough Demo 2) Snippet



手持ちでマイケルがボイパやってるのがあるんですが 残念Youtubeにないんです
また見つけたら 貼りますね


Billie Jean [ Home Demo 1981]



※なんて言ってるの?とモヤモヤしますよね (リスニング弱!w)
レコーディング風景がちょっとだけ垣間見え マイケルの声が素敵!!
ここで歌われている歌詞を貼っておきます

Billie Jean [ Home Demo 1981]

More kick and Stuff in the 'phones I need
More bottom and kick in the 'phones 
(VERSE 1) 
Tell me what did your daugter say, 
d-d-doing doing say? ......... 
All of the time alright, I see, Alright 
All of the time Where we go, on the winds, in the wild 

She told me I was a Lonely man, 
and I Felt sad 
She called my name then she said hello, 
all them who died and I sit, in a cup, in a ride It 
Seems that you dun ber ber ber lee 
har har-thin and man but I say, it doesn't care for what you do 
careful what you do better cup a day hey hey hey 
(chorous) Billie Jean is Not My lover (underwear) she's Just a girl that say that I am the one (doyou know?) 
The kid is not my son hey hey hey 

Billie Jean is Not My lover (underwear) 
she's Just a girl that say that I am the one (doyou know?) 
The kid is not my son She say's I am the one (oh no) 
the kid is not my son hee hee hee
----------------------------

Billie Jean (with Unreleased Vocals)  4:50以降が違う





それでは 完成形!
Billie Jean (Official Audio)





-----------------------------------------------------
関連記事 

Thriller、収録アルバムで違う
-
-------------------------------------------------------


Unpluggedの世界

マイケルの声そのものを堪能したい!と一時アカペラを集めたこともありました
アカペラって いいんですがなぜか元の曲の音を脳内で再生してませんか?
私だけかな…w
先日 マイケルの曲をシャッフルで聴いていてドキッとしたのがUnpluggedバージョン
もちろん公式に出てはいません 
これがアカペラよりマイケルの声を感じることができるような気がしたので
今日はそれを聴いて見てください

Human Nature(Unplugged)



You Are Not Alone(unplugged)



Rock With You (Acoustic Version) Written by Rod Temperton



Billie Jean (Acoustic Version)


Ben (Acoustic Mix)



Give Into Me (Unplugged) Santana


もういっちょ
Give In To Me (Unplugged Version)


------------------------------------------------
おまけ>
アンプラグドとは

MTVアンプラグド
ボン・ジョヴィのジョン・ボン・ジョヴィとリッチー・サンボラの提案によって企画された、一流アーティストによるアコースティックを基調とするライブ番組。1989年に放送を開始。R.E.M.やニルヴァーナなど、普段のアーティストイメージとは異なる新たな側面の発見や、エリック・クラプトンやキッスなど、ベテランのアーティストへの再評価などが好評を博し、一躍MTVの看板番組のひとつとなる。番組本編は、1999年のコアーズ、アラニス・モリセット、シャキーラの出演を持って終了。以降は、MTVやアーティストの要望に応じて不定期に企画、放送する形態をとっている。(Wikiより)

・・・・・ということで
私もそのうちのクラプトンとかベビーフェイスとS・ワンダーの等大好きで
マイケルも晩年になったらやってくれるかなぁ~なんて思っていたので…
やってほしかったなぁ

アンプラグドに目覚めさせてくれた きっかけということで
大好きなこちらも置いておきます

Eric Clapton
Tears in Heaven (Acoustic) (Live at MTV Unplugged)

Babyface feat. Stevie Wonder - How Come, How Long

--------------------------------------------------------------------------------
関連記事:

レイラ~♪(エリック・クラプトン)

BABYFACE MTVアンプラグド


月別アーカイブ
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ポチッとな
プロフィール

ナタリー

ギャラリー
  • アル・ヤンコビックの伝記映画決定
  • アル・ヤンコビックの伝記映画決定
  • アル・ヤンコビックの伝記映画決定
  • マイケルの「バッタ!」が聴きたい
  • マイケルの「バッタ!」が聴きたい
  • Happy New Year 2022
最新コメント
どちらから?
free counters