ブログネタ
世界中の「気になるニュース」から・・ に参加中!


オーストラリアのニューサウスウェールズ(New South Wales)州のバージニア・ジャッジ(Virginia Judge)公正取引局長が地元紙であるデイリー・テレグラフ(Daily Telegraph)にこう語ったそうです

「ライブとは生の歌声を聞くという意味だということをはっきりさせておきたい」



コンサートでいわゆる[口パク]を行なうアーティストに対して、ニューサウスウェールズ州政府はコンサートで録音音声を使用することを観客に知らせる免責事項を公演のチケットに記載するといった対応をするべきだと


11月6日からオーストリアでツアーを回っているブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)に対して、オーストラリアのメディアが彼女のコンサートは一部が口パクになっていると報じた事が発端の様です



個人的にはエンターテインメントとしてこちらが納得出来る形のものが見られたら、[口パク]でも良いんじゃないかなと思います

激しいダンスを踊りながら、息切れなしに歌う
これが賞賛を生むわけで、そうでなければ次は行かない
しかし、[口パク]でも見たいと思わせるのもアーティストだったり



事前に[口パク]であるかないかを知らせておく
何となくバラエティ番組のテロップ「スタッフが後で美味しくいただきました」に似ていますね
とりあえず関係ないんですよね、見てる時は



ただまあ、高額チケットでそれをやられるとキツいってのはあるのかも

ブリトニー、口パクにファン唖然


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中!

人気ブログランキングへ