ブログネタ
秋の夜長におすすめのDVDを教えて! に参加中!

映画【Black & White / ブラック&ホワイト】をレンタルして観てたので、感想を少し


映画【ターミネーター4】で興行的にズッコケてしまったマックG監督が再起をかけた一作



監督:マックG
脚本:ティモシー・ダウリング、サイモン・キンバーグ
原案:ティモシー・ダウリング、サイモン・キンバーグ
製作:サイモン・キンバーグ、ジェームズ・ラシター、ロバート・シモンズ、ウィル・スミス
製作総指揮:マイケル・グリーン、ジェフ・クワティネッツ、ブレント・オコナー、リサ・ステュワート
出演者:リース・ウィザースプーン、クリス・パイン、トム・ハーディ、ティル・シュヴァイガー、チェルシー・ハンドラー、ジョン・ポール・ラッタン、アビゲイル・スペンサー、アンジェラ・バセット、ローズマリー・ハリス
音楽:クリストフ・ベック
撮影:ラッセル・カーペンター
編集:ニコラス・デ・トス、Jesse Driebusch
製作会社:オーバーブック・エンターテインメント、ロバート・シモンズ・プロダクションズ



ドイツ映画界の至宝ティル・シュヴァイガーの無駄遣い!!!


本作では悪役としての起用だけど、もうちょっと何とかならなかったのかな?



映画自体はライトな作りでかなり好感もてる仕上がり、映画【チャーリーズ・エンジェル】や続編【チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル】を撮ったマックGの本領発揮といった所


スパイ二人が職権濫用しながら恋の鞘当て


何も考えずに楽しくなれる映画、マックGのこういうライトな雰囲気描写上手いよな


スパイたちに惚れられてしまうリース・ウィザースプーンの職業が製品の安全検査官?だっけ、そういう設定が良かった


自然とスパイたちのアプローチに対して、観客がどの様に感じるのか先導していく


そして、最終的に行き着くのがチェルシー・ハンドラー演じる友人のアドバイス、「どちらとも寝なさい」、身も蓋も無いけど、まあそれが正解だよな


このスパイコンビでもう一作やんないかな


そう思えるくらい楽しい映画になってる


記事の評価をして頂けると幸いです
ランキングエントリー中! 

人気ブログランキングへ