昨日、「オペラ座の怪人」の話をしましたが
その4,5年後にマイケルにはこんな映画の計画がありました
これも結局 話が流れて 実現しなかったわけですが
マイケルの意気込み、構想の凄さを感じさせる話です


------------------------------------------


2002-08-29・・・の記事です

マイケル・ジャクソンがエドガー・アラン・ポー役で演技に挑戦?


Michael Jacksonが新作映画『The Nightmare Of Edgar Allan Poe』で怪奇作家Edgar Allan Poeの役に扮するらしい。映画は'49年に亡くなった作家の波乱の晩年をベースにしている。プロジェクトは現在進行中で、プロデューサーのGary Pudneyは今週初め、Jacksonと共に映画プロデューサーを探しているところとAccess Hollywood誌に語った。
The Nightmare of   Edgar Allan Poe(本人)The Nightmare of Edgar Allan Poe

 写真:ポーに扮したマイケル
(とよさんのご指摘でこれは合成写真だそうです)




写真:エドガ・アラン・ポー本人

    
Pudneyは、Jacksonはこのプロジェクトにとてもエキサイトしており、すでに演技指導のコーチを招き入れたと話している。「彼の演技の先生はMarlon Brandoだよ……彼はMichaelとすごく仲がいいんだ」

Jacksonはこの夏の映画『Men In Black II』にカメオ出演している。監督のBarry Sonnenfeldは、次のようにLAUNCHに話している。

「彼はこの映画にすごく出たがっていた。Michaelと僕は、お互いに電話で何度も話し合って、どんな役がいいか議論した。彼がこの映画でどんなことができるか、判断できなかったからね。でも、Will (Smith) は彼の出演をクールだと思っていたらしいよ」

Jacksonは監督のSonnenfeldに全編を通じて出演させてほしいと話し、なるべく多くのシーンに出たいと頼んだ。しかし、SonnenfeldはJacksonにこう言ったという。「“分かってると思うけど、脚本がすでに出来上がってるし、全編は無理だよ。映画には是非とも出てもらいたいが、全部は無理だ”って。そう言うと彼は、なるべく多くのシーンに出演したいって言うんで、それも無理だと答えた。そしたら“スーツは着られるかい?”って訊くんだ。僕は“いいよ”って答えた。彼は映画に出られるってことで、すごくはしゃいでたよ」

『Men In Black II』の中にはJacksonの台詞は数行しかなく、シーンは数分でおわっってしまう。撮影は簡単で時間もかからなかったはずだが、SonnenfeldはJacksonは何でもないその役にも真剣に取り組んでいたとLAUNCHに話している。

「Michaelが入って来ると僕はこう言った。“Michael、ここに立って。照明のチェックをしたいんだ。台本は持ってるし……台詞も覚えてるね。これはブルー・スクリーンだ。あとで何か入れるんだけど、こうしたら……。これはすごい。Greg、これでいいだろ?”僕はカメラマンにそう言ったんだ。“OK、これはすばらしい。35分くらい入れようか? なあ?”って。Michaelは“えぇと、そのシーンについて話をしないと”って言うから、“そうか。台本は持ってるだろう”って言うと、彼は“いや、Barry。お願いだから、話をしよう”。それで、“OK”ってことになったんだ」

Sue Falco and Steve Iervolino, New York (C)LAUNCH.com



いまジャクソンは先にどんどん進んでいる。 ニューヨークのホテルのスイートルームで座っているシャイで有名なポップスターはカリスマ的で喜びに溢れている、今後のプロジェクトについて話し合う彼は落ち着いた当たり前の人間で「明るい、ダンスミュージック、相互関係的なもの」と語るタイトル未定のCDの話。それと彼の兄弟達との再結成アルバムの話。そして次に彼が19世紀のライターを主演する「エドガー アラン ポーの悪夢」がある。
来年撮影が予定されている映画をなぜ彼がやるのか、「ポーの人生はとても興味深い」とジャクソンは言う。そして皮肉なしに付け加えて、「僕は安全を演じたりしないアーティストが好きなんだ」と。
--------------------------------------------------------


大衆的なスーパースターマイケル・ジャクソンは大きい予算の独立しているスリラーで多く飲む作家のエドガー・アラン・ポーを演じようとしています、米国新聞におけるレポートによると。
ハリウッドリポーターが41歳であると主張する業界紙はエドガー・アラン・ポーのNightmareで主題役を連れて行くでしょう。(ポーは、来年遅く、モントリオールで撃ち始めるでしょう)。


作家のエドガー・アラン・ポーは、1849年に死にました。それは、歌手が「長い間、彼の最初の主役を取る理想的な話を探していること」を示しました。

現在以前の彼の唯一の映画出演が1978年に助演俳優としてウィズにありました。(ダイアナ・ロスを主役にしました)。
また、ジャクソンはゲーリー・Lパドニーとジム・グリーンがいるプロジェクトで製作責任者になるでしょう。 現金でフランス、ドイツ、およびカナダからそれに資金を供給するでしょう。
ポー(ボストン(マサチューセッツ)で生まれた)は、浮き身、狂気、および超自然への妄想の魅力の後に1849年に40歳で死にました。


彼は詩、短い物語、および文芸批評によって最もよく知られていました。
1839年に書かれたアッシャア家の崩壊は彼の最も有名な話の1つです。
モルグ街の殺人は1841年代では最初の探偵小説であると考えられています。
物語だけでなく彼は詩人としても多くのものを残しています

「エドガー・アラン・ポーの愛」と呼ばれる20世紀フォックスの映画は、1942年に作られ、また1951年のMGMの映画の中でキャラクタとしては出たことがありますが
以前からポーは一度も主要な映画伝記の対象であったことがありません。

作家のフィリップ・レヴィン(エドガー・アレン・ポーのNightmareのために考えを思いついた)は映画脚本を書いていると言われています。(映画脚本はポーの死の前の週を覆うでしょう)。
ボルチモアでは、ポーの正確な死因はまだ謎のままです。 死の5日前に、意識混乱であることがわかりました: アルコールの犠牲者、心不全、てんかん--または、これらの組み合わせと考えられていますが 死因は特定されていません

------------------------------------------------------

多くがピーターパンのキャラクタと共にマイケル・ジャクソンの識別で作られましたが、故歌手には、彼の死亡記事にそれを作りかえなかった別の文学献身がありました: 彼は、エドガーアランポー熱狂者であり、長い間、恐怖作家に関する伝記映画に主演するのを計画していました。1978年のウィズでは かかしとして出演しています。

エドガー・アラン・ポーのデビル・ゾーンと呼ばれて、ヨーロッパ人によって資金を供給された虚栄プロジェクトはKing Of Popの夢でした。
「マイケルは、彼がこれの用意をし終わっている時まで、それが彼であるとだれもわからないだろう。」と、言いました。
共同製作責任者ゲーリー・パドニーは、2000年にUSAトゥデーのジーニー・ウィリアムズに言いました。 「新しいマイケルは映画俳優です。」 「それは彼が活力を注ぎたがっていることです。」 ジャクソンは「非常に怖い」としてスクリプトを断言しました。
そして、映画はミュージカルではありませんでしたが、彼は映画のエンドロールでポーの詩に基づく歌詞で歌を歌うのを計画していました。 プロデューサーのパドニーは、ジャクソンがプロジェクトに関してスティーブン・スピルバーグと話したと言って、数人の潜在的ディレクターについて提案しました、ティム・バートンも含んでいます。プロジェクトは熱心でした。 また、パドニーは、映画(ポーの仕事からのキャラクタは、彼の人生の最後の週に、作者を悩ますために戻った)が「大きい死亡現場」をジャクソンに与えると誇っていました。

--------------------------------