NEW WAY.NEW LIFE

Tomorrow Begins Today 明日は今日から始まる ダラダラ書きます

May 2008

ブログネタ
このアーティストこそロックだぜ!! に参加中!
[ASIAN DUB FOUNDATION]のライブを堪能したの続きですね
4fdf5636.JPG







ライブの頭の方かな
客席からステージに向けて中身の入ったビールが投げこまれた
缶自体はメンバーに当たりはしなかったけど、中身のビールがボーカルのアル・ラムジェンにかかっていた
ちょっとそれは無いだろうと、マナーが悪いだろうと
楽しいから横揺れしたり縦揺れしたりするわけだけど、ステージに物を投げこむのは危ない
やっちゃいかんだろうと思うわけで
そんな事が気になった

あとあれか、アクターベイターが[BUZZIN']を始める前に客席に向かって「曲名を当ててごらん」と呼びかけるけど、上手く反応出来なかったり

DJのサンJが煽ろうと事あるごとに日本語で「モリアガレ」と叫ぶ、ギターのチャンドラソニックが「サワゲ」と叫ぶ、こちらを楽しませ様と全力でやってる感があっただけに噛み合わない感じは残念

それでも非常に盛り上がったライブだったと思う

前座のTHA BLUE HERBも悪く無い、今踊ったら保たないと不動の姿勢をキープしようとするも体が揺れる
ラストのメッセージも良かった、リズムに合わせて語りを堪能する、そんな感じかな

[TA DEEM]の演奏を始める前にチャンドラソニックが10年前にFUJI ROCK FESTIVALで初めて来日したんだ、何て事を言ってた気がする

10年経ったんだ、これからの10年もちょくちょく来て欲しいな

[FORTRESS EUROPE]の前奏でドドドと客席が狂乱する様は何回でも経験したい、かなり気分が良い

ADF、圧巻のライヴをどうぞ



記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今夜は[ASIAN DUB FOUNDATION]のライブだったわけで

堪能しました


ASIAN DUB FOUNDATIONがFUJI ROCK FESTIVALに参戦するって事はこの気分をあと2ヶ月後にはまた味わえるわけですね、コイツは良い




記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今夜は[ASIAN DUB FOUNDATION]と直に始まるんですが、何か嬉しいニュースが

ASIAN DUB FOUNDATIONがFUJI ROCK FESTIVALに出る観たいです


こんな感じですよ

金曜日
【GREEN STAGE】
MY BLOODY VALENTINE / KASABIAN / BLOC PARTY / TRAVIS / くるり
THE PRESIDENTS OF UNITED STATES OF AMERICA / RODRIGO Y GABRIELA

【WHITE STAGE】
Bootsy Collins Tribute to the Godfather of Soul
GALACTIC featuring Chali 2na (of Jurassic 5) and Boots Riley (of The Coup)
EGO-WRAPPIN' / KATE NASH / JAMIE LIDELL / RYUKYUDISKO

【RED MARQUEE】
FEEDER / THE VINES / GOSSIP

土曜日
【GREEN STAGE】
UNDERW ORD / PRIMAL SCREAM / ASIAN DUB FOUNDATION / HARD- FI
THE COURTEENERES / eastern youth

【WHITE STAGE】
SIMPLE PLAN / THE BIRTHDAY / GOGOL BORDELLO / THE CRIBS
ASPARAGUS / 凛として時雨

【RED MARQUEE】
IAN BROWN / TRICKY / locofrank


日曜日
【GREEN STAGE】
忌野清志郎&NICE MIDDLE.... / ELLEGARDEN / BEN FOLDS
JAKOB DYRAN OF THE WALLFLOWERS / JASON MRAZ / MELEE

【WHITE STAGE】
THE MUSIC / ゆらゆら帝国 / THE BREEDERS / THE FUTUREHEADS
MYSTERY JETS / MONO

【RED MARQUEE】
CSS / BEAT CRUSADERS / THE GO!TEAM



嬉しくてたまらない



記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日は名古屋でASIAN DUB FOUNDATIONのライブがあったんですね

以下、セットリスト

RIZE TO THE CHALLENGE
TAKE BACK POWER
RADAR
RIDDIM I LIKE
EASE UP CAESAR
BURNING FENCE
S.O.C.A.
FLYOVER
SUPER POWER
TA DEEM
AWAKE & ASLEEP
FREE SATPAL RAM
OIL

BUZZIN'
FORTRESS EUROPE

NO FUN


最新アルバム【PUNKARA】中心ですが昔の曲もちゃんとやるのね、何か嬉しい
2005年のフジロック・フェスティバルで観た時はMCがスペックスとロード・キモ、ボーカルにゲットー・プリースト
今夜のライブではMCがアクターベイターとアル・ラムジェンと一新されてるし、昔の曲も印象違うんでしょうね
早く聴いてみたいなー、【BUZZIN'】とかどうなってんだろ




【Asian Dub Foundation / PUNKARA】を買いました
[Asian Dub Foundation]特設サイトについて


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スパイダーマンことピーター・パーカー役にキャメロン・クロウ監督のあの頃ペニー・レインとで主役を演じたパトリック・フュジットが候補に挙がっているという話ですかね
ソースはコチラ

製作が決定しているスパイダーマン4&5の話ですね

気になる公開時期は2010年もしくは2011年
ソースはコチラ

うーん、トビー・マグワイアの方が良いんだけどなー

何かアレを彷彿とさせる、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナシリーズ
アレもシリーズ三作目まで主人公をジェット・リーが演じて四作目からチウ・マンチェクへ変更、失速した感じが強かった
続けなきゃ良いのにと思ったもんです


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!


追記
パトリック・フュジット以外にマイケル・アンガラノも候補に挙がってるんですね
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

夏のロックフェスティバルと言えばSUMMER SONICFUJI ROCK FESTIVALが二大巨頭ですよね


何か浅いけど自分なりに比較してみた

サマソニとフジロックは同じフェスでも設計思想が異なるから一概にはどっちが良いとは言いづらい、要は好みだと思う
サマソニは真夏のアスファルトの上で観る事になるから、水分補給をしっかり取らないと倒れる危険がある
そこさえわかっていたら都市開催だし、手軽に参加出来るし、確かに初心者向けだと思う
サマソニはあくまでも出演アーティストを楽しみに行く場所で、フジロックは出演アーティストと共に山ん中で過ごす場所
フジロックは山ん中ってのが醍醐味かも
最寄り駅から会場まで無料送迎バスで40分、ステージ間の移動は山道、装備つうか備えをしっかりしておかないとすぐにへばってしまう
夜冷えるしね
しかし、後に残るのは素敵な会場だったなという事、入場ゲートで写真を撮る人の多さがそれを物語る
今ズーッと今年フジロック参加アーティストの予習をしてるんだけど、サマソニの場合はしない
サマソニは観たいアーティストが来ないと行く気がしない
こんな感じかな


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

単純な話だ

全部嘘なんだ、真実とは違う

どれも本当の事の様に見せかけているけど、真っ赤な嘘
神経を一本抜いて気づかない振りをするのも、合わない調子をあたかもその様に見せるのも、正しさを飲みこんで悪徳に染まるのも

嘘で家が建つはずも無い
嘘で建った家は欠陥住宅に違いない

頭を抱える
嘘で首が回らない

本当の事が知りたいと空を見上げたら、描き割りの間にピンスポットが見えた


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

クエンティン・タランティーノ曰く、
「映画学校に行く金で映画を撮れ」

タランティーノ監督がカンヌで特別講義「映画学校に行くな!」

いやこれ名言かも知れない、流石タランティーノと思った

日本の映画学校の授業料って200万から300万円くらいか、それだと16ミリフィルムでの映画製作は機材や何やで厳しいだろうけど、デジタルビデオカメラとパソコンなら楽に買える

タランティーノは劇団に所属していたから役者には事欠かなかったし、その手を使えばキャストは確保出来る
また交通費や食事代を出してやれば喜ばれる現場になる

後はその道をやるかやらないかだろうね

この視点って言及する人あんまし居てない気がする

ジャン=リュック・ゴダールが映画監督志望の人は友人や家族にカメラを向けて映画を撮れとインタビューで答えていたけど、近いものがあるな

「ウダウダ言うてんと早よ撮れや」

実際の所、映画学校は放送映画産業のシステムにガッチリ組みこまれているのが現状
夢を抱いて学校の門を叩いても待っているのは様々な分岐点、そこで悩むぐらいなら「撮れ」と

こいつは良い


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日の訪問者数645人、何故だ
時々こうやって急増するのが不思議だ

訪問ありがとうございます


憂鬱な気分が晴れない

そんな時には無駄な買い物をしてしまう事がある

百円ライターほどの大きさのスピーカーを買った、レゴブロックを模したデザインが気に入ったからだけど

音は勿論悪いんだと思う、しかしiPodのドックコネクターに差して使う感じは面白い
部屋で使う分には充分だし、持ち運びが楽だ

何となくテンションが上がる

本当に単純構造だ


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「なんか偉そうだ」

「あー、そういやこんな感じが日本映画だったよな」なんて事を思った
暗くてどんよりしていて淡々と進む
もちろんカテゴリーにくくれるほど日本映画の本数を観ているわけでも無く、漠然とした固定イメージである
アメリカ人は快活で陽気みたいなもんで、そうじゃないものはもちろんあるわけで
漠然とした固定イメージの日本映画、その王道という感じ
何となくだけど、日本の批評家のウケは良いんじゃないだろうかと思う

奥秀太郎監督のカインの末裔を観た

男が工業地帯に現れる
工場で働き始める、工場といっても男を含めて従業員は3人、作業もハンダづけ
男の世話人である牧師が内職を依頼する、リモコンを改造して銃器に変える作業だ
日常が壊れていく、元々壊れていたのかも知れない

ラストショットの構図、その構図のためにある映画なんだろう
構図を画と言い換えてもいい、その画から逆算して話が作られた気がする

暗いユーモアが全体を覆う中、ひたすら感情移入を拒む主人公
面白い日本映画だったと思う


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!


コチラも参考にしてくださいな
『カインの末裔』
『カインの末裔』#70.
カインの末裔
カインの末裔
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ