NEW WAY.NEW LIFE

Tomorrow Begins Today 明日は今日から始まる ダラダラ書きます

December 2009

ブログネタ
一般日記 に参加中!
一年を否が応にも振り返るのが大晦日なんだろうな

どうも今年は色んな事が起きた一年だった
そのどれもが次の展開へと繋がる契機になっている様にも思える
どれがどうとはまだわからないけど

一生で最後にしたい程の沈みこみを経験したのも今年、来年はここまで落ちないだろうと期待したい
期待はしたいけど、ならないだろうと予感させる不穏な年越し
来年の今日、どこにいるのか全く予想がつかない

ここまでの白紙感はかつて無い



まあ考えても仕方無い
不安な事を不安と言ってみた所でどうしようも無い
なるようになるんだろう


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
風の強さのせいだろう、こんなに寒く感じるのは

人に会った時に「明るい話題」が無いかを尋ねてしまう癖がついた
一点でもあれば乗り切れるんじゃないか、それは冷静に見ているんじゃなく盲信

大概がろくでもない
吐き捨てた所でどうにもならない

年が変わるといった所でこんなもんだろう



記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
今年一年を振り返って、忘れたいことは? に参加中!
2009年も最後の1日を迎えたようですね

一年365日、あっと言う間
ガキの頃はあんなに長かったのに、トントントンと一年が過ぎる


今年一年は景気の低迷を真摯に感じた一年だったかも知れない
どこか経済なんて縁遠い存在に感じていたはずが、自分が打撃を食らった途端に他人事じゃあねえぞと


来年は回復してると良いんだけど
マクロの事は人任せに、ミクロの事は自分で何とかしたい


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
呑み続けている
依存するほど

すがりつくものがそれしか無いというのも、寂しいものだと思う


至る所から悪意が滲み出ている様に感じ始めたのは、飲酒量が許容量を超えているからだろう
対立軸ははっきりしている
「快」か「不快」

濁るのは余白
砕くのは琥珀
人の波を漂泊


ありふれている
どこにでもありふれている
君であるか、僕であるか

記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
たわいない話 vol.3 に参加中!
堂々巡りしている
シンプルでありたいのに、つべこべと考えが巡る

「はい」か「いいえ」
それだけの筈なのに、それですむのにも関わらず

迷う
弱さの証明、わかっている

わかってはいる
走れ、走り出せ


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
ひとりごと に参加中!
「古人も多く旅に死せるあり」

もういいんじゃないかと感じている


執着を疑ってみると、何も必要の無い事に気づく
大事なものっていうものほど、根拠なんて無い


潮時だろう

担保に出来るものが体しか無いという不甲斐なさ、それすらも他人から何かを引き出すための手段でしかない


部屋が荒れている
投げ捨てた残骸、これは残して置こうと思えるものがない
どれも何となくあるだけ

もういいんじゃないか


土台が無ければ立てないか
馬鹿やろうと言う

捨ててやろう、捨ててやろう
執着なんて無いんだと



記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
一般日記 に参加中!
頭での演算処理には限界がある

そんな時に複数の頭で処理すると案外早く結論に達する

哲学の世界なんかがまさにそうだ
論から論へ発展していく

ニンゲンを漢字で書くと、「人の間」
個体としての人間なんて歴史が浅い


人一人の結論なんてものは如何様にも覆る
そんな曖昧で簡単なものだけに重大な結論を乗っけてしまうのは、近代以降の話だろう


このそびえ立つ塔をなんと呼ぶか知っている
心の虚塔

カウントはゼロ

倒れても、次が続く
その次へ、また次へ

可能性は開かれている
虚塔の幻、うつむくな


それをなんと呼ぶか知っている


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
続・日々思うことなんでも〜 に参加中!
博打だ
「のるか」「そるか」

彼と話していた
頭を二択が支配していた
とりあえず保留していた

勢いで「のれ」ば楽しいのかもしれない、けれどそれは「その場しのぎ」

彼の二の足も自分の二の足も、仕方がない
その先は自分たちにとって未知、先人はもちろん沢山いる

無数の敗者と一握りの勝者
博打だ

選んだら人のせいには出来ない
胴元が賽を振る、「丁」か「半」か


これをやったら死ぬだろうなと感じる
博打だ

一蓮托生、保留している

深夜特急のベルはもうすぐ鳴る
乗れるチャンスは恐らくは最後
いや確実に最後だ

保留するためにアルコールを浴びる


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
続・日々思うことなんでも〜 に参加中!
突き詰めると単純な二択になる


「やるか」「やらないか」
その選択をするために、あれやこれやと身につける

しかし、気づく
二択であるなら、身につける事に意味なんて無いんだ

身につけた物が判断を狂わし、身につけなかった物もまた判断を狂わす


それなら
答えは


不意に衝撃を受け、地面に叩きつけられる
これには安易さが介在する


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
一般日記 に参加中!
綱渡りをする道化に見えてくる

足元に張られたロープを感覚と経験を頼りに進む
一歩、一歩
渡りきった後に待つ喝采

道化の役割は違う
渡りきっては駄目なんだ
高さと恐怖を表現し、見事に落ちなければいけない
彼が落ちて初めて観客は綱渡りの難しさを知る
次に待つ喝采のための落下
もちろん自分が浴びるわけじゃない


ウンザリしている
道化である事に
正解には道化にならざるを得ない、能力の無さ
必死にもがいている
虚勢を張った所で顔のペイントで判別される、あなたは道化だと

道化には道化の流儀がある
望まない道化は道化にすらなれない

この世はサーカスだ
裏でどんだけもがいていても幕は上がっている
後は華々しく落ちるだけだ

必要以上にロープを見上げ、こわごわと高台へ登る
ロープへ足をかけ軽く滑ってみる、ロープはしなり体のバランスは崩れ、ジタバタと両手を振る


悪夢を見ている


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ